松井秀喜の最新情報

松井秀喜 に関するニュース検索結果   285件

記事画像

横澤夏子、憧れのショートボブに 結婚迫りすぎ彼氏はマリッジブルー

お笑い芸人の横澤夏子(26)が24日、都内で行われた「ホットペーパービューティー新入生応援キャンペーン」近況報告会に出席。交際中の一般男性がマリッジブルーに陥っていることを明かした。 恋人の「ダイキくん」は婚活パーティーで知.. 続きを読む

記事画像

走攻守を兼ね備える大谷翔平 陽岱鋼と糸井嘉男より補殺多い

日本ハム・大谷翔平(22)はプロ野球入りしてから一貫して、投手と打者の二刀流で活躍を続けてきた。どちらの能力への評価も高いなか、来季に噂される大リーグ挑戦でも、二刀流を貫くのか、投手か打者に絞るのかに注目が集まっている。で.. 続きを読む

記事画像

ウラ事情を暴露!? プロ野球「番記者座談会」

いよいよペナントレースがスタート。直前に行われたWBCの影響もあってか、オープン戦は、大補強をした巨人が最下位、昨季Vの広島が11位と波乱含み。はたしてペナントの行方は、どうなるのか。プロ野球の裏を知り尽くしたベテラン記者たち.. 続きを読む

記事画像

4番打者「勝敗を背負う」帝王学【二宮清純コラム】

長嶋茂雄は名コピーライターでもあった。引退試合で飛び出した「我が巨人軍は永久に不滅です」はプロ野球ファンのみならず、多くの国民の記憶に深く刻み込まれている。2度目の監督時代の1996年には「メークドラマ」なる造語で選手たちを.. 続きを読む

記事画像

侍JAPAN新監督 本命・原、稲葉に古田、星野や中畑の名も

すでに退任を公言している侍ジャパン・小久保裕紀監督の後任人事をめぐって、熱い火花が散っている。スポーツ紙記者の話。「次のWBC監督は2020年の東京五輪監督を兼ねる可能性が高い。金メダル奪取が至上命題なので監督としての手腕が求.. 続きを読む

記事画像

【プロ野球】「投手・大谷」が出遅れても安心!? 連覇を目指す日本ハムのローテーション投手たち

いよいよペナントレースが開幕した。昨季、日本一に輝いた日本ハムは、「二刀流」大谷翔平の投手としての調整が遅れているために、開幕投手は有原航平となった。投手・大谷の出遅れは痛いが、その分、ほかの投手にとってはチャンス。あら.. 続きを読む

記事画像

今、球場内外で大人気! 侍JAPAN“黙認”の応援団体「偽JAPAN」とは?

福岡ドーム、東京ドーム、そしてアメリカのドジャー・スタジアム……WBC侍JAPANの戦いの場に突如として現れ、連日観客たちを喜ばせていたもうひとつの“選手”たちがいた。その名も「偽(いつわり)JAPAN」。勝手に集い、勝手に選手を応援し.. 続きを読む

記事画像

ラッキーゾーン撤去後、最初の選抜で最初にホームランを打ったのはあの大打者

“春は投手力”とよく言われる。選抜を勝ち進むうえで重要なのは何よりもまずピッチャーが大事ということを表した格言だが、今大会は投手よりも打者にプロ注目の素材が集まっているのが最大の特徴といえる。早稲田実(東京)の清宮幸太郎、.. 続きを読む

記事画像

亀梨和也と近藤真彦は「夜中に呼び出す」関係!?

3月16日放送の『櫻井・有吉のTHE夜会』(TBS系)にKAT-TUNの亀梨和也(31)が出演。超大物有名人との華麗なる交友エピソードを語った。番組ではいかにして亀梨が大物に愛されるのかという“愛され術”を徹底解説。そこで、亀梨とジャニーズ.. 続きを読む

記事画像

早実・清宮vs履正社・安田 2020年侍ジャパンの4番は?

