坂本龍一の最新情報

坂本龍一 に関するニュース検索結果   348件

【ビルボード】村治佳織『ラプソディー・ジャパン』急上昇し、クラシックチャート2位に

【ビルボード】村治佳織『ラプソディー・ジャパン』急上昇し、クラシックチャート2位に

今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、2016年にリリースされた村治佳織の『ラプソディー・ジャパン』が急上昇し第2位に。また10位にも『Re-Cycle 村治佳織ベスト』がチャートインした。TBS『サワコの朝』やNHK BSプレミアム『.. 続きを読む

戦後の沖縄で米軍の圧政と闘った男のドキュメンタリー映画

戦後の沖縄で米軍の圧政と闘った男のドキュメンタリー映画

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー』彩プロ配給/8月26日より渋谷ユーロスペースにて公開(12日より沖縄先行公開)監督/佐古忠彦出演/瀬長亀次郎ほか語り/山根基世、大杉漣たまには硬派のドキ.. 続きを読む

村上春樹、太宰治…星野源まで?! 100人の文体で綴る『カップ焼きそばの作り方』が10万部突破

村上春樹、太宰治…星野源まで?! 100人の文体で綴る『カップ焼きそばの作り方』が10万部突破

2017年6月7日に発売した書籍『 もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら 』(宝島社)が、発売2カ月で異例の4刷10万部を突破した。  本書は、「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」をテーマに、村上春樹や太宰.. 続きを読む

ラン・ラン(ピアノ)が真鍋大度の率いる最先端テクノロジー集団とコラボレーション、未来のステージが誕生

ラン・ラン(ピアノ)が真鍋大度の率いる最先端テクノロジー集団とコラボレーション、未来のステージが誕生

ピアニストのラン・ランと、メディア・アーティストの真鍋大度によるスペシャル・プロジェクト『Lang Lang × Daito Manabe with Rhizomatiks Research(仮)』の開催が決定した。クラシック音楽界を代表し、老若男女から愛されるラン・ラン.. 続きを読む

伝説のアイドル楽曲を再発見! 『昭和アイドルアーカイブス・岡田有希子編』参戦レポート

伝説のアイドル楽曲を再発見! 『昭和アイドルアーカイブス・岡田有希子編』参戦レポート

岡田有希子が亡くなってから、今年で31年目を迎えた。あれから色々なことがあったけれど、今、アイドル業界は華やかで、かつてないほどの盛り上がりを見せ、たくさんのアイドルたちが日々、歌ったり踊ったりしてファンを楽しませている。.. 続きを読む

元ちとせ 坂本龍一プロデュース曲「死んだ女の子」今夏も期間限定配信スタート

元ちとせ 坂本龍一プロデュース曲「死んだ女の子」今夏も期間限定配信スタート

今年デビュー15周年を迎えた元ちとせ。2005年から夏限定で配信を行っている、坂本龍一プロデュース曲「死んだ女の子」の配信をスタートさせた。トルコ出身の詩人ナジム・ヒクメットが、広島での原爆の悲惨さと戦争に反対する切なる気持ち.. 続きを読む

坂本龍一ドキュメンタリー映画がベネチア国際映画祭へ

坂本龍一ドキュメンタリー映画がベネチア国際映画祭へ

世界的音楽家である坂本龍一を追ったドキュメンタリー映画の正式タイトルが『Ryuichi Sakamoto: CODA』に決定。2017年11月4日より全国公開となるが、8月30日(現地時間)にイタリア・ベネチアで開幕する【第74回ベネチア国際映画祭】の「.. 続きを読む

2010年代、音楽で感性を育てるということ:バイブとノイズの狭間で

2010年代、音楽で感性を育てるということ:バイブとノイズの狭間で

音楽を視覚的に聴くということはできるのだろうか。それは、たとえばジャケットのアートワークやMVを見て楽しむとか、ライブの様子をひたすら動画にとって楽しむとかいうのではなく、単純に曲や音そのものが一種の情景として浮かびあがる.. 続きを読む

100人の“カップ焼きそばの作り方”を書き分けた著者に学ぶ「文体模写テク」

100人の“カップ焼きそばの作り方”を書き分けた著者に学ぶ「文体模写テク」

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。7月24日(月)の放送では、「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」(宝島社)の著者でライター・編集者の神田桂一さんと菊池.. 続きを読む

食べていた蕎麦の中から「カエルの死骸」 坂本美雨の珍事件にネット騒然

食べていた蕎麦の中から「カエルの死骸」 坂本美雨の珍事件にネット騒然

(画像はTwitterのスクリーンショット)作曲家・坂本龍一の娘であり、歌手の坂本美雨が、20日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演。音楽一家に生まれた彼女の子供時代やプライベートの話にも注目が集まる中、坂本は友人と外.. 続きを読む

