大友良英の最新情報

大友良英 に関するニュース検索結果   78件

これを見逃すと次は3年後!フォトジェニックスポットも満載「札幌国際芸術祭 2017」

これを見逃すと次は3年後!フォトジェニックスポットも満載「札幌国際芸術祭 2017」

「札幌国際芸術祭 2017」は、3年に一度、札幌市で行なわれる国際的なアートフェスティバル。2回目の開催となる2017年は、NHKの朝の連続テレビ「あまちゃん」の音楽を手掛けレコード大賞作曲賞を受賞した大友良英氏をゲストディレクターに.. 続きを読む

「居酒屋ふじ」永山絢斗と大森南朋が実在の飲み屋で語り合い、大杉漣が酷い占いをするドラマ

「居酒屋ふじ」永山絢斗と大森南朋が実在の飲み屋で語り合い、大杉漣が酷い占いをするドラマ

先週よりテレビ東京の土曜深夜のドラマ枠「土曜ドラマ24」でスタートした『居酒屋ふじ』。(Amazonプライム)中目黒に実在する小さな居酒屋に集う人々の物語だ。主演は永山絢斗と大森南朋。このドラマの最大の特徴は、実際に「ふじ」の常.. 続きを読む

死ぬまで朝ドラレビューを書いていきたい『みんなの朝ドラ』ライター・木俣冬に聞く

死ぬまで朝ドラレビューを書いていきたい『みんなの朝ドラ』ライター・木俣冬に聞く

当サイト「エキレビ!」の朝ドラ毎日レビューでもお馴染みのライター・木俣冬が、朝ドラに対する愛情を爆発させまくった著書『みんなの朝ドラ』を上梓した。2010年代の朝ドラを中心に、いつものレビューとはまた違った切り口で朝ドラ論を.. 続きを読む

永山絢斗&大森南朋W主演ドラマ『居酒屋ふじ』主題歌は斉藤和義の書き下ろし曲「I’m a Dreamer」

永山絢斗&大森南朋W主演ドラマ『居酒屋ふじ』主題歌は斉藤和義の書き下ろし曲「I’m a Dreamer」

テレビ東京にて7月8日(土)よりスタートする『土曜ドラマ24「居酒屋ふじ」』の主題歌を斉藤和義が書き下ろしたことが発表された。ドラマの舞台である中目黒に実在する店「ふじ」を知る斉藤和義が、このドラマのために書き下ろしたという.. 続きを読む

NYのアート本『ESOPUS』に一曲参加しました【カヒミ カリィの Wherever I go】

NYのアート本『ESOPUS』に一曲参加しました【カヒミ カリィの Wherever I go】

昨年のちょうど今頃でしょうか、以前マイロハスでも紹介したのですが、ブルックリンのレッドフックという地区にある『Pioneer Works』というアートスペースで、大友良英さんとレコーディングをしました。その時は作品をリリースする予定.. 続きを読む

「人間は皆、生まれつきクリエイティブだ」世界中の新しい音が満ち溢れる「ボンクリ・フェス」芸劇で初開催

「人間は皆、生まれつきクリエイティブだ」世界中の新しい音が満ち溢れる「ボンクリ・フェス」芸劇で初開催

5月4日朝、東京芸術劇場アトリウムスペースにホルンのファンファーレが響き渡り、新しい音楽フェスが産声をあげた。世界的に活躍する作曲家、藤倉大をアーティスティック・ディレクターに迎え、0歳から大人まで「世界中の新しい音」をま.. 続きを読む

Mining ~ジム・オルーク × 石橋英子 × 日高理樹~

Mining ~ジム・オルーク × 石橋英子 × 日高理樹~

世界を股にかけて活躍し14年ぶりとなるヴォーカル・アルバム「Simple Songs」をリリースし、海外のメディアでも年間べストに選ばれるなど、日本を拠点として世界中に衝撃を与えているJim O’Rourke、Merzbowとのユニット「公園兄弟」で世.. 続きを読む

            小泉今日子、デビュー35周年記念ベストアルバム発売決定

小泉今日子、デビュー35周年記念ベストアルバム発売決定

3月21日にデビュー35周年を迎えた小泉今日子のコンプリートシングルベストアルバム『コイズミクロニクル~コンプリートシングルベスト 1982-2017~』が、5月17日に発売されることが決定した。1982年のデビュー曲「私の16才」をはじめ、日.. 続きを読む

            正月ボケを叩き潰す、タフで清々しい5曲

正月ボケを叩き潰す、タフで清々しい5曲

強制PPAP地獄と強制恋ダンス地獄にまみれた忘・新年会、あるいは冬コミを生き抜いた賢明なるユーザーの皆様、明けましておめでとうございます。本年もOKMusicをよろしくお願い申し上げます。ついでに私のこともよろしくお願い申し上げま.. 続きを読む

「オトナの一休さん」 天衣無縫のサントラ発売

「オトナの一休さん」 天衣無縫のサントラ発売

NHK Eテレで放送中の話題の番組「オトナの一休さん」。早くも「あまちゃん」の大友良英によるオリジナル・サウンド・トラックアルバムの発売が決定した。室町時代に実在した「一休さん」は、とんでもないお坊さんだった!リアル一休さん.. 続きを読む

