いしだあゆみの最新情報

いしだあゆみ に関するニュース検索結果   35件

記事画像

野田義治氏 堀江しのぶとの破天荒な二人三脚

「胸が大きい女は売れない」という芸能界の常識を覆し、巨乳を武器に雑誌グラビアから女優やタレントを育て上げるビジネスモデルを開発した元イエローキャブ社長・野田義治氏(70)。彼はいかにして芸能界に革命を起こしたのか──。「うち.. 続きを読む

記事画像

“東京”にちなんだ曲だけのコンピAL『東京レコード散歩』第1弾がレコード会社3社同時発売

2020年の東京オリンピックに向け、大きく変貌を遂げつつある東京に特化した視点で、タイトルや歌詞に東京が出てくる曲のみで構成したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』が企画され、レコード会社3社から11月30日に同時リリ.. 続きを読む

記事画像

TOKYO RECORDS、リリース第一弾としてリバイバル作『和音』2タイトル同時発売!

先日レーベル立ち上げが発表されたTOKYO RECORDSから、リリース第一弾として旧譜のリバイバル作品『和音』の2タイトルが11月16日(水)に発売される。同作はKING OF DIGGIN’・MUROとレコード番長の須永辰緒による和モノMIX CDとなってお.. 続きを読む

記事画像

東京散歩の雰囲気が体験できる! コンピ『東京レコード散歩』第一弾がレコード会社3社からリリース

東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーションアルバム『東京レコード散歩』。その第一弾が11月30日にレコード会社3社より同時リリースされる。歌謡曲に欠かすことのできないひとつのジャンルが“ご当地ソング”。日本全国津々浦々に、.. 続きを読む

記事画像

SMAPのあの名曲は◯◯がもとだった!? ヒット曲の意外な真相ベスト10!秘話満載のカラオケ必携品

昭和のヒットナンバーの歌詞に隠されたメッセージや意外なエピソードを一冊の本にまとめた『本当の意味を知ればカラオケがもっと楽しめる! 昭和ヒット曲全147曲の真実』(KADOKAWA)。今も多くの人々が、何気なく口ずさみ、カラオケで熱.. 続きを読む

記事画像

百恵、明菜、太田裕美…「昭和の美人歌姫」の現在とは

歌は世につれ、世は歌につれ。激動の「昭和」は常に、時代と添い寝した歌姫たちの存在があった。あの名曲を歌っていた美女は今、どうしているのか? 伝説の歌姫から、忘れられないお色気歌手、実力派アイドルまで、その近況を追跡しよう.. 続きを読む

記事画像

老女萌え!? 男が「敬老の日デートしたい65歳以上の女性芸能人」トップ10

芸能界には世間でいう“おばあちゃん”の年齢であることが信じられないほど、美しい芸能人が存在しますよね。もし、そんな“おばあちゃん”とは呼びづらい素敵な老婦人とデートすることができたら、世の男性は“おばあちゃんと孫”の関係を忘れ.. 続きを読む

記事画像

2位石原さとみ!男が選ぶNHK朝ドラ女優「顔だけランキング」1位は

みなさんは、NHKの朝の連続テレビ小説はご覧になっていますか? もともと売れっ子だった女優が主演したケースもありますが、若くフレッシュで可愛い女優を起用する事が多く、これがきっかけでスターになる女優も。そこで今回『VenusTap.. 続きを読む

記事画像

第9回「フジテレビ物語(前編)」

始めに断っておくけど、今回、新しい話は出てこない。激変するテレビ業界とか、ネット配信事業とか、SNSとの連動とか――そんな今っぽい話題は一切登場しない。今回の話は、昨今、何かと話題のフジテレビである。そう、ここ数年、とんと良.. 続きを読む

記事画像

桑田佳祐『ヨシ子さん』2位に歓喜 アナログ盤初披露 あの名曲とかぶせて流すハプニングも!

