引退の最新情報

引退 に関するニュース検索結果   7455件

松岡茉優、オリラジ藤森との共演にビックリ!?「イケメン声優だと思ってた」

松岡茉優、オリラジ藤森との共演にビックリ!?「イケメン声優だと思ってた」

ディズニー/ピクサーの人気シリーズ『カーズ』の最新作『カーズ/クロスロード』の“新車”発表会見が27日、都内で行なわれ、日本語吹替えを務めた松岡茉優と藤森慎吾(オリエンタルラジオ)が出席。吹替え時は、声優が藤森だと知らなかっ.. 続きを読む

シングルマザーからお妃に!? 本当にあったシンデレラストーリー3選

シングルマザーからお妃に!? 本当にあったシンデレラストーリー3選

王族に庶民の女性が見初められて結婚……。そんな夢のような話ってあるのでしょうか? 実は、海外では王室の結婚のルールが比較的ゆるく、バツイチやシングルマザーの女性でも、王室に嫁いだケースがあるそうなのです。皇室番組を16年間担.. 続きを読む

藤井四段よりも「ひふみん」のほうがスゴイ? 本人降臨のほっこり話に大感激

藤井四段よりも「ひふみん」のほうがスゴイ? 本人降臨のほっこり話に大感激

(画像はTwitterのスクリーンショット)将棋公式戦29連勝となり、歴代1位の連勝記録となったプロ棋士・藤井聡太四段(14)の強さが話題に。しかし、一方で「神武以来の天才」と呼ばれ、22日に引退を表明した「ひふみん」こと加藤一二三(.. 続きを読む

“2017年上半期、マジで驚いた芸能ニュース”ランキングをAbemaTV『マジガチランキング』で発表!

“2017年上半期、マジで驚いた芸能ニュース”ランキングをAbemaTV『マジガチランキング』で発表!

AbemaTV(アベマTV)のAbemaSPECIALチャンネルで6月28日(水)夜8時から『マジガチランキング』#13が生放送される。  同番組は、お笑い芸人・カンニング 竹山隆範がMCを務め、10代の男女に“マジガチ”でとったアンケート結果を、大人.. 続きを読む

「これが船上だなんて…」クイーンエリザベスのNo.1スイートが別次元の豪華さ

「これが船上だなんて…」クイーンエリザベスのNo.1スイートが別次元の豪華さ

5つの視点「ミステリー」「豪華客船」「釣り」「ドローン」「部族」で地球一周しながら、ガチンコ取材するリアル冒険バラエティー『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』(テレビ朝日、毎週火曜23:15~ ※一部地域を除く)。6月20日の.. 続きを読む

10代男女が上半期にマジで驚いた芸能ニュースランキング発表!

10代男女が上半期にマジで驚いた芸能ニュースランキング発表!

AbemaTV内「AbemaSPECIALチャンネル」にて、6月28日(水)夜8時から「マジガチランキング」(#13)を生放送する。同番組は、お笑い芸人・カンニング竹山がMCを務め、10代の男女に“マジガチ”でとったアンケート結果を、大人の事情を無視して紹.. 続きを読む

【プロ野球】岡田明丈ら若手先発陣が芽吹く広島が快走。先発ローテーションとチーム順位の関係。セ・リーグ編

【プロ野球】岡田明丈ら若手先発陣が芽吹く広島が快走。先発ローテーションとチーム順位の関係。セ・リーグ編

「野球は投手から」とは昔から伝わる野球界の格言の一つだ。今シーズン、各チームの先発ローテーションの出来・不出来はチーム成績にどう影響しているのだろうか。交流戦までのデータを元に、先発ローテーションと順位との関連性を、リリ.. 続きを読む

オードリー若林 “芸能界引退”のももちは「本当に惜しい人材」

オードリー若林 “芸能界引退”のももちは「本当に惜しい人材」

“ももち”の愛称で親しまれている嗣永桃子が今月をもって芸能界を引退する。アイドルグループ「Berryz工房」のメンバーとしてデビューしたのが13年前、グループの活動休止後もぶれない“ぶりっこ”キャラで人気を博してきた彼女だが、その姿.. 続きを読む

“ひふみん”現役引退!最後の戦いに至る日々を描く

“ひふみん”現役引退!最後の戦いに至る日々を描く

NHK Eテレでは、7月1日(土)夜11時からのETV特集「加藤一二三という男、ありけり。」で、今年、現役引退が決まった将棋棋士・加藤一二三九段(77)にスポットを当てる。“ひふみん”の愛称で親しまれ、レジェンドとも呼ばれる名棋士の最後の対.. 続きを読む

俳優引退のダニエル・デイ=ルイス、ファッションデザイナーに転身か

俳優引退のダニエル・デイ=ルイス、ファッションデザイナーに転身か

先週に入り、“個人的な理由”により俳優業を引退すると伝えられたアカデミー賞主演俳優賞3冠のオスカー俳優ダニエル・デイ=ルイス。ファッションデザイナーに転身する可能性があるという。Page Sixが伝えた。【関連】「ダニエル・デイ=.. 続きを読む

