松坂大輔の最新情報

松坂大輔 に関するニュース検索結果   272件

記事画像

早実・清宮vs履正社・安田 2020年侍ジャパンの4番は?

近年にない盛り上がりを見せるセンバツ甲子園。逸材揃いの球児たちのなかで、将来の日本球界を背負って立つのは誰か。新著『永遠のPL学園 六〇年目のゲームセット』が話題を呼んでいる柳川悠二氏(ノンフィクションライター)がレポート.. 続きを読む

記事画像

小久保監督、侍ジャパンの皆さん 過小評価してごめんなさい

侍ジャパンの皆様へ第4回WBCの激闘、お疲れさまでした。世界一奪還はなりませんでしたが、面白い試合ばかりでした。メジャーリーガー投手の不在、大谷翔平(22)の辞退、強化試合の惨敗……様々なメディアが本番前に不安を報じましたが、予.. 続きを読む

記事画像

あなたは球場で野球観戦をしたことありますか?

「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」侍ジャパンこと日本代表チームは21日(日本時間22日)、米ロサンゼルスのドジャースタジアムでの準決勝で、米国に1-2で敗れてしまいましたが、その活躍ぶりに熱狂させられた方も少なくな.. 続きを読む

記事画像

侍JAPAN戦士、メジャースカウトの「意外な査定」

「アメリカン・ドリーム」を実現する猛者はいるのか!? 第二のイチローや松井秀喜が今の日本にもいるはず!!連日熱戦が続く、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(以下=WBC)。白熱した試合から目が離せないが、勝負とは別の視点か.. 続きを読む

記事画像

ついにWBC決勝ラウンド! 新聞、テレビが報じていない「侍ジャパン」激闘物語

野球の世界一を決める大会「ワールド・ベースボール・クラシック2017」は、いよいよ決勝ラウンドに突入する。第4回大会となる今回の出場チームは16か国。第1回、第2回を連覇し、前回大会は準決勝敗退の日本代表「侍ジャパン」が、世界一.. 続きを読む

記事画像

創部1年で選抜出場を果たしたあの高校が甲子園に帰って来る

創部1年という史上最速記録で選抜出場を果たした高校がある。大会3日目の第1試合に登場する創志学園(岡山)だ。10年に学校が創立されると同時に野球部が創部され、翌11年の第83回大会に出場したのだ。この時は当然のように全員1年生部員.. 続きを読む

記事画像

進撃の侍ジャパン メジャーの高評価は千賀、次いで筒香

快進撃を続ける侍ジャパン、最も評価が高いのは誰か。MLBアナリストの古内義明氏がレポートする。* * * ワールドベースボールクラシック(WBC)が開幕し、日本中を熱狂させている。テレビ視聴率は20%を超え、ドル箱カードの連続。.. 続きを読む

記事画像

【プロ野球】脱・看板玉!? 新加入のベテラン・細川亨と若手が化学反応! 「パ・リーグの頭脳」による金言波及効果

昨年12月5日の入団会見から約3カ月。「パ・リーグの頭脳」細川亨が、3年連続Bクラスに沈む楽天をさっそく変えつつある。西武、ソフトバンクで合計5度の日本一に貢献。2008年、2011年にはベストナインに選出され、ゴールデン・グラブ賞も.. 続きを読む

記事画像

侍JAPANを驚かせた台湾リーグ選抜の4割打者・王柏融とは何者か?

いざ幕を開けた2017WBC。日本代表の活躍も楽しみだが、毎回WBCでは各国から知られざる逸材が出場し、日本の野球ファンを驚かせている。今年もそんな怪物が現れた。台湾リーグ選抜の王柏融(ワン・ボーロン)だ。2月28日の侍ジャパン対台.. 続きを読む

記事画像

WBCの悪影響 「第2のG.G.佐藤」が生まれる懸念も

第4回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で世界一をもう一度、と望む野球ファンは少なくない。しかし、過去の日本代表戦を振り返ると、第2回WBCでMVPを獲った松坂大輔(36、ソフトバンク)や杉内俊哉(36、巨人)、渡辺俊介(40.. 続きを読む

