降板の最新情報

降板 に関するニュース検索結果   2714件

猿之助、降板舞台に陣中見舞いの手紙 病床ではモンスト三昧!?

猿之助、降板舞台に陣中見舞いの手紙 病床ではモンスト三昧!?

歌舞伎俳優の市川猿之助(41)が18日、左腕開放骨折の重傷で降板した主演舞台「スーパー歌舞伎2 ワンピース」の関係者に激励の直筆手紙を送った。同舞台に出演している市川門之助(58)が自身のブログで明かした。 この日は公演の中日.. 続きを読む

『西郷どん』斉藤由貴代役に南野陽子 ネットでは「スケバン刑事つながり」と話題に!

『西郷どん』斉藤由貴代役に南野陽子 ネットでは「スケバン刑事つながり」と話題に!

女優の南野陽子が、来年放送のNHK大河ドラマ『西郷どん』に、斉藤由貴が降板した幾島役で出演することが発表された。南野が大河ドラマに出演するのは、1988年『武田信玄』以来30年ぶりとなる。【関連】二階堂ふみ、藤木直人ら『西郷どん.. 続きを読む

メーガン・マークル、ついに女優引退で王室入りカウントダウン?

メーガン・マークル、ついに女優引退で王室入りカウントダウン?

メーガン・マークルが、今年のクリスマスに予定されているヘンリー王子との婚約発表を前に、出演中の人気ドラマ「SUITS/スーツ」から降板したとデイリー・スター・サンデー紙が報じている。同シリーズのレイチェル役で一躍スターダムに駆.. 続きを読む

2017秋ドラマ「熟れごろ女優10人」の艶度を完全査定!(3)現場で見せる蒼井優の“魔性”ぶり

2017秋ドラマ「熟れごろ女優10人」の艶度を完全査定!(3)現場で見せる蒼井優の“魔性”ぶり

アラサーながら女子高生の制服姿に挑戦するのは、「オトナ高校」(テレビ朝日系)に出演する黒木メイサ(29)。その役どころはなんとも難解なようで‥‥。「32歳で上司といけない恋愛をしているけど未体験、という荒唐無稽な設定なので、視.. 続きを読む

坂上のMatt騒動の舞台裏にフジテレビの"炎上商法指令"

坂上のMatt騒動の舞台裏にフジテレビの"炎上商法指令"

坂上忍の"暴走"が止まらない。司会を務めるフジテレビの「バイキング」で桑田真澄氏(プロ野球解説者)の次男・Mattに舌鋒を向け、両者の間に因縁が勃発。3日放送の同番組でMattの話題を取り上げた際に「うーん。存じ上げているんですが….. 続きを読む

『クリミナル・マインド』、モーガン役シェマー・ムーアがシーズン13にゲスト出演

『クリミナル・マインド』、モーガン役シェマー・ムーアがシーズン13にゲスト出演

米CBS局で2005年から放送が始まった人気海外ドラマ『クリミナル・マインド』。シーズン11で降板したデレク・モーガン役の俳優ジェマ-・ムーアが、現在、放送中のシーズン13にゲスト出演することが明らかになった。【関連】『クリミナル.. 続きを読む

「温泉レポートにしか見えない……」元AKB48・篠田麻里子『水戸黄門』の入浴シーンが“ガッカリ”すぎ!?

「温泉レポートにしか見えない……」元AKB48・篠田麻里子『水戸黄門』の入浴シーンが“ガッカリ”すぎ!?

元AKB48の篠田麻里子が、6年ぶりにBS-TBSで復活した時代劇『水戸黄門』11月8日放送の第6話から、くノ一役で出演することがわかった。由美かおるが演じた「かげろうお銀」を継ぐような役どころで、“お色気担当”として、お約束の入浴シーン.. 続きを読む

ビョークの告発に対しラース・フォン・トリアー監督が反論

ビョークの告発に対しラース・フォン・トリアー監督が反論

2017年10月15日にビョークが自身のFacebookでデンマーク人映画監督に現場で嫌がらせを受けたことがあると告白した投稿について、ラース・フォン・トリアー監督が反論している。彼女は名指しこそしなかったものの、対立した監督がデンマー.. 続きを読む

インスタ極秘再開報道の成宮寛貴氏 復帰を待ち望む人の声も

インスタ極秘再開報道の成宮寛貴氏 復帰を待ち望む人の声も

(画像はInstagramのスクリーンショット)17日発売の『女性自身』で、昨年12月に芸能界を引退した成宮寛貴氏が欧州に移住し、Instagramを極秘に再開していることが報じられた。同誌によると、ファッション業界や飲食店経営などの進出を試.. 続きを読む

プロ野球2017覆面「ミサイル座談会」(4)ソフトバンク唯一のツッコミどころは松坂大輔

プロ野球2017覆面「ミサイル座談会」(4)ソフトバンク唯一のツッコミどころは松坂大輔

B そういえば今季、メンドーサが大谷に激怒する事件があった。C あれは実際には大谷にではなく、栗山英樹監督(56)に対してですよ。7月12日、大谷が今季初登板で調整不足を露呈して、29球で4失点降板となった試合。試合前から栗山監督.. 続きを読む

