藤井聡太四段の最新情報

藤井聡太四段 に関するニュース検索結果   203件

若手チームが無傷の4連勝で勝ち越し決定!青嶋五段が郷田九段に勝利/魂の七番勝負第4局

若手チームが無傷の4連勝で勝ち越し決定!青嶋五段が郷田九段に勝利/魂の七番勝負第4局

将棋の23歳以下の若手棋士と40代のトップ棋士が7人ずつの団体戦で競う「若手VSトップ棋士 魂の七番勝負」の第4局が10月21日にAbemaTVで放送され、青嶋未来五段(23)が郷田真隆九段(46)に128手で勝利した。これで若手チームは佐々木大.. 続きを読む

将棋・藤井聡太四段、対30歳以上の無敗継続 年度成績でも4冠

将棋・藤井聡太四段、対30歳以上の無敗継続 年度成績でも4冠

将棋の中学生棋士・藤井聡太四段(15)が10月19日、王位戦・予選2回戦で小林裕士七段(41)に勝利した。  藤井四段の通算成績は、この日の対局を含め53戦して47勝6敗。過去の6敗はすべて20代棋士に敗れていたが、30歳以上の棋士に対.. 続きを読む

藤井四段8連勝 囲碁の井山7冠に敬意「継続されるのは偉大」

藤井四段8連勝 囲碁の井山7冠に敬意「継続されるのは偉大」

将棋の藤井聡太四段(15)が19日、関西将棋会館で王位戦予選に登場し、小林裕士七段(41)を後手から110手で下した。これで連勝を8に伸ばし、今年度の成績を37勝6敗とした。中盤、飛車取りを受けず最短距離の寄せに向かった藤井は「あの.. 続きを読む

将棋界のオールラウンダー青嶋未来五段 相手次第で変幻自在

将棋界のオールラウンダー青嶋未来五段 相手次第で変幻自在

野球やサッカー、他の競技の選手と同じように、将棋にも「オールラウンダー」と称される棋士がいる。和室で正座して戦う純和風の競技であるにもかかわらず「藤井システム」「香車の2段ロケット」などといった横文字も似合ってしまうのが.. 続きを読む

将棋・藤井聡太四段、対30代・40代無敗継続なるか?/王位戦・予選

将棋・藤井聡太四段、対30代・40代無敗継続なるか?/王位戦・予選

将棋の中学生棋士・藤井聡太四段(15)が10月19日、王位戦2回戦で小林裕士七段(41)と対局中だ。  藤井四段の通算成績は前日まで52戦して46勝6敗。過去の6敗はいずれも20代の棋士に敗れており、30代・40代の棋士には無敗を続けてい.. 続きを読む

プロ棋士は夢がある!? ひふみんが棋士のギャラ事情を語る

プロ棋士は夢がある!? ひふみんが棋士のギャラ事情を語る

恵俊彰がパーソナリティを務め、ゲストのさまざまな挑戦に焦点を当てるTOKYO FMの番組「東京海上日動 Challenge Stories ~人生は、挑戦であふれている~」。10月14日(土)の放送では、日本将棋界のレジェンド“ひふみん”こと加藤一二三.. 続きを読む

天才棋士「藤井四段」インタビュー プロへの“一歩”を振り返る

天才棋士「藤井四段」インタビュー プロへの“一歩”を振り返る

藤井聡太四段が語るプロへの“一歩”史上最年少の14歳2ヶ月で将棋棋士デビューし、無敗のまま新記録となる29連勝を達成。日本中に将棋ブームを巻き起こした天才中学生・藤井聡太四段が、奨励会三段時代を振り返る番組「めざせプロ棋士(藤井.. 続きを読む

「剛直」「長考」「格調」 四段当時にタイトルを獲得した二枚目・郷田真隆九段

「剛直」「長考」「格調」 四段当時にタイトルを獲得した二枚目・郷田真隆九段

凛とした空気をまとう棋士である。郷田真隆九段(46)には、代名詞となっている二文字熟語がいくつも存在する。  「剛直」。居飛車党本格派で直線的な棋風は「剛直流」と称されている。名字の「ごう」の響きとも相まってファンの間に.. 続きを読む

やっぱり勝負師!「ひふみん」こと加藤一二三九段がこどもたちに伝授した対局の心構えとは

やっぱり勝負師!「ひふみん」こと加藤一二三九段がこどもたちに伝授した対局の心構えとは

国民の愛されキャラ、将棋界のレジェンド「ひふみん」こと加藤一二三九段。今や、テレビで見ない日はないほど多忙の加藤九段が、10月16日に行われた「将棋日本シリーズ・テレマークこども大会」東京大会の記者発表会に特別ゲストとして登.. 続きを読む

【井山7冠どんな人】高校進学せず囲碁に専念「悔いないように」

【井山7冠どんな人】高校進学せず囲碁に専念「悔いないように」

◇井山が史上初の2度目7冠 井山と囲碁の出合いは、5歳の時に父が購入した囲碁ソフト。才能はすぐに開花し、1年後に地元・大阪のテレビ番組で行われたミニ囲碁の勝ち抜き戦で、大人5人抜き。それを見た石井邦生九段が弟子入りさせた。 19.. 続きを読む

