性交の最新情報

性交 に関するニュース検索結果   773件

記事画像

不正出血が鮮血の場合は要注意!? 出血の原因や対処法を解説

女性の不正出血は起こりやすいことだと言われています。ですがほとんどの不正出血は少量であることが多く、おりものに血が混じる程度だったりします。しかし中には鮮血が大量にでてくるような場合も…。今回はそんな不正出血が鮮血の場合.. 続きを読む

記事画像

北京大学23歳女性院生 恋人との香港旅行での体験

日本以上の学歴社会の中国にあって、北京大学は最高峰に位置する。そんな受験戦争を勝ち抜いてきた女子大生たちに、ジャーナリストの西谷格氏が性体験を直撃した。* * * ぱっちりとした二重にスラリとしたスタイルの小顔美人。北京.. 続きを読む

記事画像

濡れ場やグロシーンも!?地上波で放映してた驚きの洋画ランキング

皆さんは映画をリビングのテレビで見ていて、突然エッチなシーンやグロいシーンが映し出され、一緒に見ていた家族となんだか気まずい雰囲気になった事はありますか?映画に限った話ではないですが、「こんなシーン地上波で放送して大丈夫.. 続きを読む

記事画像

膣も老化する!? たるみや乾きを予防する膣ケア&会陰マッサージ

皆さんは、膣も老化することをご存知でしたでしょうか?膣は顔と同じように、筋肉で支えられているため、たるみなど様々な老化現象が現れるようです。妊娠・出産も膣の老化の要因の1つとして挙げられているので、事前に予防対策を知って.. 続きを読む

記事画像

【医師監修】子宮頸がんの症状は? 検診の流れと主な治療法3つ

子宮頸がんは、婦人科系のがんの中では、乳がんの次に罹患率が多いがんで、最近では、20~30代の若い女性に急増しています。ここでは、子宮頸がんになる原因や、子宮頸がんの検診、治療法などについてお話していきます。子宮頸がんってど.. 続きを読む

記事画像

排尿時や入浴時に膣がしみる!これってなにかの病気のサイン?

膣がしみる主な原因は二つあるといわれています。その二つとは「膣炎(ちつえん)」と「膣がん」です。それぞれどのような特徴があるのか、こちらで見てみましょう。「膣炎」によって膣がしみる病名からもわかるように、膣が炎症する病気.. 続きを読む

記事画像

【イタタタ・・・性交痛はナゼ?】膣圧トレーニングで痛みのないセックスへ!

記事提供:夜オンナ   性行為の際、痛みを感じる女性は、実は少なくありません。挿入時や、性行為の最中に痛みを感じる性効疼痛。 痛みが入り口だったり奥だったりと様々ですが、痛みが原因で行為を楽しめず、セックスを拒むことでパー.. 続きを読む

記事画像

知っておきたい!オーラルセックスでもうつる性感染症

大人の恋人同士ならお付き合いが始まって定期的なセックスがあるのは自然なことですが、避妊のためにセックスのときにはコンドームを使用しても、その前のオーラルセックス(口腔性交)の段階ではコンドームを付けない人は多いもの。しか.. 続きを読む

記事画像

「Popteen」現役JKモデル・れいぽよ、成人男性との過去の恋愛を告白 淫行条例に疑問

【れいぽよ/モデルプレス=4月23日】雑誌「Popteen」モデルの“れいぽよ”こと土屋怜菜が、21日深夜に放送された、NEWSの小山慶一郎と加藤シゲアキがMCをつとめるTBS系バラエティ番組「NEWSな2人」(毎週金曜深夜0時50分より)にゲスト出.. 続きを読む

記事画像

なかなかできないと思ったら『二人目不妊』?早めに相談を!

子どもの成長は早いもので、「そろそろ赤ちゃんがもうひとり欲しい」「上の子にきょうだいを」と二人目を望むようになる方もいらっしゃいますよね。周りが第二子を妊娠・出産しているのに「二人目がなかなかできない」と悩んでいるママも.. 続きを読む

記事画像

ラブドールは“抜く”だけの道具じゃない! 都築響一が認めた「ラブドール写真家」の美学とは?

