小保方晴子の最新情報

小保方晴子 に関するニュース検索結果   320件

記事画像

『森のくまさん』替え歌問題 鈴木奈々と三木秀夫弁護士に注目集まる

アメリカ民謡『森のくまさん』の歌詞を日本語に訳した作家・馬場祥弘氏が歌詞を無断で改変されたとして、お笑い芸人のパーマ大佐とユニバーサルミュージックに販売中止や慰謝料300万円などを求める通知書を送った。1月19日朝の報道・情報.. 続きを読む

記事画像

あわよくばの芸能界を狙う?「STAP細胞」の小保方晴子さん

あんころもち / PIXTA(ピクスタ)『STAP細胞』に関する論文で世間を騒がせた小保方晴子さん(33)が、1月6日発売の雑誌『婦人公論』(中央公論新社)で記事の連載を開始した。タイトルは『小保方晴子日記 「あの日」からの記録』で、同誌.. 続きを読む

記事画像

『婦人公論』で連載開始の小保方晴子氏 Googleは「かわいい」認定

理化学研究所の元研究員で、刺激惹起性多能性獲得細胞、いわゆる「STAP細胞」研究の中心人物であった小保方晴子氏(33)が、6日発売の『婦人公論』誌上で日記の連載を始めた。小保方氏は、昨年、同誌において作家の瀬戸内寂聴氏(94)と.. 続きを読む

記事画像

使い方、合ってる? 2016年のニュースをキュレーション!?【政治・社会・経済】

小池新都知事が都庁の闇を白日の下にさらす2016年の日本を語るうえで真っ先に名前が上がるのは小池百合子東京都知事だろう。小池氏は舛添要一前都知事が政治資金問題で辞職すると、絶妙のタイミングで出馬を表明。とはいっても石原慎太郎.. 続きを読む

記事画像

「笑ってはいけない」会見で一部ゲストを発表 松坂桃李らが出演へ

【ガキ使/モデルプレス=12月7日】年末の恒例番組・日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の大晦日年越しスペシャル「絶対に笑ってはいけない科学博士24時!」の会見が7日、同局で行われた。ダウンタウンの松本人志.. 続きを読む

記事画像

重盛さと美が「めちゃイケ」で白衣を着たらあの人に似てまーす!?

11月19日放送の「めちゃ×2イケてる!」(フジテレビ系)において、某女性タレントの整形疑惑を指摘したことで話題の重盛さと美。この日は「ドクターX(ペケ)」と題して出演者たちが医者や看護師に扮していたが、白衣姿の重盛を見た視聴.. 続きを読む

記事画像

ダイアナ妃の死を予言した超能力者が“日本の未来”を予知した結果…

11月16日の『水曜エンタ』(テレビ東京系列、毎週水曜21:00~)で、世界を救い続ける4人の特殊能力者を日本のテレビとして初取材した様子が放送される。1人目は、数々の未解決事件に協力してきたイギリスNo.1予知能力者「ダイアン・ラザ.. 続きを読む

記事画像

ユーミンが“虹色侍”の即興ソングをRT ピコ太郎「カッコよすぎて笑った」

POPROCKバンド・虹色侍が芸能人を題材に即興曲を作りツイッターで動画を投稿する“有名人リプ企画”が反響を呼んでいる。このたび“ユーミン”こと松任谷由実が彼らの即興ソングをRTした。大物アーティストの支持によってさらに弾みがつきそ.. 続きを読む

記事画像

「セフレ女と言いふらされて…」大学の研究室は、会社よりエロエロ!?

