鳥インフルエンザの最新情報

鳥インフルエンザ に関するニュース検索結果   59件

獣医学の重鎮が加計問題で安倍首相を一刀両断! 過剰な獣医師養成は税金の無駄遣い、地域振興のために獣医学レベル低下...

獣医学の重鎮が加計問題で安倍首相を一刀両断! 過剰な獣医師養成は税金の無駄遣い、地域振興のために獣医学レベル低下...

加計学園「岡山理科大学」獣医学部新設に邁進する安倍首相に対して、獣医学の専門家からも厳しい批判が出ていた。岡本嘉六・鹿児島大学名誉教授は7月7日、ネット上に掲載した論考「獣医学小史」で、「要請があれば2つでも3つでも獣医学部.. 続きを読む

3人に1人が栄養不良!? 途上国の食と栄養を守る、日本の取り組みとは?

3人に1人が栄養不良!? 途上国の食と栄養を守る、日本の取り組みとは?

もうすぐ夏だしダイエットしなきゃ! カロリーが高いお菓子は避けとこう!なんていう会話、よくしてない?でも、実は今、世界では3人に1人が「栄養不良」の問題を抱えている。世界の5歳未満の子どもの死亡原因は、なんと45%が栄養不良に.. 続きを読む

"加計ありき"の証拠が続々! でも安倍応援団は「加戸前愛媛県知事の証言で疑惑は晴れた」の大合唱、そのインチキを暴く!

"加計ありき"の証拠が続々! でも安倍応援団は「加戸前愛媛県知事の証言で疑惑は晴れた」の大合唱、そのインチキを暴く!

加計問題をめぐり、山本幸三地方創生相が政府決定の2カ月も前に「加計に決めた」と獣医師会に通告していた議事録の存在が明らかになった。山本地方創生相は「獣医師会の思い込み」などと強弁しているが、"加計ありき"疑惑はますます深ま.. 続きを読む

青山繁晴が閉会中審査で大恥! 質問は悉く前川氏に論破され、出会い系通い問題はデマがばれて質問できず

青山繁晴が閉会中審査で大恥! 質問は悉く前川氏に論破され、出会い系通い問題はデマがばれて質問できず

加計学園問題をめぐる昨日の閉会中審査。本サイトでも報じた通り、自民党や政府は数々の物的証拠が出ている「総理のご意向」をひた隠しにすべく、参考人招致された前川喜平・前文部科学事務次官に対する個人攻撃を連発。しかも、それを前.. 続きを読む

正気か? 安倍首相が加計問題ごまかしのため「獣医学部の全国展開」宣言! 不要な規制緩和でこんなとんでもない事態が

正気か? 安倍首相が加計問題ごまかしのため「獣医学部の全国展開」宣言! 不要な規制緩和でこんなとんでもない事態が

厚顔無恥とはこのことをいうだろう。安倍首相が24日、神戸のホテルで開かれた「正論」懇話会で講演し、加計疑惑について「プロセスに一点の曇りもない」と全面否定したうえ、なんと、「獣医学部、全国展開!」を宣言した。「1校に限定し.. 続きを読む

【全文】安倍首相が会見「つい強い口調で反論してしまう姿勢、深く反省」

【全文】安倍首相が会見「つい強い口調で反論してしまう姿勢、深く反省」

通常国会がきのう会期末を迎えたことを受け、19日夕方、安倍晋三総理が記者会見を開いた。今国会は先週成立したいわゆる"共謀罪"法案や森友学園・加計学園をめぐる問題などで大きく紛糾。17日と18日に行われたANNの世論調査では内閣支持.. 続きを読む

加計問題でトレンディエンジェル斎藤さんまでが安倍政権に鋭いツッコミ!「再調査は言い訳のための時間稼ぎ」

加計問題でトレンディエンジェル斎藤さんまでが安倍政権に鋭いツッコミ!「再調査は言い訳のための時間稼ぎ」

文科省からの相次ぐ告発と世論におされるかたちで、ようやく"総理のご意向文書"の再調査を発表した安倍政権。しかし、この再調査で疑惑が解明されるかといえば、まったくそんなことはないだろう。さんざん「怪文書」だ、「確認できない」.. 続きを読む

徹底検証! 加計問題で安倍とネオリべがふりまく「岩盤規制に穴を開けた」の嘘! 明らかに安倍の友達への利益誘導だ

徹底検証! 加計問題で安倍とネオリべがふりまく「岩盤規制に穴を開けた」の嘘! 明らかに安倍の友達への利益誘導だ

世論に押され、ようやく安倍政権が文書の再調査を公表した。だが、松野博一文科相は会見で「総理から徹底した調査をと指示があった」などと、あたかも安倍首相が真相究明に前向きであるかのように語った。それこそが"印象操作"だろう。再.. 続きを読む

実名告発ツブされても新証拠が次々...安倍政権は加計学園に利権を独占させるためこんな露骨な手口を

実名告発ツブされても新証拠が次々...安倍政権は加計学園に利権を独占させるためこんな露骨な手口を

加計学園問題で次なる「大きな証拠」が出てきた。昨日行われた参院決算委員会において共産党の小池晃議員が、これまでマスコミが報道してきた文科省作成の文書とは違う「別の文書」を入手したと公表したのだ。その文書は、「今後のスケジ.. 続きを読む

