NXの最新情報

NX に関するニュース検索結果   363件

トヨタ・ハリアーの「走り」の本命は2.0L直噴ターボ仕様!!

トヨタ・ハリアーの「走り」の本命は2.0L直噴ターボ仕様!!

人気のトヨタ・ハリアーに加わった2.0L直噴ターボエンジンの「8AR-FTS」は、レクサスNXに搭載されて以来、レクサスISやクラウンなどにも搭載されています。2014年にレクサスNXに搭載された時は、ダウンサイジングターボエンジンとしては.. 続きを読む

「これはムカつく!」 コメダ珈琲にいた“感じが悪い東京かぶれの女”

「これはムカつく!」 コメダ珈琲にいた“感じが悪い東京かぶれの女”

画像出典:写真AC   Twitterユーザー・小銭(@kozeni_shkt)さんは、コメダ珈琲で隣の家族連れの娘がどうやら東京から帰省中らしく、東京はどうのこうの言っているのが聞こえてきたようだ。 注文の仕方も、ちょっとイラッとするような言.. 続きを読む

トヨタ・ハリアーの人気は、2017年6月のマイナーチェンジでさらに上昇する!?

トヨタ・ハリアーの人気は、2017年6月のマイナーチェンジでさらに上昇する!?

エントリーモデルは車両価格300万円を切る印象的な価格設定、300万円台でも中級から上級グレードが手に入るという比較的値頃感のあるプライスタグを付けるトヨタ・ハリアー。SUVナンバー1の座は、価格、車格面でもハリアーよりも下のクラ.. 続きを読む

日向(林遣都)と村山(山田裕貴)が初対決?RUDE BOYSタケシ(佐野玲於)の飛びヒザも! HiGH&LOW Special Trailerを解禁

日向(林遣都)と村山(山田裕貴)が初対決?RUDE BOYSタケシ(佐野玲於)の飛びヒザも! HiGH&LOW Special Trailerを解禁

8月19日公開の映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』から、HiGH&LOW Special Trailerが解禁された。『HiGH&LOW』は、EXILE HIROが総合プロデュースするドラマ、配信、コミック、ベストアルバム、ドームツアーなど、複数のメディアや.. 続きを読む

『きららファンタジア』より主題歌つきのスペシャルムービーや戦闘シーン、オリジナルキャラクターなど見逃せない情報を多数公開!!

『きららファンタジア』より主題歌つきのスペシャルムービーや戦闘シーン、オリジナルキャラクターなど見逃せない情報を多数公開!!

『ひだまりスケッチ』『NEW GAME!』『きんいろモザイク』『うらら迷路帖』などなど、まんがタイムきらら作品が多数登場するスマートフォンゲーム『きららファンタジア』。最新情報が続々と公開されました!ついに事前登録が開始です!!.. 続きを読む

マカオ航空、オリジナルグッズが当たるTwitterキャンペーン きょうまで

マカオ航空、オリジナルグッズが当たるTwitterキャンペーン きょうまで

マカオ航空は、オリジナルグッズが当たるTwitterキャンペーンを開催している。同社公式Twitterアカウント「@Team_AirmacauJP」をフォローし、キャンペーン対象ツイートをリツイートすると応募が完了する。応募者の中から抽選で5名に、「.. 続きを読む

「最初のパソコン」 ハッシュタグ「#インターネット老人会」が懐かしい!15選

「最初のパソコン」 ハッシュタグ「#インターネット老人会」が懐かしい!15選

今や日常生活に欠かせないツールの一つとなった、インターネット。 インターネットが世間に普及し始めたのが2000年前後。 当初はネットの回線が光回線ではなく、インターネットの通信速度が遅かったりしたものだ。 そんなインターネット.. 続きを読む

「モリゾウ」社長が、佐藤健とインプレッサで豪快ドリフト!GAZOOが新作動画を公開

「モリゾウ」社長が、佐藤健とインプレッサで豪快ドリフト!GAZOOが新作動画を公開

若かりし頃、コロナH/Tをベースにした「トヨタ1600GT(RT55型)」でスポーツドライビングを楽しむなど、当時からスポーツカー好きで知られる「MORIZO(モリゾウ)」こと、トヨタ自動車社長の豊田章男氏。歴代社長の中でも、販売を大きく.. 続きを読む

美しすぎる次世代トイレ、57万円。TOTOの最先端機能とデザインが融合

美しすぎる次世代トイレ、57万円。TOTOの最先端機能とデザインが融合

日本のトイレの進化を長年牽引してきたTOTO。創立100周年を迎えた今年、今までのトイレとは一線を画す次世代トイレを発表した。その名も、「ネオレストNX」。2017年8月1日(火)の日本先行販売を皮切りに、世界販売が展開されるグローバ.. 続きを読む