記事画像

松坂大輔投手、西武時代“巨人打線からめった打ち”の真相告白 東尾元監督「なんやそれ!」

福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔投手が、西武ライオンズに入団した時の監督だった東尾修さんとテレビ番組で対談した。当時“平成の怪物”と呼ばれた松坂投手と東尾元監督は今も師弟以上の絆がある。それだけに普段は話さないような本音.. 続きを読む

記事画像

WBCでの力投でキャリアに深刻な影響受ける投手少なくない

第4回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)に臨む、小久保裕紀監督率いる代表チームだが、かつて二連覇を成し遂げた栄光は、遙か彼方だ。ロス五輪(1984年)の日本代表経験がある野球評論家の広澤克実氏は、こういう。「問題はWBC.. 続きを読む

記事画像

松坂、杉内、藤川…プロ野球「崖っぷち選手」の逆襲

かつては太陽の輝きを誇った世代にもじわりと迫る黄昏のとき。だが、今こそその経験が“新たな光”を放ち始める!プロ野球もいよいよオープン戦が始まり、各球団の選手が躍動する姿を見せている。中でもひときわ注目を集める男がいた。ソフ.. 続きを読む

記事画像

浅田真央「夢」と「引退」で揺れ続けた“女王の苦悩”(2)スタイルを変えられないワケ

過去には、同じように左ひざを痛めていたカロリーナ・コストナー(イタリア)がプレシーズンのGPシリーズを休養し、27歳でソチ五輪の銅メダルに輝いたものだが‥‥。スポーツトレーナーが話す。「よく痛みもケガもないアスリートなどおらず.. 続きを読む

記事画像

江本孟紀氏 プロ野球キャンプ絶好調報道「ええ加減にせぇ」

プロ野球のキャンプインから1か月。紅白試合が始まり、いよいよオープン戦へ向けて球界が盛り上がる一方で、スポーツ紙が“軌道修正”を始めるのもこの時期からだ。2月初旬に“絶好調”だったはずの選手がシーズン開幕時は一軍にいないことも.. 続きを読む

記事画像

プロ野球キャンプ「激ヤバ裏話」大放出!

「これは、絶対に書けない話だけどね」 ブンヤたちがそんな前置きをするディープなネタを余すことなく大公開!2月1日に一斉にスタートしたプロ野球キャンプも、いよいよ終盤に。各地から届けられるキャンプ情報の中には、スポーツ紙には.. 続きを読む

記事画像

プロ野球「キャンプ絶好調」報道はなぜいつも大ハズレなのか

2月1日のキャンプイン以降、どのスポーツ紙にも、景気がいい報道ばかり溢れている。だが、昨年のキャンプ報道を検証すれば、「絶好調報道が大ハズレばかり」であることがハッキリとわかる。たとえば、ソフトバンク・松坂大輔(36)の場合.. 続きを読む

記事画像

【プロ野球】先発候補が17人!? 田中正義、高橋純平、松本裕樹のソフトバンク・ドラ1トリオは厚い壁を破れるか

2月11日。ソフトバンクのキャンプで、ある3人の投手が同時にブルペンに立ち話題を呼んだ。それは田中正義、高橋純平、松本裕樹。ここ3年間の「ドラフト1位指名」という共通点を持つ投手たちだ。今回は将来のソフトバンク投手陣を担ってほ.. 続きを読む

記事画像

プロ野球史上最高のスターは長嶋茂雄!現役で2位に輝いたのは…

(33ft/iStock/Thinkstock)2月20日は巨人軍終身名誉監督・長嶋茂雄氏の誕生日。2017年で81歳を迎えた。2004年に脳梗塞で倒れてからは表舞台に出ることは少なくなったものの、体調のほうは良好のよう。11日には巨人・宮崎キャンプを視.. 続きを読む

記事画像

【プロ野球】監督に牙を剥いた男たち。野茂英雄は任意引退の末に海を渡った……。プロ野球「確執」列伝!

バレンタインデーの2月14日。中日がキャンプを張る沖縄・北谷で異変が起きた。エースで選手会長の大野雄大と朝倉健太2軍投手コーチが練習メニューをめぐって大揉めしたというのだ。最下位から「明るく」上昇を期すはずの中日。ファンから.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。