IoTの最新情報

IoT に関するニュース検索結果   942件

Google、HTCのPixel部門を11億ドルで買収。HTCもスマホビジネス継続へ

Google、HTCのPixel部門を11億ドルで買収。HTCもスマホビジネス継続へ

Image: Gizmodo US またチャレンジングなHTCの端末が見たいな。というとうこの日がきたということでしょうか。Google(グーグル)は2017年9月21日(現地時間)、HTCのスマートフォン部門の一部を買.. 続きを読む

楽して痩せ…いや、Web・ITの力で肥満を解決するための「アイデアソン」開催します!

楽して痩せ…いや、Web・ITの力で肥満を解決するための「アイデアソン」開催します!

みなさん、こう考えたことはありませんか?「楽して痩せたい」と……世の中には、たくさんの “楽して痩せる” アイデアやメソッド、ツールがありますが……僕から言わせれば、そのどれもが……全然 楽じゃないおっと、自己紹介が遅れました、僕.. 続きを読む

マーケターに最先端テクノロジーとの向き合い方を指南~「iMediaブランドサミット2017」のキーノートに、元・マイクロソフト日本法人社長の古川亨氏が登壇

マーケターに最先端テクノロジーとの向き合い方を指南~「iMediaブランドサミット2017」のキーノートに、元・マイクロソフト日本法人社長の古川亨氏が登壇

2017年9月25日~28日にかけて、北海道・洞爺湖の「ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ」で行う、国内外トップマーケターによる合同合宿研修、「iMedia Brand Summit 2017(以下、ブランドサミット)」のキーノートに、元・マイクロ.. 続きを読む

【フランクフルトショー】ホンダ 「アーバンEVコンセプト」を世界初公開

【フランクフルトショー】ホンダ 「アーバンEVコンセプト」を世界初公開

ホンダの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは、2017年9月12日から開催されている2017年フランクフルトモーターショーにおいて、ホンダが「アーバンEVコンセプト」を世界初公開したことを発表した。新開発のEV専用.. 続きを読む

日本の携帯電話メーカー、瀕死に陥った「本当の理由」

日本の携帯電話メーカー、瀕死に陥った「本当の理由」

かつて、世界ナンバー1を誇っていた日本のエレクトロニクス産業が、衰退に歯止めがかからなくなっている。世界トップクラスの総合エレクトロニクスメーカーの富士通が、携帯電話事業を売却する方針を固めたことが大きい。9月中にも入札手.. 続きを読む

「仕事」から「しごと」へ。自分らしい働き方をデザインするために大切なこと

「仕事」から「しごと」へ。自分らしい働き方をデザインするために大切なこと

『3原則 働き方を自分らしくデザインする』(山梨広一著、SBクリエイティブ)の著者は、外資系コンサルティングファームのマッキンゼー・アンド・カンパニーで25年間働いてきたという人物。トップコンサルタントとして多くのプロジェクト.. 続きを読む

ラゲージもIoTの時代? 賢いお供と快適なビジネストラベルを

ラゲージもIoTの時代? 賢いお供と快適なビジネストラベルを

世の中のあらゆるもののスマート化が進む昨今。日本製トラベルバッグブランド「プロテカ」から、日本初の国産スマートラゲージが発売されることになりました。製造はすべて国内で。純日本製のラゲージプロテカ「マックスパス スマート」H.. 続きを読む

東電、「トンチンカンな」新規ビジネス乱発に嘲笑広がる…原発廃炉費用捻出に必死

東電、「トンチンカンな」新規ビジネス乱発に嘲笑広がる…原発廃炉費用捻出に必死

東京電力ホールディングス(HD)が家庭向けの新事業創出に必死だ。エプコと住宅の省エネサービスを提供する新会社を設立、ソニーともIoT(モノのインターネット)化を活用した住宅向けサービスを始めた。2000万軒の契約家庭に付加サービ.. 続きを読む

世界につながるデジタル窓。独自の4K撮影映像と音で絶景をあなたの部屋に

世界につながるデジタル窓。独自の4K撮影映像と音で絶景をあなたの部屋に

世界初のスマートなデジタル窓「Atmoph Window」は、部屋にいながら世界各地の風景を4K撮影動画と音で楽しめる、窓型のIoTプロダクト。美しい映像と臨場感のある音によって、一瞬にしてその場所にいるような気分になれる。その初のシリー.. 続きを読む

パクチーも品薄?しかも高い?  ならば栽培してみた

パクチーも品薄?しかも高い?  ならば栽培してみた

昨年から巻き起こったパクチーブーム。食品メーカーからはパクチーを使ったカップ麺、お菓子、インスタントスープ、ドレッシングなどの商品やパクチー専門店、パクチー食べ放題コースの登場など依然ブームは継続中だ。だがこのパクチー、.. 続きを読む

耳ではなく体で聴く、重低音のためのウェアラブルスピーカー「Hapbeat」

耳ではなく体で聴く、重低音のためのウェアラブルスピーカー「Hapbeat」

ギズモード・ジャパンより転載:持ち歩ける臨場感。低音は体で感じるものだとか腹に響くものだなんて言ったりしますが、それを地でゆくウェアラブルなスピーカー「Hapbeat」がKickstarterにてキャンペーン中です。https://ksr-video.imgi.. 続きを読む

ついに誕生! パナソニックが開発した初の“ロボット冷蔵庫”とは?