カエルの粘液でインフルエンザ撃退?新発見された「ウルミン」とは

カエルの粘液でインフルエンザ撃退?新発見された「ウルミン」とは

2017年4月20日(木)、アメリカで行われた研究によって、一部のインフルエンザウイルスに対し、新発見されたカエルの防御物質「ウルミン」が有効であることが明らかとなりました。(参考)流行シーズンになると多くの感染者を出すインフ.. 続きを読む

いつかやってくる世界的な感染爆発で生き残るには

いつかやってくる世界的な感染爆発で生き残るには

できれば考えたくないけれど、いつかは準備をしなければいけない不測の事態。既存のバクテリアか、バイオテロ目的の新兵器か...いずれの発端でも起きうるパンデミック(感染爆発)もそのひとつです。人類の歴史のなかで大流行した病原体.. 続きを読む

サンシャイン水族館の「天空のペンギン」など新たな屋外エリア、7月12日にオープン

サンシャイン水族館の「天空のペンギン」など新たな屋外エリア、7月12日にオープン

サンシャインシティは28日、サンシャイン水族館の新たな屋外エリア「マリンガーデン」を7月12日にオープンすると発表した。サンシャイン水族館は、「サンシャイン国際水族館」として1978年に開業、「天空のオアシス」をコンセプトとした.. 続きを読む

東山動植物園スタッフに聞く!フラミンゴの体はなぜピンクなのか?

東山動植物園スタッフに聞く!フラミンゴの体はなぜピンクなのか?

CMを見ていると、ピンク色の服を着た宮崎あおいの後ろでフラミンゴの群れが一本足で立っていた。鮮やかなフラミンゴの立ち振る舞いはまるで幻想の生き物のようだ。フラミンゴは見ているだけでパッと気分が華やぐというか、現実から離れた.. 続きを読む

核戦争よりも深刻?迫り来る”バイオテロ”の現実味|やまもといちろうコラム

核戦争よりも深刻?迫り来る”バイオテロ”の現実味|やまもといちろうコラム

山本一郎(やまもといちろう)です。時折放つ強烈に臭い屁が家族からバイオテロであると大変不評なのですが、冗談ではない事態として現在フランス・パリで行われているCEPI科学諮問委員会でも優先的なワクチン開発の方法について議論され.. 続きを読む

インフルエンザやノロ対策に。10分で遺伝子を特定できる超小型装置が登場

インフルエンザやノロ対策に。10分で遺伝子を特定できる超小型装置が登場

速い、安い、小さい。いいことしかない。インフルエンザやノロウィルスなどの、集団感染や食中毒。時に命にも関わる重大な問題ですが、その対策に1つの光明が差したかもしれません。・一体なぜ? ニューヨークで猫が鳥インフルエンザに感.. 続きを読む

鳥インフルエンザ・ウイルス、「種の壁」を超え人間にパンデミック…一集団の渡り鳥から

鳥インフルエンザ・ウイルス、「種の壁」を超え人間にパンデミック…一集団の渡り鳥から

●なぜ、監視が必要か高病原性鳥インフルエンザが流行している。新潟県、青森県、北海道の農場のほか、秋田県の動物園、日本各地の野鳥や鹿児島県出水市の渡り鳥の飛来地などで発生が確認された。韓国でも日本より少し前に流行が始まった.. 続きを読む

一体なぜ? ニューヨークで猫が鳥インフルエンザに感染

一体なぜ? ニューヨークで猫が鳥インフルエンザに感染

猫好きには胸が痛い話。The New York Timesが報じたところによると、ニューヨークの保護施設に収容されている猫たちが、鳥インフルエンザ感染の有無に関する診断を受けているそうです。過去、このインフルエンザに猫が罹患したことはなく.. 続きを読む

サンシャイン水族館、「天空のペンギン」など屋外エリアのリニューアルを夏へ延期 鳥インフルの影響で

サンシャイン水族館、「天空のペンギン」など屋外エリアのリニューアルを夏へ延期 鳥インフルの影響で

サンシャインシティは16日、サンシャイン水族館の屋外エリア『マリンガーデン』のリニューアルオープン時期を、2017年春から夏に延期すると発表した。全国で発生している高病原性鳥インフルエンザの影響を考慮しての延期としている。サン.. 続きを読む

「卵かけご飯や目玉焼きが貴族料理に……!?」史上最悪の鳥インフルエンザが襲来!

「卵かけご飯や目玉焼きが貴族料理に……!?」史上最悪の鳥インフルエンザが襲来!

宮崎県で、史上最悪の高病原性鳥インフルエンザにかかった鶏12万羽の殺処分が始まったが、この鳥インフルが韓国でも猛威を振るっている。これまで殺処分された鶏は2,000万羽以上に上り、その影響を受けて、全国的に卵の供給不足が深刻化.. 続きを読む

大人気!ニワトリのまさひろくんが乗り越えた3度の危機

大人気!ニワトリのまさひろくんが乗り越えた3度の危機

カメラ片手に追いかける人の群れをよそに、悠然とお尻をフリフリ。時折立ち止まったかと思ったら、翼を広げて出血サービス。天王寺動物園(大阪市)には、話題のニワトリまさひろくんがいる。12月の肌を刺すような寒さでも、まさひろくん.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。