【どんなクルマと、どんな時間を。】レクサス NX(現行型) × ストイックすぎる趣味ゴルファー

【どんなクルマと、どんな時間を。】レクサス NX(現行型) × ストイックすぎる趣味ゴルファー

車は単なる移動の道具ではなく、大切な人たちとの時間や自分の可能性を広げ、人生をより豊かにしてくれるもの。車の数だけ、車を囲むオーナーのドラマも存在する。この連載では、そんなオーナーたちが過ごす愛車との時間をご紹介。あなた.. 続きを読む

クラリオン Googleストリートビューに対応した新アプリ「スマートプレイスサーチ」でナビの機能を向上

クラリオン Googleストリートビューに対応した新アプリ「スマートプレイスサーチ」でナビの機能を向上

2017年7月4日、クラリオンは「Smart Access(スマート アクセス)」対応カーナビゲーションの機能向上として、新アプリ「Smart Places Search(スマート プレイス サーチ)」を統括管理アプリ「Smart Access 4Car」に追加ラインアップし.. 続きを読む

市販ナビ初の「Google Maps Street View」対応。クラリオンが「Smart Access」対応ナビで使える新アプリを発表

市販ナビ初の「Google Maps Street View」対応。クラリオンが「Smart Access」対応ナビで使える新アプリを発表

Apple「CarPlay」や「AndroidAuto」などが登場するかなり前から、各カーナビメーカーは独自のアプリをリリースしてきました。クラリオンの「Smart Access(スマート アクセス)」対応カーナビの機能向上として、7月5日から新アプリ「Smar.. 続きを読む

ある昔話の『前日』を描いた創作漫画 最後のネタばらしに「あっ!」

ある昔話の『前日』を描いた創作漫画 最後のネタばらしに「あっ!」

漫画家として活躍中のくらっぺ(@qurappe)さん。ある昔話の本編が始まる前日を描いた漫画が、話題を呼んでいます。テーマになっているのはどの昔話なのか、考えながら読み進めてください。愛犬を亡くした老父婦主人公は、1組の老夫婦。.. 続きを読む

バックシャン(死語?)なレクサス UX

バックシャン(死語?)なレクサス UX

▲バックシャンとは後姿の美しい女性のこと、まさにレクサス UXのリアビューはそうである。左右にラウンドした造形と、横一直線に設計されたコンビランプが目を引く。バンパーには、台形ガーニッシュが装着されてSUVテイストが演出される .. 続きを読む

鈴木伸之のキスをかけて真剣勝負! パズドラ実況で大人気のYouTuber・sasukeとは?

鈴木伸之のキスをかけて真剣勝負! パズドラ実況で大人気のYouTuber・sasukeとは?

AbemaTV(アベマTV)にて、特別番組『VS YouTuber』が7月2日(日)夜10時から放送される。同番組では、自身の活動を告知したい芸能人と、芸能人に自身の動画に出演してほしいYouTuberがゲストとして登場し、ゲームで対決。芸能人が勝利す.. 続きを読む

レクサスNXを狙い撃ち!キャデラック最小SUV「XT4」はPHEVで発売

レクサスNXを狙い撃ち!キャデラック最小SUV「XT4」はPHEVで発売

キャデラックの最小クロスオーバーSUV「XT4」を、南ヨーロッパの気候テストで再び捕捉しました。「SRXクロスオーバー」の後継モデルである「XT5」の下に位置する「XT4」は、激戦のCセグメントSUVに属し、レクサス「NX」、メルセデスベン.. 続きを読む

+2名分のシートを獲得するレクサス RX450hL

+2名分のシートを獲得するレクサス RX450hL

▲2790mmのホイールベースはそのままに、リアオーバーハングが延長されて、3列目シートが加えられるRXロング。あくまでも、いざというときのために設けられるため、居住空間は最低限にとどまり、フル乗車時には2列目シートのニースペース.. 続きを読む

新型クロスオーバーSUV「レクサス・UX」来秋量産開始か?

新型クロスオーバーSUV「レクサス・UX」来秋量産開始か?

トヨタ自動車が開発中とされるクロスオーバーSUV「レクサスUX」。「LX」、「RX」、「NX」に続くSUVとして設定されるようで、同社は昨年のパリモーターショーにコンセプトモデル「UX Concept」を出展しました。エクステリアデザインは既に.. 続きを読む

アルファロメオ最小クロスオーバーSUV「カマル」、2020年にも発売か!?

アルファロメオ最小クロスオーバーSUV「カマル」、2020年にも発売か!?

アルファロメオは「ステルヴィオ」に続く、クロスオーバーSUV第二弾「Kamal」(カマル)を、2020年にも発売する計画していることが分かりました。「カマル」は、2003年のジュネーブモーターショーでコンセプトモデルとして公開されており.. 続きを読む

まだまだ元気な「ハリアー」、マイナーチェンジで直噴ターボを新採用

まだまだ元気な「ハリアー」、マイナーチェンジで直噴ターボを新採用

高級クロスオーバーSUVの人気が続いているが、その元祖と言えば「トヨタ ハリアー」だろう。初代モデルの発売から20年を迎えるハリアーは、レクサスRXの登場で販売終了となった時期もあったが、その人気ぶりから異例の復活! 発売から4.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。