李明博の最新情報

李明博 に関するニュース検索結果   66件

記事画像

国交正常化から半世紀 韓国の反日は激化と沈静化の歴史

国交正常化から半世紀。韓国の反日は、どのように激化と沈静化を繰り返してきたのか──。経済復興を政策の一丁目一番地に掲げた朴正熙政権は、1965年の日韓国交正常化後、日本から8億ドルに上る経済支援を受けたことで、日本に強気の態度.. 続きを読む

記事画像

韓国国民の世論が招いた韓国崩壊…朴大統領とサムスン副会長が起訴で容疑者に

韓国最大の財閥、サムスングループに創業以来の危機が到来している。28日、韓国の特別検察官は、サムスン電子の実質上のトップ、李在鎔(イ・ジェヨン)副会長ら16人を起訴したと発表した。さらに同日、特別検察官は朴槿恵(パク・クネ).. 続きを読む

記事画像

兄・金正男の韓国亡命を弟・金正恩が「暗殺」で阻止か

WAGATSUMA / PIXTA(ピクスタ)北朝鮮の故・金正日総書記の長男、金正男氏が、マレーシアで暗殺された。韓国メディアが伝えたところによると、《2月13日午前、クアラルンプールの空港で2名の若い女に毒針で殺害された。女たちはタクシーに.. 続きを読む

記事画像

崔順実の娘の名門女子大裏口入学疑惑 評判落ちると学生が危惧

2003年の対北朝鮮送金疑惑、2012年の李明博前大統領の私邸用地不正購入疑惑…韓国を揺るがす大事件のたびに立ち上がった『特別検察チーム』、通称『特検(トツコム)』。彼らは大統領や司法関係者、検察の同僚などがかかわる、政権がらみ.. 続きを読む

記事画像

韓国機密漏洩事件 「検察のコート王」に韓国マダムが釘付け

過去に彼らが立ち上がったのは11回。2003年の対北朝鮮送金疑惑、2012年の李明博前大統領の私邸用地不正購入疑惑…韓国を揺るがす大事件のたび、彼らの姿はそこにあった。『特別検察チーム』、通称『特検(トッコム)』。彼らは大統領や司.. 続きを読む

記事画像

安倍首相も激怒!? 「ウソツキ韓国」の一部始終

国家間の正式な取り決めを無視する隣国をこれまでは静観してきた日本政府だが、今回ばかりはブチギレた!!「少女像設立は極めて遺憾」とのコメントを残し、長嶺安政・駐韓全権大使がソウルの金浦空港を飛び立ったのは、さる1月9日の朝。「.. 続きを読む

記事画像

韓国ネット、釜山慰安婦像は「先祖の銅像建ててるだけ」

「大事な国であることに違いないが、いろんなことを話し合うにはなかなか面倒な国だ」──韓国・釜山の日本総領事館前に新たな「慰安婦像」が設置された問題について、自民党の二階俊博幹事長は1月6日、そう不快感を表わした。この発言は二.. 続きを読む

記事画像

100万人デモは2002年W杯応援群集に重なる

「朴槿恵─崔順実スキャンダル」で激動する韓国の新年は、早期大統領選に向けズブズブの政治の季節となる。韓国の政治史を振り返れば、1987年に復活した国民直接投票による現在の大統領選の歴史には、10年周期がある。今年はその「変化の.. 続きを読む

記事画像

韓国、朴大統領のセックススキャンダル報道氾濫…税金でバイアグラ購入、官邸で密会

●崔順実側近と2人きりの “夜の会合”「バイアグラとそのジェネリック医薬品364錠購入」「高級ベッド3台購入」「胎盤エキス注射投与」――。韓国の朴槿恵大統領をめぐる一連の異様なスキャンダルは、とうとう「“成人指定”の領域に踏み込んだ.. 続きを読む