楽天・美馬の妻サントス・アンナ 夫の奮闘称える「よく頑張った」

楽天・美馬の妻サントス・アンナ 夫の奮闘称える「よく頑張った」

◇パ・リーグCSファーストS第3戦 楽天5―2西武(2017年10月16日 メットライフD) 楽天・美馬学投手(31)の妻でタレントのサントス・アンナ(30)が16日、自身のツイッターとインスタグラムを更新し、「本当に 本当に 本当に 嬉しい.. 続きを読む

『ドクター・フー』ピーター・キャパルディ、後任が女性と気づいたきっかけは●●●!

『ドクター・フー』ピーター・キャパルディ、後任が女性と気づいたきっかけは●●●!

英国の人気長寿ドラマ『ドクター・フー』で、女性として初めて主人公のドクターを演じることになったジョディ・ウィッテカー(『ブロードチャーチ ~殺意の町~』)。その配役は極秘で、現在ドクターを演じるピーター・キャパルディでさ.. 続きを読む

『ナイトシフト 真夜中の救命医』、シーズン4で打ち切り正式決定

『ナイトシフト 真夜中の救命医』、シーズン4で打ち切り正式決定

米NBC局で2014年から放送が始まった人気医療ドラマ『ナイトシフト 真夜中の救命医』が、シーズン4で打ち切りになることが決まったという。シーズン4は今年6月に全米放送が始まり、8月31日(現地時間)にシーズンフィナーレを迎えていた。.. 続きを読む

『007』最新作、ダニエル・クレイグがモニカ・ベルッチとの再共演を希望か

『007』最新作、ダニエル・クレイグがモニカ・ベルッチとの再共演を希望か

2019年11月に公開が予定されている俳優ダニエル・クレイグ主演の『007』シリーズ最新作『Bond 25(英仮題)』。続投か降板の噂が二転三転する中で今年8月、ついに続投決定を宣言したダニエルは、前作『007 スペクター』(15)のボンドガ.. 続きを読む

長谷川豊がまたも炎上で「透析患者は殺せ」批判に法的処置をちらつかせる! 差別、自己責任...これが維新の正体だ!

長谷川豊がまたも炎上で「透析患者は殺せ」批判に法的処置をちらつかせる! 差別、自己責任...これが維新の正体だ!

日本維新の会から出馬している"炎上芸人"の長谷川豊が、また炎上している。発端は、千葉県警本部に掲示された文書。道路交通法の行政処分における意見聴取実施の公示で、その名簿に長谷川豊の名前があったとTwitter上で指摘を受けたこと.. 続きを読む

昔は過激すぎ?「再放送できない」テレビ番組たち

昔は過激すぎ?「再放送できない」テレビ番組たち

「この時代に、あんな企画を放送するとは……大炎上もやむなしですね」と、芸能記者が呆れるのは、9月28日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)30周年記念番組のこと。往年の名企画を復活させるという趣旨で登場.. 続きを読む

すみれ、ハーフ男性との交際発覚で「どんどんキレイになっている」!

すみれ、ハーフ男性との交際発覚で「どんどんキレイになっている」!

10月3日発売の「女性自身」がモデルのすみれとハーフの一般人男性が交際中であると報じた。すみれといえば、2016年末に出演していたCMを一方的に降板、芸能活動を休止してメンタル面が心配されていた。それだけに今度の交際報道でファン.. 続きを読む

マギー、健気な役柄でドラマ初出演も「違和感しかない」と厳しい声

マギー、健気な役柄でドラマ初出演も「違和感しかない」と厳しい声

女優の綾瀬はるか(32)が主演するNHK大河ファンタジードラマ『精霊の守り人~最終章~』にモデルのマギー(25)が女優デビューすることが分かった。演じる役柄は、タンダ(東出昌大)に好意を寄せるが、綾瀬演じるバルサへの恋心を知り.. 続きを読む

セクハラ問題で渦中のハーヴェイ・ワインスタイン、TVシリーズからも外れることに

セクハラ問題で渦中のハーヴェイ・ワインスタイン、TVシリーズからも外れることに

日本でも大きく取り上げられているアメリカ映画界の重鎮、ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ問題。ワインスタインは自身の会社であるワインスタイン・カンパニー(以下TWC)からも解雇されたが、現在製作している全てのTVシリーズか.. 続きを読む

『クリミナル・マインド』を降板したあの俳優、シーズン13にゲスト出演!

『クリミナル・マインド』を降板したあの俳優、シーズン13にゲスト出演!

ファンに惜しまれながらも『クリミナル・マインド FBI行動分析課』のシーズン11で、FBI特別捜査官デレク・モーガン役を降板したシェマー・ムーアが、米国で現在放送中のシーズン13に同役でゲスト出演することが決定した。【関連記事】『.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。