SFの最新情報

SF に関するニュース検索結果   5554件

火で読める本「華氏451度」

火で読める本「華氏451度」

SFの名作「華氏451度」は、書物を読むことが禁じられた管理社会を描いた作品。題名は紙が燃え始める温度に由来しているが、そんな作品にオマージュを捧げた黒塗りの本が話題を呼んでいる。フランスの出版社とオランダの研究所が生み出し.. 続きを読む

『アウトランダー』シーズン4、『オーファン・ブラック』と『ダウントン・アビー』からあの二人が登場

『アウトランダー』シーズン4、『オーファン・ブラック』と『ダウントン・アビー』からあの二人が登場

全世界で販売部数2500万部を突破したベストセラー小説を原作とした、大人のファンタジー・ロマンス巨編『アウトランダー』。同作のシーズン4に、『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』でミセスS役を好演したマリア・ドイル・ケネディと、.. 続きを読む

トラウマ必至!全米を震撼させた“ペニーワイズ”の恐怖が日本にやってくる!

トラウマ必至!全米を震撼させた“ペニーワイズ”の恐怖が日本にやってくる!

ホラー小説界の頂点に君臨するスティーヴン・キングの作品の中でも最も恐ろしいと言われ、世界中の読者に強烈なトラウマを植え付けてきた名著を映画化した『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』が11月3日(金・祝)から公開される。早.. 続きを読む

「次(THE NEXT)」を描く河森正治最新作「重神機パンドーラ」発表会レポート

「次(THE NEXT)」を描く河森正治最新作「重神機パンドーラ」発表会レポート

「パンドラの箱が開いてしまった時代に残された希望は何だろう」――。「マクロス」シリーズ、「アクエリオン」シリーズを手掛ける、河森正治監督の新作が10月17日、東京六本木のニコファーレで開催された「河森正治 NEW PROJECT BRIEFING.. 続きを読む

統率力?知力?人柄?軍事力?アニメファンが選ぶ「総理大臣になって欲しいアニメ・漫画キャラ」TOP20!

統率力?知力?人柄?軍事力?アニメファンが選ぶ「総理大臣になって欲しいアニメ・漫画キャラ」TOP20!

アニメキャラクター事典「キャラペディア」では、アニメファンが選ぶ『総理大臣になって欲しいアニメ・漫画キャラ』TOP20を発表した。11位以降のランキング結果はこちらhttp://www.charapedia.jp/research/0172/第1位には、近未来の日本.. 続きを読む

本郷奏多、『GANTZ』出演が「ターニングポイント」漫画実写化で愛される理由とは

本郷奏多、『GANTZ』出演が「ターニングポイント」漫画実写化で愛される理由とは

漫画原作の実写化において、厚い信頼を得ている俳優・本郷奏多。奥浩哉の人気コミック『いぬやしき』を映像化するプロジェクトでは、実写映画版とアニメ版の両方にキーマンである安堂直行役で出演する。奥の代表作を映画化した『GANTZ』.. 続きを読む

「安倍を支持している人たちがあまりにも下世話で耐えられない」中原昌也が語る安倍首相や安倍応援団への憤り

「安倍を支持している人たちがあまりにも下世話で耐えられない」中原昌也が語る安倍首相や安倍応援団への憤り

マツコ・デラックスが10月2日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)で発した「無神経、馬鹿じゃないと総理大臣ってできないと思うのよ。安倍ちゃんなんて馬鹿の象徴じゃない?」という言葉や、「小学8年生」第4号(小学館)に掲載された安倍首.. 続きを読む

雪山ナチス・ゾンビの奇才がシリアスなディストピア映画を手がけたワケ 『セブン・シスターズ』トミー・ウィルコラ監督インタビュー 

雪山ナチス・ゾンビの奇才がシリアスなディストピア映画を手がけたワケ 『セブン・シスターズ』トミー・ウィルコラ監督インタビュー 

10月21日(土)から公開される映画『セブン・シスターズ』は、2073年の人口過剰となった超大国“ヨーロッパ連邦”を舞台に、厳格な1人っ子政策の中で生まれた7つ子が、政府の目を欺きながら生き延びる姿を描いたSFサスペンス・アクションだ.. 続きを読む

嗚咽をしながら練習……声優・田中理恵のプロ技術にKENNも驚愕 海外ドラマ『ヒューマンズ』インタビュー

嗚咽をしながら練習……声優・田中理恵のプロ技術にKENNも驚愕 海外ドラマ『ヒューマンズ』インタビュー

人間に代わり家事や仕事をこなす高性能AIロボット“シンス”が普及する現代に近い世界を舞台に、人間と人工知能の境界線が崩壊していく、近未来を予測するような不気味なSFサスペンスドラマ『ヒューマンズ』が10月11日(水)よりHuluプレミ.. 続きを読む

