松坂大輔の最新情報

松坂大輔 に関するニュース検索結果   281件

実は甲子園に出場したことのある有名人ランキング

実は甲子園に出場したことのある有名人ランキング

学生時代の一大イベントの一つと言えば「甲子園」、在学中の方も卒業した方も毎年楽しみにしている方が多いかと思います。プロ野球の登竜門でもある「甲子園」を経験した人は、プロ野球業界に進むイメージが強いのですが、「甲子園」を経.. 続きを読む

【プロ野球】ブレイク中の上林誠知(ソフトバンク)。仙台育英時代の伝説的曲打ち&ほろ苦い「最後の夏」

【プロ野球】ブレイク中の上林誠知(ソフトバンク)。仙台育英時代の伝説的曲打ち&ほろ苦い「最後の夏」

2013年のドラフト4位でソフトバンクに入団。4年目となる今季は開幕1軍をつかみ、オールスターゲームにファン投票で出場するなど順調に成長している上林誠知。高校時代は仙台育英でプレーしていたものの、埼玉で生まれ、浦和シニアで全国.. 続きを読む

夏の甲子園でレフトフェンスに右手が挟まって抜けなくなった珍事件

夏の甲子園でレフトフェンスに右手が挟まって抜けなくなった珍事件

今年の夏で11年連続14回目の出場を果たしただけでなく、14回の出場のうち11回で初戦突破を果たしている聖光学院(福島県)。今年も初戦でおかやま山陽(岡山)を6‐0で、2回戦で聖心ウルスラ(宮崎)を5‐4で降すなど、今やすっかり福島県.. 続きを読む

【夏の甲子園・ミレニアム世代】藤原恭大(大阪桐蔭)、万波中正(横浜)ら今夏、大暴れしそうな4人!

【夏の甲子園・ミレニアム世代】藤原恭大(大阪桐蔭)、万波中正(横浜)ら今夏、大暴れしそうな4人!

来年、夏の甲子園は100周年。「第100回全国高校野球選手権大会」という節目を迎える。史上最多となる56校が出場することも決まり、いやが上にも注目度が高まるが、その盛り上がりに輪をかけるのが西暦2000年に生まれ、3年生として晴れ舞.. 続きを読む

【あの逸材のオススメ球団は?】増田珠(横浜)は巨人が◎。三浦銀二(福大大濠)は鷹でエッジ立て!?

【あの逸材のオススメ球団は?】増田珠(横浜)は巨人が◎。三浦銀二(福大大濠)は鷹でエッジ立て!?

高校野球もいよいよ舞台は甲子園へ。高校生ドラフト候補も出揃ってきた。今秋のドラフトでの行方が気になるあの選手たちはどこの球団がオススメか? 独断と偏見で選んでみたい。※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と.. 続きを読む

【プロ野球】ノーノーで勝ち上がった杉内俊哉を松坂大輔が返り討ち。オレたち、甲子園で戦ってました!

【プロ野球】ノーノーで勝ち上がった杉内俊哉を松坂大輔が返り討ち。オレたち、甲子園で戦ってました!

プロ野球選手は、甲子園を目指す高校球児だった。高校時代から宿命のライバルとしてしのぎを削ってきた選手もいる。夏の甲子園の開催に合わせて、「週刊野球太郎」では3回に渡って甲子園で繰り広げられた「あの選手」と「あの選手」の対.. 続きを読む

清原、松井、松中…プロ野球「最強の4番打者」は誰だ!?

清原、松井、松中…プロ野球「最強の4番打者」は誰だ!?

メジャーで一大ムーブメントとなっている「2番打者最強説」や「3番打者最強説」。そうした流れを汲みつつも、日本のプロ野球界では、やはりチーム一の主砲は4番に座る。その中で誰が“史上最高”なのか。今回は1980年代以降に絞って意見を.. 続きを読む

【プロ野球】三塁打王は京田陽太(中日)。では、二塁打王は? ノンタイトルスタッツランキング(セ・リーグ編)

【プロ野球】三塁打王は京田陽太(中日)。では、二塁打王は? ノンタイトルスタッツランキング(セ・リーグ編)

プロ野球もいよいよ終盤戦に突入。主要タイトル争いが盛り上がってくる頃だが、今回注目したいのはノンタイトルスタッツ。二塁打、三塁打などのトップ争いを人知れず楽しむのもシーズン終盤のマニアックな楽しみ方だ。まずはセ・リーグか.. 続きを読む

夏の甲子園「優勝候補」戦力徹底分析!

夏の甲子園「優勝候補」戦力徹底分析!

今年も球児たちの夏がやってきた。「今夏の甲子園は“打高投低”、目玉は東の清宮幸太郎と西の安田尚憲の2人という下馬評でしたが、彼らの所属する早稲田実業と履正社は地方大会で敗退という波乱が起きました」(スポーツ紙デスク)他にも.. 続きを読む

【甲子園優勝校予想&実現してほしい対決(1)】大阪桐蔭を止めるのはジンクスを破った盛岡大付か?

【甲子園優勝校予想&実現してほしい対決(1)】大阪桐蔭を止めるのはジンクスを破った盛岡大付か?

