内場勝則の最新情報

内場勝則 に関するニュース検索結果   13件

乃木坂46松村沙友理、ガールズバンドの一員に!ベース生演奏&生歌を披露<舞台稽古場取材>

乃木坂46松村沙友理、ガールズバンドの一員に!ベース生演奏&生歌を披露<舞台稽古場取材>

【松村沙友理/モデルプレス=6月26日】乃木坂46の松村沙友理が26日、都内で行われた舞台「FILL-IN~娘のバンドに親が出る~」の稽古場取材に出席した。同舞台は、東京で7年ぶりの新作公演となる後藤ひろひと氏の作品。ある日“音楽に人生.. 続きを読む

吉本新喜劇の女性初座長を現座長陣が祝福

吉本新喜劇の女性初座長を現座長陣が祝福

吉本新喜劇の酒井藍(30歳)が、女性初の吉本新喜劇座長に就任することが決定した。それに伴い、現座長の面々よりお祝いのコメントが寄せられている。◎内場勝則酒井藍さん座長就任おめでとうございます。しかも女性初座長です。みんなに.. 続きを読む

酒井藍が吉本新喜劇座長に就任決定!  史上初の吉本新喜劇“女座長”が誕生!

酒井藍が吉本新喜劇座長に就任決定!  史上初の吉本新喜劇“女座長”が誕生!

吉本新喜劇の酒井藍が、このたび女性初の吉本新喜劇座長に就任することが決まりました!酒井藍は、2009年9月に吉本新喜劇「第3個目金の卵オーディション」合格後、新喜劇に入団。ぽっちゃりキャラを生かし、「ブーブー。ブーブー。私、人.. 続きを読む

相楽樹 メイクばっちり、ミニスカ姿公開「別人」「ひと味違う」

相楽樹 メイクばっちり、ミニスカ姿公開「別人」「ひと味違う」

女優の相楽樹(22)が自身のブログで、がっつりメイクをしたミニスカ姿を公開している。 相楽樹オフィシャルブログより「今日は吉本興業さんにて 7月13日から始まる舞台『FILL-IN』の制作発表がありました 内場さんとめだか師匠を.. 続きを読む

後藤ひろひと7年ぶり新作舞台『FILL-IN 娘のバンドに親が出る』制作発表会見

後藤ひろひと7年ぶり新作舞台『FILL-IN 娘のバンドに親が出る』制作発表会見

劇作家で演出家の後藤ひろひとが手がける新作舞台『FILL-IN~娘のバンドに親が出る~』。2017年7月に開幕を迎える本作の制作発表会見が、5月17日(水)、東京・新宿の吉本興業本社で行われ、後藤をはじめ、内場勝則、相楽樹、松村沙友理.. 続きを読む

乃木坂46松村沙友理 吉本新喜劇重鎮と共演「人生の思い出」

乃木坂46松村沙友理 吉本新喜劇重鎮と共演「人生の思い出」

吉本新喜劇の座長、内場勝則主演の舞台「FILL-IN(フィル・イン)~娘のバンドに親が出る~」が、7月13日(木)~23日(日)東京・紀伊國屋ホールで公演される。それに先駆け、舞台制作発表を兼ねた会見が吉本興業・東京本部で行わた。この.. 続きを読む

松村沙友理、鬼才・後藤ひろひと新作公演に出演

松村沙友理、鬼才・後藤ひろひと新作公演に出演

演出家、劇作家、俳優の後藤ひろひと(「パコと魔法の絵本」原作」)作・演出の舞台「FILL- IN(フィル・イン)~娘のバンドに親が出る~」が、7月13日(木)から7月23日(日)まで、東京・紀伊國屋ホー ルにて開催することが決定致しました。.. 続きを読む

よしもと芸人が選ぶ“解散しそうなコンビ”

よしもと芸人が選ぶ“解散しそうなコンビ”

若手からベテランまで、よしもと芸人が約100人出演したバラエティ番組「お騒がせニュース2016 よしもと芸人100人 しゃべっても大丈夫」(関西テレビ)が12月29日に放送され、「お前ら仲悪いんちゃう!? 解散しそうなコンビはどいつだラ.. 続きを読む

“ハジケル女子ワールド!躍る!体験・体感!”「日本女子博覧会2016 meets MUSIC CURCUS RED」が10月23日(日)に開催!

“ハジケル女子ワールド!躍る!体験・体感!”「日本女子博覧会2016 meets MUSIC CURCUS RED」が10月23日(日)に開催!

あなたが主役!欲ばり女子の体験・体感イベント 日本女子博覧会実行委員会は、日本の女子のカルチャーを大阪から世界へ発信する体験型エキスポ「日本女子博覧会 2016 meets MUSIC CIRCUS RED」を、2016年10月23日(日)にインテックス大.. 続きを読む

木下ほうかと月亭方正にAV現場でバイトの過去「ほうかさんケツ出して…」。

木下ほうかと月亭方正にAV現場でバイトの過去「ほうかさんケツ出して…」。

俳優の木下ほうか(52歳)が、7月31日に放送されたバラエティ番組「マルコポロリ!」(関西テレビ)に出演。吉本興業所属の芸人時代から交流があった、番組MCの東野幸治(48歳)、レギュラーの月亭方正(48歳)と思い出話に花を咲かせた.. 続きを読む

吉本新喜劇 空席が目立った80年代は若手とベテランの間に壁も

吉本新喜劇 空席が目立った80年代は若手とベテランの間に壁も

1959年、大阪・梅田に演芸場がオープンしたのを機に「吉本ヴァラエティ」として始まった吉本新喜劇は、1962年に現在の名称に正式変更し、今年で56年を迎えた。舞台はなんばグランド花月(NGK)である。過去を振り返ると、1970年代には花.. 続きを読む

吉本新喜劇 「後進を育成するのも座長の役目」と池乃めだか

吉本新喜劇 「後進を育成するのも座長の役目」と池乃めだか

毎週月曜の深夜、大阪のなんばグランド花月(NGK)では、観客のいない劇場で新喜劇が演じられている。新作公演前のリハーサルだ。吉本新喜劇は毎週火曜日に新作が発表されるが、出演者が初めて揃うのはその前日。10月のとある月曜日、池.. 続きを読む

小籔千豊が”新(喜)劇の巨人”に? 阪急電車の車内や駅に大量出没中!

小籔千豊が”新(喜)劇の巨人”に? 阪急電車の車内や駅に大量出没中!

あの「吉本新喜劇」の人気芸人たちが、『進撃の巨人』となって阪急電車をジャック!? その名も、進撃の巨人ならぬ「新喜劇の巨人」。辻本茂雄さん、内場勝則さん、小籔千豊さん、川畑泰史さん、すっちーさんら吉本新喜劇の座長をはじめ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。