中山美穂の最新情報

中山美穂 に関するニュース検索結果   342件

斉藤由貴は7位!アラフィフと聞いて意外な女性ランキング「えっもう50歳だったの!」

斉藤由貴は7位!アラフィフと聞いて意外な女性ランキング「えっもう50歳だったの!」

いつまでも若々しさを保ちたい女性は多いはず。せめて少しでも年齢に抗うことができれば……なんて願いを抱いている人もいることでしょう。そんな私たち一般人の願望を具現化した存在が芸能人。元の造りが違うというのもありますが、実年齢.. 続きを読む

『香りの記憶』 たどっていくと、遠い日の自分の物語につながる

『香りの記憶』 たどっていくと、遠い日の自分の物語につながる

吉元由美の『ひと・もの・こと』作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さん。先生の日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会っ.. 続きを読む

やはり苦戦した「2017年上半期」フジテレビドラマ

やはり苦戦した「2017年上半期」フジテレビドラマ

bee / PIXTA(ピクスタ)今年も半年が過ぎ、1~3月期、4~6月期に各テレビ各局でさまざまなテレビドラマが放送された。まず1~3月期では、不調が続くフジテレビの“月9”枠で西内まりあ主演による『突然ですが、明日結婚します』がスタート。.. 続きを読む

女性の間で『終活』がブーム 批判を愛のフィルターに替えて

女性の間で『終活』がブーム 批判を愛のフィルターに替えて

吉元由美の『ひと・もの・こと』作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さん。先生の日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会っ.. 続きを読む

やっぱ80年代アイドルが最強!キョンキョン、ミポリンほか恋した笑顔が秘蔵写真で甦る!【永久保存版】

やっぱ80年代アイドルが最強!キョンキョン、ミポリンほか恋した笑顔が秘蔵写真で甦る!【永久保存版】

百花繚乱! 80年代アイドルの系譜メジャーアイドルから地下アイドルまでがひしめき合い、アイドル戦国時代ともいわれる現代。しかし、80年代に青少年だったオジサン世代ならご存じの通り、80年代も男の子たちの心をときめかせる多くのア.. 続きを読む

11歳の愛犬は何を考えてる? アニマルコミュニケーターを通じて対話してみた

11歳の愛犬は何を考えてる? アニマルコミュニケーターを通じて対話してみた

吉元由美の『ひと・もの・こと』作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さん。先生の日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会っ.. 続きを読む

真木よう子主演『セシルのもくろみ』作り手の"熱"を感じる意欲作だが… 視聴率低迷の理由を満足度から分析

真木よう子主演『セシルのもくろみ』作り手の"熱"を感じる意欲作だが… 視聴率低迷の理由を満足度から分析

●放送枠についた"レッテル"女優の真木よう子が主演するフジテレビ系ドラマ『セシルのもくろみ』(毎週木曜22:00~)が、視聴率面で苦戦をしいられている。真木はドラマの放送に先駆けてTwitterを開設し、放送前に土下座でリアルタイム視聴.. 続きを読む

「いま、この瞬間を生きる」ゲリラ豪雨の時代に

「いま、この瞬間を生きる」ゲリラ豪雨の時代に

吉元由美の『ひと・もの・こと』作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さん。先生の日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会っ.. 続きを読む

松居・船越も…”いい夫婦の日”受賞したのにドロ沼離婚・不倫しちゃった6組

松居・船越も…”いい夫婦の日”受賞したのにドロ沼離婚・不倫しちゃった6組

収束のきざしも見えない船越・松居“The泥沼”夫妻ですが、よい時代もありました。2006年には「パートナー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれていた元・おしどり夫婦だったのです。毎年11月22日(いい夫婦の日)に選ばれるこの賞、実は選出後に.. 続きを読む

春ドラマ平均“視聴熱”ランキング、1位は?

春ドラマ平均“視聴熱”ランキング、1位は?

KADOKAWAは7月22日、ウェブサイト「ザテレビジョン」にて、春ドラマ平均“視聴熱”ランキングのトップ10を発表した。“視聴熱”は、SNSや独自調査を集計し、「盛り上がり度=“熱”」をポイント(pt)として算出。いま熱い番組・人物・コトバか.. 続きを読む

かぐや姫の『神田川』に質問が 「石鹸かたかた鳴った」とはどういう意味ですか?

