韓国軍の最新情報

韓国軍 に関するニュース検索結果   104件

「山口敬之レイプ疑惑」に新たな事実も!? 東京新聞・望月衣塑子記者が語る、報道の裏側

「山口敬之レイプ疑惑」に新たな事実も!? 東京新聞・望月衣塑子記者が語る、報道の裏側

現在、女性の新聞記者は増えてきたものの、その割合は全体の2~3割程度だという。男性ばかりの環境で、積極的に相手に食い込んで取材をしていると話題の東京新聞社会部記者、望月衣塑子さんに、今の政権やメディアの問題点を聞いた。(前.. 続きを読む

林真理子が山口敬之を告発した詩織さんへのバッシングと捜査圧力を批判! でも「文春」では山口問題がタブーに

林真理子が山口敬之を告発した詩織さんへのバッシングと捜査圧力を批判! でも「文春」では山口問題がタブーに

「週刊文春」(文藝春秋)17年6月22日号 被害者女性の実名会見で準強姦疑惑が発覚したにもかかわらず、相変わらず雲隠れを続けている "安倍御用達ジャーナリスト"山口敬之氏。女性の"魂まで奪う"と言われる卑劣なレイプ行為を告発され、.. 続きを読む

【緊急現地ルポ】北朝鮮ミサイル連発でも地元民はノープロブレム? 「北緯38度線」はいま――

【緊急現地ルポ】北朝鮮ミサイル連発でも地元民はノープロブレム? 「北緯38度線」はいま――

米空母艦隊が日本海を離れても、依然として核実験場でソワソワした動きを見せたり、朝鮮アジア太平洋平和委員会なる組織が「ホワイトハウスが想像できない超強硬対応措置で、はるかに強い圧力と苦痛を米国に与える」といった声明を発表す.. 続きを読む

「東京裁判史観の克服」表明の稲田防衛相は明らかに"歴史修正主義者"だ! 同盟国もびっくりのトンデモ発言集

「東京裁判史観の克服」表明の稲田防衛相は明らかに"歴史修正主義者"だ! 同盟国もびっくりのトンデモ発言集

稲田朋美防衛相が、ウヨク雑誌「月刊Hanada」(飛鳥新社)7月号に寄稿した評論家の渡部昇一氏に対する追悼文が、物議を醸している。周知のように、渡部氏は保守論壇のなかでももっとも極右といわれる存在で、今年4月に心不全で亡くなるま.. 続きを読む

北朝鮮 4週連続の発射は“地対艦巡航ミサイル”、日本政府は非難せず

北朝鮮 4週連続の発射は“地対艦巡航ミサイル”、日本政府は非難せず

北朝鮮が6月8日朝、ミサイル数発を発射した。韓国軍によると今回のミサイルは弾道ミサイルではなく地対艦巡航ミサイルと推定され、午前6時18分ごろに発射されたということだ。  韓国メディアによると、4月15日に平壌で行われた軍事パ.. 続きを読む

「政府は北朝鮮に抗議すべきだった」 射程の短い巡航ミサイルが日本の脅威になる理由

「政府は北朝鮮に抗議すべきだった」 射程の短い巡航ミサイルが日本の脅威になる理由

■性能をアップさせた地対艦巡航ミサイルを発射か  8日早朝、北朝鮮が東部の元山付近から日本海に向けミサイル数発を発射した。これで4週連続の発射ということになるが、韓国軍によると今回発射されたのは「地対艦巡航ミサイル」とみられ.. 続きを読む

北朝鮮の核脅威は、15年前の安倍首相の行動がもたらした可能性

北朝鮮の核脅威は、15年前の安倍首相の行動がもたらした可能性

北朝鮮は5月29日、今年だけで9度目になる弾道ミサイル発射を行った。すでに金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、実戦配備に向けて大量生産を指示している。そもそも、北朝鮮がミサイル発射を続ける目的はどこにあるのだろうか.. 続きを読む

元自衛艦隊司令官 敵基地攻撃能力、Jアラート…北朝鮮情勢を機に国民的議論を

元自衛艦隊司令官 敵基地攻撃能力、Jアラート…北朝鮮情勢を機に国民的議論を

29日午前、北朝鮮が再びミサイルを発射した。ミサイルは東岸の元山付近から日本海に向けて発射され約400km飛行、島根県の隠岐諸島から北に約300km離れた排他的経済水域内(EEZ)に落下したとみられている。韓国軍は発射されたのが短距離.. 続きを読む

北朝鮮ミサイル 日本のEEZ内に落下、「制裁には屈しない」強いメッセージか

北朝鮮ミサイル 日本のEEZ内に落下、「制裁には屈しない」強いメッセージか

北朝鮮が5月29日早朝、弾道ミサイルを発射し、日本政府は日本のEEZ(排他的経済水域)内に落下したとみられると発表した。EEZ内への落下は3月6日以来だ。  韓国軍は短距離弾道ミサイル「スカッド」が発射されたとみて分析を進めると.. 続きを読む

韓国新大統領のイケメンボディガード 上半身裸でモデルポーズ

韓国新大統領のイケメンボディガード 上半身裸でモデルポーズ

今月10日に韓国第19代大統領に就任した文在寅(ムン・ジェイン)氏。しかしネットユーザーが注目したのは新大統領ではなくそのボディガードであった。あまりのイケメンぶりにSNS上には熱狂的なラブコールが多数寄せられている。『The Kor.. 続きを読む

