90年代の最新情報

90年代 に関するニュース検索結果   3479件

ミーゴズ/ミーク・ミル/リル・ヨッティら参加、『スティル・ストライビング』エイサップ・ファーグ(Album Review)

ミーゴズ/ミーク・ミル/リル・ヨッティら参加、『スティル・ストライビング』エイサップ・ファーグ(Album Review)

2017年8月4日にリリースされた、エイサップ・トゥエルヴィのデビュー・アルバム『12』に続き、米ニューヨークのヒップホップ集団・エイサップ・モブから、エイサップ・ファーグが第二弾となるミックステープ『スティル・ストライビング』.. 続きを読む

フォロワー1700万人、好感度1位……池内博之ら、日本より“中国で人気”の芸能人4人

フォロワー1700万人、好感度1位……池内博之ら、日本より“中国で人気”の芸能人4人

1998年に放送されたドラマ『GTO』(フジテレビ系)でブレークした俳優・池内博之に、中国の映画配給会社からオファーが相次いでいるという。このキッカケは、2016年に中国で公開された映画『レイルロード・タイガー』でジャッキー・チェ.. 続きを読む

なんかいい、アナログ

なんかいい、アナログ

データで音楽を聴くことがスタンダードになるにつれ、音楽好きの間で再評価されているのがレコードなどのアナログ音源。そのなかでも「形や存在感がいい」と人気が高まっているのがカセットテープだ。■ 「聴けるインテリア」として音楽.. 続きを読む

西川貴教がバラエティ番組で重宝されるのはあの人のおかげ?

西川貴教がバラエティ番組で重宝されるのはあの人のおかげ?

T.M.Revolutionとして「HIGH PRESSURE」「WHITE BREATH」「HOT LIMIT」など、数々のヒット曲を連発していた西川貴教が、9月22日公開の映画「スクランブル」のテーマソングに楽曲提供することが発表された。さらにこの曲から「西川貴教」.. 続きを読む

『8月18日はなんの日?』苗場をふたたび熱狂させた鬼才、エイフェックス・ツインの誕生日

『8月18日はなんの日?』苗場をふたたび熱狂させた鬼才、エイフェックス・ツインの誕生日

8月18日はエイフェックス・ツインことリチャード・D・ジェイムスの46歳の誕生日。リチャード・D・ジェイムスは1971年8月18日生まれ、イングランド・コーンウォール出身。90年代初頭のUKテクノ・シーンに頭角を現して以降、エイフェックス.. 続きを読む

菅田将暉が声優に初挑戦! 『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』に注目♡

菅田将暉が声優に初挑戦! 『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』に注目♡

8月も後半に入り各地で花火大会が開催されている中、この時期ぴったりなアニメーション映画、その名も『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』がいよいよ18日(金)より公開されます。 菅田将暉さんが声優初主演ということで.. 続きを読む

BRUSH UP KANSAI!いよいよWeb投票はあと10日。充実のランキング!

BRUSH UP KANSAI!いよいよWeb投票はあと10日。充実のランキング!

BRUSH UP KANSAIは、秋に実施される関西最大級の野外フェス。2017は11月5日(日)に大阪城野外音楽堂で開催決定。昨年も一般の参加者のオーディションを経て数組がステージに出演、ゲストとして若旦那・ET-KING・シクラメン・DOTAMA他が.. 続きを読む

JUJU、NHKドラマ10『この声をきみに』主題歌として7カ月ぶりとなる新曲「いいわけ」が決定!

JUJU、NHKドラマ10『この声をきみに』主題歌として7カ月ぶりとなる新曲「いいわけ」が決定!

新曲がドラマの主題歌にタイアップ決定9/8 (金)よりオンエアスタート、竹野内豊が主演をつとめるNHKドラマ10『この声をきみに』はNHK連続テレビ小説「あさが来た」の脚本を手掛けた大森美香によるオリジナル作品。竹野内豊 主演×JUJU主題.. 続きを読む

いつの時代もラジオは鳴り止まない! 「I Won't Turn Off My Radio」からあふれる、パンクヒーローの‟ラジオ愛”

いつの時代もラジオは鳴り止まない! 「I Won't Turn Off My Radio」からあふれる、パンクヒーローの‟ラジオ愛”

90年代に活躍したパンク・ロックバンド「ハイスタ」ことHi-STANDARD時代から、メディアへの露出はほぼないに等しかった横山健。彼が自身名義のKen Yokoyamaバンドを率いて、地上波(ミュージックステーション)に奇跡の出演を果たした201.. 続きを読む

JUJU、竹野内豊主演NHKドラマ主題歌を担当! 7か月ぶり新曲「いいわけ」決定

JUJU、竹野内豊主演NHKドラマ主題歌を担当! 7か月ぶり新曲「いいわけ」決定

JUJUが、9月8日よりスタートする竹野内豊主演のNHKドラマ10『この声をきみに』主題歌を担当する。今ドラマ『この声をきみに』は、NHK連続テレビ小説『あさが来た』の脚本を手掛けた大森美香によるオリジナル作品。ある日、家族に捨てられ.. 続きを読む

