勝新太郎の最新情報

勝新太郎 に関するニュース検索結果   200件

記事画像

「沢尻エリカさんと勝新太郎さんだけ」陣内孝則が驚く“大物っぷり”

俳優の陣内孝則(58)が23日に放送された日本テレビ系「ダウンタウンDX」の2時間スペシャルに出演。沢尻エリカ(30)の大物っぷりを名優になぞらえて表現した。 フジテレビで05年10月クールに放送されたドラマ「1リットルの涙」で親子役.. 続きを読む

記事画像

片岡鶴太郎が考えるモノマネと芝居、その共通点と違い

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、数々のモノマネで知られるお笑い芸人としてキャリアをスタートし、今では役者としても活躍する片岡鶴太郎が語った、モノマネと芝居につい.. 続きを読む

記事画像

松方弘樹が語った、アクの強い悪役俳優がなぜいなくなったか

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、2017年1月21日に脳リンパ腫で亡くなった、故・松方弘樹さんが語った、日本の映画やドラマなどの現状についての言葉をお届けする。* *.. 続きを読む

記事画像

松方弘樹 大御所スターでありながら「可愛い後輩」だった

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、2017年1月21日に脳リンパ腫で亡くなった、故・松方弘樹さんが、かつて共演した大御所俳優について語った言葉をお届けする。* * * .. 続きを読む

記事画像

松方と梅宮、男の友情「感動秘話」

昭和の大スターの死から30日あまり――。聞こえてきたのは義兄弟と称された“辰兄”との心温まる友情話だった!1月21日に脳リンパ腫のため亡くなった、俳優の松方弘樹さん(享年74)。映画『仁義なき戦い』シリーズや、仁侠映画、時代劇での.. 続きを読む

記事画像

本田博太郎 CG使わない『北京原人』なら時代変えたと思う

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、時代劇だけでなく『北京原人』のようなユニークな作品に出演するなどした1990年代、素晴らしい演出家に巡り合えてきたことについて本田博.. 続きを読む

記事画像

本田博太郎 良い作品はスタッフもキャストもみな共犯者

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、無宿人の直次郎として本田博太郎が必殺シリーズにレギュラー出演した当時について語った言葉をお届けする。* * * 本田博太郎は1981.. 続きを読む

記事画像

俳優・本田博太郎 「岡本喜八スピリット、お願いします」

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、役者デビューからまもなかったころの本田博太郎が、岡本喜八監督に出会い、作品に出演した思い出について語った言葉をお届けする。* *.. 続きを読む

記事画像

カンヌ目指し山田孝之がプロデューサーに! 松江監督「嗅覚がいい」

昨年夏、山田孝之は山下敦弘監督を呼び出し、自身がプロデュースする作品でカンヌ映画祭の賞をとりたいと告げる。そこから始まる映画製作の様子を記録した『山田孝之のカンヌ映画祭』が現在、放送中。番組を手がける山下監督と松江哲明監.. 続きを読む

記事画像

市川海老蔵と寺島しのぶの鮮やかな歌舞伎共演!六本木歌舞伎『座頭市』ゲネプロレポート

2017年2月月4日(土)に、市川海老蔵主演の六本木歌舞伎第2弾『座頭市』が、東京・EX THEATER ROPPONGIにて開幕した。リリー・フランキーが脚本を、三池崇史が演出を務め、2017年の今だからこそ観客に訴える新解釈の『座頭市』が誕生。男.. 続きを読む

記事画像

海老蔵の六本木歌舞伎『座頭市』 演出の三池崇史が出した“条件”とは

一昨年、市川海老蔵さんを座長に、脚本・宮藤官九郎さん&演出・三池崇史さんという布陣でスタートした「六本木歌舞伎」。第二弾となる今回は、勝新太郎さんの主演映画で一世を風靡した『座頭市』の物語をリリー・フランキーさんの脚本で.. 続きを読む

記事画像

本田博太郎 胡蝶蘭でなく霞草とかタンポポでいいから満開に

映画史・時代劇研究家の春日太一氏による週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、いまではその独特な存在感から「怪優」と称されることもある本田博太郎が、若き日に演出家故・蜷川幸雄さんから教わったことについて語った言.. 続きを読む

記事画像

【芸能コラム】綾瀬はるかに転機をもたらすハードなアクション 「精霊の守り人 悲しき破壊神」

綾瀬はるかにとって、アクションは転機をもたらす存在である。そう言うと、首をかしげる人が多いかもしれない。現在公開中の『本能寺ホテル』などコメディーで活躍する一方、カンヌ国際映画祭に出品された『海街diary』(15)では、四姉.. 続きを読む

記事画像

松方弘樹さんが生前語っていた消えゆく時代劇への思い

松方弘樹(享年74)といえばさまざまな「ヤンチャ伝説」で知られる「豪快な映画スター」というのが、多くの方のイメージかもしれない。だが、その役者人生は決して平坦ではなかった。時代劇研究家の春日太一氏が、本人へのインタビューを.. 続きを読む

記事画像

今や絶滅?松方弘樹さん死去で消えゆく昭和の”豪快役者”

世代によって、あるいは観る側の趣味によって色々な印象を持たれるヒトだ。古い映画ファンには時代劇やヤクザ映画の二枚目スター(注1)。少し若いと、(それでも40歳前後か)バラエティ番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本.. 続きを読む

記事画像

俳優・山本學「人が下手に見えたら、気をつけろ」

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、数々の大女優たちの相手役を務めてきた山本學が、共演のなかで培った自分の役割について語った言葉からお届けする。* * * 山本學は.. 続きを読む

記事画像

俳優・山本學、森光子さんを見て「俺はなんて甘いんだ」

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、森光子主演の舞台『放浪記』に20年以上出演し続けた山本學が、森との共演の思い出を語った言葉からお届けする。* * * 森光子主演の.. 続きを読む

記事画像

俳優・山本學、田宮二郎さんとの最後の握手は痛かった

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。劇団俳優としてキャリアをスタートした、テレビドラマで活躍していた山本學は、テレビドラマ『白い巨塔』(1978年)で田宮二郎が演じる財前五郎と.. 続きを読む

記事画像

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.13(3)石原裕次郎がひた隠しにしたある関係

「歌謡界の女王」が死去するのに先立つこと2年、87年に戦後最大の男性人気スターだった石原裕次郎が死去している。同年7月30日号は石原裕次郎がひた隠しにしたある女性との関係を、緊急大特集として掲載している。〈入院当初、病状は「か.. 続きを読む

記事画像

俳優・山本學「ぶつかり合いが、世界をつくる」

映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、約50年前、劇団俳優としてスタートしテレビドラマで活躍し始めた山本學が、役者としての歩みをスタートさせた時代について語った言葉から.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。