裏金の最新情報

裏金 に関するニュース検索結果   132件

これが「文化庁芸術祭参加作品」って……大丈夫!? フジ篠原涼子『民衆の敵』6.5%自己最低

これが「文化庁芸術祭参加作品」って……大丈夫!? フジ篠原涼子『民衆の敵』6.5%自己最低

主演の篠原涼子と今をときめく高橋一生が繰り広げる痛快市政ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)。27日放送の第6話の平均視聴率は、前回から0.4ポイントダウンの6.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区).. 続きを読む

わたしの「水曜日」と誰かの「水曜日」を交換する、ふしぎな郵便局

わたしの「水曜日」と誰かの「水曜日」を交換する、ふしぎな郵便局

「どこかの誰かさん、こんにちは! 今日は晴れたり、くもったり、 なんか変な天気でした...。 あなたのまちの天気はどうでしたか?」「水曜日の夜からのコンビニバイトの夜勤を終え、 朝日がまぶしい時間におやすみなさいをする、 .. 続きを読む

柳広司、中原昌也、松尾スズキ、恩田陸、赤川次郎...高まる"オリンピック圧力"に抗い、東京五輪に異を唱える作家たち

柳広司、中原昌也、松尾スズキ、恩田陸、赤川次郎...高まる"オリンピック圧力"に抗い、東京五輪に異を唱える作家たち

先日、東京オリンピック開催まで1000日を切り、日本各地で様々な催しが開かれた。しかし、ご存知の通り、東京オリンピックに向けての準備は遅々として進まず、どころか、「東京オリンピックのためなら理不尽なことも我慢しろ」とでも言い.. 続きを読む

トランプと安倍が拒んだ「拉致被害者返還」の裏金外交(3)核実験強行で北朝鮮に危機

トランプと安倍が拒んだ「拉致被害者返還」の裏金外交(3)核実験強行で北朝鮮に危機

とはいえ、これまで北朝鮮のもくろみはことごとくトランプ大統領、安倍総理の「圧力路線」の前に、苦戦を強いられてきた。そこであの手この手で懐柔しようと、さまざまな「条件」を持ちかけてきたという。「拉致被害者家族の横田夫妻と、.. 続きを読む

トランプと安倍が拒んだ「拉致被害者返還」の裏金外交(2)情報戦を仕掛けてきた北朝鮮

トランプと安倍が拒んだ「拉致被害者返還」の裏金外交(2)情報戦を仕掛けてきた北朝鮮

官邸関係者が続ける。「北朝鮮が拉致問題で『裏金外交』を持ちかけてきたのは、経済制裁でジワジワと首を絞められているから。本格的な冬を迎えれば石油の確保に苦しみ、『圧力』の影響がさらに大きくなると見られている。小泉訪朝時には.. 続きを読む

トランプと安倍が拒んだ「拉致被害者返還」の裏金外交(1)北朝鮮が公開した「日本人遺骨」

トランプと安倍が拒んだ「拉致被害者返還」の裏金外交(1)北朝鮮が公開した「日本人遺骨」

一向に解決しない拉致問題に一筋の光明が差し込んだ。ドナルド・トランプ大統領の訪日で、拉致被害者「家族会」メンバーとの面会が実現。拉致問題解決を高らかに国際社会にアピールしたのだ。その一方で、水面下では北朝鮮が日本政府に「.. 続きを読む

鶴保庸介前沖縄担当大臣に辺野古新基地利権をめぐり重大疑惑!「顧問料」「面会料」の名目で1000万円もの裏金が

鶴保庸介前沖縄担当大臣に辺野古新基地利権をめぐり重大疑惑!「顧問料」「面会料」の名目で1000万円もの裏金が

安倍内閣の前沖縄北方担当大臣・鶴保庸介参院議員が、辺野古新基地建設をめぐって、工事関連事業への参入を計画していた民間業者と癒着関係にあり、鶴保氏の後援会会長が業者から1000万円超の"裏金"を受け取っていたことが発覚した。「し.. 続きを読む

黒いイ・ビョンホン「マスター」は悪の魅力。被害総額4兆ウォンだ

黒いイ・ビョンホン「マスター」は悪の魅力。被害総額4兆ウォンだ

シャープなイケメンかつ細マッチョ、アクションもイケるスーパーマンであるイ・ビョンホン。そんな彼も今年で47歳ということで、貫禄のある役もハマるようになってきた。そんなイ・ビョンホンの胡散臭くて極悪なイケオジぶりを堪能できる.. 続きを読む

桑田真澄の息子・Mattが明かした「実家にお風呂が2つある理由」と「タトゥー禁止」が波紋

桑田真澄の息子・Mattが明かした「実家にお風呂が2つある理由」と「タトゥー禁止」が波紋

11月12日、モデルのMatt(23)が映画「ローガン・ラッキー」の公開直前イベントに出席。父親である桑田真澄(49)が決めた“家族のルール”を語り、ネット上ではツッコミが相次いでいる。まず、桑田家には「お風呂が2つある」ことを明かし.. 続きを読む

【レコ大】怒涛の“忖度”! 乃木坂46と星野源が大本命だが、エイベックスは林部智史をプッシュの怪情報!

【レコ大】怒涛の“忖度”! 乃木坂46と星野源が大本命だが、エイベックスは林部智史をプッシュの怪情報!

