PR戦略の最新情報

PR戦略 に関するニュース検索結果   34件

金鳥とダイキンと日本の夏【完全無欠のドキュメンタリー的PR戦略】  

金鳥とダイキンと日本の夏【完全無欠のドキュメンタリー的PR戦略】  

「超PR」と銘打っている本連載にふさわしく、前回と今回は真正面から「PR」について考える。そもそもPRとは、企業が自社の商品やサービスについての「物語」を伝える話法だというお話をしてきた。この季節にふさわしい、「日本の夏」に欠.. 続きを読む

木村拓哉をマツコが支える?スマステ後枠に異色バラエティの計画浮上

木村拓哉をマツコが支える?スマステ後枠に異色バラエティの計画浮上

香取慎吾(40)がMCをつとめる『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)が9月いっぱいで終了することが正式発表され、16年の歴史に幕を下ろすこととなった。テレビ朝日は同時間帯の番組編成を変え、10時台に人気バラエティー番組『陸海空 こんな.. 続きを読む

かわいいを盛って夢を叶える SNS型コンテストプラットフォーム「CAWAMORI(カワモリ)」開始

かわいいを盛って夢を叶える SNS型コンテストプラットフォーム「CAWAMORI(カワモリ)」開始

「MOUSSY(マウジー)」などのファッションブランドを展開する製造小売会社、株式会社バロックジャパンリミテッド(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:村井 博之、以下「バロック」)は、アルヴァ株式会社(本社:東京都港区、代表取.. 続きを読む

会社員のうちに身に着けておきたい「ビジネス系フリーランス」に必要な9つのスキル

会社員のうちに身に着けておきたい「ビジネス系フリーランス」に必要な9つのスキル

「フリーランス」として働くというと、以前はデザイナー、ライター、カメラマンといったクリエイター、あるいはプログラマなどのエンジニアというイメージがありました。ところが昨今、ビジネス領域のフリーランスが増えています。「事業.. 続きを読む

なぜ女子高生に媚を売る?山﨑賢人『ジョジョ』のPR戦略が物議に

なぜ女子高生に媚を売る?山﨑賢人『ジョジョ』のPR戦略が物議に

やっぱり原作ファンが怖い? 俳優の山﨑賢人(22)が6月19日、主演映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』のキックオフイベントに登場し、リーゼント姿で同作をアピールした。8月の公開が迫る実写版『ジョジョの奇.. 続きを読む

「ピムス風ティーパンチ」も。老舗ブランドで紅茶道を学ぶ

「ピムス風ティーパンチ」も。老舗ブランドで紅茶道を学ぶ

紅茶をよりおいしく、気軽に楽しみたい。そんな紅茶ファンのニーズに応えるのが、リプトンが主催するティースクール「サー・トーマス・リプトン ティーハウス ギンザ」。レッスン内容は、初心者向けで非会員でも受けられる「オープンクラ.. 続きを読む

オリジナルな女が選ばれる ――『バチェラー・ジャパン』から考えたこと【恋愛にルールはいらない #9】

オリジナルな女が選ばれる ――『バチェラー・ジャパン』から考えたこと【恋愛にルールはいらない #9】

『バチェラー・ジャパン 』にすっかりハマった私。ある週末から「バチェラー廃人」と化し、1日に数時間ぶっ続けで番組を観続けました。なぜそこまでひきつけられたのかというと、気づきや考えさせられることが、あまりにもたくさんありす.. 続きを読む

ドミノ・ピザ「地獄絵図」事件の真相…PR戦略が「秀逸過ぎ&効果出過ぎ」の異例事態

ドミノ・ピザ「地獄絵図」事件の真相…PR戦略が「秀逸過ぎ&効果出過ぎ」の異例事態

今から約3カ月前の昨年12月24日のクリスマス・イブ、大手宅配ピザチェーン「ドミノ・ピザ」をめぐる“ある事件”が世間を騒がせた。大幅な配達遅延や、店頭でも予約した時間に客が商品を受け取れず数時間も待たされるという混乱が起きたの.. 続きを読む

インドの「500円で買えるスマホ」が壮大な詐欺商品だった

インドの「500円で買えるスマホ」が壮大な詐欺商品だった

(画像はYouTubeのスクリーンショット)2016年3月、しらべぇではインド発の500円スマートフォンの話題を配信した。これは、インドのスタートアップがAndroidスマホをわずか251ルピー、日本円で450円にも満たない価格で発売するというもの.. 続きを読む

マライアと日系人恋人、一緒に入浴しているイチャイチャ写真を公開

マライアと日系人恋人、一緒に入浴しているイチャイチャ写真を公開

マライア・キャリーが、日系人ダンサーのブライアン・タナカと一緒に入浴してシャンパングラスを傾けている写真をインスタグラムにポスティング。マライアは「ハッピー・バレンタインデー!」というメッセージを添え、約530万人のフォロ.. 続きを読む

