原辰徳の最新情報

原辰徳 に関するニュース検索結果   200件

唯一出場した夏の甲子園で優勝した“甲子園勝率10割”の高校!

唯一出場した夏の甲子園で優勝した“甲子園勝率10割”の高校!

夏の選手権が初めて行われたのは1915年のこと。以来、第1回大会を除いて初出場で初優勝を果たしたチームは1916年第2回大会での慶応普通部(現・慶応義塾=当時は東京都代表。現在は神奈川県へ移転)を第1号として13年第95回大会の前橋育.. 続きを読む

中畑清が大放言!限定講演会で語った「球界への熱き本音」(3)五輪監督に松井秀喜を推薦

中畑清が大放言!限定講演会で語った「球界への熱き本音」(3)五輪監督に松井秀喜を推薦

さらに、発言はいよいよ核心へ。2020年の東京五輪監督人事について、「この前、(五輪監督について)話を受けたんだよ。NPBの人から」と、仰天情報を口にしたのだった。「すわっ、監督就任か?」と思いきや、今後の監督を含めた人事につ.. 続きを読む

中畑清が大放言!限定講演会で語った「球界への熱き本音」(1)由伸采配は高校野球の延長

中畑清が大放言!限定講演会で語った「球界への熱き本音」(1)由伸采配は高校野球の延長

前DeNA監督の中畑清氏といえば、万年Bクラスだったチームの意識改革をする一方、絶不調の巨人の後任監督にもあがるなど、その発言に注目が集まっている。そんなやさき、参加者限定の講演会に中畑氏が登壇。由伸巨人の采配から東京五輪問.. 続きを読む

長嶋茂雄も登場、来年2月に巨人vsホークスOB戦

長嶋茂雄も登場、来年2月に巨人vsホークスOB戦

読売巨人軍の宮崎キャンプ60年目を記念し、ジャイアンツとホークスによるOB親善試合が、2018年2月にKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎(宮崎県宮崎市)で開催される。ジャイアンツOBチームの総監督は、長嶋茂雄・読売巨人軍終身名誉監督.. 続きを読む

巨人新監督「江川vs中畑」大変革バトル(2)4番かエースを務めた大物

巨人新監督「江川vs中畑」大変革バトル(2)4番かエースを務めた大物

堤前GM同様、由伸監督も13連敗した直後はこれまでと様子が違ったという。「ふだんから他人事のようだったコメントが、さらに吹っ切れたような物言いになったんです。ついには『もう、やってくしかないですよ』となげやりに言い放った姿は.. 続きを読む

【プロ野球】西口文也(元西武)のノーノー未遂。ロッテ「1イニング15点」の内訳など交流戦・珍場面総ざらい!

【プロ野球】西口文也(元西武)のノーノー未遂。ロッテ「1イニング15点」の内訳など交流戦・珍場面総ざらい!

野球太郎では『過去12年と今年の展望を総ざらい! プロ野球交流戦大特集!!』を連載。13年目を迎えた交流戦のアレコレを6回にわたって紹介したい。第5回となる今回は、過去12年間の交流戦で起こった珍プレー・珍場面を振り返ってみよう。.. 続きを読む

「ヨシノブ巨人」メルトダウンで菅野が“メジャー決意”(2)菅野が尾花コーチに不満爆発!

「ヨシノブ巨人」メルトダウンで菅野が“メジャー決意”(2)菅野が尾花コーチに不満爆発!

今季の菅野は3連続完封勝利を成し遂げているが、その直前、4月11日の広島戦で尾花コーチに対し、わだかまりが生じたという。味方の拙守もあり、6回途中で同点とされ、なお二死一、三塁で菅野は交代。ところが、2番手はルーキーの谷岡竜平.. 続きを読む

プロ野球2017交流戦「新3大遺恨バトル」はこれだ!(1)「巨人vs日ハム」は遺恨だらけ

プロ野球2017交流戦「新3大遺恨バトル」はこれだ!(1)「巨人vs日ハム」は遺恨だらけ

今年も交流戦が開幕した。10年からパ・リーグが勝ち越し続け、その実力差から開催意義も問われてはいる。しかし、別リーグの、特定の相手に対する遺恨の炎を燃え上がらせる球団や選手らも目につくのだ。はたして激しいバトルがファンを熱.. 続きを読む

覚醒・大田泰示は吉岡雄二の再来?【二宮清純のスポーツコラム】

覚醒・大田泰示は吉岡雄二の再来?【二宮清純のスポーツコラム】

巨人時代、通算8シーズンで、わずか9本のホームランしか記録していなかった男が、北海道日本ハムに移籍した今季は、5月24日時点で早くも5本である。スポーツ紙には「開花」や「覚醒」といった見出しが躍る。言うまでもなく大田泰示のこと.. 続きを読む

巨人「次期監督」に浮上する“意外な名前”

巨人「次期監督」に浮上する“意外な名前”

