小保方晴子の最新情報

小保方晴子 に関するニュース検索結果   295件

記事画像

小保方晴子氏対談「婦人公論」、バカ売れで売り切れ続出&増刷…「公のいじめ。ひどい」

 中央公論新社は27日、小保方晴子氏と瀬戸内寂聴氏の対談が掲載された「婦人公論」(6月14日号)の増刷が決定したことを発表した。同誌は、『小保方さん、あなたは必ず甦ります』と見出しがつけられた小保方氏と瀬戸内氏による異色の.. 続きを読む

記事画像

松ちゃん、小保方さんと寂聴氏の関係は「ベッキーと中居くん」

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(52)が29日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。24日発売の「婦人公論」(中央公論新社)で、STAP細胞論文の著者で理化学研究所の元研究員小保方晴子氏(32)が作家.. 続きを読む

記事画像

小保方晴子氏、理研が根拠なき中傷情報をリーク!海外研究機関からオファー続々

 一連のSTAP細胞論文問題をめぐり2014年12月に理化学研究所を退職した小保方晴子氏が、同年4月の記者会見後初めて、約2年ぶりに公の場に姿を現した。今月24日発売の「婦人公論」(中央公論新社)に、小保方氏と作家の瀬戸内寂聴氏の7.. 続きを読む

記事画像

小保方晴子の“白いワンピース”に感じた才能――「第二の瀬戸内寂聴になれる」発言の行方

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。<今回の芸能人>「『第二の瀬戸内寂聴になれる』というお手紙もございま.. 続きを読む

記事画像

【長谷川豊】小保方さんはもうそっとしておいてあげた方がいいんじゃないかな

「STAP細胞」をめぐる研究不正問題で理化学研究所を退職した小保方晴子さんが、騒動後、初めてとなる正式インタビューに応じました。5月24日発売の女性誌「婦人公論」がそれで、作家・僧侶の瀬戸内寂聴さんと対談し注目を浴びています。.. 続きを読む

記事画像

小保方晴子さん 瀬戸内寂聴との対談で容姿にも注目集まる

 2014年4月9日、大勢の報道陣とカメラの前で「STAP細胞はあります」と、弱々しい声をあげた“あの日”から2年――ついに小保方晴子さん(32才)が公の場に姿を見せた。《この2年間、本当に命が尽きると感じていました》《先生からのお手紙を.. 続きを読む

記事画像

小保方さん、2年ぶり登場で新疑惑?謎のセレブ生活と”顔の激変”

 科学界のトリックスターがまたもや紙爆弾を炸裂させた。STAP細胞論文の筆頭著者で、理化学研究所・元研究員の小保方晴子氏(32)が『婦人公論』(中央公論新社)の最新号に登場したのだ。作家で僧侶の瀬戸内寂聴氏(94)との対談形式で.. 続きを読む

記事画像

オリラジ中田、小保方氏は「したたかで自己陶酔が強いタイプ」

 オリエンタルラジオの中田敦彦(33)が25日、TBS「白熱ライブ ビビット」(月~金曜前8・00)に生出演。24日発売の「婦人公論」(中央公論新社)で2年ぶりにメディア登場したSTAP細胞論文の著者で理化学研究所の元研究員小保方晴子氏.. 続きを読む

記事画像

能年玲奈の“引退報道”に透ける、芸能界の力関係――小泉今日子の「援助」も飲み込む闇

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!本日発売の「婦人公論」(中央公論新社)で、STAP細胞騒動の小保方晴子さんが2年前の.. 続きを読む

記事画像

小保方さんが瀬戸内寂聴との対談に登場! 二人で辛辣な若山教授批判、寂聴センセイに「小説の書き方教えて」

 彗星のごとく現れた"リケジョの星"が一転、捏造バッシングに晒された小保方晴子STAP細胞騒動。今年1月には小保方氏による反論手記『あの日』(講談社)が出版されたが、それでもなお小保方氏はメディアの前に姿を現すことはなかった。.. 続きを読む

