金正恩の最新情報

金正恩 に関するニュース検索結果   316件

6度引退→復帰の大仁田厚に聞く「今度こそ本当に引退?」さらに、政治と地方とアントニオ猪木──

6度引退→復帰の大仁田厚に聞く「今度こそ本当に引退?」さらに、政治と地方とアントニオ猪木──

“涙のカリスマ”として、プロレス界に一時代を築いた“邪道”大仁田厚が10月31日、東京・後楽園ホールでの「さよなら大仁田 さよなら電流爆破」で、リングに別れを告げる。実に6度にわたって引退、復帰を繰り返してきた大仁田だが、「今回.. 続きを読む

実を言うと北朝鮮は栄えていた!? 上空から平壌を撮影した360度映像がまさかの光景、めっちゃカラフル

実を言うと北朝鮮は栄えていた!? 上空から平壌を撮影した360度映像がまさかの光景、めっちゃカラフル

突然だが、皆さんは北朝鮮にどのようなイメージを持っているだろうか。おそらく、何かとヤバい国で閉鎖的。そして金正恩政権のもと、国民は廃れた街で暮らしている……と思っている人は決して少なくないだろう。しかし、現実はそうでもない.. 続きを読む

「北朝鮮拉致問題を政治利用するな!」選挙で拉致被害者家族をフル活用する安倍首相に「救う会」元幹部が怒りの告発!

「北朝鮮拉致問題を政治利用するな!」選挙で拉致被害者家族をフル活用する安倍首相に「救う会」元幹部が怒りの告発!

北朝鮮の核実験やミサイル危機を煽りに煽った挙句、それを利用して"国難突破解散"を敢行した安倍政権。北朝鮮危機を最大限に利用し、それに乗じた"大義なき"解散だったが、しかし安倍首相が利用したのは北朝鮮危機だけではない。北朝鮮の.. 続きを読む

北朝鮮有事にアメリカが抱える「物量と予算」不安

北朝鮮有事にアメリカが抱える「物量と予算」不安

(C)Shutterstock10月16日から始まった米韓海軍合同演習のテレビ報道を見る限り、にわかには信じ難いが、米海軍の物量は十分ではないという。アメリカ軍全体の装備は最低ラインとされる90%を何とか維持しているものの、例えば空軍ではB.. 続きを読む

中国が北朝鮮に武力行使の可能性も?"米中密約"とは

中国が北朝鮮に武力行使の可能性も?"米中密約"とは

24日まで開かれている中国共産党大会。今年5月、中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」の国際会議初日に北朝鮮が中距離弾道ミサイル「火星12」を初めて発射したことから、党大会期間中の新たな挑発にも警戒が強まっていた。しかし、.. 続きを読む

金正恩も憂慮「白頭山噴火」で北朝鮮崩壊!?

金正恩も憂慮「白頭山噴火」で北朝鮮崩壊!?

米トランプ大統領の恫喝や、国際社会からの制裁にも屈せず、6回目の核実験を断行。その狂気を内外に見せつけた金正恩委員長。だが、そんなロケットマン・正恩氏でも防げない脅威が、北朝鮮に迫っている。「中国と北朝鮮の国境に位置する.. 続きを読む

"国難"総選挙の裏で競馬が解禁!? トランプ大統領のアジア歴訪までは緊張状態継続か

"国難"総選挙の裏で競馬が解禁!? トランプ大統領のアジア歴訪までは緊張状態継続か

■「39号室」の資金を使って側近への贈り物も  「ホワイトハウスは口先だけではない。今の制裁はかつてない厳しいものだ。この制裁下で北朝鮮は1年もつか2年もつか分からない。たくさんの人々が亡くなるだろう」。ニューヨークで16日、金.. 続きを読む

滝川クリステルMC「教えてもらう前と後」初回12.2%の好発進!

滝川クリステルMC「教えてもらう前と後」初回12.2%の好発進!

10月17日に放送された新番組「教えてもらう前と後」(MBS/TBS系)の初回平均視聴率が、関東地区で12.2%、関西地区で12.5%を獲得したことが分かった(ビデオリサーチ調べ)。過去2回放送した「教えてもらう前と後」の特別番組でも、関東・関.. 続きを読む

滝川クリステル新番組『教えてもらう前と後』全国で高視聴率スタート

滝川クリステル新番組『教えてもらう前と後』全国で高視聴率スタート

10月17日にスタートした、滝川クリステル司会の新番組『教えてもらう前と後』(MBS/TBS系ネット)。19時より放送された初回2時間スペシャルの番組平均視聴率が、関東地区12.2%、関西地区12.5%を獲得したことがわかった。滝川にとって.. 続きを読む

今週、北朝鮮と米国の戦争開戦リスク高まる…英国も参戦準備、NATO参戦も

今週、北朝鮮と米国の戦争開戦リスク高まる…英国も参戦準備、NATO参戦も

「海に浮かぶ軍事基地」と呼ばれる原子力空母「ロナルド・レーガン」をはじめ、原子力潜水艦「ミシガン」も韓国沿岸に到着、さらにミシガンには北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の暗殺を目的とする「斬首作戦」の実行部隊である米軍特殊部.. 続きを読む

「教えてもらう前と後」初回は池上彰が、日本のタブーを斬る!

