安倍晋三の最新情報

安倍晋三 に関するニュース検索結果   2070件

稲田防衛相8・3改造まで持たず辞任 安倍政権にさらなる打撃

稲田防衛相8・3改造まで持たず辞任 安倍政権にさらなる打撃

稲田朋美防衛相は27日、閣僚を辞任する意向を固めた。南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報隠蔽(いんぺい)問題を巡り、防衛省トップとして混乱を招いた責任を取る。特別防衛監察結果の28日の公表に合わせて辞任を表明するとと.. 続きを読む

TPP、発効不透明のまま6千億円の対策費=税金投入 安倍政権の「自由貿易」の正体

TPP、発効不透明のまま6千億円の対策費=税金投入 安倍政権の「自由貿易」の正体

環太平洋経済連携協定(TPP)や経済連携協定(EPA)は自由貿易だと政府やマスコミは宣伝し、国民の多くもそうだと信じている。しかしそれは嘘であり、誤りである。自由貿易とは、国語辞典「大辞林」(三省堂)によれば、「国家が商品の輸.. 続きを読む

相模原事件から1年──植松被告の思想と、安倍自民党の障害者切り捨て・差別排外主義との関係を改めて問う

相模原事件から1年──植松被告の思想と、安倍自民党の障害者切り捨て・差別排外主義との関係を改めて問う

神奈川県相模原市の障がい者福祉施設「津久井やまゆり園」での入所者19人が殺害された事件から1年。殺人及び殺人未遂で起訴された元職員の植松聖被告だが、横浜地裁で始まるはずの裁判は、まだ公判前整理手続きすら始まっていない状態で.. 続きを読む

安倍首相、しどろもどろ 過去の「加計」答弁訂正、野党がやじ

安倍首相、しどろもどろ 過去の「加計」答弁訂正、野党がやじ

参院予算委員会で25日、前日の衆院に引き続き閉会中審査が開かれ、安倍晋三首相は学校法人「加計学園」による獣医学部新設計画を把握したのは今年1月20日とする答弁を巡り、釈明に追われた。 首相は24日の審査で、同学園の獣医学部新設.. 続きを読む

金融庁が露骨介入の銀行再編一大計画、公取委の反対で破綻

金融庁が露骨介入の銀行再編一大計画、公取委の反対で破綻

長崎県の親和銀行を傘下に持つふくおかフィナンシャルグループ(FG)と、同県最大の十八銀行の経営統合は、無期延期となる。県内の融資シェアが70%と高くなりすぎることを理由に統合を認めない公正取引委員会との溝が埋まらなかった。両.. 続きを読む

安倍首相の嘘は「1月20日に知った」だけじゃない! 官邸の記録を破棄して首相秘書官と今治市担当者の面会疑惑を隠ぺい

安倍首相の嘘は「1月20日に知った」だけじゃない! 官邸の記録を破棄して首相秘書官と今治市担当者の面会疑惑を隠ぺい

加計学園による獣医学部新設計画を知りうる立場にあったが、知らなかった──安倍首相による仰天の「前言撤回」が飛び出した閉会中審査は、あらためて安倍首相の嘘によって「丁寧な説明」を放棄していることが浮き彫りになった。国会でも追.. 続きを読む

安倍首相と麻生財相「24年目の決別」

安倍首相と麻生財相「24年目の決別」

「政権をど真ん中で支える」と公言してきた麻生氏に“謀反”の兆候あり。苦楽を共にしてきた名コンビに何が!?閣議ではいつも隣同士、国会では顔を近づけてヒソヒソ談笑――。自他ともに認める“政界の仲良しコンビ”の安倍晋三首相と麻生太郎財.. 続きを読む

ひふみん「スッキリ!!」コメンテーター挑戦 高須院長訴訟は「ノーコメント」

ひふみん「スッキリ!!」コメンテーター挑戦 高須院長訴訟は「ノーコメント」

先月、現役を引退した「ひふみん」の愛称で親しまれる将棋の加藤一二三・九段(77)が25日放送の日本テレビ系「スッキリ!!」(月~金曜前8・00)にスペシャルコメンテーターとして生出演した。 司会の「極楽とんぼ」の加藤浩次(48).. 続きを読む

神社本庁で森友問題そっくりの疑惑の不動産取引!「皇室」ファン雑誌販売をめぐり幹部の利益誘導疑惑も浮上

神社本庁で森友問題そっくりの疑惑の不動産取引!「皇室」ファン雑誌販売をめぐり幹部の利益誘導疑惑も浮上

森友学園問題では、汚いカネ儲けに走る右派勢力の実態が次々と露見したが、そんななか、あの神社本庁を中心に、「神社界の森友問題」と呼ばれる疑惑が浮上している。ダイヤモンド社のウェブサイト「ダイヤモンドオンライン」が6月21日付.. 続きを読む

加計学園問題から目が離せない

加計学園問題から目が離せない

学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐり、衆参両院が10日に開いた閉会中審査に、前川喜平前文部科学事務次官が参考人として招致された。前川氏は「国家戦略特区担当は内閣府だが、背景に官邸の動きがあった。和泉洋人.. 続きを読む

安倍首相が「加計学園が獣医学部新設を申請していること、知らなかった」とウソ強弁! 安倍首相はなぜ平気で嘘をつく?