近年にない盛り上がりを見せるセンバツ甲子園。逸材揃いの球児たちのなかで、将来の日本球界を背負って立つのは誰か。新著『永遠のPL学園 六〇年目のゲームセット』が話題を呼んでいる柳川悠二氏(ノンフィクションライター)がレポート.. 続きを読む

記事画像

清宮幸太郎「理想の選手は、松井秀喜さんと王貞治さんです」

春の選抜高校野球にいよいよ真打ち登場だ。高校・大学野球の選手向けフリーマガジン「サムライベースボール」の編集長である古内義明氏が、清宮幸太郎が追い求める理想についてレポートする。* * * 早実の清宮幸太郎が甲子園に帰っ.. 続きを読む

記事画像

侍JAPAN戦士、メジャースカウトの「意外な査定」

「アメリカン・ドリーム」を実現する猛者はいるのか!? 第二のイチローや松井秀喜が今の日本にもいるはず!!連日熱戦が続く、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(以下=WBC)。白熱した試合から目が離せないが、勝負とは別の視点か.. 続きを読む

記事画像

ついにWBC決勝ラウンド! 新聞、テレビが報じていない「侍ジャパン」激闘物語

野球の世界一を決める大会「ワールド・ベースボール・クラシック2017」は、いよいよ決勝ラウンドに突入する。第4回大会となる今回の出場チームは16か国。第1回、第2回を連覇し、前回大会は準決勝敗退の日本代表「侍ジャパン」が、世界一.. 続きを読む

記事画像

春の選抜高校野球が19日開幕!その選出システムに不満の声も…

(miflippo/iStock/Thinkstock)19日、選抜高校野球大会が開幕。今年はWBC開催のため、若干陰の薄い印象のある同大会だが、それでも見どころは満載だ。なかでも注目されるのが、早稲田実業・清宮幸太郎選手だろう。通算本塁打数は松井秀.. 続きを読む

記事画像

【プロ野球】歴代5位・48勝の名将が優勝宣言! 「帝京魂」が復活!? センバツはこの監督に注目!!

清宮幸太郎(早稲田実)、安田尚憲(履正社)ら大型スラッガーが注目を集めるセンバツがいよいよ始まる。もちろん、甲子園の主役は選手たち。しかし、その選手たちが活躍できるかどうかは、監督の手腕によるところも大きい。これまで、甲.. 続きを読む

記事画像

WBC4連勝の侍ジャパンを阻む「超意外な伏兵」

よっしー / PIXTA(ピクスタ)2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で1次ラウンドを1位で通過した野球日本代表『侍ジャパン』は、2次ラウンド初戦のオランダ戦も勝利した。4時間46分の接戦で“根負け”しなかったのは大きいだろう.. 続きを読む

記事画像

侍ジャパン・小久保監督 結果はどうあれWBC後に交代か

世界一の栄光をもう一度──。第4回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)に臨む日本代表チームには、大きな期待がかかっている。しかし、過去の代表選手たちをみると、活躍した選手ほど、その年のシーズンの成績を落とす、ケガをする.. 続きを読む

記事画像

野村克也が“堕ちた巨人はこうして再生する”大咆哮!「松井監督にして有能なヘッドを付けるなら私」

先頃、ノムさんこと野球評論家の野村克也氏(81)が「暗黒の巨人軍論」(角川新書)を上梓した。オフに大型補強を行い、優勝奪還を目指す巨人の現状について一刀両断しているのである。同書の冒頭で、ノムさんは、阿部慎之助(37)や坂本.. 続きを読む

記事画像

女性ファンが選ぶイケメンNO.1は○○選手! スカパー!がプロ野球大調査

“カープ女子”の熱狂など、野球は今やオトコだけのものじゃない! 3月7日からは、侍ジャパンが出場するワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が開幕し、いやが上でも盛り上がりそうだが、そんな中で、スカパー!は、全国のプロ野球フ.. 続きを読む

記事画像

プロ野球「キャンプ絶好調」報道はなぜいつも大ハズレなのか

2月1日のキャンプイン以降、どのスポーツ紙にも、景気がいい報道ばかり溢れている。だが、昨年のキャンプ報道を検証すれば、「絶好調報道が大ハズレばかり」であることがハッキリとわかる。たとえば、ソフトバンク・松坂大輔(36)の場合.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。