最近、職場内での性愛事情が乱れているというが、それは、いわゆる”会社”だけではない。閉鎖的な世界である大学では、一般企業以上に乱れているケースも…。2015年に赤トンボ研究で知られる福井大学教職大学院の特命准教授が、不倫関係の.. 続きを読む

記事画像

合コンに勤しんでいると報じられたSTAP小保方晴子さんの現在

(C)Shutterstock一部のインターネットニュースが伝えたところによると、“STAP細胞”で騒動を起こした小保方晴子さんが、合コンで人気者になったのだという。「STAP細胞の報告会見直後は、将来のノーベル賞候補と言われていましたが、論.. 続きを読む

記事画像

木村拓哉は何位?『しくじり先生』に出たら絶対見る芸能人ランキング

人生において大きな失敗をした芸能人が講師となり、“しくじった経験から学びを与える”番組、『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)。前園真聖や内山信二などは、この番組がキッカケでイメージが変わり露出が増えたと言わ.. 続きを読む

記事画像

カレンMがアッと言わせる!「阿部幸太郎 オレの美味予想」

小保方晴子さんのSTAP細胞説は正しかった! と、ネット騒然です。米国のハーバード大学のチームが、日本を含む世界各国に特許申請。それがあのSTAP細胞だったのです。申請費用は推定で1000万円。申請には小保方さんが力説していた細胞に.. 続きを読む

記事画像

STAP論文、海外有力大学が論文で引用

また海外の研究機関で小保方晴子氏筆頭の論文が引用され、再生医療の研究に貢献していることが明らかになった。引用されたのは日本では徹底的に否定された「STAP細胞論文」だ。STAP論文は「体細胞の分化状態の記憶を消去し初期化する原理.. 続きを読む

記事画像

私が朝日新聞の意向に反する記事を書いてクビになるまで…異論抹殺体質で誤報連発

私が記事を書いている7つの媒体の1つ、WEBRONZA(以下、RONZA/運営元:朝日新聞)から、「専属ライターを辞めていただきたい」旨の通知を受け取った。その原因は、私が書いた以下の2つの記事にある。(1)7月13日付RONZA記事『米国とド.. 続きを読む

記事画像

岡田有希子はなぜ飛び降りた? 不可侵の“タブー”へ切り込む『闇に葬られた「怪死」の真相』

『闇に葬られた「怪死」の真相』(宝島社)は、数々の謎に満ちた“死”を取り扱った一冊だ。女優・岡田有希子の飛び降り自殺や、陰謀論がささやかれる日本航空123便墜落事故など18編の“怪死”に切り込む。14年、小保方晴子氏の一連のSTAP細.. 続きを読む

記事画像

瀬戸内寂聴に小池一夫…恋に悩む人に捧ぐ「Twitter恋愛名言」まとめ

みなさんは、恋愛の名言にグッときたことはありますか?特に、両親を含む目上の人や経験豊富な人のアドバイスは、若い頃は「ふーん」と右から左に聞き流していても、恋愛で手痛い失敗をした時に思い出して「やっぱり聞いておけばよかった.. 続きを読む

記事画像

STAP細胞、関与否定の若山教授の血を使って実験していたと判明…理研の説明が根底から崩れる

2014年12月に理化学研究所を退職した小保方晴子氏によるSTAP細胞実験がどのように行われていたかを調べるため、理研の情報公開制度を利用して、小保方氏の研究室にあった冷凍庫の保全リストを請求したところ、同実験ではヒトの血液でも細.. 続きを読む

記事画像

ベッキー復帰はまた“裏目”? スキャンダル有名人たちの「終わらない茨の道」

政治資金の私的流用で辞任に追い込まれた前知事や、不倫で干された芸能人、そして逆襲のリケジョまで、騒動の主役は今後?大バッシングの嵐も過ぎ去り、“あの騒動”の主人公たちも、それぞれの日常を取り戻しつつあるように見える昨今。だ.. 続きを読む

記事画像

不倫…疑似体験してみる?「禁断の恋」にどっぷりつかれる小説3選

同じことが繰り返しの毎日に、退屈していませんか?朝は通勤ギリギリまで家事をして、仕事後は、化粧の落ち切ったくすんだ顔でまた夕方の家事。パートナーから「お疲れさま」と言われることもないし、存在を熱望されることもない。心の癒.. 続きを読む

記事画像

1人3つまでOK! 『ネット流行語大賞2016上半期』一般投票スタート 6月28日まで受付中 

やっと関東も雨続き、まさに梅雨の6月まっただ中。上半期の終了も迫っているので、『ネット流行語大賞2016上半期』投票を開始します!編集部で選出したワードに一般公募したワードをプラスし、事前投票を実施。上位25コのワードが出揃い.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。