ニコール・キッドマンの最新情報

ニコール・キッドマン に関するニュース検索結果   334件

    ゾーイ・クラヴィッツ、『マッドマックス』撮影中のシャーリーズ・セロンとトム・ハーディの「不仲」について語る

ゾーイ・クラヴィッツ、『マッドマックス』撮影中のシャーリーズ・セロンとトム・ハーディの「不仲」について語る

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に出演する、シャーリーズ・セロンとトム・ハーディがあまり仲良くないということは知られている。そんな2人の緊迫した関係を目にしたという、共演者のゾーイ・クラヴィッツが、トーク番組でファン.. 続きを読む

「ニコール・キッドマンとパパは同棲していた」 レニー・クラヴィッツ娘が明かす

「ニコール・キッドマンとパパは同棲していた」 レニー・クラヴィッツ娘が明かす

俳優トム・クルーズとの離婚後、ミュージシャンや俳優として活躍するレニー・クラヴィッツとしばらく交際していた女優ニコール・キッドマン。レニーの娘ゾーイ・クラヴィッツとはドラマシリーズ『Big Little Lies』で共演し、メディアに.. 続きを読む

ニコール・キッドマン、50歳目前で美しかったボトックス顔が限界に!?

ニコール・キッドマン、50歳目前で美しかったボトックス顔が限界に!?

6月20日で50歳の誕生日を迎えるニコール・キッドマン。その美しさには定評があるものの、ボトックスとフィラー顔が限界に達しているようだ。40代後半の女優としては稀有な活躍を続けているニコールは出演作が目白押しで、カンヌ国際映画.. 続きを読む

映画『LOGAN/ローガン』のジェームズ・マンゴールド監督、リメイク版映画『ラスト・ボディガード』の監督に決定

映画『LOGAN/ローガン』のジェームズ・マンゴールド監督、リメイク版映画『ラスト・ボディガード』の監督に決定

米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントは、映画『LOGAN/ローガン』のジェームズ・マンゴールド監督を、2015年に公開されたフランスのアクション映画『ラスト・ボディガード』のリメイク版映画の監督に抜擢した。映画『最後の追跡.. 続きを読む

パパラッチ出川、今年もカンヌに出動!どれだけの奇跡を起こせるのか

パパラッチ出川、今年もカンヌに出動!どれだけの奇跡を起こせるのか

内村光良がMCを務める人気番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系、毎週日曜19:58~)。6月11日は、「パパラッチ出川 inカンヌ」「ロッチ中岡のQtube inアメリカ」が放送される。出川哲朗がパパラッチに扮して、大物芸能人を追い.. 続きを読む

ジュリア・ロバーツ初のTVドラマは、米HBOが放送権を獲得!

ジュリア・ロバーツ初のTVドラマは、米HBOが放送権を獲得!

アカデミー賞俳優もTVドラマに出演することが珍しくなくなった昨今だが、ニコール・キッドマン(『ビッグ・リトル・ライズ』)に続き、大物女優ジュリア・ロバーツ(『プリティ・ウーマン』)が初めて出演したTVドラマは、競売にかけられ.. 続きを読む

N・キッドマンとA・ハードが撮影現場で火花を散らす?

N・キッドマンとA・ハードが撮影現場で火花を散らす?

オーストラリアで行われている『Aquaman』の撮影現場で、ニコール・キッドマンとアンバー・ハードが不仲になり、衝突を繰り返しているとナショナル・エンクワイアラ―誌が伝えている。2人は同作で主役級の役を演じているが、撮影が始まる.. 続きを読む

ガーリーをやめたソフィア・コッポラが描くのは、ダークな人間関係

ガーリーをやめたソフィア・コッポラが描くのは、ダークな人間関係

閉幕してもなお、余韻が冷めやらぬ第70回カンヌ国際映画祭。河瀨直美監督の「光」ほか、日本からも多くの作品が上映されました。そのなかで、ひときわ日本公開が待ち遠しいと話題を集めているのが、監督賞を受賞したソフィア・コッポラ監.. 続きを読む

    ソフィア・コッポラ、カンヌ映画祭で女性としては史上2人目の監督賞を受賞

ソフィア・コッポラ、カンヌ映画祭で女性としては史上2人目の監督賞を受賞

ソフィア・コッポラがカンヌ映画祭で女性としては史上2人目の監督賞を受賞した。受賞作は『The Beguiled』(原題)で、1971年にクリント・イーストウッドが主演した、南北戦争末期が舞台の『白い肌の異常な夜』のリメイクとなる。今回の.. 続きを読む

トム・クルーズとニコール・キッドマン、養子コナーの交際に反対!?

トム・クルーズとニコール・キッドマン、養子コナーの交際に反対!?