加藤一二三九段、29連勝の藤井聡太四段に「ひふみんアイ継承ありがとう」

加藤一二三九段、29連勝の藤井聡太四段に「ひふみんアイ継承ありがとう」

先日現役を引退した将棋の加藤一二三九段(77)が、最年少棋士・藤井聡太四段(14)が対局中に見せた通称“ひふみんアイ”について「継承してくれてありがとう」と反応した。  6月26日、藤井四段が第30期竜王戦決勝トーナメント1回戦で.. 続きを読む

どこの少女漫画ですか!? 加藤一二三 九段と妻の出会いに胸キュン

どこの少女漫画ですか!? 加藤一二三 九段と妻の出会いに胸キュン

2017年6月20日に行われた竜王戦6組昇級者決定戦で、62年10か月の現役生活に幕を降ろした、加藤一二三・九段。引退が決定した日に感想戦をせず、マスコミの取材も拒否した理由について、後日こう述べました。「まず最初に、妻や子どもたち.. 続きを読む

藤井聡太、連勝記録達成に史上最年長棋士・加藤一二三が燃やす対抗心

藤井聡太、連勝記録達成に史上最年長棋士・加藤一二三が燃やす対抗心

昨年14歳2ヵ月の史上最年少で将棋のプロ棋士となった藤井聡太四段が、きのう行なわれた竜王戦決勝トーナメントで増田康宏四段を破り、公式戦29連勝を達成し、30年ぶりに記録を塗り替えた。折しも、この日発売された「ユリイカ」7月号は、.. 続きを読む

父と娘の、泣き笑いあるある!?『ありがとう、トニ・エルドマン』【さぼうる☆シネマ】

父と娘の、泣き笑いあるある!?『ありがとう、トニ・エルドマン』【さぼうる☆シネマ】

ほぼ、はじめまして(まだ連載2回め)。「風味、味わい」のような意味を持つ"savuer"をちょっと和風に発音しての、さぼうる。甘かったり、酸っぱかったり、辛かったり、ほろ苦かったり。映画を味わうことでココロがほぐれますように、と.. 続きを読む

新生E-girls、11人体制になって「変わったこと」は?

新生E-girls、11人体制になって「変わったこと」は?

【E-girls/モデルプレス=6月27日】11人体制となり、新たなスタートを切った新生E-girlsが、27日発売の雑誌「月刊EXILE」8月号の表紙を飾った。◆新生E-girls始動5日、E-girlsはアーティスト集団「E.G.family」として組織を拡大させ、新.. 続きを読む

ソニーがAIの進化を加速する。ディープラーニングのコアライブラリをオープンソース化

ソニーがAIの進化を加速する。ディープラーニングのコアライブラリをオープンソース化

Image: Sonyソニーだって、ずっと前からやってたから。本日発表されたのが、ソニーの「Neural Network Libraries」。ディープラーニング(深層学習)のコアライブラリ(プログラムを生成する際のフレームワークとなるソフトウェア)です.. 続きを読む

3階級制覇も達成感なし 元王者・亀田興毅が現役時代の後悔を初激白

3階級制覇も達成感なし 元王者・亀田興毅が現役時代の後悔を初激白

ボクシング一家・亀田3兄弟の長男として、現役引退後もテレビを舞台に活躍を続ける亀田興毅(30)が、26日深夜放送の『オー!!マイ神様!!』(TBS系)に出演。「後悔している」現役時代の苦悩を初激白し、ボクシングファンの注目を集め.. 続きを読む

オモロー山下だけじゃない「笑いからペンの世界に転身」芸人たちの才覚

オモロー山下だけじゃない「笑いからペンの世界に転身」芸人たちの才覚

「3の倍数と3のつく数字だけアホになる」で一世風靡した世界のナベアツこと、落語家・桂三度。彼が漫才師・ジャリズムだったころの元相方であるオモロー山下が、「女性自身」の記者に転身した。東京・目黒で経営しているうどん屋は続行し.. 続きを読む

“ひふみん”が予言 藤井四段は「さらに勝ち進む公算大」

“ひふみん”が予言 藤井四段は「さらに勝ち進む公算大」

◇藤井四段、新記録29連勝 藤井四段のプロ初戦の対戦相手で、20日に引退したばかりの「ひふみん」こと加藤一二三(ひふみ)九段(77)がテレビ局にひっぱりだこの状態だ。 この日は午後1時ごろにテレビ朝日「ワイド!スクランブル」に生.. 続きを読む

“ひふみん”が予言 藤井四段は「さらに勝ち進む公算大」

“ひふみん”が予言 藤井四段は「さらに勝ち進む公算大」

藤井四段のプロ初戦の対戦相手で、20日に引退したばかりの「ひふみん」こと加藤一二三(ひふみ)九段(77)がテレビ局にひっぱりだこの状態だ。 この日は午後1時ごろにテレビ朝日「ワイド!スクランブル」に生出演。序盤の情勢について.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。