井筒和幸の最新情報

井筒和幸 に関するニュース検索結果   53件

A.B.C-Z河合郁人、十八番の「夜空ノムコウ」を披露!音楽喜劇『のど自慢~上を向いて歩こう~』製作発表会見

A.B.C-Z河合郁人、十八番の「夜空ノムコウ」を披露!音楽喜劇『のど自慢~上を向いて歩こう~』製作発表会見

2017年6月29日(木)より東京・東京国際フォーラム ホールCほか、兵庫、愛知にて上演される音楽喜劇『のど自慢~上を向いて歩こう~』の製作発表会見が行われ、出演の森昌子、河合郁人(A.B.C-Z)、湖月わたる、上原多香子、寺西拓人(ジ.. 続きを読む

森昌子、舞台で河合郁人と“二人三脚” 「『僕が守ります』と言われドキドキ…」

森昌子、舞台で河合郁人と“二人三脚” 「『僕が守ります』と言われドキドキ…」

舞台「のど自慢~上を向いて歩こう~」の制作記者発表が19日、東京都内で行われ、出演者の森昌子、河合郁人(A.B.C-Z)、湖月わたる、上原多香子、寺西拓人(ジャニーズJr.)、小川菜摘、前田吟、監修、演出を務める井筒和幸監督、特.. 続きを読む

A.B.C-Z河合郁人、共演者に“初告白” 木村拓哉モノマネも披露

A.B.C-Z河合郁人、共演者に“初告白” 木村拓哉モノマネも披露

【河合郁人/モデルプレス=5月19日】A.B.C-Zの河合郁人が19日、都内で行われた舞台「音楽喜劇『のど自慢』~上を向いて歩こう~」(6月29日~7月4日まで東京国際フォーラムほか)製作記者発表会に、共演者の森昌子、湖月わたる、上原多.. 続きを読む

河合郁人、初の単独舞台出演も「不安はない」- 帰る場所への安心感語る

河合郁人、初の単独舞台出演も「不安はない」- 帰る場所への安心感語る

アイドルグループ・A.B.C-Zの河合郁人が19日、都内で行われた『音楽喜劇「のど自慢」~上を向いて歩こう~』の制作発表に、森昌子、湖月わたる、上原多香子、寺西拓人(ジャニーズJr.)、小川菜摘、前田吟、監修・演出の井筒和幸、司会の生.. 続きを読む

森昌子、河合郁人の告白にドキドキ - 「息子と同じくらいの年なのに」

森昌子、河合郁人の告白にドキドキ - 「息子と同じくらいの年なのに」

『音楽喜劇「のど自慢」~上を向いて歩こう~』の制作発表が19日に都内で行われ、森昌子、河合郁人(A.B.C-Z)、湖月わたる、上原多香子、寺西拓人(ジャニーズJr.)、小川菜摘、前田吟、監修・演出の井筒和幸、司会の生島ヒロシが登場した。.. 続きを読む

森昌子 河合郁人にウットリ「息子と同じくらいの年なのにドキドキ…」

森昌子 河合郁人にウットリ「息子と同じくらいの年なのにドキドキ…」

歌手の森昌子(58)とA.B.C―Zの河合郁人(29)が19日、都内で舞台「のど自慢~上を向いて歩こう~」の製作発表会見に出席した。 森は32年ぶりの舞台ということで「50代最後の年に音楽喜劇に挑戦できるということでワクワクしています.. 続きを読む

 <怪獣ブーム50周年企画 PART-7>『宇宙大怪獣ギララ』

<怪獣ブーム50周年企画 PART-7>『宇宙大怪獣ギララ』

●「怪獣ブーム」とは 今から50年前の1966年1月2日、記念すべきウルトラシリーズの第1作目『ウルトラQ』が放送を開始した。『鉄腕アトム』や『鉄人28号』などのアニメを見ていた子供達は、一斉に怪獣の虜となった。すでにゴジラ映画は6本.. 続きを読む

A.B.C-Z・河合郁人は「第2の東山紀之」になれるか?

A.B.C-Z・河合郁人は「第2の東山紀之」になれるか?

(C)Shutterstockベテラン歌手の森昌子と、ジャニーズ事務所の『A.B.C-Z』に所属する河合郁人が、舞台『音楽喜劇「のど自慢」~上を向いて歩こう』(6月29日~7月4日=東京国際フォーラム)で主演する。「もし森が河合を気にいった場合.. 続きを読む

怪奇スリラー『哭声/コクソン』ナ・ホンジン&國村隼インタビュー「“人間の誰もが知っている恐怖”を作りたかった」

怪奇スリラー『哭声/コクソン』ナ・ホンジン&國村隼インタビュー「“人間の誰もが知っている恐怖”を作りたかった」

韓国の平和な村にある日突然“よそ者”がやってくる。彼の謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく……。謎が謎を呼ぶ壮絶怪奇サスペンス・ホラー『哭声 コクソン』が3月11日より公開となります。日本人.. 続きを読む

國村隼が韓国で外国人初の男優助演賞を受賞!その壮絶な舞台裏とは?

國村隼が韓国で外国人初の男優助演賞を受賞!その壮絶な舞台裏とは?