誰でも簡単に行けちゃう「危険地帯」――丸山ゴンザレスがマジで身の危険を感じた場所

誰でも簡単に行けちゃう「危険地帯」――丸山ゴンザレスがマジで身の危険を感じた場所

世界には「ヤバい」と言われる危険地帯がいくつかある。だが、“危険”の感じ方は人それぞれだ。本人の置かれた状況なども密接に関係してくる。旅行者として行くのか、それともジャーナリストや兵士として行くのか。単純に死傷者数などのデ.. 続きを読む

『8月17日はなんの日?』ロック界が生んだ80’S歌姫、ベリンダ・カーライルの誕生日

『8月17日はなんの日?』ロック界が生んだ80’S歌姫、ベリンダ・カーライルの誕生日

8月17日は80年代にバンド、ソロとして成功を収めた女性シンガー、ベリンダ・カーライルの59歳の誕生日。ベリンダ・カーライルは1958年8月17日、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。1978年にガールズ・ロック・バンド、ゴーゴ.. 続きを読む

新房昭之監督、『打ち上げ花火』で"役者"陣をどうまとめ上げた? - 俳優と声優、それぞれの存在感と演技の魅力語る「生っぽさが全体の空気を決めている」

新房昭之監督、『打ち上げ花火』で"役者"陣をどうまとめ上げた? - 俳優と声優、それぞれの存在感と演技の魅力語る「生っぽさが全体の空気を決めている」

●各キャラクターの魅力、中でもこだわったのは「なずなの神秘的な可愛さ」マイナビニュース編集部に届いた「何故、アニメ映画の声に声優ではなく役者を使うのか」という読者の疑問。『借りぐらしのアリエッティ』(2010年)や『思い出のマ.. 続きを読む

つゆだく流行は華原朋美きっかけ!? 芸能人「牛丼好き」エピソード

つゆだく流行は華原朋美きっかけ!? 芸能人「牛丼好き」エピソード

安い、うまい、早いのフレーズでおなじみの牛丼は庶民のものというイメージが強く、有名人とは縁遠いように思えるが、意外にも牛丼好きの芸能人は多い。グルメな店を巡る芸能人も魅力だが、一般人感覚を持ち合わせた有名人もステキじゃな.. 続きを読む

ビートたけしの金言集「たまには感動を与える側になってみろ」

ビートたけしの金言集「たまには感動を与える側になってみろ」

90年代半ば、ブラジルからやってきたジーコが、Jリーグでプレーをして引退を表明した頃、世の空気が、「ジーコ様、日本のサッカーのためにありがとう」的なもの一色に染まったことがありました。この時、ニュース番組の街頭インタビュー.. 続きを読む

イケムラレイコの新作展『あの世のはてに』がシュウゴアーツで開催に

イケムラレイコの新作展『あの世のはてに』がシュウゴアーツで開催に

イケムラレイコの新作展『あの世のはてに』が、2017年9月9日(土) ~2017年10月7日(土) にかけてシュウゴアーツにて開催される。イケムラレイコは当時隆盛を極めた学生運動から離れ、同時に日本からも離れてスペインに単身渡り、その際に.. 続きを読む

マツコ・デラックス不調?OA中見せた「体の腫れ」の正体は…

マツコ・デラックス不調?OA中見せた「体の腫れ」の正体は…

(C)まいじつマニアックな知識を週替わりのゲストから聞くバラエティ番組『マツコの知らない世界』(TBS系)に出演したマツコ・デラックスの体のある部分が腫れているように見え、視聴者からツイッターで心配する声が出る一幕があった。.. 続きを読む

ナイナイ・岡村隆史の将来がヤバイ? FUJIWARA・藤本も孤独死を心配

ナイナイ・岡村隆史の将来がヤバイ? FUJIWARA・藤本も孤独死を心配

(画像はInstagramのスクリーンショット)芸能界きっての独身貴族として知られるナインティナイン・岡村隆史(47)。芸人仲間からは将来が心配という声もたびたび上がっている。14日放送の『なるみ・岡村の過ぎるTV』(ABCテレビ)でのFU.. 続きを読む

上原多香子、今井絵理子の不倫で「SPEED 」が崩壊…あと2人の現在は?

上原多香子、今井絵理子の不倫で「SPEED 」が崩壊…あと2人の現在は?

過去の不倫が明らかになったことで、集中砲火を浴びているタレントの上原多香子(34)。現在出演している舞台が8月18日に終了したあとは、芸能活動を無期限休止すると報じられています。2014年に夫・TENNさんが自殺した一因が、上原の不.. 続きを読む

休日にずっと家にこもるとか考えられない。私はとにかく刺激がほしい。PARTY FISH YURIの原動力

休日にずっと家にこもるとか考えられない。私はとにかく刺激がほしい。PARTY FISH YURIの原動力

行動を起こす源──。それが原動力。世間からは「なんで?」と思われることでも、本人に聞くときちんと理由がある。そんな個人の「原動力」に迫ります。──レイヴにハマったきっかけは?「2013年に初めてULTRA MIAMIに行ったのがきっかけで.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。