訴訟の最新情報

訴訟 に関するニュース検索結果   2251件

テイラー・スウィフト、また盗作と訴えられる

テイラー・スウィフト、また盗作と訴えられる

テイラー・スウィフトが、「シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!」の詞に関して、またもや訴訟を起こされている。米ゴシップサイト・TMZによると、ソングライターのショーン・ホールとネイサン・バトラーは、テイラー.. 続きを読む

新CEO受難の日々。UberのスパイプログラムにFBIの調査が入る

新CEO受難の日々。UberのスパイプログラムにFBIの調査が入る

Image: patat/Shutterstock.com 新しい明日のために、ただいま過去を清算中。Uberの新CEOのダラ・コスロシャヒ氏、就任してからというもの過去の問題整理に追われているようですね。社風改善に意欲.. 続きを読む

女は許されるの? 男性社員がセクハラだと感じた女性の行動3選

女は許されるの? 男性社員がセクハラだと感じた女性の行動3選

(sunabesyou/iStock/Thinkstock)セクハラといえば、「男性が女性にたいして行うもの」というイメージがあるだろう。そのため女性はセクハラの加害者になるという概念がなく、男性よりも自由な言動や行動を無意識にしてしまい、男性社.. 続きを読む

松居一代と船越英一郎の離婚問題「決着点」はどこに?

松居一代と船越英一郎の離婚問題「決着点」はどこに?

(C)まいじつ女優の松居一代に逮捕の可能性があると報じられた。その理由は、松居がインターネットに投稿した動画のなかで、夫の船越英一郎のパスポートを持っていることや、彼の私的なノートを公開しようとしている行為があるためだと.. 続きを読む

ブランド食材を守る「GIマーク」ってなに? 購入時にしっかりチェックして“ホンモノ”を手に入れよう

ブランド食材を守る「GIマーク」ってなに? 購入時にしっかりチェックして“ホンモノ”を手に入れよう

今年7月、農林水産省は「広告、インターネット販売、外食業等におけるGIマークの使用に関するガイドライン」を公表しました。このガイドラインは「地理的表示保護制度」にもとづいた「GIマーク」の活用を促すためのものです。「地理的表.. 続きを読む

マリリン・マンソンがジャスティン・ビーバーに激怒「マジでクソ野郎」

マリリン・マンソンがジャスティン・ビーバーに激怒「マジでクソ野郎」

このほど人気ロッカーのマリリン・マンソンが、歌手ジャスティン・ビーバーについて「あのクソ野郎め」などとボロカスに批判しメディアの注目を集めた。過去には良好にも見えた2人の関係だが、一体何がマリリンをこれほどまで怒らせたの.. 続きを読む

のんがCMを中心にメディア露出を増やしてきた背景

のんがCMを中心にメディア露出を増やしてきた背景

(C)まいじつ所属芸能事務所とのトラブルで仕事を減らしてしまったのんが、ゲームメーカーのCMなどを中心に、テレビでの露出を増やしている。「2014年に所属芸能事務所と揉めて、昨年には訴訟にも発展しました。和解に至ったという話は.. 続きを読む

「おっぱい半分以上の露出禁止」条例可決 スタバ発祥の地で人気のビキニカフェが存亡の危機

「おっぱい半分以上の露出禁止」条例可決 スタバ発祥の地で人気のビキニカフェが存亡の危機

スターバックス発祥の地、シアトルがあるアメリカ西部のワシントン州は、カフェが多いところとしても知られている。その中でも、トップレスのビキニ姿でコーヒーを淹れてくれる、テイクアウト専門のビキニカフェが注目を集めている(参考.. 続きを読む

鈴木砂羽の”土下座強要”報道を高橋克実が擁護「演劇界では普通」に海外演劇人が異議

鈴木砂羽の”土下座強要”報道を高橋克実が擁護「演劇界では普通」に海外演劇人が異議

高橋克実(56)が13日に放送された『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)の中で、鈴木砂羽(44)の土下座強要騒動に対し、「演劇の世界では普通ですから」と擁護し、波紋が広がっている。さらに高橋は「(役者はまず)人格否定から始ま.. 続きを読む

習い事大図鑑106 ~バリキャリになれる専門スキルの習い事 ビジネス系編~

習い事大図鑑106 ~バリキャリになれる専門スキルの習い事 ビジネス系編~

「毎日家と会社の往復で、なんだか物足りない…」、そんなあなた。本当は「こんな風になれたらいいな」という気持ちが眠っているのでは?習い事は、そんな願いを叶えてくれる魔法。そこで、編集部厳選106個の習い事をご紹介していきます。.. 続きを読む

