倍賞千恵子の最新情報

倍賞千恵子 に関するニュース検索結果   37件

記事画像

「べっぴんさん」芳根京子 「19歳のおばあちゃん役」に賛否

10月のスタートから20%前後の視聴率を記録し、好調が続くNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』。ヒロイン・芳根京子の演技にも注目が集まっているが、彼女が「おばあちゃん」を演じていることに賛否の声が出ている。コラムニストでテレビ.. 続きを読む

記事画像

『男はつらいよ』寅さん 愛される理由

『男はつらいよ』の主人公、寅さんはなぜ愛されるのか。これまでの名言や、寅さんを愛する有名人へのインタビューからその魅力を探る『寅さん語録 寅さん が教えてくれる 今を生きるための50のメッセージ』が3月23日(木)に刊行され.. 続きを読む

記事画像

『君の名は。』プロデューサー川村元気氏、『E.T.』の感動を再び 神木隆之介も「こちらも幸せ」

エンターテインメント業界において、一大ムーブメントを巻き起こした人物を顕彰する「第12回 渡辺晋賞 授賞式」が2日、東京都内で行われ、映画プロデューサーの川村元気氏が「特別賞」を受賞。「このような過分な賞をありがとうござい.. 続きを読む

記事画像

渡辺謙、マツコ、村本...世間と権力に抗い勇気ある発言をした芸能人に捧ぐ「よく言った」大賞10位~6位!

芸能人が政治的なイシューにコミットすることをよしとしない空気は以前からあった。だが、この数年、安倍政権やネトウヨによるメディアへの圧力によって、その傾向はさらにエスカレートしている。 政権批判や世間の空気に逆らう発言を少.. 続きを読む

記事画像

“歌謡曲の歌姫”伊藤美裕 ニューヨーク旅を経て「音楽という言葉で喋っているんだと思いました」

コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト・伊藤美裕が、12月17日に東京 恵比寿天窓.switchにて【伊藤美裕 LIVE 2016】を開催した。2011年4月にデビューし、同年末のレコード大賞新人賞を受賞、今年6年目を迎えた“歌謡曲の歌姫”伊藤.. 続きを読む

記事画像

小沢健二“カバーブーム”に、ファン複雑?

女優の吉田羊(42)出演のポカリスエットの新CMが、11月5日より放送開始となり、吉田と子役の鈴木梨央(11)が小沢健二(48)の楽曲をカバーして注目を集めている。最近あちこちで小沢の楽曲のカバーが話題になっているが、90年代の“渋谷.. 続きを読む

記事画像

著名人に送られた弔辞や追悼文を厳選し齋藤孝氏が解説した書

【書評】『心に感じて読みたい 送る言葉』齋藤孝・創英社/三省堂書店/1404円【評者】伊藤和弘(フリーライター)〈文章を考えるのはそれだけでエネルギーがいることなのに、最後のお別れの場で全員の前で詠み上げられるとなれば、弔辞.. 続きを読む

記事画像

倍賞千恵子 渥美清さんらとキャバレーまわりプランあった!?寅さん銅像の横にさくら銅像へコメントも

“したコメ”の愛称で親しまれている『第9回したまちコメディ映画祭 in 台東』クロージングセレモニーイベントが19日、東京・浅草公会堂で開かれ、女優・倍賞千恵子(75)や俳優・佐藤蛾次郎(72)らが歌唱やトークで盛り上げた。クロージ.. 続きを読む

記事画像

「個人の感想です」「演出です」過剰反応CMの細かすぎる「注意書き」、どこまで広がる?