記事画像

STAP細胞の特許出願、米ハーバード大学が世界各国で…今後20年間、権利独占も

 米ハーバード大学附属ブリガムアンドウィメンズホスピタルが、STAP細胞の作成方法に関する特許出願を、日本、米国、EPO(欧州特許庁)、カナダ、オーストラリアなど世界各地で行っており、更新料、維持料が支払われている。これにつ.. 続きを読む

記事画像

STAP問題、小保方氏犯人説を否定する検察判断…嘘広めたNHKと告発者の責任問われる

 STAP細胞をめぐる問題で、理化学研究所の研究室から何者かがES細胞を盗んだ疑いがあるとして2015年5月14日、元理研研究者である石川智久氏が刑事告発していた。しかし、1年あまりの捜査の結果、今月18日、神戸地方検察庁は「窃盗事.. 続きを読む

記事画像

STAP現象の確認に成功、独有力大学が…責任逃れした理研と早稲田大学の責任、問われる

 今年3月10日、ドイツの名門大学、ハイデルベルク大学の研究グループがSTAP関連の論文を発表した。論文タイトルは『Modified STAP conditions facilitate bivalent fate decision between pluripotency and apoptosis in Jurkat T-ly.. 続きを読む

記事画像

安倍官邸が送り込んだ日本銀行審議委員に「ショーンK氏」並みの経歴詐称と「小保方氏」ばりの杜撰論文が発覚

 5月5日付の英デイリー・テレグラフ紙が「イギリスは日本経済で失敗したシンゾー・アベのアドバイスに耳を傾ける価値なし」とアベノミクスを辛辣に批判したことがネット上で話題だ。アベノミクスの失敗は、海外の専門家たちにはもはや隠.. 続きを読む

記事画像

5月病のキミへ…20代に不器用で失敗連続の人は、のちに必ず成長する、苦労はすべて役立つ

 新入社員の人は、職場の雰囲気がおおよそわかった5月に、気分が暗くなることがよくある。新入社員の5月病だ。周りの人の名前や仕事の内容がおおよそわかり、少し落ち着き始めると、今度は不安が膨らみ始める。ある人は、こんな難し.. 続きを読む

記事画像

STAP細胞、「つくることに成功した」と若山教授が発言…共同研究者も「見た」と証言

 一連のSTAP細胞論文問題をめぐり2014年12月に理化学研究所を退職した小保方晴子氏がその体験を綴った手記『あの日』(講談社)が1月に出版され、STAP細胞は再び世間の注目を浴びることとなった。そして先月、小保方氏がSTAP細胞のプ.. 続きを読む

記事画像

【ネットニュース編集者によるイニシャル鼎談】ベッキー”手記出版”の舞台裏とは?

 年明けから大きな芸能ニュースが続き、ネットニュース業界の賑わいが加速している。そこで、ネットのトレンドを知り尽くしたブロガーの山本一郎氏、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏、編集・ライターの漆原直行氏の3名にご登壇いた.. 続きを読む

記事画像

理研も震える「小保方晴子の大逆襲」

 わずか数か月で、天国から地獄に叩き落とされた彼女が、2年の沈黙を破って、ついに反攻に乗り出した!2014年、世を騒がせたSTAP細胞“捏造”事件。その中心的人物、小保方晴子・元理化学研究所研究員(32)が3月31日に、STAP細胞の作成手.. 続きを読む

記事画像

佐村河内守ドキュメンタリー「FAKE」の前に絶対に読め!「淋しいのはアンタだけじゃない」

森達也監督「FAKE」は今年の超話題作になりそうだ!ベッキー×ゲス、SMAP、清原、ホラッチョ、乙武くん……等々、年始からメガトン級の芸能スキャンダルが連発している2016年。新規スキャンダルさんのみならず、「キセキの世代」と呼ばれ、.. 続きを読む

記事画像

「理研」は科学者の楽園か? その成り立ちと歴史を追うことで、見えてくるものとは――

 STAP細胞に関連する一連の騒動を発端に、「理化学研究所」のイメージは著しく低下してしまったように思う。先日、小保方晴子さんが『あの日』という著書を出版された。その内容は「理研」の印象を更に不可解にさせる内容でもあった。【.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る