クラシック・ピアノ界のレジェンド・高橋悠治が40年ぶりの再録音となる『サティ 新・ピアノ作品集』発売

クラシック・ピアノ界のレジェンド・高橋悠治が40年ぶりの再録音となる『サティ 新・ピアノ作品集』発売

今年79歳をむかえ、クラシック界のみならず、ポピュラーミュージックやジャズの領域でも多大なるリスペクトを受けているピアノ界のレジェンド・高橋悠治がフランスの作曲家、エリック・サティのピアノ作品を40年ぶりに再録音してリリース.. 続きを読む

支持率急落でも安倍首相は秋の改憲案提出! 坂本龍一、内田樹、久米宏、平野啓一郎、想田和弘らが憲法軽視を徹底批判

支持率急落でも安倍首相は秋の改憲案提出! 坂本龍一、内田樹、久米宏、平野啓一郎、想田和弘らが憲法軽視を徹底批判

都議選の大敗、支持率の急落で一気に危険水域に入った安倍政権だが、安倍首相は、自民党の憲法改正案を今秋の臨時国会に提出する方針を変えないと言い張っている。むしろ、憲法改正論議を自らの疑惑隠しに利用して、政権浮揚をはかるつも.. 続きを読む

ビートたけしの金言集「デヴィッド・ボウイと共演した“戦メリ”」

ビートたけしの金言集「デヴィッド・ボウイと共演した“戦メリ”」

先日、ロックミュージシャン、デヴィッド・ボウイさんがお亡くなりになりました。わたくし、デヴィッド・ボウイと聞いて真っ先に思い浮かぶのは、ヒット曲「レッツ・ダンス」でも、ロック史に残る名盤「ジギー・スターダスト」でもなく、.. 続きを読む

緊急時にも頼もしいランドローバー ディスカバリー3を本体250万円以下で

緊急時にも頼もしいランドローバー ディスカバリー3を本体250万円以下で

▲こんな川も渡れるし、急な傾斜地やぬかるみだらけの泥地など道なき道を走るという言葉がピッタリな車です 豪雨がデフォルト!? だから最大渡河深度に注目今年も大雨による災害が起きています。被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上.. 続きを読む

【書籍】本気で馬鹿馬鹿しいから笑える『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』

【書籍】本気で馬鹿馬鹿しいから笑える『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』

先に言っておきます。誤解を恐れず言えば、この本、実にしょーもないです。かなりくだらなくて馬鹿馬鹿しいのですが、キッチリ徹底してやってます。畏敬の念すらおぼえます。「全力で無駄なことをやりきる」ということに、久しぶりに出会.. 続きを読む

            レベッカ、伝説のクリスマス公演が一夜限りのSP上映! メンバー初の舞台挨拶も!

レベッカ、伝説のクリスマス公演が一夜限りのSP上映! メンバー初の舞台挨拶も!

レベッカが1985年12月25日のクリスマスに渋谷公会堂で開催した「REBECCA WORLD CONCERT TOUR ~Maybe Tomorrow」のライブ映像が、劇場版『REBECCA LIVE'85 Maybe Tomorrow Complete』として生まれ変わり、6月25日(日)に全国19劇場.. 続きを読む

2CELLOS、波打ち際で“演奏&走る”最新映像「炎のランナー」を公開

2CELLOS、波打ち際で“演奏&走る”最新映像「炎のランナー」を公開

クロアチア出身チェロ・デュオ、2CELLOSが、最新アルバム『スコア』から本日、ヴァンゲリス作曲「炎のランナー」主題曲の新作映像が公開された(https://youtu.be/sxIo28DzKGw)。2CELLOSは、最新アルバム『スコア』収録全曲のMVを制作し.. 続きを読む

 坂本龍一のアルバム『async』を使った短編映画コンペが開催決定

坂本龍一のアルバム『async』を使った短編映画コンペが開催決定

坂本龍一の新しいアルバム『async』のリリースにともない【async - 短編映画コンペティション】が開催されることが発表された。8年ぶりのスタジオアルバムとなった「async」は、坂本龍一自身がライナーノーツの中で「『架空のタルコフス.. 続きを読む

寺尾紗穂 武蔵野公会堂公演より「七草なつな」映像公開

寺尾紗穂 武蔵野公会堂公演より「七草なつな」映像公開

メジャーデビューアルバム『御身』が坂本龍一や大貫妙子らから絶賛され、映画主題歌やCM、エッセイの分野でも活躍するシンガーソングライター 寺尾紗穂。武蔵野公会堂で行われたワンマンライブより、「七草なつな」の映像が公開された(h.. 続きを読む

【視聴熱】山田孝之の異色3D映画、坂本龍一8年ぶりの新アルバム…話題の“現代アート”に要注目!

【視聴熱】山田孝之の異色3D映画、坂本龍一8年ぶりの新アルバム…話題の“現代アート”に要注目!

週刊ザテレビジョンの連載企画「This week 視聴熱」では、最近にわかに視聴熱(※)が急上昇中の最新トピック「熱トピ」を紹介。6月7日発売号では、時代の最先端を行くアーティスティックな2作品を紹介している。■ カンヌ映画祭正式応募作品.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。