ロスジェネの最新情報

ロスジェネ に関するニュース検索結果   24件

記事画像

A.B.C-Zがあの"地獄の特訓”に挑戦!ロスジェネの根性見せるか?

<ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ>今年、デビュー5周年を迎えたA.B.C-Z。先日は、これを記念したCD「Reboot!!!」を発表し、ファンイベントも大盛況でした。メンバーの平均年齢もアラサーとなり、本来なら貫禄も出てくるところ.. 続きを読む

記事画像

「好き」の気持ちがビジネスに魔法をかける【働く女。フリースタイル】

パラレルキャリア、スラッシャー。いくつもの顔を持つのは、当世のキャリア女性らしさ。高知利香さん自身は「定職がないんです(笑)」と言うけれど、好奇心の向くままに学んできたら、多方面にキャリア形成されていた。高知さんの言葉で.. 続きを読む

記事画像

少年A、ネオむぎ茶…80年代前半生まれだけではなく、すべての人に読んでもらいたい「世代論」

1980年代前半に生まれた世代には、バブル世代(1965~70年生まれ)や団塊ジュニア世代(1971~74年生まれ)といった明確な名前がないという。1980年代前半生まれの上の世代は、バブル崩壊後の「就職氷河期」(1993~2005年)の時代に新規.. 続きを読む

記事画像

少年Aも小保方晴子も、アラサーちゃんもタラレバ娘も 自分語りが好きな「名前のない世代」

「『バブル世代』は見栄っ張り」「『ゆとり』は使えない」など、いつの時代でも居酒屋や職場などでトピックになる“世代論”。団塊、しらけ、新人類、バブル、ロスジェネ(団塊ジュニア)、ゆとり、さとり、脱ゆとりなど、世代ごとに私たち.. 続きを読む

記事画像

ドラマで話題のゆとり世代「教育が悪かったわけではない」

国が進めてきた政策が生んだゆとり世代。彼らとの接し方を示すビジネス本も出版され「これだからゆとりは……」となにかにつけて揶揄される。その時代の教育を受けた世代というだけで、ひと括りにされ否定されるのはなぜなのだろうか?現在.. 続きを読む

記事画像

少年A、ネオむぎ茶、加藤智大、片山祐輔……「キレる17歳」と呼ばれた世代の“その後”

神戸連続児童殺傷事件(1997年)を起こした「少年A」や、西鉄バスジャック事件(2000年)の「ネオむぎ茶」、そして、土浦連続殺傷事件(08年)の金川真大、秋葉原事件(08年)の加藤智大。日本の犯罪史上に深く刻み込まれたこれらの事件.. 続きを読む

記事画像

安倍批判で炎上したアジカン後藤が「SEALDsを見ていたら黙っていることが恥ずかしくなる」と改めて闘争宣言

安保法制が強行採決された昨年、これまであまり政治的な発言をすることのなかった芸能人・文化人から、同法案や安倍政権への危機感、憲法9条を守ろうという声が続出した。中居正広(SMAP)、坂上忍、笑福亭鶴瓶、石田純一、SHELLY、大竹.. 続きを読む

記事画像

二宮和也 自分がいる母体に少しでも何かを還元したい

映画『母と暮せば』で日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞に輝いた嵐・二宮和也(32才)。バブル崩壊と共に思春期を生きた「ロスジェネ世代」、物心ついたときから不景気を目の当たりにした昨今の「ゆとり・さとり世代」。二宮はそのどち.. 続きを読む

記事画像

箱根駅伝の覇者・青山学院大学の原監督に学ぶ、若い部下の育て方

女、40歳ともなれば、部下を持つ身。あるいは大きな組織を束ねるパワフルウーマンもいることでしょう。2016年時点で「アラフォー」に括られるのは、ロスジェネにあたる世代。1970年代半ばの第二次ベビーブームに生まれた子どもたちは、高.. 続きを読む

記事画像

『教団X』で話題の芥川賞作家・中村文則の安倍政権批判、改憲阻止の決意に震えた! この危機感を共有せよ!

