近藤聡乃の最新情報

近藤聡乃 に関するニュース検索結果   8件

NUUAMM、2ndAL『w/ave』の“漆黒に浮遊する”ジャケ写公開

NUUAMM、2ndAL『w/ave』の“漆黒に浮遊する”ジャケ写公開

青葉市子とマヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)によるユニット・NUUAMMが6月28日にリリースするアルバム『w/ave』のジャケット写真が公開された。“夜を縫う、朝を編む”というコンセプトからうまれたNUUAMM。『w/ave』は“ようこそ” と“さよう.. 続きを読む

 本嫌いを変えたのは、兄からの一言だった!?------アノヒトの読書遍歴:前野健太さん(前篇)

本嫌いを変えたのは、兄からの一言だった!?------アノヒトの読書遍歴:前野健太さん(前篇)

シンガーソングライターの前野健太さん。自ら立ち上げたレーベル「romance records」からアルバム『ロマンスカー』をリリースし、2007年にデビュー。ライブを開催するなど精力的に音楽活動を続けるほか、現在はCMや舞台出演、映画の主演.. 続きを読む

 文豪・谷崎潤一郎が愛した女たち

文豪・谷崎潤一郎が愛した女たち

1886年、東京に生まれ、『刺青』『痴人の愛』『春琴抄』『細雪』などをはじめとする多くの文学作品を世に送り出してきた、作家・谷崎潤一郎。その生誕130年を記念し、中央公論新社の特設サイトでは、2015年5月から毎月1名の作家が谷崎文.. 続きを読む

耽美でエロいけれど常識人!? 中毒性がある谷崎潤一郎の世界をコミカライズ!

耽美でエロいけれど常識人!? 中毒性がある谷崎潤一郎の世界をコミカライズ!

谷崎潤一郎の生誕130年を記念して、『谷崎万華鏡 谷崎潤一郎マンガアンソロジー』(中央公論新社)が発売され、刊行記念トークイベントが11月18日(金)、東京・読売新聞東京本社にて開催された。【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュー.. 続きを読む

本好きが選ぶ今週のおすすめコミックランキング!!【12月第1週】

本好きが選ぶ今週のおすすめコミックランキング!!【12月第1週】

国内最大級の本好きコミュニティ「読書メーター」で話題になった本の中から、1ヶ月以内に発売された「コミック」のランキング(男性部門・女性部門)を毎週お届け。本好きな人たちは、“今”どんな作品に注目しているのか? 気になる作品.. 続きを読む

究極の優柔不断? 『A子さんの恋人』の三角関係の結末は…

究極の優柔不断? 『A子さんの恋人』の三角関係の結末は…

ニューヨーク留学に旅立つ日に別れるつもりだった元カレのA太郎とけりをつけられず、彼の地ではアメリカ人のA君と恋仲に。そのくせ、そのA君と将来的にどうするかも決めないまま、3年ぶりに帰国してきてしまったA子。近藤聡乃さんの『A子.. 続きを読む

人気作家11名が谷崎文学にオマージュを込めたマンガ化企画「マンガアンソロジー 谷崎万華鏡」

人気作家11名が谷崎文学にオマージュを込めたマンガ化企画「マンガアンソロジー 谷崎万華鏡」

耽美的な『刺青』『麒麟』などの作品で、自然主義が隆盛を極めていた明治時代の文壇に大きな衝撃を与えた作家・谷崎潤一郎。『痴人の愛』『春琴抄』『細雪』など、完璧に構築された物語は、日本だけでなく世界中の人々を魅了してきた。79.. 続きを読む

ガイドブックではわからないニューヨークの内省。エッセイマンガ『ニューヨークで考え中』

ガイドブックではわからないニューヨークの内省。エッセイマンガ『ニューヨークで考え中』

「どこにいても人はそう変わらないものです」。漫画『ニューヨークで考え中』の表紙をめくると、やけに落ち着いた言葉が書かれていた。2008年からニューヨークに住んでいる著者の近藤聡乃さんは、漫画やアニメーション、ドローイング、エ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。