覚せい剤取締法違反の最新情報

覚せい剤取締法違反 に関するニュース検索結果   451件

ASKAが勝手に「東京五輪テーマソング」を作り猛烈アピール

ASKAが勝手に「東京五輪テーマソング」を作り猛烈アピール

(C)まいじつ歌手のASKAが、東京オリンピック・パラリンピックをイメージした曲を作り、8月16日に東京都内のスタジオでファン300人を前に披露した。2014年5月に覚せい剤取締法違反で逮捕されて以降、テレビや飛び入り参加した知人のライ.. 続きを読む

IMALUはなぜ男にモテないのか? 「体が臭いから」という自己分析がズレている理由

IMALUはなぜ男にモテないのか? 「体が臭いから」という自己分析がズレている理由

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。<今回の芸能人> 「自分の体が臭いんじゃないかと思った」IMALU 『おぎ.. 続きを読む

ASKA 薬物事件後、初めてファンの前で熱唱&謝罪「みんな、ごめん!」

ASKA 薬物事件後、初めてファンの前で熱唱&謝罪「みんな、ごめん!」

歌手のASKA(59)が16日、アルバム「Too many people」の収録曲「未来の勲章」のミュージックビデオ(MV)撮影を、都内のスタジオで行った。  ファン300人の前に登場し、「お久しぶりです。ごめんね、今日こんな平たい所で。後ろの方.. 続きを読む

ASKA 覚せい剤の恐怖を赤裸々告白「1時間おきに それを3週間続けた」

ASKA 覚せい剤の恐怖を赤裸々告白「1時間おきに それを3週間続けた」

歌手のASKA(59)が17日、フジテレビ「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)にVTR出演。最新曲「未来の勲章」のミュージックビデオの撮影前に同番組のインタビューに応じ、覚せい剤を使用していた当時の体験を赤裸々に語った。 ASKAは14.. 続きを読む

あとを絶たない芸能界「薬物汚染」酒井法子は今どうしている?

あとを絶たない芸能界「薬物汚染」酒井法子は今どうしている?

(C)まいじつ芸能人の薬物報道はあとを絶たず、続々と新たな逮捕者が出ている。また近年、薬物問題で世間を騒がした人たちは、その後にどのような道を進むことになったのだろうか。まず記憶に新しいのが6月に逮捕され、覚せい剤取締法違.. 続きを読む

高畑裕太、橋爪遼に続く? 「キナ臭い」「事件起こす」とマークされる二世タレント

高畑裕太、橋爪遼に続く? 「キナ臭い」「事件起こす」とマークされる二世タレント

ドラマやバラエティ番組などで活躍する二世タレントは、親が有名なだけに、不祥事を起こした時の注目度も高いといえる。特に昨年から大きな事件が相次いでおり、マスコミ関係者の間でも「二世タレントへの注視が続いている」(スポーツ紙.. 続きを読む

斉藤由貴の“不倫体質”は死ぬまで治らない!? 文春砲炸裂で「仕事が激減する可能性も……」

斉藤由貴の“不倫体質”は死ぬまで治らない!? 文春砲炸裂で「仕事が激減する可能性も……」

女優・斉藤由貴の不倫疑惑が報じられた。3日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によると、相手は斉藤と同じ横浜市在住の50代開業医で、斉藤ともども既婚者。2人はクリニックの昼休みに互いの自宅や別の賃貸マンションで何度も密会し、手をつ.. 続きを読む

万引き常習は病気?最悪、死にいたる心の病「クレプトマニア」とは

万引き常習は病気?最悪、死にいたる心の病「クレプトマニア」とは

先日、女優の石原真理子(53)がコンビニで万引きをして捕まるニュースが流れた。盗んだのはお弁当とペットボトルのお茶。財布には3千円ほど所持していたが、他の物を買いたくて盗んでしまった…と容疑を認めたという。石原真理子さんが万.. 続きを読む

元SPEED今井議員に不倫疑惑! ナスDの妻は美人料理研究家だった - 週刊芸能ニュース! 注目トピックスBest5

元SPEED今井議員に不倫疑惑! ナスDの妻は美人料理研究家だった - 週刊芸能ニュース! 注目トピックスBest5

ワイドショー、週刊誌、スポーツ新聞などで報道された芸能ニュースをコラムニストの木村隆志が、「芸能界のしがらみ無視」で厳選紹介! 芸能人の熱愛・破局・スキャンダル・事件……これさえ見れば、一週間の芸能ニュースをサクッとつかめる.. 続きを読む

高畑淳子の”マスコミ批判発言”でさらに高まった「親バカイメージ」

高畑淳子の”マスコミ批判発言”でさらに高まった「親バカイメージ」

7月20日に放送された、武井咲(23)主演のドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)の初回視聴率が、11.7%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だったことがわかった。これまでの武井の出演作の中でも、比較的高い視聴率となっており、ネット上.. 続きを読む