韓国新大統領「反日魔王」の正体

韓国新大統領「反日魔王」の正体

朴槿恵前大統領を引きずり降ろして政権の座についたのは、米国も警戒する問題人物。さて、どうなる……!?韓国に“魔王”と呼ばれる新大統領が誕生した。さる10日、第19代大統領に就任した文在寅氏(64)だ。韓国を代表する左派政党「共に民主.. 続きを読む

新潮が「安倍ベッタリの暴行記者」を追撃、さらなる問題も? ダメージは麻生副総理へ

新潮が「安倍ベッタリの暴行記者」を追撃、さらなる問題も? ダメージは麻生副総理へ

安倍晋三首相にもっとも近い政治ジャーナリストといわれる、元TBSワシントン支局長の山口敬之氏が、ジャーナリスト活動を行う27歳の女性に対して性的暴行を行っていたとして、5月10日発売の「週刊新潮」(以下、新潮/新潮社)が被害者女.. 続きを読む

日中韓と北朝鮮「本当の戦争力」徹底分析

日中韓と北朝鮮「本当の戦争力」徹底分析

金正恩の暴走により有事勃発の危機が噂される昨今。“甚大な影響”を受ける周辺国の「戦闘力」をマル秘レポートする!!「いつ有事となってもおかしくはない。冷戦期でも、ここまで事態が差し迫ったことはなかった。自衛隊では陸海空とも、水.. 続きを読む

国連の慰安婦日韓合意見直し勧告に発狂する安倍政権とネトウヨの身勝手な論理! おかしいのは少女像撤去求める日本だ

国連の慰安婦日韓合意見直し勧告に発狂する安倍政権とネトウヨの身勝手な論理! おかしいのは少女像撤去求める日本だ

国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会が12日、慰安婦問題に関する2015年末の日韓合意について、合意の見直しを勧告した。元慰安婦に対する「補償や名誉回復、再発防止の保証などが十分ではない」として懸念を表明している。案の定、この.. 続きを読む

金正男氏の斬首計画で考える"世界の暗殺"「一番派手なのはフランス」「世界最強はイスラエル」

金正男氏の斬首計画で考える"世界の暗殺"「一番派手なのはフランス」「世界最強はイスラエル」

CNNによると、北朝鮮の国営メディアは、CIAが金正恩氏の暗殺を計画したとし、これを非難する声明を先日発表。「最近発覚し、粉砕された凶悪な犯罪は人類の正義と良心に対するテロであり、人類の未来を損なう行為である」と厳しく批判した.. 続きを読む

「米国の手先」韓国、北朝鮮も米国も相手にしていない…「反日」韓国大統領への誤解

「米国の手先」韓国、北朝鮮も米国も相手にしていない…「反日」韓国大統領への誤解

韓国大統領選に勝利した文在寅(ムン・ジェイン)が10日、大統領に就任した。反日強硬派で親北朝鮮とも伝えられてきた文氏だが、韓国を取り巻く状況にはどのような変化が生まれるのだろうか。ジャーナリストで拓殖大学教授の富坂總氏に話.. 続きを読む

"安倍の太鼓持ち"山口敬之のレイプ事件潰しは官邸の圧力? 逮捕寸前に中止命じた警察官僚は菅官房長官の右腕

"安倍の太鼓持ち"山口敬之のレイプ事件潰しは官邸の圧力? 逮捕寸前に中止命じた警察官僚は菅官房長官の右腕

本サイトがいち早く報じたとおり、"安倍首相の太鼓持ちジャーナリスト"山口敬之氏のレイプ疑惑が、本日発売の「週刊新潮」(新潮社)2017年5月18日号に掲載された。しかし、記事の内容は、予想していた以上に衝撃的なものだった。27歳の.. 続きを読む

日本は北朝鮮の特殊部隊やテロリストの上陸を阻止できるのか

日本は北朝鮮の特殊部隊やテロリストの上陸を阻止できるのか

核実験の継続を示唆するなど、予断を許さぬ北朝鮮情勢。日本政府はミサイル攻撃時に国民をいかに守るのかといった防衛策や、有事の際に日本に大量流入するかもしれない難民をどうやって保護するのかといった対応策を急ぎ検討しているとい.. 続きを読む

北朝鮮が対艦弾道ミサイル発射、米国の反応

北朝鮮が対艦弾道ミサイル発射、米国の反応

ゴールデンウィーク初日から憂鬱ですね…。「東京で地下鉄が10分止まり1万3,000人の足に影響。ミサイルで止まったのは戦後初」とAPなど、海外でも大々的に報じられた土曜朝5時半の北朝鮮ミサイル発射実験。アメリカではこんな風に速報で伝.. 続きを読む

北朝鮮ミサイル発射にトランプ激怒!青山繁晴氏、「年内にも北朝鮮で有事が発生する可能性」を指摘

北朝鮮ミサイル発射にトランプ激怒!青山繁晴氏、「年内にも北朝鮮で有事が発生する可能性」を指摘

新たなミサイル発射実験が行われ、日本国内でも地下鉄を止めるなどの措置が取られた北朝鮮情勢。引き続き、予断を許さない状況だ。北朝鮮は29日午前5時半ごろ、北東に向けミサイルを発射した。韓国軍によると、ミサイルは高さ71kmまで上.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。