『チェイサー』(08)や『哀しき獣』(10)のナ・ホンジン監督が、観る者の度肝を抜くような凄まじいサスペンス『哭声/コクソン』(3月11日公開)を放つ。韓国の第37回青龍映画賞で5冠を獲得し、國村隼に外国人初の男優助演賞受賞をもたらし.. 続きを読む

國村隼、夜のゆうばり映画祭で海外の巨匠たちとの思い出を語る

國村隼、夜のゆうばり映画祭で海外の巨匠たちとの思い出を語る

3月2日より開催されていた「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」で4日、トークショーイベント「俳優・國村隼KOKOROの声」が催され、國村隼が登壇。1時間以上にわたって、俳優・國村隼の魅力に迫る濃密な話が繰り広げられた。今回.. 続きを読む

桐谷健太、俳優は「変態じゃないとできない」と持論展開

桐谷健太、俳優は「変態じゃないとできない」と持論展開

俳優の桐谷健太が、3月5日放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系ネット、毎週日曜23:00~)に出演、俳優業の分岐点となった時のことを明かした。人気CMに出演したことをきっかけに、2016年は自身が歌う「海の声」の大ヒット、紅白歌合戦の初出.. 続きを読む

ピンク映画 人間の一皮剥いた本音が顔をみせる醍醐味がある

ピンク映画 人間の一皮剥いた本音が顔をみせる醍醐味がある

1961年に倒産した「株式会社新東宝」の配給網を引き継ぎ、1964年に誕生した「新東宝映画」は、ピンク映画を中心に製作し、自由闊達な社風から後の日本映画界を背負って立つ監督を次々と輩出した。評論家の切通理作氏が、かつてのピンク映.. 続きを読む

井筒監督が「君の名は。」や「シン・ゴジラ」に暴言!?マツコ・デラックスさんとのアニメに対する辛辣めな対談が公開

井筒監督が「君の名は。」や「シン・ゴジラ」に暴言!?マツコ・デラックスさんとのアニメに対する辛辣めな対談が公開

Asagei+plus(http://www.asagei.com/)にて公開された『井筒監督×マツコ・デラックス「ドアホちゃうか、ニッポン!」スペシャル対談』にて、昨年大ヒットとなった「君の名は。」や「シン・ゴジラ」に言及しているようだ。中でも井筒和幸.. 続きを読む

            ボブ・ディランが『第19回みうらじゅん賞』を受賞

ボブ・ディランが『第19回みうらじゅん賞』を受賞

映像配信サービスGYAO!にて「みうらじゅん賞」の受賞者を発表する『輝け!第19回みうらじゅん賞』が無料独占生配信され、今年は世界的文学賞を受賞したボブ・ディランが受賞した。さらには人気アナウンサーの安住紳一郎らが受賞を果たし.. 続きを読む

女優が決意持って挑んだVシネマ 藤原紀香、浜崎あゆみも

女優が決意持って挑んだVシネマ 藤原紀香、浜崎あゆみも

ビデオシネマ、略して「Vシネマ」は1989年に誕生した。当初は、テレビドラマが隆盛を極め、映画至上主義が強く残っており、出演に抵抗を持つ女優たちもいた。その中で、偏見を持たずに未知の世界に飛び込んだ者もいる。1990年、角川3人娘.. 続きを読む

安倍「拍手・起立」を井筒監督と松尾貴史が痛烈批判!「自衛隊員が死ぬたびに拍手送るつもりか」「ユーゲントのよう」

安倍「拍手・起立」を井筒監督と松尾貴史が痛烈批判!「自衛隊員が死ぬたびに拍手送るつもりか」「ユーゲントのよう」

今国会でも、安倍首相が相変わらぬ横暴な態度を全開にしている。既報の通り、3日の衆院予算委員会では、野党に自民党憲法改正草案の中身に踏み込まれると「私じゃなく谷垣総裁が出したもの」とリハビリ療養中の谷垣氏に責任を押し付けた.. 続きを読む

古都・奈良から世界に羽ばたく映画人を発掘!「なら国際映画祭2016」

古都・奈良から世界に羽ばたく映画人を発掘!「なら国際映画祭2016」

初秋の古都・奈良を舞台に開催される映画の祭典「なら国際映画祭2016」。今年は17日(土)から22日(木)まで、奈良公園を中心とした会場で約50本の作品が上映されます。エグゼクティブ・ディレクターは、カンヌ国際映画祭での受賞をはじ.. 続きを読む

 第49回<怪獣ブーム50周年企画 PART-4>『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』

第49回<怪獣ブーム50周年企画 PART-4>『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』

●「怪獣ブーム」とは 今から50年前の1966年1月2日、記念すべきウルトラシリーズの第1作目『ウルトラQ』が放送を開始した。『鉄腕アトム』や『鉄人28号』などのアニメを見ていた子供達は、一斉に怪獣の虜となった。すでにゴジラ映画は6本.. 続きを読む

井筒監督が「在日差別」描いた映画めぐるマスコミの差別的対応を暴露! 電通が土下座、産経は取材ドタキャン

井筒監督が「在日差別」描いた映画めぐるマスコミの差別的対応を暴露! 電通が土下座、産経は取材ドタキャン

ヘイトスピーチ対策法が施行されてから2カ月ちょっと。しかし、同法が罰則などは設けない理念法であるためか、ネット上では今も露骨な差別表現が飛び交い、ヘイトデモも頻繁に行われている。それどころか、マスコミではむしろ逆の現象が.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。