坂本龍一の最新情報

坂本龍一 に関するニュース検索結果   336件

記事画像

木村拓哉の魅力は世界でどう受け止められるか?国際的名プロデューサーが太鼓判

木村拓哉が不死身の侍を演じる『無限の住人』(4月29日公開)が、第70回カンヌ国際映画祭で公式上映される。世界を舞台に、本作、そして木村拓哉の魅力はどう受け止められるのか?本作のプロデューサーであり、『戦場のメリークリスマス』(.. 続きを読む

記事画像

ラグジュアリーな断食… 過剰な?メンテナンス術

健康オタクを自認するなら、チェックしておきたいのが『GOETHE(月刊ゲーテ)』6月号(幻冬舎、税込み800円)だ。健康への投資に糸目をつけず、過剰なほどカラダをケアする。そんな最先端の技やスポットを完全網羅。自分にはできな~い、.. 続きを読む

記事画像

意外な人も!? 実は大学院進学・卒業している有名人22選

経歴を調べてみると、意外と偏差値の高い高校、大学卒の芸能人って増えてきてますよね。お笑い芸人やタレントでも大学院卒の高学歴ということも多くなってきています。たしかに、クイズ番組や情報番組のコメンテーターなど、それなりの肩.. 続きを読む

記事画像

老害右翼に「NO!」を。愛国ラッパー、魂の叫び

森友学園や教育勅語問題など、“愛国者たち”に端を発する話題が世間を騒がしている。だが、その言動や行動は“健全なナショナリズム”の範疇を逸脱し、逆にこの国の形を歪めてはいまいか? 自身を「保守である」と自認する人々に、現在の“.. 続きを読む

記事画像

アジカン後藤、バンド結成20年に「不思議な気持ち」

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」に、今年結成20周年を迎えるASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文さんがゲストとして登場。アジカンの20周年を振り返るとともに、3月29日に発売されたニューシン.. 続きを読む

記事画像

浅田美代子の動物愛護運動 さんまほか出品者のお宝ザクザク

放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、浅田美代子の動物愛護運動にエール。* * *「一般的な動物愛護のチャリティーやボランティアは、なんとなく堅苦しい空.. 続きを読む

記事画像

良質な環境で音楽に向き合う。坂本龍一氏の8年ぶりの新作を記念した展覧会

「あまりに好きすぎて、誰にも聴かせたくない」それほど、坂本龍一氏の思いがつまった8年ぶりとなるアルバム「async」。リリース以前の試聴やサンプル盤の配布は一切行われていなかったこの新作を、良質な環境で楽しむことができる「設置.. 続きを読む

記事画像

永井 博が描き下した「RECORD STORE DAY」オフィシャルイラストが公開!

4月22日(土)に全世界同時開催される「RECORD STORE DAY」。その日本版である「RECORD STORE DAY JAPAN2017」開催にあたり、永井 博が描き下したオフィシャルイラストが公開された。同イラストは、「RECORD STORE DAY JAPAN2017」の告知.. 続きを読む

記事画像

猫の親子ってこんなに仲がいいとは思わなかった #逗子猫日記

逗子の桜も満開になったが生憎の雨の週末。最近、購入した坂本龍一さんの「async」は雨の日の家作業にはぴったりなのでお気に入りだ。湿度が高いととたんに大人しくなる猫軍団。いつも寄り添っているのを見ると、猫の親子って正直こんな.. 続きを読む

記事画像

たたずめば、聞こえてくる。『ruichi sakamoto async 坂本龍一 設置音楽展』

坂本龍一の8年ぶりとなる新作アルバム『async』が先日、発売され早くもファンを中心に絶賛が広がっている。実はこのアルバム、「あまりに好きすぎて、誰にも聴かせたくない」という本人の思いをそのままに、リリース以前の視聴やサンプル.. 続きを読む