「教えてもらう前と後」初回は池上彰が、日本のタブーを斬る!

本日10月17日(火)夜7時から滝川クリステルがメインMCを務める新番組「教えてもらう前と後」が始まる。過去2回放送した「教えてもらう前と後」の特別番組は、関東・関西ともに同時間帯視聴率1位と好評を博し、今秋からのレギュラー化が決.. 続きを読む

ミサイルだけではない、北朝鮮の「サイバー攻撃」の脅威

ミサイルだけではない、北朝鮮の「サイバー攻撃」の脅威

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。10月16日(月)の放送は、ジャーナリストのモーリー・ロバートソンさんがゲストに登場。カタルーニャの独立問題や北朝鮮など、世界情勢につ.. 続きを読む

韓国がいつの間に窮地に?日本が相手にしなくなった反日国家の成れの果て

韓国がいつの間に窮地に?日本が相手にしなくなった反日国家の成れの果て

公示も過ぎ、世は総選挙一色。あの党がやはり強いとか、この党が失速したとか喧しいが、有権者はメディアに煽られずに落ち着いて投票してもらいたい。何せ今は選挙報道に塗りこめられているが、北朝鮮による核開発やミサイル発射の危機は.. 続きを読む

「キ●ガ●」トランプ VS 「マッドマン」金正恩 放送禁止用語連発の舌戦に“昭和の香り”?

「キ●ガ●」トランプ VS 「マッドマン」金正恩 放送禁止用語連発の舌戦に“昭和の香り”?

軍事的緊張が高まる朝鮮半島情勢で、米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩党委員長の舌戦が最終局面を迎えている。トランプ氏はTwitterで「ロケットマン」と呼んでいた正恩氏を9月下旬から「マッドマン」と最もゲスな呼び方に格下げした.. 続きを読む

北朝鮮の暴走をストップさせる手段とは?

北朝鮮の暴走をストップさせる手段とは?

中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。10月11日(水)放送の「WAKE UP NEWS」のコーナーでは、最新の北朝鮮情勢について北朝鮮専門ニュースサイト「デイリーNKジャパン」編集長の高英起さんに話を.. 続きを読む

北朝鮮危機の裏で、米国が日韓など諸外国に武器輸出攻勢…潤う米軍需産業

北朝鮮危機の裏で、米国が日韓など諸外国に武器輸出攻勢…潤う米軍需産業

このところ、中国を人口の多さでも経済発展の速度でも追い抜く勢いを見せているのがインドである。人口は間もなく17億に達するというし、直近の経済成長率は7.1%を記録した。そんな未来の超大国インドに乗り込み、去る9月14日、安倍晋.. 続きを読む

ロシアが内密に北朝鮮を支援し続ける理由

ロシアが内密に北朝鮮を支援し続ける理由

露朝国境に流れる豆満江(ロシア・ハサン)(C)Shutterstock国連の安全保障理事会は北朝鮮に制裁を掛け続けているが、対北朝鮮貿易で90%を占める中国がなにかしらの支援を続けているため、北朝鮮の核兵器とミサイル開発には一向にブレ.. 続きを読む

北朝鮮、今月10日に挑発行為で米国が軍事攻撃開始か…安倍首相の進退問題浮上も

北朝鮮、今月10日に挑発行為で米国が軍事攻撃開始か…安倍首相の進退問題浮上も

米国のティラーソン国務長官がトランプ大統領を「ばか」呼ばわりしたと報じられたことで、北朝鮮への対応など外交政策をめぐる両者の確執が表面化している。ティラーソン氏は会見でこの報道や辞任説を否定し、トランプ大統領も「フェイク.. 続きを読む

Chim↑Pom、アメリカの美術館での初の回顧展を開催 

Chim↑Pom、アメリカの美術館での初の回顧展を開催 

Chim↑Pomは9月28日から3ヶ月間、ダラスコンテンポラリーにて個展『Non-Burnable』を開催する。これはChim↑Pomにとってアメリカの美術館での初の回顧展となる。展覧会タイトルでもある「Non-Burnable」をテーマに作品を展示。帰還困難区域.. 続きを読む

「北朝鮮の完全破壊」を支持するトランプ支持者たち

「北朝鮮の完全破壊」を支持するトランプ支持者たち

画/彩賀ゆう (C)まいじつ11月に予定されているアメリカのドナルド・トランプ大統領訪中を前に、米中の動きが慌ただしい。9月に訪中を予定していたじゃレッド・クシュナーとイヴァンカ・トランプの夫妻は、突如北京入りをキャンセルし.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。