昨年の安保法制の成立につづき、ついに安倍首相が憲法改正へ向けた動きを加速化しはじめた。この国は戦前のように、一度走り出したら最後、後戻りのできない道をあきらかに辿ろうとしているが、こうした禍々しい現実を冷静に評した文章が.. 続きを読む

記事画像

圧倒的票数で又吉直樹『火花』が1位!『ONE PIECE』『進撃の巨人』を超えたマンガは?! ダ・ヴィンチ「BOOK OF THE YEAR 2015」発表!

12月4日(金)に発売の『ダ・ヴィンチ』2016年1月号では、毎年恒例の「BOOK OF THE YEAR 2015」特集にて、「今年、もっとも多くの人に愛された本は?」と題し、ジャンルごとにブックランキングを発表!!(対象は2014年10月1日~2015年9.. 続きを読む

記事画像

テリー伊藤とイケダハヤト、2大炎上スターは仏教に何を聞いたのか

まずはこちらの書影をごたいただきたい。坊主頭でメガネのスリムな男がふたり、座禅を組んで瞑想している。左はテリー伊藤、65歳。『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ)など数々のヒット作を世に問うたTVプロデューサーで.. 続きを読む

記事画像

池井戸単行本3作目の1位獲得、ドラマ後半パートの「下町ロケット2」。

今週発表の最新11月16日付けオリコン週間“本”ランキング(集計期間:11月2日~8日)の総合部門にあたるBOOK部門では、現在放送中のTBS系ドラマ「下町ロケット」の後半パートの原作「下町ロケット2 ガウディ計画」(池井戸潤/小学館/11.. 続きを読む

記事画像

父親を超えられない社会(武蔵野大学,杏林大学兼任講師 舞田敏彦)

今回は舞田敏彦さんのブログ『データえっせい』からご寄稿いただきました。 ※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/1189545をごらんください。 ■父親を超えられない社会(武蔵野大学,杏林大学兼任講師 舞田敏.. 続きを読む

記事画像

「池井戸潤をガードせよ!」担当編集がスクラムを組む「江戸川乱歩賞」現場の異様ぶり

9月10日、第61回「江戸川乱歩賞」授賞式が帝国ホテルで行われたが、『半沢直樹』(TBS系)、『民王』(テレビ朝日系)、『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)などのドラマ原作で一躍、時の人となっている池井戸潤の周辺は異様だった。.. 続きを読む

記事画像

文庫「ロスジェネの逆襲」好調、「半沢直樹」1原作小説シリーズ第3弾。

今週発表の最新9月14日付けのオリコン週間“本”ランキング文庫部門では、人気ドラマ「半沢直樹」の原作小説シリーズ第3弾の文庫「ロスジェネの逆襲」(池井戸潤/文藝春秋/9月2日発売)が、週間売上4.3万部で1位を獲得した。同著は単行本.. 続きを読む

記事画像

立ち上がれ、ロスジェネ! 半沢直樹からの熱いエール

一大ブームを巻き起こしたドラマ『半沢直樹』は、主役の半沢が悪い上司をやり込めるという痛快な結末のあとで、ヒーローのはずの半沢が出世ではなくまさかの出向を命じられるというところで終わった。これは実は原作通りで、意外な結末に.. 続きを読む

記事画像

アジカン後藤が「どうやって早く安倍政権を終わらせるかを考えている」と...桑田圭祐とは違う本気度

戦争のできる国づくりをめざして、今国会では強引に安保法制を成立させようとしている安倍政権。こうした動きに危機感を覚え、最近は、安倍批判や護憲発言をする芸能人や作家、アーティストが少しずつ増えてきている。途中で腰砕けになっ.. 続きを読む

記事画像

年上彼氏に「ゆとりだなぁ」と思われてしまうポイント・4つ

巷で話題になっているゆとり世代。ゆとり世代にとっては何気ない行動や習慣も、ちょっと上の世代から見ると「やっぱりゆとりだなぁ……」と思われてしまうことは少なくないようです。でも、具体的にどういった言動がゆとりっぽく映ってしま.. 続きを読む

記事画像

『男をこじらせる前に』湯山玲子さんインタビュー 「文化にハマって”競争”を飼い慣らそう!」

映画・音楽・食・ファッションなどを題材に雑誌・書籍のコラム執筆やテレビでのコメンテーターとして活躍している湯山玲子さん。『女装する女』(新潮新書)や『四十路越え!』(角川文庫)など、一貫して女性の生き方に関しての考察を続.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。