週刊ザテレビジョンの最新情報

週刊ザテレビジョン に関するニュース検索結果   242件

吉本実憂が明かす、錦戸亮ら「ウチの夫―」の現場とは!?

吉本実憂が明かす、錦戸亮ら「ウチの夫―」の現場とは!?

日本テレビ系で放送中のドラマ「ウチの夫は仕事ができない」(毎週土曜夜10:00-10:54)。錦戸亮演じるちょっと残念な仕事のできない男・小林司が、それを知った身重の妻・沙也加(松岡茉優)と二人三脚で奮闘する“お仕事ホームドラマ”だ。夫.. 続きを読む

「リバース」新井順子Pにインタビュー「原作のその先を見たいと思いました」

「リバース」新井順子Pにインタビュー「原作のその先を見たいと思いました」

'17年春クールにかけて放送されたドラマを対象に開催した「週刊ザテレビジョン 第93回ドラマアカデミー賞」の受賞作が決定。最優秀作品賞に輝いたのは、事故死した親友の死の真相に迫った湊かなえ原作のヒューマンミステリー「リバ.. 続きを読む

助演女優賞は「母になる」小池栄子 “吐きそうになるくらい”つらかったシーンとは!?

助演女優賞は「母になる」小池栄子 “吐きそうになるくらい”つらかったシーンとは!?

'17年春クールにかけて放送されたドラマを対象に開催した「週刊ザテレビジョン 第93回ドラマアカデミー賞」。助演女優賞には、「母になる」(日本テレビ系)で誘拐された少年の育ての母という難役に挑んだ小池栄子が受賞した。保護し.. 続きを読む

助演男優賞は「あなそれ」東出昌大 『ホワイトアスパラを見るたび心にもやがかかるんだろうな、と』

助演男優賞は「あなそれ」東出昌大 『ホワイトアスパラを見るたび心にもやがかかるんだろうな、と』

'17年春クールにかけて放送されたドラマを対象に開催した「週刊ザテレビジョン 第93回ドラマアカデミー賞」の受賞作が決定。助演男優賞は、「あなたのことはそれほど」(TBS系)で、妻の浮気を知り壊れていく夫を怪演した東出昌大が大.. 続きを読む

脚本賞は「リバース」 『原作にないラストを、と言われたときは気が重かった』

脚本賞は「リバース」 『原作にないラストを、と言われたときは気が重かった』

'17年春クールにかけて放送されたドラマを対象に開催した「週刊ザテレビジョン 第93回ドラマアカデミー賞」。見事、最優秀脚本賞に輝いたのは「リバース」(TBS系)の奥寺佐渡子、清水友佳子の両氏。そんな奥寺氏にインタビューを敢行.. 続きを読む

演出賞は「CRISIS―」 “驚異の7分30秒”の裏側とは!?

演出賞は「CRISIS―」 “驚異の7分30秒”の裏側とは!?

'17年春クールにかけて放送されたドラマを対象に開催した「週刊ザテレビジョン 第93回ドラマアカデミー賞」。最優秀演出賞は、「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」の鈴木浩介と白木啓一郎が受賞した。「新幹線での格闘や長回しで、ドラ.. 続きを読む

主演男優賞に藤原竜也が輝く!「どんくさい役も自分には合っていたのかな(笑)」

主演男優賞に藤原竜也が輝く!「どんくさい役も自分には合っていたのかな(笑)」

'17年春クールにかけて放送されたドラマを対象に開催した「週刊ザテレビジョン 第93回ドラマアカデミー賞」の全8部門の受賞作が決定した。最優秀主演男優賞には、「リバース」(TBS系)で地味でさえない男を演じ、これまでにない新し.. 続きを読む

藤原竜也主演「リバース」、第93回ドラマアカデミー賞最優秀作品賞ほか3冠を達成

藤原竜也主演「リバース」、第93回ドラマアカデミー賞最優秀作品賞ほか3冠を達成

第93回ドラマアカデミー賞が『週刊ザテレビジョン』8月9日発売号にて発表されました。第93回は「リバース」(TBS系)が最優秀作品賞ほか、主演男優賞、脚本賞の3冠を達成!ザ・テレビジョン首都圏関東版 Fujisan.co.jpより第93回ドラマア.. 続きを読む

「週刊ザテレビジョン」第93回ドラマアカデミー賞を発表

「週刊ザテレビジョン」第93回ドラマアカデミー賞を発表

KADOKAWAは「週刊ザテレビジョン」8月9日発売号にて、第93回ドラマアカデミー賞を発表した。第93回は「リバース」が最優秀作品賞ほか、主演男優賞、脚本賞の3冠を達成。主演の藤原竜也、プロデューサーの新井順子氏、脚本を担当した奥寺.. 続きを読む

「BORDER2」に國村隼らが参戦!『小栗くんとのお芝居はとても面白い』

「BORDER2」に國村隼らが参戦!『小栗くんとのお芝居はとても面白い』

俳優・小栗旬と、直木賞作家・金城一紀の黄金タッグが初めて実現し、2014年4月期にテレビ朝日系で放送された連続ドラマ「BORDER」の続編となるドラマスペシャル「BORDER2 贖罪」。放送が決まるや、連続ドラマ時代のファンを中心にどのよ.. 続きを読む