記事画像

作曲家・藤倉大が【ヴェネツィア・ビエンナーレ】の音楽部門で銀獅子賞を受賞

ロンドンを拠点に世界を席巻する作曲家、藤倉大が【ヴェネツィア・ビエンナーレ】の音楽部門で銀獅子賞を受賞した。【ヴェネツィア・ビエンナーレ】とは、イタリアのヴェネツィアで1895年から2年に1度開催されているアートの祭典。音楽部.. 続きを読む

記事画像

忌野清志郎が坂本冬美、細野晴臣とともに音楽の自由を示したHISの名作『日本の人』

忌野清志郎。1951年4月2日生まれ。病に倒れなければ先頃66歳を迎えたところである。矢沢永吉が67歳、泉谷しげるが68歳、海外に目を向ければミック・ジャガーは74歳で、先日、逝去したチャック・ベリーは90歳で新作を作っていたというから.. 続きを読む

記事画像

坂本龍一、過去の音への探求と現在の作曲プロセスをスクリーン上で

世界的音楽家である坂本龍一を追ったドキュメンタリー映画「RYUICHI SAKAMOTO DOCUMENTARY PROJECT(仮題)」が、11月に公開する。本作は、2012年から5年の長期間に渡る本人への密着取材によって実現したもので、併せて幼少からの膨大な.. 続きを読む

記事画像

坂本龍一、8年ぶり新ALの緊急生試聴会がJ-WAVEでオンエア&本人登場も

3月29日にリリースする坂本龍一8年ぶりのオリジナルアルバム『async』の緊急生試聴会をJ-WAVEで3月31日にオンエアすることが決定した。この番組は、「あまりに好きすぎて、誰にも聴かせたくない」という坂本龍一の意向により、3月29日の.. 続きを読む

記事画像

この春、坂本龍一とレクサスがコラボレーション!イベント開催決定!

ラグジュアリーブランド「レクサス」と、8年ぶりにニューアルバムを発売する坂本龍一氏がコラボレーション!この春、新しい価値を提案する。4月1日(土)~5月9日(火)まで、南青山のカフェ「INTERSECT BY LEXUS – TOKYO」の1Fガレージ.. 続きを読む

記事画像

LEXUSで五感を刺激する新しいドライブ体験

ドライブをするとき、気持ちを高めたり落ち着かせてくれるのが、車内で聴くシーンにあわせた音楽だ。お気に入りの曲はきっと、みなそれぞれ持っているだろう。LEXUSは、8年ぶりにニューアルバムを発売する坂本龍一氏と共に「LEXUS Listen.. 続きを読む

記事画像

坂本龍一、オリジナルアルバムの設置音楽展をワタリウム美術館にて開催

坂本龍一のオリジナルアルバムの設置音楽展(展示タイトル未定)がワタリウム美術館で開催されることが発表された。\n今回リリースされる8年ぶりのオリジナルアルバムは、「あまりに好きすぎて、 誰にも聴かせたくない」という坂本龍一本.. 続きを読む

記事画像

漂うのは、アーティストのカリスマ性と「コーヒー」の香り

弾けるような躍動感がある、ペイント。実はすべてコーヒーで描いているそう。ドイツ出身のDianaさんが描くアーティスト達は、それぞれの人物が放つオーラまで再現されているようなクオリティ。彼女は愛するミュージシャンの曲を聴きなが.. 続きを読む

記事画像

今さら? いや、今だからこそ「レコード」の魅力をあえて語ってみる!【マルチライター・山田ゴメス】

今年に入って一つ、大きな買い物をした。「大きな買い物」――とは言っても、1万円で小銭のお釣りが戻ってくる程度(税込)の値段なんだが……(笑)。買ったのは「レコードプレーヤー」――とは言っても、DJとかが持っている本格的なモノでは.. 続きを読む

記事画像

坂本龍一に5年間密着したドキュメンタリー映画公開決定

坂本龍一を追ったドキュメンタリー映画『RYUICHI SAKAMOTO DOCUMENTARY PROJECT(仮題)』が公開されることが決まった。本作は2012年から5年の長期間に渡る本人への密着取材によって実現したもので、併せて幼少からの膨大なアーカイブ素.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。