安倍首相が「加計学園が獣医学部新設を申請していること、知らなかった」とウソ強弁! 安倍首相はなぜ平気で嘘をつく?

支持率がさらに急落するなか、本日午前より2日間にわたる閉会中審査が開かれている。この間「丁寧に説明する」ととなえていた安倍首相だが、やはりそれは口だけだったようだ。安倍首相の口からさっそく信じ難い発言が飛び出した。民進党.. 続きを読む

横浜市長選の争点「カジノ誘致」は加計問題と同じ、アベ友への利益誘導だ! 仙台市長選に続き安倍自民党にNOを

横浜市長選の争点「カジノ誘致」は加計問題と同じ、アベ友への利益誘導だ! 仙台市長選に続き安倍自民党にNOを

菅義偉官房長官(神奈川二区)が安倍晋三首相と一緒に推進するカジノ誘致が、横浜市長選(7月16日告示・30日投開票)を直撃、菅直系の林文子市長(71)3選の逆風になりつつある。横浜は、「日本維新の会」の本拠地・大阪と並ぶ有力なカジ.. 続きを読む

安倍晋三総理の「忖度」を突く今治市議の投げ掛けた質問

安倍晋三総理の「忖度」を突く今治市議の投げ掛けた質問

(C)まいじつ安倍晋三内閣の支持率が急落し、自民党内の基盤も揺らいでいるなか、7月24日と25日に国会の閉会中審査が開かれることになり、支持率急落の原因となった加計学園問題を安倍首相も出席して審議することになった。「渦中の加計.. 続きを読む

安倍首相の体調悪化は本当なのか?「潰瘍性大腸炎悪化で極秘入院準備」情報の一方で加計追及かわす仮病説も

安倍首相の体調悪化は本当なのか?「潰瘍性大腸炎悪化で極秘入院準備」情報の一方で加計追及かわす仮病説も

支持率急落で政権が危険水域に入ったと言われている安倍首相だが、一方でこの間、しきりに流れているのが「持病の潰瘍性大腸炎が再び悪化している」という体調悪化説だ。今月初めのG20の後、北欧外遊中には「帰国後すぐに入院する」とい.. 続きを読む

謝罪会見のはずが国民に説教?民進党・蓮舫さんが振りまく妙な違和感

謝罪会見のはずが国民に説教?民進党・蓮舫さんが振りまく妙な違和感

妙な記者会見だった。民進党代表の蓮舫氏(49)が、昨年9月に台湾籍を離脱し、10月に日本国籍選択を宣言したことを示す戸籍謄本の一部を党本部で公開。数か月前から批判されていた自身の<二重国籍>疑惑に応じた形だ。背景には東京都議.. 続きを読む

【今週の一言】2017.7.7~2017.7.20

【今週の一言】2017.7.7~2017.7.20

米国市民権取得手続きのため渡米していた中日のダヤン・ビシエドが再来日し「市民権の取得に時間がかかって、まだ返事が来ていない状態で戻ってくる決断をした」(13日、会見で)→キューバ出身だから? 厳しいなトランプ。自民党の村上.. 続きを読む

稲田防衛相が続投明言 辞めると任命責任問われる首相が困る?

稲田防衛相が続投明言 辞めると任命責任問われる首相が困る?

稲田朋美防衛相は21日、閣議後記者会見で南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報の隠蔽(いんぺい)問題に関し、改めて自身の関与を否定し、辞任する意向がないことを強調した。防衛監察本部による特別防衛監察への協力を表明し「.. 続きを読む

稲田防衛相の日報隠蔽より重大…防衛省、南スーダン自衛隊派遣のため戦闘発生を隠蔽

稲田防衛相の日報隠蔽より重大…防衛省、南スーダン自衛隊派遣のため戦闘発生を隠蔽

安倍晋三首相が8月上旬に行う予定の内閣改造では、稲田朋美防衛大臣の交代は必至とされている。稲田氏については、これまでいくつかの疑問が投げかけられていた。(1)稲田氏は終戦記念日に靖国神社を参拝するのを常としてきていたが、防.. 続きを読む

鈴木貴子に下ネタ、金子恵美より豊田真由子を擁護――「国会議員」の下品すぎる実態

鈴木貴子に下ネタ、金子恵美より豊田真由子を擁護――「国会議員」の下品すぎる実態

国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。久しぶりに明るいニュースが先日公表されました。鈴木貴子衆議院議員(自民党・無所属の会)のおめでたです。7月にはご自身のブログでも明かされていたそうで、以前からおなかのあたりにゆとりの.. 続きを読む

富士フイルム、不正会計認識しつつ社債発行で多額資金調達の疑い…市場を欺く倫理逸脱行為か

富士フイルム、不正会計認識しつつ社債発行で多額資金調達の疑い…市場を欺く倫理逸脱行為か

子会社の富士ゼロックスで不祥事が発覚した富士フイルムホールディングス(HD)は6月29日、株主総会を開いた。富士ゼロックスで起きたスキャンダルは、ニュージーランド(NZ)とオーストラリアの販売子会社で売り上げを水増ししていたと.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。