侍ジャパンの最新情報

侍ジャパン に関するニュース検索結果   436件

記事画像

侍ジャパン、メジャーが狙う「7選手の名前」

惜しくも米国に敗れ、ベスト4に終わったものの、素晴らしい戦いぶりを見せてくれた“侍ジャパン”が今、熱視線を集めている。「メジャーのスカウト陣がNPBの様々なデータを洗い直し、“オータニ以外にもこんな選手がいたのか!”と、色めき立.. 続きを読む

記事画像

WBC出場選手「どん底後遺症VSウハウハバブル」の天国と地獄(1)筒香嘉智はアメリカ戦が理由で絶不調?

日本列島を熱狂させた侍ジャパンのメンバーに明暗くっきり──。大舞台での貴重な経験と引き換えに、絶不調に陥った者。あるいは、WBCバブルの恩恵を受ける者。ペナントレースに多大な影響を与えている「その後」を追った。侍ジャパンの不.. 続きを読む

記事画像

大谷翔平「スピード離脱」は栗山監督の「人災」だ!(1)「ケガの功名」と笑い飛ばし

不安を抱えながらも「打者」としてのみ試合に出続けていた、大谷翔平の爆弾がついに爆発した。右足に続いて左足までも負傷し、戦線離脱。十分に想定できた最悪事態だけに、責任論が巻き起こるのも当然である。戦慄が走った。4月8日、日本.. 続きを読む

記事画像

【プロ野球】打率4割超の浅村栄斗にコンバートの鈴木大地。「今、見ておきたい!」パ・リーグ二塁手たち

山田哲人(ヤクルト)や菊池涼介(広島)の活躍で、花形ポジションとなった二塁。言うまでもなく彼らはセ・リーグの二塁手だが、パ・リーグでもコンバートなどで実力派二塁手が誕生し、気になるポジションになっている。そこで今回はパ・.. 続きを読む

記事画像

大谷翔平がケガ 栗山監督の起用方法を中畑清氏が疑問視

開幕から驚異の打棒を誇った日本ハム・大谷翔平(22)に思わぬアクシデントが襲った。左大腿二頭筋肉離れで復帰までおよそ6週間──。「たかが肉離れ」とあなどってはいけない。今回のケガは、調べれば調べるほど指揮官・栗山英樹監督の「.. 続きを読む

記事画像

菜乃花「野球の話をしだしたら、朝までかかっちゃいます(笑)」

“カープ女子”としても有名なナイスボディの菜乃花さんに、プロ野球の話から最新の写真集の撮影裏話、好きな男性のタイプまで聞いた!――4月20日に、セカンド写真集『マジなの』が発売になるそうですが、写真集の話を聞く前に、広島県出身.. 続きを読む

記事画像

【プロ野球】アメリカの次に多いのは8人のあの国。12球団助っ人外国人の出身地・最新トレンド

アメリカが優勝したWBC。侍ジャパンの健闘ぶりが印象に残る一方で、NPBに在籍した、在籍している選手たち、たとえば、バレンティン(オランダ代表)やマシソン(カナダ代表)、デスパイネ(キューバ代表)らが母国の栄誉を背負って奮闘し.. 続きを読む

記事画像

【プロ野球】《里崎智也のプロ野球語り呑み》「神走塁」鈴木尚広が認める「神の足」は誰?

見事な開幕ダッシュを見せた読売ジャイアンツ。そんな好調なチームにあって、昨年はあったのに今年はないもの、といえば、「勝負の1点」が欲しいときのあの男……。昨年限りで現役を引退した鈴木尚広の存在ではないだろうか。代走での通算.. 続きを読む

記事画像

早実・清宮「進学よりプロ入り」すべき理由

センバツ高校野球大会2回戦、早稲田実業は、東海大福岡に8-11と惜敗。スカウトたちが熱視線を送る高校通算79本塁打の清宮幸太郎の春が終わった。「今大会の清宮は2試合で9打数3安打、打点0。本塁打もなかった。昨年からどれくらい成長し.. 続きを読む

記事画像

完全に乃木坂46マニア!楽天・松井裕樹が“偉大な先輩”の後継者に名乗り

日本が世界に誇る偉大な投手から受け継いだのは、野球に関することだけではなかったようだ。東北楽天イーグルスのクローザーとして活躍する松井裕樹投手の試合で使用する登場曲が、今シーズンから乃木坂46の人気楽曲「世界で一番孤独なLo.. 続きを読む

記事画像

「今年も絶対カープが優勝!」広島ファンに同意する人は多い?