大友良英、マレウレウらが参加『オトナの一休さん』サントラ発売決定

大友良英、マレウレウらが参加『オトナの一休さん』サントラ発売決定

NHK・Eテレで放送中のアニメ『オトナの一休さん』(毎週水曜22:45~)のCD「オトナの一休さん オリジナル・サウンドトラック」が、12月21日(水)に発売されることが決定した。同作品は、室町時代に実在した坊主「一休さん」の破天荒な.. 続きを読む

ONE OK ROCK新作ALが来年発売、RADWIMPS×上白石『SONGS』放送、欅坂46初ワンマン:今週の邦楽まとめニュース

ONE OK ROCK新作ALが来年発売、RADWIMPS×上白石『SONGS』放送、欅坂46初ワンマン:今週の邦楽まとめニュース

ONE OK ROCKの2年ぶりとなる新作アルバムの発売が発表されや。リリース日は2017年1月11日。前作アルバム『35xxxv』に引き続き、海外でレコーディングが行われ、アヴリル・ラヴィーンや5 Seconds of Summerがフィーチャリング参加している.. 続きを読む

スガダイローがスタンウェイ工場でジェイソン・モランに挑む!坂本龍一や大友良英も参加したプロジェクトが世界へ

スガダイローがスタンウェイ工場でジェイソン・モランに挑む!坂本龍一や大友良英も参加したプロジェクトが世界へ

2組の音楽家が、何も決め事なく自由に即興的に音楽を奏であう『BOYCOTT RHYTHM MACHINE VERSUS』プロジェクト。これまでに坂本龍一や大友良英、いとうせいこうらが挑んだこのプロジェクトが、日本人音楽家が世界の各大陸に挑んでいくシリ.. 続きを読む

検索ではたどりつけない特別な一冊を探しに行こう! ブックフェア「100人が選ぶ、この夏おすすめする一冊 2016」開催中

検索ではたどりつけない特別な一冊を探しに行こう! ブックフェア「100人が選ぶ、この夏おすすめする一冊 2016」開催中

「いい本をもっとたくさんの人に知ってもらいたい!」という趣旨のもとスタートしたブックフェア「100人が選ぶ、この夏おすすめする一冊 2016」が、2016年8月5日(金)から9月末にかけて、青山ブックセンター本店にて開催中だ。2005年よ.. 続きを読む

戸川純、中村中ら「サラヴァ」50周年コンサートに出演

戸川純、中村中ら「サラヴァ」50周年コンサートに出演

世界最古のインディー・レーベルであるピエール・バルーの「サラヴァ・レーベル」が、発足50周年を記念したコンサートと展覧会を東京で開催する。「一期一会~サラヴァ・レーベル 50周年記念コンサート~」は10月27日(木)に東京・渋谷TSU.. 続きを読む

イベント満載!さっぽろ八月祭が開催

イベント満載!さっぽろ八月祭が開催

札幌市北3条広場(アカプラ)で8月5日(金)と6日(土)、「さっぽろ八月祭2016」が開催される。昨年は2日間で約17000人の来場者で賑わった同イベントは、会場が札幌駅から程近くというアクセスの良さもあり、観光中や、仕事帰りにも気軽に立ち.. 続きを読む

グッゲンハイム美術館 モホリ=ナジ・ラースロー展へ【カヒミ カリィの Wherever I go】

グッゲンハイム美術館 モホリ=ナジ・ラースロー展へ【カヒミ カリィの Wherever I go】

先日、NYのマンハッタンにあるグッゲンハイム美術館で行われている「Moholy-Nagy Laszlo 展」に行ってきました。モホリ=ナジ・ラースロー(1895~1946)は、20世紀のアートに新しい視覚芸術をもたらしたユダヤ系ハンガリー人の芸術家で.. 続きを読む

ペットのような植物 我が家のオジギソウ【カヒミ カリィの Wherever I go】

ペットのような植物 我が家のオジギソウ【カヒミ カリィの Wherever I go】

我が家は裏庭や室内で色んな植物を育てていますが、この一年ほど1番手塩にかけてきたのがこのオジギソウです。去年の夏、娘が受けている通信教育の教材にオジギソウを育てるセットが付いていたのですが、種を海外に発送するのは禁止だと.. 続きを読む

土曜ドラマ「トットてれび」は優等生なのか「青春編」を振り返ってみた

土曜ドラマ「トットてれび」は優等生なのか「青春編」を振り返ってみた

「トットてれび」(NHK 総合/土/よる8時15分~)脚本:中園ミホ 演出:井上剛、川上剛、津田温子「8時15分です」と黒柳徹子(本人)の合図ではじまる「トットてれび」。女優、タレント、文筆業と多彩な顔を「玉ねぎ頭」でポップアイコ.. 続きを読む

普段使い用の器を自分で作ってみる【カヒミ カリィの Wherever I go】

普段使い用の器を自分で作ってみる【カヒミ カリィの Wherever I go】

昨年末からNYで陶芸を始めました。父親が器好きだったり益子の近くに住んでいたこともあって、子供の頃から手作りの食器で食事をすることが多かったのですが、昔はそれが当たり前のような感じであまり気にかけていませんでした。中学生に.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。