かつては紅白歌合戦とともに年末の恒例番組だった「輝く! 日本レコード大賞」。歌が芸能界の中心だった時代には栄誉ある賞だったが、現在では結果を楽しみにするファンも激減。不正疑惑もささやかれるなど、常に存続が危ぶまれている番.. 続きを読む

「国民全員が組織委員会」発言で炎上した椎名林檎が再び東京五輪特別番組でコメント! その内容は...

「国民全員が組織委員会」発言で炎上した椎名林檎が再び東京五輪特別番組でコメント! その内容は...

去る10月28日で、2020年東京オリンピックまでついに1000日を切った。ロゴの盗作疑惑や国立競技場問題に端を発し、いまでも続々と問題が勃発し続けている2020年東京オリンピックだが、ともあれ、そんな東京オリンピック1000日前を記念した.. 続きを読む

脱北者たちの間で「北への送金に便利」とウワサの“都内某郵便局”を直撃した!

脱北者たちの間で「北への送金に便利」とウワサの“都内某郵便局”を直撃した!

ご無沙汰してます。安宿緑です。最近、日本政府の某関係者から、こんな話を耳にしました。「東京の繁華街“S”にある郵便局が、脱北者の間で、北朝鮮の家族宛ての送金に、よく使われている」脱北者と頻繁に面会を行っている日本政府関係者.. 続きを読む

スーパー外科医・大門未知子、ゆとり世代に医師としての覚悟を問う!『ドクターX』第2話

スーパー外科医・大門未知子、ゆとり世代に医師としての覚悟を問う!『ドクターX』第2話

米倉涼子がフリーランスの凄腕外科医を演じるドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)第5期の第2話が19日に放送され、平均視聴率19.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から1.3ポイント下落となってしま.. 続きを読む

ドラマ「ブラックリベンジ」リアルすぎて怖いと大きな反響

ドラマ「ブラックリベンジ」リアルすぎて怖いと大きな反響

Graphs / PIXTA(ピクスタ)10月5日に深夜ドラマ『ブラックリベンジ』(日本テレビ系)の放送がスタートした。このドラマの主演の木村多江の演技力と、現実に起きているかのような信ぴょう性の高いストーリー展開が、怖すぎると話題になっ.. 続きを読む

『黒革の手帖』悪女役で新境地開拓! “リアル元子”武井咲は、結婚&妊娠でさらに化ける?

『黒革の手帖』悪女役で新境地開拓! “リアル元子”武井咲は、結婚&妊娠でさらに化ける?

突然の結婚、妊娠報道の渦中、大団円を迎えた『黒革の手帖』(テレビ朝日系)は、今の武井咲だからこそ演じられるピカレスクドラマの傑作だった。松本清張の小説をドラマ化した本作は、銀行員の女性が政治家や財界の権力者の裏金を横領し.. 続きを読む

東京五輪の裏金問題はやっぱりクロだった! 海外捜査当局が結論づけるも、日本マスコミは電通タブーで一切報じず

東京五輪の裏金問題はやっぱりクロだった! 海外捜査当局が結論づけるも、日本マスコミは電通タブーで一切報じず

2020年の東京五輪の招致成功は、やはり裏金による買収だった。そんな重大なニュースが飛び込んできた。9月13日、英紙ガーディアンが「日本の五輪招致委員会から国際オリンピック委員(IOC)関係者への送金は"買収目的の意図があった"とブ.. 続きを読む

イケメン福士誠治VSマジメな伊藤淳史、イイ男はどっち!?

イケメン福士誠治VSマジメな伊藤淳史、イイ男はどっち!?

伊藤淳史主演の読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『脳にスマホが埋められた!』(毎週木曜23:59~)9月7日の第10話では、ゲストの福士誠治がエリートサラリーマンを演じ、マジメなサラリーマンの伊藤と対峙。視聴者の間では「(伊藤の方を.. 続きを読む

かつて地球上存在した「地上の楽園」ナウル共和国の哀れな惨状

かつて地球上存在した「地上の楽園」ナウル共和国の哀れな惨状

(C)Shutterstockオーストラリアとハワイのあいだ、太平洋の南西部にある面積21平方キロメートル(東京都品川区ほど)しかない小島に存在する『ナウル共和国』は、かつては世界最高水準の生活を享受していた。それが一転して深刻な経済.. 続きを読む

仏マクロン大統領(39)理美容経費に毎月100万円超 国民の反発は必至

仏マクロン大統領(39)理美容経費に毎月100万円超 国民の反発は必至

今年5月の選挙で見事に勝利し、39歳という史上最年少でフランス大統領に就任したエマニュエル・マクロン氏。直後のG7は「仏マクロン氏VSカナダのトルドー首相によるイケメンレース」などと騒がれたものである。そのマクロン大統領が今、.. 続きを読む

「君はもう丸裸だ」悪女・元子に逆風吹き荒れ、原作超えの面白さ!『黒革の手帖』第6話

「君はもう丸裸だ」悪女・元子に逆風吹き荒れ、原作超えの面白さ!『黒革の手帖』第6話

ミステリー小説界の巨匠・松本清張が生み出した悪女を武井咲が演じるドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)の第6話が24日に放送され、平均視聴率10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。2ケタ割れ目前となってしまいました。さて.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。