トム・クルーズとニコール・キッドマン元夫妻の養子でDJのコナー・クルーズ(22)に恋人ができたようだが、トムもニコールもあまり賛成していないようだ。今年初めに、コナーは趣味の釣りを通じでフィリシア・バグナという4歳年上の女性.. 続きを読む

女性監督の活躍が目立ったカンヌ2017終幕

女性監督の活躍が目立ったカンヌ2017終幕

第70回カンヌ国際映画祭が終わった。天気には恵まれた今回だったが、昨年7月のニースの事件に続き、会期中にマンチェスターでのアリアナ・グランデのコンサート会場爆破事件があったりして、厳戒態勢の上にぴりぴりした雰囲気がどうして.. 続きを読む

ニコール・キッドマン出演の『The Beguiled』、カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞!

ニコール・キッドマン出演の『The Beguiled』、カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞!

5月17日から28日まで開催された第70回カンヌ国際映画祭で、ソフィア・コッポラ監督の『The Beguiled(原題)』が監督賞を受賞。そして第70回記念名誉賞には、同作に出演するほか、『ムーラン・ルージュ』『ビッグ・リトル・ライズ~セレ.. 続きを読む

最低落札額は1,250万円! 18歳美女の処女がオークションにかけられる

最低落札額は1,250万円! 18歳美女の処女がオークションにかけられる

若い女性が自分の処女をオークションに出して、高額で落札される――。海外では時折見かけるニュースだが、今回はハリウッド女優ニコール・キッドマンの若かりし頃を思わせる18歳女子学生の処女が出品されて話題となっている。イギリスのタ.. 続きを読む

N・キッドマン、夫とレッドカーペットでいちゃつき過ぎて卑猥?

N・キッドマン、夫とレッドカーペットでいちゃつき過ぎて卑猥?

ニコール・キッドマンと夫のキース・アーバンが、カンヌ映画祭のレッドカーペットであまりにも仲良くし過ぎて、ほとんど卑猥なほどだったと英紙デイリー・メールが伝えている。ニコールの新作『The Killing of a Sacred Deer』の上映会に.. 続きを読む

美しすぎるストーカーが登場!『フィフティ・シェイズ・ダーカー』ベラ・ヒースコート

美しすぎるストーカーが登場!『フィフティ・シェイズ・ダーカー』ベラ・ヒースコート

社会現象を巻き起こし、全世界興収5億7000万ドル以上という大ヒットを記録した2015年の映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』に続く、『フィフティ・シェイズ・ダーカー』。6月23日(金)より公開される同作に出演するベラ・ヒース.. 続きを読む

ブレイク・ライヴリー、殺人ミステリーで製作総指揮&主演

ブレイク・ライヴリー、殺人ミステリーで製作総指揮&主演

海外ドラマ『ゴシップガール』のセリーナ役で人気を不動のものにし、俳優ライアン・レイノルズとの家庭や主演映画など、公私ともに順調な女優ブレイク・ライヴリーが、豪作家リアン・モリアーティのベストセラー・ミステリー『The Husban.. 続きを読む

カンヌで発覚!N・キッドマンの耳たぶが異様に大きい?

カンヌで発覚!N・キッドマンの耳たぶが異様に大きい?

ニコール・キッドマンが華やかにカンヌに登場。コリン・ファレルとの共演作『The Killing Of A Sacred Deer』の上映に出席したニコールは、カルバン・クラインのバレリーナ風ドレスを着てレッドカーペットに立った。上半身が黒いレオター.. 続きを読む

70回目を迎えたカンヌ国際映画祭、印象的なドレスを着ていた歴代25人とは?

70回目を迎えたカンヌ国際映画祭、印象的なドレスを着ていた歴代25人とは?

今年で70回目を迎えたカンヌ国際映画祭は、毎年、セレブたちが選んだ格式高く豪華絢爛なドレス姿を見るのも楽しみのひとつ。そこで、デイリー・メール紙が、過去、印象に残る25人のドレスを選出している。2016年は、なんといってもお騒が.. 続きを読む

『ビッグ・リトル・ライズ~セレブママたちの憂うつ~』、6月2日(金)より日本初放送!

『ビッグ・リトル・ライズ~セレブママたちの憂うつ~』、6月2日(金)より日本初放送!

リッチな夫に、自慢の美貌。全てを手に入れたセレブママたちの裏の顔を描いたドラマ『ビッグ・リトル・ライズ~セレブママたちの憂うつ~』が、スターチャンネルにて6月2日(金)より独占日本初放送。本作は、高級住宅地にある小学校に子.. 続きを読む

キムタクも参加!カンヌ国際映画祭の注目ポイントは?

キムタクも参加!カンヌ国際映画祭の注目ポイントは?

世界三大映画祭のひとつ、カンヌ国際映画祭。その第70回がフランスの現地時間5月17日~5月28日に開催される。昨年は深田晃司監督の『淵に立つ』(16)がある視点部門で審査員賞を受賞したり、スタジオジブリ制作の『レッドタートル ある島.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。