マーク・ロンソン、「アップタウン・ファンク」を巡り再び告訴される 相手側はザップの名曲に酷似と主張

マーク・ロンソン、「アップタウン・ファンク」を巡り再び告訴される 相手側はザップの名曲に酷似と主張

大ヒット曲「アップタウン・ファンク」を巡り、マーク・ロンソンが再び告訴された。今度はファンク・バンド、ザップによる1980年の名曲「気分はザッピー / More Bounce to the Ounce」の版権を有するLastrada Entertainment Company, Ltd.. 続きを読む

個人情報流出を確認するサイトが何かおかしい…?挙動や利用規約が怪しすぎる ※追記あり

個人情報流出を確認するサイトが何かおかしい…?挙動や利用規約が怪しすぎる ※追記あり

ハローワールド、Hikaru Sanoです。2016年から日本でも国民総背番号制、いわゆる「マイナンバー」が開始され、「マイナンバー」を利用できるAndroidが登場したり、政府が『LINE』と連携するような話もありましたね。アメリカにも国民総背.. 続きを読む

財産分与を有利に進めるためのポイント2つ

財産分与を有利に進めるためのポイント2つ

*画像はイメージです:https://pixta.jp/財産分与は、簡単にいえば、夫婦が協力して築き上げてきた財産を精算して夫婦でわける制度のことです。離婚の際に養育費や親権の話などと一緒に話すことになると思いますが、今回は財産分与の基.. 続きを読む

鈴木砂羽初演出舞台を女優が降板!ネットでは「どっちもどっち」と意見割れる?

鈴木砂羽初演出舞台を女優が降板!ネットでは「どっちもどっち」と意見割れる?

12日、女優の鳳恵弥(36)と女優・牧野美千子(52)が、女優・鈴木砂羽(44)が主演・初演出を手がける舞台「結婚の条件」の出演をキャンセルすると発表した。初日を13日に控えた同公演直前の舞台降板について、2人の所属事務所は「演出.. 続きを読む

SNSなりすまし裁判で名誉権侵害が成立…仮に被害を受けたらどうすればいい?

SNSなりすまし裁判で名誉権侵害が成立…仮に被害を受けたらどうすればいい?

*画像はイメージです:https://www.shutterstock.com/8月30日、SNS『GREE』内で自分になりすまし、他人を罵倒する書き込みをされたとして、長野県に住む男性がなりすまし実行犯に対し、723万円の損害賠償を求めた裁判の判決が大阪地裁で.. 続きを読む

山尾志桜里議員、W不倫の裏にあった“波瀾万丈”夫婦の物語――女性週刊誌の真骨頂

山尾志桜里議員、W不倫の裏にあった“波瀾万丈”夫婦の物語――女性週刊誌の真骨頂

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!斉藤由貴の不倫話がまだ尾を引いている。先週発売の「FLASH」(光文社)が流出キス写.. 続きを読む

宇多丸らライムスターの3人がJASRAC批判「アーティストや音楽のことより、自分のためなんじゃないの?」

宇多丸らライムスターの3人がJASRAC批判「アーティストや音楽のことより、自分のためなんじゃないの?」

宇多丸が水曜コメンテーターを務める『バラいろダンディ』にRHYMESTERが集結、JASRAC批判を!(TOKYO MX『バラいろダンンディ』番組サイトより)先日より議論となっている、日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室からも著作権料を徴収.. 続きを読む

恐喝や脅迫被害に遭ったら誰に相談すべき?

恐喝や脅迫被害に遭ったら誰に相談すべき?

*画像はイメージです:https://www.shutterstock.com/スマートフォンの普及により、ここ数年で皆さんの生活環境は全く新しいものに変わったかと思います。気軽に知りたい情報を調べることができる、いつでもどこでもコミュニケーション.. 続きを読む

消費者契約法と適格消費者団体による差し止めとはどういうものか?

消費者契約法と適格消費者団体による差し止めとはどういうものか?

■芸能事務所ファンクラブに対する適格消費者団体からの申し入れが話題に最近、大手芸能事務所に所属するグループのファンクラブ規約について、適格消費者団体が消費者契約法に照らし疑義がある旨の申し入れを行い、芸能事務所も申し入れ.. 続きを読む

「金スマ」死体の声を聴く法医学者・上野正彦特集が話題「死者の人権を守っていく」

「金スマ」死体の声を聴く法医学者・上野正彦特集が話題「死者の人権を守っていく」

9月8日の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)では、「第5弾!法医学者上野正彦の事件簿」を放送。現役を引退した今も、未解決事件最後の砦として、北村晴男弁護士をはじめ、数々の専門家たちが遺体の再鑑定を依頼する法医学者.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。