(画像は広島東洋カープ公式サイトのスクリーンショット)31日、プロ野球ペナントレースが開幕。注目は、昨年25年ぶりのセリーグ制覇を達成した広島東洋カープだろう。昨年圧倒的な強さで優勝し、地元を熱狂と歓喜の渦に巻き込んだだけに.. 続きを読む

記事画像

【プロ野球】安部友裕の「サヨナラヒットTシャツ」が早くも登場。今季の広島グッズを予想してみた!

両軍合わせて27個の四球を出すなど、5時間を超える荒れた試合となった4月1日の阪神対広島戦。そのロングゲームに終止符を打ったのは、広島の安部友裕だった。執念の内野安打でサヨナラ勝ちをもぎ取った安部は、その試合のお立ち台にて絶.. 続きを読む

記事画像

【プロ野球】祝・川崎宗則復帰! 優勝候補筆頭のソフトバンクにさらなる大駒が加わった!!

2011年オフにFA権を行使し、海を渡っていた川崎宗則が、5年間の海外活動を終え、ソフトバンクに電撃復帰。4月1日に、三笠杉彦球団取締役、工藤公康監督とともに入団会見に臨んだ。※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と.. 続きを読む

記事画像

野村克也氏 「大学出身のキャッチャーは信用していない」

プロ野球の長いペナントレースが幕を開けた。名将・野村克也氏の目から見たペナントレースは、「テレビじゃ言えない」話ばかりだった。野村氏は、FAで3人のスター選手を獲得した巨人について「補強というのは、『その選手がチームの役に.. 続きを読む

記事画像

【プロ野球】1軍3年目ブレイクの先輩・柳田悠岐と川崎宗則に続け! 上林誠知がスター街道に乗る!

ソフトバンクの超激戦ポジションといえば右翼。長谷川勇也、福田秀平、城所龍磨、吉村裕基、江川智晃ら実績のある選手が顔を揃えるなか、開幕戦で右翼を守ったのは21歳の上林誠知だった。※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Poc.. 続きを読む

記事画像

【プロ野球】ペナントレースの火花は開幕早々に消えるのか? 巨人が開幕戦を3タテしたワケ

オープン戦を5勝14敗の低調な成績で終え、先行きが危ぶまれていた2年目の「由伸巨人」。しかしフタを開けてみれば、2年連続の開幕カード3連勝を達成。オープン戦は「助走」ではなく、あくまで「試走」だったことを印象づけた。昨季、坂本.. 続きを読む

記事画像

侍JAPAN新監督 本命・原、稲葉に古田、星野や中畑の名も

すでに退任を公言している侍ジャパン・小久保裕紀監督の後任人事をめぐって、熱い火花が散っている。スポーツ紙記者の話。「次のWBC監督は2020年の東京五輪監督を兼ねる可能性が高い。金メダル奪取が至上命題なので監督としての手腕が求.. 続きを読む

記事画像

進化のミッシングリンクを解明!?宇宙怪獣は昆虫の起源だった

こんにちは、モノブライトのベース、出口です。1993年に公開され、世界的大ヒットを記録した映画ジュラシック・パーク。この物語で太古の恐竜が現代に復活するきっかけになったのが、恐竜の血を吸ったまま琥珀に閉じ込められた蚊でした。.. 続きを読む

記事画像

王貞治が東京五輪を見越して「コミッショナー就任」か

(C)Shutterstock2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が盛況に終わったことで、棚上げしていた問題に着手するときが来たようだ。「今回のWBCは興行的に大成功と言っていいでしょう。2次ラウンドまでの予選で、その観客動員数.. 続きを読む

記事画像

板野友美、中居正広から野球を学ぶ「これから“推し”を決めたい」<モデルプレスインタビュー>

【板野友美/モデルプレス=4月3日】歌手の板野友美がこのほど、中居正広がMCを務めるフジテレビ系の野球番組「たまッチ!」の新アシスタントに就任した。モデルプレスは、4日に放送される同番組の初収録に挑んだ板野を直撃した。◆ともち.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。