記事画像

逮捕、自殺、暗殺も……韓国大統領の末路がことごとく悲惨なワケ

友人の女性実業家による国政介入事件で辞任表明まで追い込まれた韓国の朴槿恵大統領。支持率は1桁台を緩やかに下降し、レームダック化している。実は韓国大統領が悲惨な末路を迎えるのは初めてではなく、もはやお約束といってもよいほど.. 続きを読む

記事画像

韓国に有利な協定も日本が関係すると徹底批判する韓国メディア

(C)Shutterstock日韓両政府は安全保障上の機密情報を相互に共有と保護するため、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を締結した。同協定を結んだことで、これまでアメリカを介して得ていた両国の北朝鮮軍事情報を直接やりとりできるように.. 続きを読む

記事画像

韓国人 生まれ変わっても韓国人になりたくないが多数

韓国では朴槿恵大統領の退陣を求める20万人規模のデモが発生し、支持率は歴代最低の5%にまで低下した。人々が怒っているのは、単に友人である崔順実(チェスンシル)が国政に介入したからではない。権力者と近しいだけで、傍若無人な振.. 続きを読む

記事画像

暗殺危機も? 韓国「朴槿恵降ろし」の内幕

韓国・朴槿恵(パククネ)大統領に、超ド級の大スキャンダルが発覚した。「朴氏は、私的な友人の崔順実(チェスンシル)氏に、演説草稿など機密文書を渡したうえで助言をもらっていたことが10月24日、報道されました。ただの友人で、肩書.. 続きを読む

記事画像

縁故優先の韓国社会 議員の息子採用のため要項変更

ソウルでは朴槿恵大統領の退陣を求める20万人規模のデモが発生し、支持率は歴代最低の5%にまで低下した。人々が怒っているのは、単に友人である崔順実(チェスンシル)が国政に介入したからではない。権力者と近しいだけで、傍若無人な.. 続きを読む

記事画像

混乱の韓国 日本のネットでも同情される末期的状況

これまで韓国政権は、「反日」カードを人気とりやスキャンダルの火消しに利用してきた。ところが、最近の様子はちょっと違う。日本のネット民の様子から浮かびあがる韓国の状況について、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が解説する。.. 続きを読む

記事画像

韓国で汚職を取り締まるために「おごり禁止法」が施行

(C)Shutterstock韓国で“おごり”が禁止される。9月28日から施行された『不正請託及び金品授受の禁止関係法』のためだ。マスコミと私学教員を、この法律に含むかどうかに焦点が当てられていた。だが、審議した憲法裁判所は今年7月に合憲.. 続きを読む

記事画像

朝鮮総連若手メンバーによる韓国大使館抗議デモの深層

日本を舞台に北朝鮮と韓国が暗闘を繰り広げている。発端となったのは4月に中国浙江省で発生した北朝鮮レストラン従業員の集団脱北事件(*注)。北朝鮮当局は、これを韓国の情報機関・国家情報院(国情院)による「拉致」と指弾し、従業.. 続きを読む

記事画像

【読者アンケート】2020年も使っている!と思うアプリはなんですか?

こんにちは、yumiです。今週もアンケートの時間がやって参りました。今回はリオオリンピックも間近ということで、「2020年の東京オリンピックの時にも使っているはず!」と思うアプリはどれだと思うか、アンケートをとってみたいと思いま.. 続きを読む

記事画像

財閥トップの犯罪が頻発する韓国 それでも放免される理由

韓国第5位の財閥ロッテの創業者、重光武雄=韓国名・辛格浩氏(シンギョクホ・93)の長女、辛英子(ヨンジャ)ロッテ奨学財団理事長(73)をソウル地検が逮捕した。地元の報道などによると、ロッテ免税店を総括していた英子容疑者は、化.. 続きを読む

記事画像

ロッテ、検察が大規模捜査へ…裏金疑惑で政治を巻き込む一大事件浮上、役員は出国禁止

韓国第5位の財閥、韓国ロッテグループが創業以来の危機に瀕している。韓国のソウル中央地検特捜部が10日、ロッテグループの裏金疑惑解明に本格的に動き出し、本社の政策本部や実質的にグループを指揮している重光昭夫会長、創業者の重光.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。