男性向けの疑似性交用等身大人形、いわゆるダッチワイフ。いまだにビニール製のチープな人形をイメージする人も多いが、最近はラブドールと呼ばれるマネキン以上に人間らしい、シリコン製の高級品も販売されている。そんな高品質のラブド.. 続きを読む

記事画像

"性犯罪を厳罰化" 110年ぶりの刑法見直しに被害者が激白

性犯罪を厳罰化した刑法改正案が今国会に提出されている。去年9月に要綱を法制審議会が採択し、今年3月に改正案が閣議決定した。法案が成立すれば110年前の刑法制定以来、性犯罪について初めての大改正になる。明治時代に作られた「強姦.. 続きを読む

記事画像

AV業界の問題は「現場の中からの変化」を 川奈まり子・青山薫教授が激論

©sirabee.comAV実演家の人権を守る一般社団法人『表現者ネットワークAVAN』を立ち上げた、元女優で作家の川奈まり子氏。この連載は、川奈氏が、性表現や女性の人権などについての専門家との対談を通して、AVや日本の性が抱える問題点に光.. 続きを読む

記事画像

【今週はこれを読め! エンタメ編】芥川賞作家の赤裸々問題作!?~羽田圭介『成功者K』

「成功者」とは「性交者」とかけているのか!? ...と、セクハラ上司でもそうそう口にしなさそうなベタな下ネタが思わず心をよぎるほど、芥川賞作家である主人公のKは次々に女性と関係を持っていく。表紙にはバーンと著者の顔写真が使われ.. 続きを読む

記事画像

【医師監修】不妊症チェック! 男女別でわかる受診の目安と原因、治療法

結婚して、赤ちゃんがほしいと思っていてもなかなか授からずに焦りを感じているという場合、「自分が不妊症なのかもしれない」と不安になりますよね。不妊症について正しく知って、自分が当てはまるかどうかをまずは確認してみましょう。.. 続きを読む

記事画像

エッチで体位を変える?スムーズな順番はコレ

ラブタイムのメインディッシュといったら、なんといっても「挿入」です。ひとくちに挿入といっても、様々な体位で楽しむことができます。あなたと彼の体位チェンジはどうなっているでしょうか。ラブリサーチのアンケート 『挿入時、体位.. 続きを読む

記事画像

生理中の性行為はOK?NG?気になる妊娠確率とリスク【医師解説】

パートナーとの関係において、生理中の性行為について密かに悩んでいらっしゃる女性も多いのではないでしょうか。生理中の性欲や性行為、また妊娠確率などは、医学的にみた場合は一体どうなのでしょうか?今回は、生理周期と女性のからだ.. 続きを読む

記事画像

刑法改正~性犯罪厳罰化は抑止力になるのか?~

■性犯罪に関する刑法改正が閣議決定昨年から検討が進められていた性犯罪に関する刑法改正について、3月7日に閣議決定がなされました。法案となるのはまだ先ではありますが、皆さんにとっても大事な問題なので説明します。今まで意識され.. 続きを読む

記事画像

【セックス嫌いも克服?】愛がとろける4DAYS「ポリネシアン・セックス」

記事提供:夜オンナ   いつもよりちょっと大胆に新しい快感の扉を開くラブ・レクリエーションをラブライフアドバイザーのOLIVIAがご提案します! 前回から引き続き、「ポリネシアン・セックス」をご紹介していきますね。 「ポリネシアン.. 続きを読む

記事画像

「セルフ回春マッサージ」でコッソリ精力アップ

男なら誰でも、いつまでも永遠に滾る力を愚息に込めたいと思うもの。だが、現実はというと、愚息の元気も年を追う事になくなっていくものである。先日、SPA!が行った40~60代の男性をターゲットにしたアンケート調査では、実に59.2%の.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。