目下、テレビ業界全体を覆っている「コンプライアンス」という言葉。日本語で「法令遵守」といい、つまりは社会の規範に背くことなく良識に基づいて行動するという意味だが、これが業界人のクリエイティビティを萎縮させているのではとい.. 続きを読む

記事画像

山田洋次監督、倍賞千恵子、前田吟、佐藤蛾次郎が勢ぞろい

『男はつらいよ』シリーズなどの出演で知られる俳優・渥美清さん(享年68)の命日である8月4日、『男はつらいよ』第1作の上映会が開催された。上映にあたってトークショーも開催、山田洋次監督(84才)、倍賞千恵子(75才)、前田吟(72.. 続きを読む

記事画像

山田洋次監督「寅さんの時代の元気が今もほしい」 倍賞千恵子「渥美ちゃんに散々笑わされた」

-渥美清 没後20年特別企画-「男はつらいよ フィルム上映会」が4日、東京都内で行われ、上映前のトークイベントに、山田洋次監督、出演者の倍賞千恵子、前田吟、佐藤蛾次郎が登壇した。山田監督はシリーズ第1作について「試写室で見て.. 続きを読む

記事画像

 “人気”という不確かなものに人生を丸々捧げ、ひっそりと芸を磨き、夢を売る人々のお話です

「週刊ポスト」の好評エッセイ“笑刊ポスト”が単行本化。堅苦しくなく、自分が触れた、憧れた、リスペクトする芸能人の魅力を高田文夫らしい名調子で綴った本。取り上げる人選も幅広く、岡村隆史、フランク永井、ナンシー関、清水ミチコ、.. 続きを読む

記事画像

渥美清没後20年!NHK BSプレミアムで大特集

NHK BSプレミアムでは、渥美清の没後20年となることし、映画「男はつらいよ」シリーズを中心とした特集番組をラインアップ。7月30日(土)は「ザ・プレミアム 寅さん、何を考えていたの?~渥美清・心の旅路~」。渥美が折々に詠んだ220を.. 続きを読む

記事画像

故川島なお美さん 5千万円の墓にはロマネコンティ像

梅雨の合間の突き抜けるような青空の下、参列者のワイングラスに注がれたのは「Chateau Le Pin POMEROL」の1992年物。年間8000本ほどしか生産されない希少な赤ワインで、1本40万円前後とされる。「墓前には白菊ではなく真っ赤なバラ、そ.. 続きを読む

記事画像

【男はつらいよ】柴又駅前に「さくら像」の設置が決定 / 倍賞千恵子さんも喜びの声

渥美清主演、山田洋次原作・監督の映画、男はつらいよ。「1人の俳優が演じた最も長い映画シリーズ」としてギネス記録に登録されるなど、日本映画史に残る傑作の1つといっても過言ではないだろう。なにせ全48作で合計7957万3000人を動員し.. 続きを読む

記事画像

V6森田剛「オイ、ケツ蹴れよ!」松田美由紀の発言に衝撃

5月25日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ)にV6の森田剛(37)と俳優の濱田岳(27)がゲストで出演した。この日は、「生まれて初めて聞かれました」という企画で、TOKIOのメンバーは事前にゲストが今まで聞かれたことがないであろうと.. 続きを読む

記事画像

上條恒彦 もうちょっと下手に歌えないかと頼まれた理由

役者を目指しながら歌手に転身した上條恒彦は、歌った曲が大ヒットし、ドラマ主題歌もまかされることとなった。主題歌を歌ったことから役者の仕事も始まった当時の出来事について上條が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏が.. 続きを読む

記事画像

大竹しのぶが安倍首相の戦争政策を真っ向批判! 元夫の明石家さんまも「戦争のために税金を納めてるんじゃない」

失言、不祥事、そして円高・株安で露呈したアベノミクスの限界──。普通に考えればかなりピンチな状態に陥っているはずの安倍政権だが、当の本人は気に留める様子もなく、昨日はお友だちである辛坊治郎のラジオ番組に出演。「(いま)民主.. 続きを読む

記事画像

「スタジオジブリ」主題歌集 5作品追加で高音質化

2008年に発売され30万枚以上のセールスを記録した大ヒットアルバム「スタジオジブリの歌」がこの度、スタジオジブリ設立30周年を記念して新たに10曲を追加し『スタジオジブリの歌 -増補盤-』としてリリースされた。新たに追加されたのは.. 続きを読む

記事画像

ジブリの主題歌集に“増補盤”、30万枚ヒットのアルバムに曲追加。

2008年に発売され、30万枚以上のセールスを記録した大ヒットアルバム「スタジオジブリの歌」が、このたびスタジオジブリ設立30周年を記念して、新たに10曲を追加した「スタジオジブリの歌 -増補盤-」としてリリースされた。新たに追加さ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。