“ビッグ”と言えばビッグネーム、でも、“地味”と言えば確かに地味。悩める常勝軍団を救うかもしれないのは、かつての大エース!?広島、阪神を相手に苦戦を続ける、2年目の高橋由伸監督率いる巨人軍。今年こそ王座を奪回するべく、日本ハム.. 続きを読む

好調チームに共通点? プロ野球「ベンチ裏の愛憎劇」

好調チームに共通点? プロ野球「ベンチ裏の愛憎劇」

コケたチームに責任の押しつけ合いがあるのは分かるが、ノリノリのチームでも恨み骨髄のバトルがあるという……。17年ペナントレースは序盤から大荒れの模様だ。セ・リーグでは最初に飛び出した広島を巨人と阪神が猛追して、大混戦。一方の.. 続きを読む

東京五輪「侍ジャパンは原辰徳監督」で金メダル?

東京五輪「侍ジャパンは原辰徳監督」で金メダル?

3年後に迫る国民的イベントで金メダルを獲るべく白羽の矢が立てられたのはあの名将。だがその思いは揺れに揺れている!!ペナントレース開幕から1か月以上が過ぎたプロ野球。セは広島、パは楽天がロケットスタートに成功した形となった。「.. 続きを読む

球史に残る!「名監督たちの神采配」伝説プレイバック

球史に残る!「名監督たちの神采配」伝説プレイバック

野村克也氏が「野球は頭が8割」と言ったように、野球は、戦術や選手起用によって結果が大きく変わるスポーツである。それゆえ、監督たちの“一手”は時に、ものすごい奇跡を生み出す――。第4回WBC閉幕から1か月以上が過ぎた。敗退したアメリ.. 続きを読む

2日ゴールデン放送の地上波巨人戦中継に物議…「役割を終えた」との声も

2日ゴールデン放送の地上波巨人戦中継に物議…「役割を終えた」との声も

(画像は日本テレビ公式サイトのスクリーンショット)2日の、日本テレビはゴールデンタイム(19時から20時54分)にプロ野球中継『読売ジャイアンツ対横浜DeNAベイスターズ』戦を放送。『火曜サプライズ』や『踊るさんま御殿』は休止とな.. 続きを読む

ウラ事情を暴露!? プロ野球「番記者座談会」

ウラ事情を暴露!? プロ野球「番記者座談会」

いよいよペナントレースがスタート。直前に行われたWBCの影響もあってか、オープン戦は、大補強をした巨人が最下位、昨季Vの広島が11位と波乱含み。はたしてペナントの行方は、どうなるのか。プロ野球の裏を知り尽くしたベテラン記者たち.. 続きを読む

侍JAPAN新監督 本命・原、稲葉に古田、星野や中畑の名も

侍JAPAN新監督 本命・原、稲葉に古田、星野や中畑の名も

すでに退任を公言している侍ジャパン・小久保裕紀監督の後任人事をめぐって、熱い火花が散っている。スポーツ紙記者の話。「次のWBC監督は2020年の東京五輪監督を兼ねる可能性が高い。金メダル奪取が至上命題なので監督としての手腕が求.. 続きを読む

侍ジャパン・小久保監督が退任の意向表明…ファンからは続投を望む声も

侍ジャパン・小久保監督が退任の意向表明…ファンからは続投を望む声も

(画像はWBCオフィシャルサイトのスクリーンショット)ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝トーナメント準決勝で敗退した侍ジャパン・小久保裕紀監督が、退任の意向を表明した。■王貞治氏から説得を受け就任小久保氏は2013年.. 続きを読む

侍JAPAN戦士、メジャースカウトの「意外な査定」

侍JAPAN戦士、メジャースカウトの「意外な査定」

「アメリカン・ドリーム」を実現する猛者はいるのか!? 第二のイチローや松井秀喜が今の日本にもいるはず!!連日熱戦が続く、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(以下=WBC)。白熱した試合から目が離せないが、勝負とは別の視点か.. 続きを読む

ついにWBC決勝ラウンド! 新聞、テレビが報じていない「侍ジャパン」激闘物語

ついにWBC決勝ラウンド! 新聞、テレビが報じていない「侍ジャパン」激闘物語

野球の世界一を決める大会「ワールド・ベースボール・クラシック2017」は、いよいよ決勝ラウンドに突入する。第4回大会となる今回の出場チームは16か国。第1回、第2回を連覇し、前回大会は準決勝敗退の日本代表「侍ジャパン」が、世界一.. 続きを読む

【プロ野球】宮本慎也、稲葉篤紀、井端弘和。WBC日本代表を支えたベテランたちの献身プレーをプレイバック!

【プロ野球】宮本慎也、稲葉篤紀、井端弘和。WBC日本代表を支えたベテランたちの献身プレーをプレイバック!

3月6日から2017WBCが開幕。オープニングゲームとなった韓国対イスラエルは延長戦の末、2対1でイスラエルが韓国を下す番狂わせとなった。1次ラウンドでキューバ、オーストラリア、中国と対戦する日本も、油断できない戦いが続くだろう。過.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。