ASKAが離婚した本当の理由

ASKAが離婚した本当の理由

(C)Shutterstock歌手のASKAが7月24日に更新したブログで《29歳の時でした。私が結婚したのは。あれから、ちょうど30年になるのですね。》と切り出し、《実は、先月。私たちは、別々の未来に向かって歩み始めました。》と離婚を公表した.. 続きを読む

離婚発表のASKA、ネットでは再犯を心配する声も

離婚発表のASKA、ネットでは再犯を心配する声も

2017年7月24日に歌手のASKA(59)が先月離婚していたことを、自身のブログで発表した。ブログでは「実は、先月。私たちは、別々の未来に向かって歩み始めました」という言葉で離婚を報告。「妻は本当によくやってくれました。一般人であ.. 続きを読む

ASKAが離婚発表、元妻への思いつづる「地球何周分もの感謝があります」

ASKAが離婚発表、元妻への思いつづる「地球何周分もの感謝があります」

歌手のASKA(59)が24日、自身のブログを更新。「実は、先月。私たちは、別々の未来に向かって歩み始めました」と、6月に離婚していたことを明かした。「29歳の時でした。私が結婚したのは。あれから、ちょうど30年になるのですね」と書き.. 続きを読む

清原和博の元妻・亜希さんが高級マンションから転居の憂き目

清原和博の元妻・亜希さんが高級マンションから転居の憂き目

スポーツ雑誌『Number』(文藝春秋)や、写真週刊誌『フライデー』(講談社)のインタビューに登場するなど、露出を再開し始めた元プロ野球選手の清原和博(49)。薬物からの更生を果たせるか注目が集まる中、元妻の亜希さん(48)と子供.. 続きを読む

高畑充希『過保護のカホコ』11.6%の好発進も……「登場人物がクソすぎ」「ムカつく」と総スカン!?

高畑充希『過保護のカホコ』11.6%の好発進も……「登場人物がクソすぎ」「ムカつく」と総スカン!?

7月12日、日本テレビ系「水曜ドラマ」枠で、高畑充希主演の『過保護のカホコ』がスタートし、第1話の平均視聴率は11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。前クールに同枠で放送された沢尻エリカ主演『母になる』の初回1.. 続きを読む

遠野なぎこの意見に梅宮アンナが同調「別れた男は地獄に落ちればいいと思ってる」!!

遠野なぎこの意見に梅宮アンナが同調「別れた男は地獄に落ちればいいと思ってる」!!

7月3日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、レジェンドバーディの梅宮アンナと月曜ダンディの遠野なぎこが出演し、女優の高島礼子と元夫の高知東生との復縁の話題から互いの過去の男性経験を語り、以前交際していた相手との復縁は.. 続きを読む

梅宮アンナと遠野なぎこ、別れた男は「地獄に落ちればいい」 女子たちの本音に驚愕

梅宮アンナと遠野なぎこ、別れた男は「地獄に落ちればいい」 女子たちの本音に驚愕

(画像はInstagramのスクリーンショット)一度は惹かれて付き合った恋人同士、別れたあとも何かのきっかけで復縁することも珍しくない。しかし中には、「二度と顔も見たくない!」と怒りを燃やす人も。3日放送の『バラいろダンディ』(TO.. 続きを読む

出演作タイトルそのままの事件や不祥事を起こした芸能人

出演作タイトルそのままの事件や不祥事を起こした芸能人

studiostoks / PIXTA(ピクスタ)橋爪功の長男の橋爪遼容疑者が先日、埼玉県内の知人宅で警視庁の捜査員に踏み込まれ、覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で逮捕された。レギュラー出演していた連続ドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系).. 続きを読む

清原和博、激ヤセ&黒髪で「別人みたいなルックス」に? あの“シャブ芸能人”は今

清原和博、激ヤセ&黒髪で「別人みたいなルックス」に? あの“シャブ芸能人”は今

日々、次から次へとさまざまな芸能ニュースが流れる現在、どんなビッグニュースもすぐに風化してしまうが、近年“薬物スキャンダル”が続いていることを忘れてはならない。そこで、今回は昨年までに覚せい剤取締法違反で逮捕された芸能人の.. 続きを読む

木村拓哉の追突事故時になぜ?工藤静香のインスタ投稿が物議に

木村拓哉の追突事故時になぜ?工藤静香のインスタ投稿が物議に

木村拓哉(44)が6月20日、自家用車を運転中に追突事故を起こし大騒動となったその日に、妻の工藤静香(47)がインスタグラムに自身で焼いたパンの写真を投稿していたことに対して批判の声が殺到している。事故後、木村は「考え事をして.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。