ついに誕生! パナソニックが開発した初の“ロボット冷蔵庫”とは?

ロボット掃除機のルンバを始め、ロボット化やIoT化が著しい家電業界だが、ついに音声認識で動く冷蔵庫が誕生したという。 このロボット冷蔵庫を開発したのは、日本の総合電機メーカーであるパナソニック。 欧州最大の家電見本市『IFA 201.. 続きを読む

中国のハイテク技術が「世界標準」になることの脅威――急成長の裏に倫理観やプライバシーの軽視が…

中国のハイテク技術が「世界標準」になることの脅威――急成長の裏に倫理観やプライバシーの軽視が…

世界に先駆けてキャッシュレス社会を実現させた中国だが、人工知能や先端医学の分野でも中国は今、アメリカを抜く勢いで発展しようとしている。しかし、その裏に大きな懸念材料があった。日本も無関係ではないのだ!◆中国発の先端技術が.. 続きを読む

イオン、その知られざる危機的状況…主力・スーパー事業、利益額95%減の深刻さ

イオン、その知られざる危機的状況…主力・スーパー事業、利益額95%減の深刻さ

2016年度と17年度は、好決算の企業が相次ぎました。その一方で、凋落の感じられる会社もあります。そんな会社のひとつが、今回紹介するイオンです。まずは、イオンの過去5年間の業績の推移をみてみましょう。イオンは5年前と比較して、営.. 続きを読む

ビジネスパーソンのための「最強の休息法」とは?

ビジネスパーソンのための「最強の休息法」とは?

私は2012年に米国に留学し、2015年までハーバード大学医学部眼科スケペンス研究所で研究に勤しみました。同時にボストン大学Questrom School of BusinessでMBAを取得、2015年に帰国し、同年11月より順天堂大学医学部附属順天堂医院眼科助.. 続きを読む

1日1回の授乳がパパを変える!? 「#パパチチ10日間チャレンジ」レポート!

1日1回の授乳がパパを変える!? 「#パパチチ10日間チャレンジ」レポート!

出典:https://itmama.jp/産まれて間もない赤ちゃんのお世話を1人で抱えて悩むママは少なくありません。しかし実は悩んでいるのはママだけではなく、初めての育児に一体どう関わればいいのか分からないパパも多いよう。そんなママとパパ.. 続きを読む

「コーヒーナップ」でリフレッシュ。睡眠カフェが期間限定オープン

「コーヒーナップ」でリフレッシュ。睡眠カフェが期間限定オープン

良質な睡眠がいいとわかっていても、不眠で悩む人も多いもの。銀座「CHAIRS」にて9月9日まで期間限定オープンしている「ネスカフェ×全日本ベッド工業会 睡眠カフェ」なら、眠るのに快適な空間でリフレッシュできますよ。1日の睡眠をデザ.. 続きを読む

打倒Siri!?MicrosoftとAmazonがお互いの音声アシスタントにクロスアクセスを許可

打倒Siri!?MicrosoftとAmazonがお互いの音声アシスタントにクロスアクセスを許可

ハローワールド、Hikaru Sanoです。特に英語圏で人気を集める音声アシスタント、現在までにSiri・Alexa・Cortana・Assistantの4強状態が続いていました。それぞれ特徴を生かしたマーケティングなど行ってきたのですが、ここにきて勢力図.. 続きを読む

20年後、本当に頭脳労働は消滅し、肉体労働は残るかもしれない…AIと原子爆弾

20年後、本当に頭脳労働は消滅し、肉体労働は残るかもしれない…AIと原子爆弾

人類の仕事は2045年に向けて段階的に消滅していくと予測されている。この分野の議論は盛んで、「人類の仕事の47%は20年以内に人工知能(AI)とロボットに置き換わる可能性がある」という英オックスフォード大学の予測を中心に、仕事の大.. 続きを読む

アナタは今の会社で満足してる? 転職コンサルタントが明かす、“転職”に見られる4つの理由

アナタは今の会社で満足してる? 転職コンサルタントが明かす、“転職”に見られる4つの理由

企業に就職した後、同じ企業で定年まで雇用され続ける「終身雇用」が日本で“必須”とは言えなくなっている。いまや、自分のスキルアップを目指したり、やりがいや好条件を求めてチャンスがあれば「転職」したいと考えるビジネスパーソンは.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。