ふかわりょう、女性ラッパー・ちゃんみなの辛口コメントに唖然

ふかわりょう、女性ラッパー・ちゃんみなの辛口コメントに唖然

10月16日に放送された「オー!!マイ神様!!」(TBS系)に、タレントのふかわりょうが出演し、自身のマイ神(ゲストが尊敬し愛してやまないもの)だという80年代に活躍したバンド「オフコース」の魅力を熱く語るも、見届け人として出演した.. 続きを読む

平野ノラの“バブリーなナレーション”入り! 『バリー・シール』特別映像

平野ノラの“バブリーなナレーション”入り! 『バリー・シール』特別映像

トム・クルーズ主演のクライム・アクション・エンターテインメント映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』(10月21日国公開)にて、女芸人、平野ノラのナレーション入りWEB特別CM&インタビュー映像が解禁された。【関連】 『バリー.. 続きを読む

ケンカの仲裁からファンへの追悼まで……ライアン・ゴズリングの“超絶いい人”エピソード!

ケンカの仲裁からファンへの追悼まで……ライアン・ゴズリングの“超絶いい人”エピソード!

SF映画史上最高傑作として、今なお語り継がれる『ブレードランナー』 (82)。その続編『ブレードランナー 2049』が10月 27日(金)より公開となります。“ブレードランナー”デッカードをハリソン・フォードが再び演じ、新たな“ブレードランナ.. 続きを読む

 【今週はこれを読め! エンタメ編】スポーツの秋にぴったりのアンソロジー『走る?』

【今週はこれを読め! エンタメ編】スポーツの秋にぴったりのアンソロジー『走る?』

駅伝の季節到来~~~! 「もしかして、駅伝の話が入っているかも?」と思い、手に取ったのが本書(駅伝ファンを名乗りながら、『あと少し、もう少し』(瀬尾まいこ/新潮文庫)も『タスキメシ』(額賀澪/小学館)も読み逃しているけど.. 続きを読む

東京コミコン2017来日ゲスト第3弾は『キャッスル』ネイサン・フィリオン!

東京コミコン2017来日ゲスト第3弾は『キャッスル』ネイサン・フィリオン!

12月1日(金)から3日(日)までの3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)にて開催される東京コミックコンベンション2017(東京コミコン2017)。その来日ゲスト第3弾として、『キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き』のリチャード・キ.. 続きを読む

「宇宙戦艦ヤマト」の真実。因縁とかスキャンダルより、創作の秘密が凄すぎる

「宇宙戦艦ヤマト」の真実。因縁とかスキャンダルより、創作の秘密が凄すぎる

SF設定の担当者が明かす仕事術『宇宙戦艦ヤマト』の劇場版アニメ映画が公開されてから、今年で40年目になる。もうそんなに経ってしまった。もともと“ヤマト”は、テレビ放映用にオリジナルのアニメシリーズとして企画された。当初は全51話.. 続きを読む

河森正治監督が最新作『重神機パンドーラ』に込めたテーマともう一つの挑戦

河森正治監督が最新作『重神機パンドーラ』に込めたテーマともう一つの挑戦

昨年「Anime Expo 2016」にて始動が発表されていた河森正治監督の最新プロジェクト「THE NEXT」が、17日に行われた「河森正治 NEW PROJECT BRIEFING」でついにそのヴェールを脱いだ。その名も、『重神機パンドーラ』。「マクロス」や「ア.. 続きを読む

100年後の未来に必要とされる(であろう)職業

100年後の未来に必要とされる(であろう)職業

自動化やロボット化の浸透が著しく、次にどんな仕事が人間の手を離れるかを予測するニュースを目にします。確かに、私たちの生活をより便利に、効率的にしてくれたのはありがたい。ですがその反面…。英メディア「SilverDoor」のブログラ.. 続きを読む

大きなアイデアと大きなハート。加藤悦生監督作品『三尺魂/3ft Ball & Souls』

大きなアイデアと大きなハート。加藤悦生監督作品『三尺魂/3ft Ball & Souls』

日本発の映画が海外の映画祭で注目や賞を集めることがどんどんと増えてきました。米io9のGermain Lussier記者は、2005年から続くテキサス州オースティンのSF映画祭Fantastic Fest(シネマ・チェーン、Alamo Drafthouse主催)で観た加藤悦.. 続きを読む

ホリエモンが断言「会議は99%無駄!」その真意とは?

ホリエモンが断言「会議は99%無駄!」その真意とは?

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみのこれから、何する?」。10月17日(火)の放送にはホリエモンこと堀江貴文さんが登場。今年2月に出演した際には働き方や医療について教わり、今回は「堀江さんに聞きた.. 続きを読む

 【今週はこれを読め! SF編】ナボコフによる時間の織物、広がりゆくタペストリーの経験

【今週はこれを読め! SF編】ナボコフによる時間の織物、広がりゆくタペストリーの経験

『アーダ』の邦訳は、かつて早川書房《ハヤカワ・リテラチャー》に斎藤数衛訳があったが、こんかい日本を代表するナボコフ研究家・若島正の手によって新訳がなされた。これは歪んだ家族の物語であり、衒学的なエロチカであり、プルースト.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。