将棋ソフトと向き合う若手棋士 青嶋未来五段「もう1年も経てば新しい作戦が出てくる」

将棋ソフトと向き合う若手棋士 青嶋未来五段「もう1年も経てば新しい作戦が出てくる」

将棋ソフト(AI)の進歩が目覚しい近年、若手棋士だけでなくベテラン棋士でも将棋ソフトを活用して研究することが珍しくなくなった。活用するというと、場面に応じた最善手をソフトに教えてもらう、というイメージを持つ人も多いが、実際.. 続きを読む

増田康宏四段が新人王戦で史上3人目の連覇達成 佐々木大地四段に連勝

増田康宏四段が新人王戦で史上3人目の連覇達成 佐々木大地四段に連勝

将棋の新人王戦決勝三番勝負の第2局が10月16日、渋谷区の将棋会館が行われ、増田康宏四段(19)が第1局に続き佐々木大地四段(22)に勝利し、史上3人目となる連覇を達成した。過去には丸山忠久九段(47)、藤井猛九段(47)が達成してお.. 続きを読む

増田康宏四段が連覇か、佐々木大地四段巻き返すか/新人王戦決勝三番勝負第2局

増田康宏四段が連覇か、佐々木大地四段巻き返すか/新人王戦決勝三番勝負第2局

将棋の新人王戦決勝三番勝負の第2局が10月16日、渋谷区の将棋会館で始まった。第1局は増田康宏四段(19)が勝利し、連覇に王手をかけている。対する佐々木大地四段(22)もプロデビュー2年目にして、実力を認められている若手棋士の1人。.. 続きを読む

藤井四段が大金星!「魂の七番勝負」第3局で行方八段を撃破

藤井四段が大金星!「魂の七番勝負」第3局で行方八段を撃破

インターネットテレビのAbemaTVが14日に配信した将棋の非公式戦「魂の七番勝負」第3局で、史上最年少棋士の藤井聡太四段(15)が5期連続A級所属の強豪・行方尚史八段(43)を下す金星を挙げた。 振り駒で後手番となった藤井は右四間飛車.. 続きを読む

藤井聡太四段、行方尚史八段に勝利 若手3連勝で勝ち越しに王手/将棋・魂の七番勝負

藤井聡太四段、行方尚史八段に勝利 若手3連勝で勝ち越しに王手/将棋・魂の七番勝負

将棋の若手棋士と40代トップ棋士が7人ずつの団体戦で競う「若手VSトップ棋士 魂の七番勝負」の第3局が10月14日にAbemaTVで放送され、中学生棋士・藤井聡太四段(15)が行方尚史八段(43)に132手で勝利した。終盤力に定評がある2人の対.. 続きを読む

将棋・豊島将之八段、次のタイトル候補筆頭 トップ級相手に驚異の勝率0.885

将棋・豊島将之八段、次のタイトル候補筆頭 トップ級相手に驚異の勝率0.885

中学生棋士・藤井聡太四段(15)の活躍、第一人者の羽生善治棋聖(47)が王位、王座のタイトルを続けて失うなど、将棋界で大きな世代交代の流れがある中、今年度においてトップ級棋士相手に圧倒的な勝率を誇っている棋士がいる。豊島将之.. 続きを読む

知育で育む親子の絆 「どんな知育玩具を与えるか」よりも大切なこと

知育で育む親子の絆 「どんな知育玩具を与えるか」よりも大切なこと

■いつの時代も関心が集まる、子どもの教育や知育いつの時代も自分の子どもには賢く健やかに育って欲しいと思うのが親心というものです。これから始める習い事はどれがいいのか、習い事も大切だけれど家でも学習の習慣を身につけさせたい.. 続きを読む

藤井四段が堅首、開幕5戦全勝 将棋順位戦C級2組

藤井四段が堅首、開幕5戦全勝 将棋順位戦C級2組

将棋の中学生プロ棋士、藤井聡太四段(15)は12日、大阪市の関西将棋会館で行われた順位戦C級2組の対局で、星野良生四段(29)に後手番から88手で勝利。同棋戦の開幕から5戦全勝とした。 順位戦は名人戦の予選にあたり、C級2組は50人中.. 続きを読む

藤井四段、ジャポニカ学習帳に登場 将棋ノート発売

藤井四段、ジャポニカ学習帳に登場 将棋ノート発売

ショウワノートは12日、人気のジャポニカ学習帳から「日本の伝統文化シリーズ・将棋」を発売した。B5サイズの5ミリ方眼罫(けい)で定価は税別300円。 将棋の歴史やルール、格言などの特集も含まれ、裏表紙には藤井聡太四段(15)を含め.. 続きを読む

天才テリー伊藤対談「加藤一二三」(3)藤井四段は今後が勝負どころとなる

天才テリー伊藤対談「加藤一二三」(3)藤井四段は今後が勝負どころとなる

テリー もう耳にタコだと思いますが、藤井聡太四段のお話もうかがいたいんですよ。加藤 この前のNHK杯で藤井四段が森内俊之九段に勝ちましたけど、その時のインタビューで「今までの将棋の中で、加藤先生に指してもらったことが多くの.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。