『週刊ザテレビジョン』関ジャニ∞特集! にファン「絶対買うべき!」

『週刊ザテレビジョン』関ジャニ∞特集! にファン「絶対買うべき!」

8月2日発売の「週刊ザテレビジョン」では、レギュラー番組「関ジャニ∞クロニクル」の収録の裏側など、関ジャニ∞の姿を追い掛け続けてきた同誌連載中の「関ジャニ∞裏ニクル!」がまもなく100回目を迎えるということで、関ジャニ∞を総力特.. 続きを読む

「週刊ザテレビジョン」最新号 連載100回直前関ジャニ∞総力特集

「週刊ザテレビジョン」最新号 連載100回直前関ジャニ∞総力特集

「週刊ザテレビジョン」(KADOKAWA)8月2日(水)発売号は、本紙好評連載「関ジャニ∞裏ニクル!」がまもなく節目の100回目を迎える、関ジャニ∞を総力特集している。2015年5月16日のスタート時から、レギュラー番組「関ジャニ∞クロニクル.. 続きを読む

錦戸亮『週刊ザテレビジョン』表紙! 関ジャニ∞の未公開グラビア、名言集も

錦戸亮『週刊ザテレビジョン』表紙! 関ジャニ∞の未公開グラビア、名言集も

『週刊ザテレビジョン』8月2日発売号で、同誌連載「関ジャニ∞裏ニクル!」がまもなく節目の100回目を迎えるアイドルグループ・関ジャニ∞を大特集。錦戸亮が表紙を飾る。2015年5月16日のスタート時から、レギュラー番組『関ジャニ∞クロニク.. 続きを読む

小栗旬「BORDER」“復活”を前に連続ドラマの見放題配信決定!

小栗旬「BORDER」“復活”を前に連続ドラマの見放題配信決定!

公開中の映画「銀魂」や「君の膵臓をたべたい」などで、幅広い魅力を発揮する俳優・小栗旬と、直木賞受賞小説「GO」や「SP 警視庁警備部警護課第四係」など大ヒット映像作品の原案・脚本を手掛けてきた金城一紀の黄金タッグが初めて実現.. 続きを読む

7年前のHey! Say! JUMPは超ギャルっぽい!?

7年前のHey! Say! JUMPは超ギャルっぽい!?

ことし11月にデビュー10周年を迎えるHey! Say! JUMP。これまで幾度となく「週刊ザテレビジョン」の表紙に登場してきた彼らが、発売中の週刊ザテレビジョン31号で、過去のグラビアを忠実に再現。さらに、過去の自分たちについての感想を語.. 続きを読む

フルポン村上「朝ドラ女優を発掘するドキュメンタリー」

フルポン村上「朝ドラ女優を発掘するドキュメンタリー」

ドラマ好きを公言しているニブンノゴ!の宮地謙典、LLRの福田恵悟、それにフルーツポンチの村上健志で結成された「よしもとドラマ部」。「週刊ザテレビジョン」(KADOKAWA)でコラムを連載し、現在も月1回ドラマについて語り合うトークライ.. 続きを読む

「入所のきっかけは?」ほか今、注目のジャニーズJr.・東京B少年に色々聞いてみた

「入所のきっかけは?」ほか今、注目のジャニーズJr.・東京B少年に色々聞いてみた

2016年11月に結成が発表されるやいなや、注目度うなぎのぼりのジャニーズJr.6人組グループ「東京B少年」。メンバーの那須雄登、佐藤龍我、浮所飛貴、藤井直樹、金指一世、岩崎大昇は全員が"2000年代"生まれ! 現在は「テレビ朝日・六本.. 続きを読む

明石家さんまの名曲も配信! お笑い界の注目トピックを紹介【視聴熱】

明石家さんまの名曲も配信! お笑い界の注目トピックを紹介【視聴熱】

週刊ザテレビジョンの連載企画「This week 視聴熱」では、最近にわかに視聴熱(※)が急上昇中の最新トピック「熱トピ」を紹介。7月19日発売号では、お笑い界の注目ニュースを紹介している。■ 吉本芸人の歌や音ネタを一挙配信! 「Laugh & .. 続きを読む

イモトアヤコ、出演ドラマでDOTAMAと魂の毒舌ラップバトル!「今後はラップ女優として」

イモトアヤコ、出演ドラマでDOTAMAと魂の毒舌ラップバトル!「今後はラップ女優として」

日本テレビ系で土曜夜10:00に絶賛放送中の錦戸亮主演ドラマ「ウチの夫は仕事ができない」。7月29日(土)放送の第4話のゲストに、フリースタイルラッパーとして若者に人気のDOTAMAが本人役で登場に出演する。本ドラマは仕事ができない残念.. 続きを読む

「あいの結婚相談所」の舞台裏を直撃調査!

「あいの結婚相談所」の舞台裏を直撃調査!

結婚相談所の所長・藍野(山崎育三郎)が、ワケあり男女を結婚に導いていく「あいの結婚相談所」(7月28日[金]スタート、毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)。今回は、ミュージカル界のプリンス・山崎が初主演を務める本作について竹.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。