ハイスタ、事前告知一切なしで店頭にCD発売…歓喜を呼んだ鮮やか&驚愕のPR戦略

ハイスタ、事前告知一切なしで店頭にCD発売…歓喜を呼んだ鮮やか&驚愕のPR戦略

いよいよ、年の瀬が押し迫ってきた。この時期だから、今年を振り返った話題も多くなる。先週も、ある会合で「山田さん、今年一番印象に残ったPRやプロモーションの事例を教えてください。もちろん、ご自身が関わったものでも、関わってい.. 続きを読む

デザインの根源『マリメッコ展—デザイン、ファブリック、ライフスタイル』

デザインの根源『マリメッコ展—デザイン、ファブリック、ライフスタイル』

フィンランドを代表するデザインハウス・マリメッコ。その代表的ファブリックをはじめ、ヴィンテージドレスやデザイナー自筆のスケッチ、各時代の資料など貴重な資料を揃え、マリメッコ60年の歴史をたどる国内初の大規模な巡回展。マリメ.. 続きを読む

SNS全面解禁へ?ジャニーズWEST公式Twitterに漂う”違和感”

SNS全面解禁へ?ジャニーズWEST公式Twitterに漂う”違和感”

ジャニーズWESTが10月19日、「ジャニーズWEST PR担当」として公式Twitterを開設した。これまでジャニーズ公式のSNSアカウントは作られたことがなく、新たな動きがファンを驚かせている。この異例の出来事にファンからも当初、アカウント.. 続きを読む

卓球「水谷隼カレー」で無名時代からスポンサー契約のフリーデン社は、メダル級のPR戦略

卓球「水谷隼カレー」で無名時代からスポンサー契約のフリーデン社は、メダル級のPR戦略

17日間の熱戦が繰り広げられたリオデジャネイロ・オリンピック(リオ五輪)が終わった。皆さん、感銘を受けた、感動のシーンはそれぞれだろう。私は個人的に、男子テニスの錦織圭の銅メダル、特に準々決勝、対ガエル・モンフィスの試合に.. 続きを読む

金融不況に打ち勝つ大胆PR!?  ネットアイドルに「ハミ尻M字開脚」させた中国大手銀行の株価が上昇中!

金融不況に打ち勝つ大胆PR!?  ネットアイドルに「ハミ尻M字開脚」させた中国大手銀行の株価が上昇中!

経済成長の鈍化により、苦境に陥っている金融機関も多い中国で、ある銀行が大胆なPR戦略に打って出た。モデルコンテストでの優勝経験もある沈夢瑤(シェン・モンヤオ)というネットアイドルが、中国光大銀行上海支店前でグラビア撮影を敢.. 続きを読む

食べログで評価「無限大」の鰻屋?半年先まで予約満席、「情報による美味しさの鰻」論

食べログで評価「無限大」の鰻屋?半年先まで予約満席、「情報による美味しさの鰻」論

暑い。今年も猛暑になるようだ。この季節、栄養補給を兼ねてがっつり食べたいのは、やっぱり鰻(うなぎ)だろう。街を歩いていても、立ち食いそば屋さんから吉野家まで“鰻推し”のポスターが目を引く。そんな刺激を受けて「よーし! 今晩.. 続きを読む

ユニークなPR戦略が成功!?『貞子vs伽椰子』が好発進!

ユニークなPR戦略が成功!?『貞子vs伽椰子』が好発進!

6月18・19日の興行ランキングには、初登場作品が3本ランクイン。なかでも好記録だったのが、全国352スクリーンで公開され、土日2日間で動員14万581人、興収1億9854万600円をあげて4位スタートを切った『貞子vs伽椰子』だ。「リング」シリ.. 続きを読む

長瀬智也主演映画と「岡山県」がタイアップ 「桃太郎」に扮したのはCMで話題のあの人!

長瀬智也主演映画と「岡山県」がタイアップ 「桃太郎」に扮したのはCMで話題のあの人!

岡山県はPR戦略「もんげー岡山!」の一環として、長瀬智也主演の最新映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』とタイアップしたプロモーションを開始。13日からは東京駅八重洲口のデジタルサイネージで「もんげー岡山!」広告の掲出.. 続きを読む

全員メガネ!「塾」と名のつく居酒屋 「めがね塾」に行ってみた

全員メガネ!「塾」と名のつく居酒屋 「めがね塾」に行ってみた

メガネ男子は女性の中で密かな人気がある。インテリでオシャレな雰囲気で、だけどなんだかかわいい。そんな萌えポイントをお持ちの方に朗報! 全スタッフがメガネ男子の飲食店「めがね塾」が東京都町田市にあるのだ。小田急線町田駅から.. 続きを読む

朝に水揚げされた新鮮な魚料理が堪能できるお店

朝に水揚げされた新鮮な魚料理が堪能できるお店

3月14日放送の「Oha!4NEWSLIVE」(日本テレビ系、午前04時00分~)では、千葉県産の美味しい食材を使った料理を食べて貰おうと、県をあげてPR戦略しているお店「銀座・船形」を 田邊千夏アナウンサーが訪れた。席に着いて早速出されたのは.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。