あだち充の最新情報

あだち充 に関するニュース検索結果   71件

著者本人ですら76点…!?「あだち充キャラクタークイズ」公開! あなたは何点?

著者本人ですら76点…!?「あだち充キャラクタークイズ」公開! あなたは何点?

小学館のWEB漫画サービス「サンデーうぇぶり」にて、初の電子化となる『タッチ』 の独占配信を記念し、「前代未聞の超難問・あだち充キャラクタークイズ」が公開された。 ▲上杉達也はどれでしょう?(※すべて別キャラクターです)この.. 続きを読む

【超絶難問】あだち充キャラクタークイズが難しすぎてマジで心が折れるッ! 例題さえ難しすぎてサッパリわからん

【超絶難問】あだち充キャラクタークイズが難しすぎてマジで心が折れるッ! 例題さえ難しすぎてサッパリわからん

あだち充先生と言えば、日本を代表する漫画家のひとりである。『タッチ』や『H2』などヒット作品多数。青春恋愛漫画の巨匠と言ってもいいだろう。そんなあだち先生のマンガ、あなたは登場人物を区別することができるだろうか? 名前がな.. 続きを読む

8月9日は野球の日『女性が読んでいる野球コミック』  1位は“おお振り”!

8月9日は野球の日『女性が読んでいる野球コミック』 1位は“おお振り”!

8月9日は「野球の日」。夏の名物、甲子園が今年も開会した。今回はそんな野球の日にぴったりな『女性が読んでいる野球コミックランキング』が発表された。※ランキングの結果はハイブリッド型総合書店「 honto(ホント) 」を運営する大日.. 続きを読む

「やすらぎの郷」第17週。若い娘に浮かれるジジイたちに「東日本大震災を忘れるなよ!」と強烈な一撃

「やすらぎの郷」第17週。若い娘に浮かれるジジイたちに「東日本大震災を忘れるなよ!」と強烈な一撃

『やすらぎの郷』(テレビ朝日・月~金曜12:30~)第17週。その昔、菊村栄(石坂浩二)が入れあげた挙げ句、妻・律子(風吹ジュン)が自殺未遂を起こしてしまったという、いわくつきの女優・安西直美。その直美の孫・アザミ(清野菜名).. 続きを読む

野球漫画の常識を打ち砕いた問題作『タッチ』が野球少年に教えてくれたこと

野球漫画の常識を打ち砕いた問題作『タッチ』が野球少年に教えてくれたこと

「バブル前夜」とされる80年代半ばあたりまでの少年漫画シーンを語るとき、忘れてはならないのが「サンデー系の躍進」だ。なんだかんだいって、これまで主流を占めていた劇画タッチの熱血路線から、「汗」と「雄叫び」と「オーバーアクシ.. 続きを読む

とある ガルパンオフ に行ってみた。そこにはオタクの楽園が!?

とある ガルパンオフ に行ってみた。そこにはオタクの楽園が!?

皆様、こんにちは。金剛でございます。そろそろ暑い季節になってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。現在筆者は、あにぶで、ガルパンコラムシリーズを書かせていただいておりますが、今回は横道にそれて、前回都内のあるガルパンオフ.. 続きを読む

秦基博×あだち充、楽曲と野球漫画がシンクロする初コラボ『鱗(うろこ)』スペシャルMVが完成

秦基博×あだち充、楽曲と野球漫画がシンクロする初コラボ『鱗(うろこ)』スペシャルMVが完成

秦基博とあだち充による初のコラボレーションが実現。秦基博の代表曲「鱗(うろこ)」のスペシャルMVが完成した。  「南を甲子園に連れてって」という名台詞で一世を風靡した、あだち充の国民的野球漫画『タッチ』。そして、その約30.. 続きを読む

秦基博×あだち充 初コラボ!!『鱗』SPMV完成!!秦がタッチの26年後に華を添える。

秦基博×あだち充 初コラボ!!『鱗』SPMV完成!!秦がタッチの26年後に華を添える。

あだち充の名作「タッチ」×秦の名曲「鱗」この度、秦 基博の活動10周年となるベストアルバム『All Time Best ハタモトヒロ』(AUGUSTA RECORDS/6月14日発売)の発売を記念し、かねてより秦 基博が大ファンであったあだち充氏とのコラボ.. 続きを読む

秦 基博×あだち充が初コラボ、名作『タッチ』のその後を紡いだスペシャルMV公開

秦 基博×あだち充が初コラボ、名作『タッチ』のその後を紡いだスペシャルMV公開

秦 基博の活動10周年となるベストアルバムの発売を記念し、秦 基博が大ファンであったあだち充とのコラボレーションにより、「鱗(うろこ)スペシャルMV」が完成した(https://youtu.be/x2WP1ZSQVlQ)。ベストアルバム『All Time Best ハ.. 続きを読む

秦 基博×あだち充が初コラボ、名作『タッチ』とその26年後の物語を紡いだスペシャルMV完成

秦 基博×あだち充が初コラボ、名作『タッチ』とその26年後の物語を紡いだスペシャルMV完成

秦 基博の活動10周年となるベストアルバム『All Time Best ハタモトヒロ』(6月14日発売)の発売を記念し、かねてより秦 基博が大ファンであったあだち充とのコラボレーションによる「鱗(うろこ)スペシャルMV」が完成した。「鱗(うろ.. 続きを読む

「テラスハウス」アロハステート24話。ギルティ侍公開処刑後、あのふたりが「もう入っちゃってる」的な!