桑田佳祐が自身のラジオ番組で、6月29日にリリースしたシングル『ヨシ子さん』がオリコンチャートで初登場で2位となったことについて「スタッフの、ファンの皆さまのおかげであります」と感謝、さらに7月27日発売の同曲アナログ盤をオン.. 続きを読む

記事画像

Kiroro、世界で一番歌われている日本の歌『未来へ』を熱唱 「泣ける」人続出

玉城千春と金城綾乃による音楽グループ・Kiroroが『テレ東音楽祭 2016』に出演してヒット曲『未来へ』を披露した。テレビ東京が海外で取材するなか圧倒的に多くの人々から歌われていた日本語の歌だという。ツイッターでは「何度聴いても.. 続きを読む

記事画像

ドラマなら美談!?不倫ドラマの最高傑作ランキング

前田敦子主演の4月開始ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』も最終回を迎え、金曜ナイトドラマで『不機嫌な果実』が約20年ぶりに再びドラマ化されるなど、「不倫」を題材としたドラマが最近多いように感じます。ニュースでは、ベッキーと.. 続きを読む

記事画像

和製ならではの繊細さや湿度を感じさせるボサノヴァ作品集(Album Review)

リオデジャネイロ五輪の影響があるのかどうかはともかく、ボサノヴァ系の再発やコンピレーション・アルバムが続々とリリースされている。定番アイテムももちろんいいのだが、ちょっと食傷気味というのなら、こんなアルバムはどうだろうか.. 続きを読む

記事画像

なぜ『北の国から』は20年間も続いたのか?空前絶後のドラマ、すべてが尋常ではない

連続テレビドラマ『北の国から』(フジテレビ系)で知られる脚本家・倉本聰の自伝エッセイ『見る前に跳んだ 私の履歴書』(日本経済新聞出版社)が出版された。81歳の現在も旺盛な創作活動を続けている倉本は、草創期からテレビに関わり.. 続きを読む

記事画像

昼顔に金妻…「ハマった不倫ドラマ」1位は流行語にもなったあの名作

最近何かと話題の“不倫”。芸能界に限らずあなたの周りにも、不倫関係にどっぷりとハマってしまっている人たち、いるのではないでしょうか?「不倫絶対ダメ!」と言いながらも、自分には全く関係のない他人のことなので、面白はんぶん興味.. 続きを読む

記事画像

5位舛添要一!結婚回数多すぎて「結婚に向いてない」と思う有名人1位

あなたの周囲にも、幾度となく結婚や離婚を繰り返す人がひとりはいるのではないでしょうか? そんな人を見ると、「結婚に向いていないんだろうな」なんて思ってしまうもの。そこで今回『VenusTap』では、男女500名に「結婚回数が多いか.. 続きを読む

記事画像

GWにまとめ見したい!「朝ドラ」1位はあさが来た2位の名作は

皆さんは“朝ドラ”を観ていますか?この4月から始まった『とと姉ちゃん』も、今旬の女優高畑充希さんや超大物俳優で脇が固められ、平均視聴率も第1週と2週が20%を超えるほどの絶好調ぶり。前作の『あさが来た』を超えるドラマとなるか今.. 続きを読む

記事画像

サンズ会長・野田義治が語る「エンタメ業界にヒットの法則なし」

「よく考えれば、僕がついたタレントさんはみんな胸が大きかったな。夏木マリさんは歌とグラビアの仕事がメイン、いしだあゆみさんは歌とドラマがメイン、朝丘雪路さんは歌もお芝居もバラエティも舞台もジャズダンスも人並み以上にできる.. 続きを読む

記事画像

昭和の名ディレクターに聞く歌謡ポップス裏話 それはブルコメ、ブルー・ライト・ヨコハマからはじまった(後編)

J-POPの原点ともいわれる昭和歌謡ポップス。OVOでは、日本コロムビアから発売されているBOXセット「擦り切れるまで聴いた歌謡ポップス100」に収録されている名曲の裏話について、当時のプロデューサーの飯塚恆雄さん、渥美 章さん、伊東.. 続きを読む

記事画像

昭和の名ディレクターに聞く歌謡ポップス裏話 それはブルコメ、ブルー・ライト・ヨコハマからはじまった(前編)

J-POPの原点ともいわれる昭和歌謡ポップス。OVOでは、日本コロムビアから発売されているBOXセット「擦り切れるまで聴いた歌謡ポップス100」に収録されている名曲の裏話について、当時のプロデューサーの飯塚恆雄さん、渥美 章さん、伊東.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。