かぐや姫の『神田川』に質問が 「石鹸かたかた鳴った」とはどういう意味ですか?

吉元由美の『ひと・もの・こと』作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さん。先生の日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会っ.. 続きを読む

「貴族探偵」が堂々の1位に!春ドラマ平均視聴熱ランキングを発表!

「貴族探偵」が堂々の1位に!春ドラマ平均視聴熱ランキングを発表!

'17年4~6月放送の春ドラマが全て最終回を迎え、WEBサイト「ザテレビジョン」では、SNSや独自調査をポイント化し、今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標「視聴熱」を集計。春ドラマの平均視聴熱ランキングトップ10.. 続きを読む

「言葉が乱れると国力が落ちる」 言葉はただの伝達手段でも、記号でもない

「言葉が乱れると国力が落ちる」 言葉はただの伝達手段でも、記号でもない

吉元由美の『ひと・もの・こと』作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さん。先生の日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会っ.. 続きを読む

スピッツ草野と懐かしの2ショット 北川悦吏子が感慨「頑張ってるなあ、自分…」

スピッツ草野と懐かしの2ショット 北川悦吏子が感慨「頑張ってるなあ、自分…」

脚本家・北川悦吏子さんがスピッツの草野マサムネ(ボーカル・ギター)と並ぶ記念写真を7月8日、『北川悦吏子(halu1224)ツイッター』に公開した。「友達が大掃除で見つけた」というその1枚は草野球で使われるようなスコアボードをバッ.. 続きを読む

アラサー女子4千人が選んだ、懐かしの恋愛ドラマランキングBEST60!第1位は?

アラサー女子4千人が選んだ、懐かしの恋愛ドラマランキングBEST60!第1位は?

最近は恋愛ドラマはあまり流行らないからか、刑事ドラマや職業モノに押され、めっきり少なくなってきました。昔は恋愛ドラマを毎日欠かさず観ていた人や大好きな恋愛ドラマに自分の恋愛を重ね合わせたという人も多いのではないでしょうか.. 続きを読む

若者「歌謡曲?ダサい」 心を震わせるコード進行は日本人の心をつかむ

若者「歌謡曲?ダサい」 心を震わせるコード進行は日本人の心をつかむ

吉元由美の『ひと・もの・こと』作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さん。先生の日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会っ.. 続きを読む

アラサー4千人が選んだ恋愛ドラマランキングBEST60!懐かしの名作、第1位に選ばれたのは?(1990~2005年)

アラサー4千人が選んだ恋愛ドラマランキングBEST60!懐かしの名作、第1位に選ばれたのは?(1990~2005年)

ドラマというのは、その時代を映したものが多く、思い出すととても懐かしい感じがしますよね。あなたの一番好きだった恋愛ドラマはどんなドラマでしたか? 30代の読者を対象にアンケートを取ってみました。まさしくおすすめの恋愛ドラマ.. 続きを読む

雲の上から下を見ていたらママを見つけて「ママがいたー!」と思ってお腹に入ったの

雲の上から下を見ていたらママを見つけて「ママがいたー!」と思ってお腹に入ったの

吉元由美の『ひと・もの・こと』作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さん。先生の日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会っ.. 続きを読む

「貴族探偵」低視聴率でも“歴史に残る”と高評価された4つの理由

「貴族探偵」低視聴率でも“歴史に残る”と高評価された4つの理由

6月25日の最終回視聴率が9.8%だったドラマ「貴族探偵」(フジテレビ系)。初回に視聴率11.8%を記録して以来、視聴率が2ケタになることなく幕を閉じた。豪華なキャスト陣や豪華絢爛なセットなど、「フジテレビが社運をかけ金を投じたド.. 続きを読む

嵐・相葉『貴族探偵』全話平均8.6%で幕! 武井咲との“キスシーン”が「求めてない」と大不評

嵐・相葉『貴族探偵』全話平均8.6%で幕! 武井咲との“キスシーン”が「求めてない」と大不評

嵐・相葉雅紀主演『貴族探偵』(フジテレビ系)の最終話である第11話が6月26日に放送され、平均視聴率9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。フジテレビ“月9ドラマ”30周年記念作として高視聴率が期待されていたにもかか.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。