「テラスハウス」アロハステート24話。ギルティ侍公開処刑後、あのふたりが「もう入っちゃってる」的な!

『テラスハウス アロハステート』ハワイ編のエピソードシーズン3の8、24話A Kiss in the Momentの巻。じわじわと修羅場が近づいている展開であり、さらに修羅場があるらしいとの噂も届く。おお、ついにギルティ侍のギルティーが暴かれる.. 続きを読む

『名探偵コナン』青山剛昌氏、コミックス全世界累計2億冊突破!  サンデー記念号で3年ぶり『まじっく快斗』掲載

『名探偵コナン』青山剛昌氏、コミックス全世界累計2億冊突破! サンデー記念号で3年ぶり『まじっく快斗』掲載

『まじっく快斗』『YAIBA』『4番サード』『名探偵コナン』等、数多くの名作を生み出し続ける漫画家・青山剛昌氏のコミックスが全世界で累計発行部数2億冊を超えていることが分かった。これを記念して、4月26日発売の「週刊少年サンデー」.. 続きを読む

青年漫画誌・スピリッツが「社会派に転向」の理由

青年漫画誌・スピリッツが「社会派に転向」の理由

雑誌販売の低迷に、歯止めがきかない。出版科学研究所が公表した書籍と雑誌を合わせた推定販売金額は前年比3.4%減の1兆4709億円、そのうち雑誌が前年比5.9%減の7339億円だった。ピークを記録した1997年に、その額は1兆5644億円だったこ.. 続きを読む

監督の実体験を映画化“喪失からの時間”を紡ぐ

監督の実体験を映画化“喪失からの時間”を紡ぐ

■台湾の俊英監督が描く“喪失からの100日間”愛する人を失ったときに、人はどう時を重ねていくのか……。妊娠中の妻を失った男性と、婚約者を失った女性の、愛する人を失ってからの100日間を描く台湾映画『百日告別』が日本でも2月25日(土).. 続きを読む

「バイプレイヤーズ」2話。おじさん同士のラブコメみたいな友情話にニヤニヤする以外にどうしろと?

「バイプレイヤーズ」2話。おじさん同士のラブコメみたいな友情話にニヤニヤする以外にどうしろと?

遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研という、名バイプレイヤーたちが本人役としてシェアハウスで共同生活を送る……という設定のドラマ『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら』(テレビ東.. 続きを読む

セカオワ・Saori、Fukaseへの“依存”に見る「幼馴染を強調する女」の面倒くささ

セカオワ・Saori、Fukaseへの“依存”に見る「幼馴染を強調する女」の面倒くささ

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。<今回の芸能人> 「幼稚園からずっと一緒に生きてきた我がボーカリスト.. 続きを読む

熱いオファーを受け、大泉洋がついに海外で作家デビュー! 累計40万部突破の『大泉エッセイ ~僕が綴った16年』が台湾・香港・マカオにて発売!

熱いオファーを受け、大泉洋がついに海外で作家デビュー! 累計40万部突破の『大泉エッセイ ~僕が綴った16年』が台湾・香港・マカオにて発売!

『大泉エッセイ』は、大泉洋本人が、北海道を拠点に活動していた1997年から、雑誌3誌で連載・執筆していた幻の原稿108編に、『水曜どうでしょう』秘話、TEAM NACSの爆笑話、「大泉洋の在り方」についての考察、また自身の結婚の「プロポ.. 続きを読む

大泉洋が海外で作家デビュー、熱いオファー届く

大泉洋が海外で作家デビュー、熱いオファー届く

俳優の大泉洋(43歳)が、海外で作家デビューすることがわかった。これは、累計40万部を突破した著書「大泉エッセイ~僕が綴った16年」(KADOKAWA)が、台湾・香港・マカオでも発売することが決定したもの。マンガ家・あだち充が描いた装.. 続きを読む

マンガ好きでも知らない?・・・「人気漫画タイトル」の由来「15選」!

マンガ好きでも知らない?・・・「人気漫画タイトル」の由来「15選」!

先日、かのあだち充先生がインタビューで、往年の名作漫画『タッチ』のタイトルの由来について「弟から意志を継ぐ兄、意志をバトンタッチする」という意味のことをおっしゃっていて震えました。愛読していたのは小僧だったころ、タイトル.. 続きを読む

『タッチ』のタイトルの由来にファン衝撃「驚きすぎて声も出ないわ(呆然)」

『タッチ』のタイトルの由来にファン衝撃「驚きすぎて声も出ないわ(呆然)」

スポーツ漫画の不動の名作、あだち充の『タッチ』。誰もが知っている同作だが、2016年10月12日(水)発売の『月刊少年サンデー(ゲッサン)』で明かされた同作の名前の由来に「まじかーーー! この事実は結構ショック(笑)」「まさかそ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。