本日、8月8日に幕を開ける夏の甲子園(7日の開幕が雨で順延)。週刊野球太郎では特別企画『2017年・夏の甲子園。優勝校をズバリ大予想!』で、週刊野球太郎ライター陣が「優勝校」と「対抗」を大胆予想。あわせて「実現してほしい対戦」.. 続きを読む

テレビ朝日『キリトルTV』の読唇術はデタラメ!? ダルビッシュ有自ら「絶対言ってない」と苦言

テレビ朝日『キリトルTV』の読唇術はデタラメ!? ダルビッシュ有自ら「絶対言ってない」と苦言

米大リーグ・ドジャースのダルビッシュ有投手が、バラエティ番組『ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV』(テレビ朝日系)の読唇術企画を一蹴した。中山雅史と山崎弘也が司会を務める同番組は、これまで15回に渡って放送。5日に放送された『.. 続きを読む

【高校野球】松坂大輔、島袋洋奨、藤浪晋太郎。“春夏連覇”男たちの「何も言えなくて…夏 2017」

【高校野球】松坂大輔、島袋洋奨、藤浪晋太郎。“春夏連覇”男たちの「何も言えなくて…夏 2017」

いよいよ開幕する第99回全国高等学校野球選手権大会。年々、群雄割拠の度合いが増している高校球界だが、そうはいってもセンバツ王者、大阪代表・大阪桐蔭の「春夏連覇」が叶うかどうかは注目点のひとつだ。今から5年前の2012年に史上7校.. 続きを読む

イチロー「ヌルヌルしてんじゃん」読唇術で読み取られた言葉の意味とは?

イチロー「ヌルヌルしてんじゃん」読唇術で読み取られた言葉の意味とは?

今夜8月5日の18時56分から2時間SPで放送される『ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV』(テレビ朝日系列)。スポーツシーンのメインではない部分を“キリとって”見ることで、今まで知らなかった発見や感動が浮かび上がるバラエティーの第15弾.. 続きを読む

【プロ野球】夏の甲子園で和田毅が石川雅規に押し出しサヨナラ負け!? オレたち、甲子園で戦ってました!

【プロ野球】夏の甲子園で和田毅が石川雅規に押し出しサヨナラ負け!? オレたち、甲子園で戦ってました!

プロ野球選手は、甲子園を目指す高校球児だった。高校時代から宿命のライバルとしてしのぎを削ってきた選手もいる。夏の甲子園の開催に合わせて、「週刊野球太郎」では3回に渡って甲子園で繰り広げられた「あの選手」と「あの選手」の対.. 続きを読む

【プロ野球】常勝・阪急の上田利治、寝技師・根本陸夫、つなぎ役・阿南準郎ら、無名選手から監督で開花した名将たち

【プロ野球】常勝・阪急の上田利治、寝技師・根本陸夫、つなぎ役・阿南準郎ら、無名選手から監督で開花した名将たち

7月1日、阪急、オリックス、日本ハムで監督を歴任した上田利治氏が亡くなった。近年でも雑誌などのインタビューで元気な姿を見せていただけに、突然の訃報に関係者とファンは驚いた。上田氏といえば阪急監督時代には日本シリーズ3連覇を.. 続きを読む

楽天・則本「野茂をも超える」奪三振王へ

楽天・則本「野茂をも超える」奪三振王へ

“鷲軍団”を引っ張る若き大黒柱。ドクターKの異名を取る彼の実力は、チームの偉大な先輩をもしのぐ!!6月1日、日本球界史に楽天のエース・則本昂大投手(26)の名が刻まれた。この日、則本は巨人戦に先発し、8回を投げ、自責点2、奪三振12.. 続きを読む

プロ野球「好かれる選手or嫌われる選手」番記者たちの座談会

プロ野球「好かれる選手or嫌われる選手」番記者たちの座談会

プロ野球が開幕して2か月あまり。いいスタートを切った選手がいれば、つまずく選手もいる。成績によって他人への対応も変わるもの。そこで、本誌は選手たちの対応について暴露してしまおう。■座談会参加者A=球界に精通したベテラン記者B.. 続きを読む

【プロ野球】4番抜擢に燃えた高橋信二(日本ハム)、「待機中」返上の城所龍磨ら、交流戦の意外な4割打者たち

【プロ野球】4番抜擢に燃えた高橋信二(日本ハム)、「待機中」返上の城所龍磨ら、交流戦の意外な4割打者たち

夢のシーズン打率4割に挑戦中の近藤健介(日本ハム)。長いプロ野球の歴史で誰1人として成し遂げたことがない大記録だが、交流戦に限定すれば2015年には秋山翔吾(西武)、柳田悠岐(ソフトバンク)、角中勝也(ロッテ)、ロペス(DeNA).. 続きを読む

名捕手・里崎智也氏が語る、超ポジティブ自己管理術【男の野球メシ特別編】

名捕手・里崎智也氏が語る、超ポジティブ自己管理術【男の野球メシ特別編】

14年シーズンの現役引退以降、野球評論のみならず、タレントとしても多方面で活躍する元千葉ロッテマリーンズ・里崎智也さん。先頃出版された最新書籍『捕手異論 一流と二流をわける、プロの野球『眼』』の刊行にあわせ、『メシ通』では.. 続きを読む

女の子に「NO」と言われたらどう返す? 現役ナンパ師が開発したLINE切り返し自動返信ツールが凄すぎる

女の子に「NO」と言われたらどう返す? 現役ナンパ師が開発したLINE切り返し自動返信ツールが凄すぎる

「女のコへの飲みの誘いはいつもNOから始まるので、そこで諦めていたらナンパなんてできません。だからこそ、女性からのNOに対する切り返しが重要になってきます」そう語るのは、現役ナンパ師のもてゾウ氏(27歳)だ。彼はナンパ師業界の.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。