葬儀業者の最新情報

葬儀業者 に関するニュース検索結果   12件

口癖は「あの世に持って行きたい」 大好物のステーキサンドと共に埋葬された男性(米)

口癖は「あの世に持って行きたい」 大好物のステーキサンドと共に埋葬された男性(米)

「心臓のことを考えながら飲み物や食べ物に気を付けて」とたびたび注意していたという家族。「好きなものを好きなだけ食べて」と言ってあげられないことはとても辛かったようだ。このほど76歳で他界した米ペンシルベニア州の男性。遺族は.. 続きを読む

葬儀社が教える 葬儀費用をすぐに用意できない場合の対処法

葬儀社が教える 葬儀費用をすぐに用意できない場合の対処法

決して安くはない葬儀費用。最近では、比較的リーズナブルな家族葬という選択肢も出てきたが、それでもまだまだ「葬儀費用の負担が重い」という声は聞こえてくる。葬儀業者に不必要な品目の追加を迫られた結果、葬儀費用が高額になったと.. 続きを読む

格安の悪質葬儀屋 車庫に10遺体放置で近隣に死臭漂う(米)

格安の悪質葬儀屋 車庫に10遺体放置で近隣に死臭漂う(米)

えも言われぬ臭いを放つヒトの亡骸。それに近隣住民が「たまったものではない。あの葬儀場は遺体の管理をちゃんとしているのか」と行政に苦情を訴えた。米ミシガン州の悪質な葬儀業者が、度重なる指導の末に“やっと”廃業となったことを『.. 続きを読む

墓地近くの歩道に小さな「棺」を放置 中からは人間の臓器(米)

墓地近くの歩道に小さな「棺」を放置 中からは人間の臓器(米)

このほど米フィラデルフィアのある歩道で、何者かが放置したとみられる小さな棺を通行人が発見した。万が一の事態を想定してすぐに通報したが、彼らは中身を知って仰天。「ホラー映画よりも怖い」と身震いしている。『CBS Philly』『KHOU.. 続きを読む

夫の愛人が死亡 葬儀業者の“従業員”となって乳房、髪、足を切り取ったサイコ女(米)

夫の愛人が死亡 葬儀業者の“従業員”となって乳房、髪、足を切り取ったサイコ女(米)

自然災害に遭い命を落としたある女性。その葬儀会場で始終遺体に寄り添っていたのは、夫の愛情を彼女に奪われたとして激しい嫉妬に燃えていた若い女であった。遺体そのものに誰よりも近づける立場であった女は刃物を手にすると残虐極まり.. 続きを読む

13歳少年、ライブ配信中に誤って自分を撃ち死亡(米)

13歳少年、ライブ配信中に誤って自分を撃ち死亡(米)

アメリカでまた銃による事故が起こってしまった。失われたのは13歳という未来ある少年の命。しかも事故の様子はインスタグラムでライブ配信されており、多くの友人がその瞬間、映像を目にしていたのだ。今月10日の夜10時過ぎ、米ジョージ.. 続きを読む

華やかな長崎の「精霊流し」は、夏祭りではない?

華やかな長崎の「精霊流し」は、夏祭りではない?

お盆休みも今日までという方も多いでしょうか?本日8月15日は、里帰りしたご先祖の魂を見送る行事として、送り火や灯篭流しが各地で行われますね。みなさんの地域では、どのように見送りますか?長崎では、毎年精霊流しが行われます。華.. 続きを読む

また遺体取り違え 棺には別人 本人の遺体は紛失(米)

また遺体取り違え 棺には別人 本人の遺体は紛失(米)

「おばあちゃんの亡骸をとにかく早く返して欲しい」と遺族を代表してメディアのマイクに怒りをぶつけた孫たち。祖母とのお別れのため葬儀会場に駆けつけたが、棺の遺体は別人のもので本人の遺体はどうしても見つからないというのだ。『NB.. 続きを読む

業者が遺体を取り違える。葬儀前日、知らぬ墓に土葬された女性(米)

業者が遺体を取り違える。葬儀前日、知らぬ墓に土葬された女性(米)

米シカゴのある町でこのほど、葬儀業者の手違いにより、葬儀の当日だというのに故人の亡骸を納めた棺そのものが見えなくなってしまった。遺族にとって非常に腹立たしく虚しい葬儀が行われたことを『CBS Chicago』が報じた。イリノイ州シ.. 続きを読む

どうせ結婚は人生の墓場!? 美しい霊園での挙式が増加中(米)

どうせ結婚は人生の墓場!? 美しい霊園での挙式が増加中(米)

米インディアナポリスのある霊園で、このほどやけに華やかで明るい“式”が執り行われたとして話題を呼んでいる。それは冠婚葬祭の「婚」。お墓に囲まれた場所で結婚式を開催するカップルが現れているのだ。インディアナ州インディアナポリ.. 続きを読む

「死に場所がない」問題が深刻化?看取り難民大量発生の恐れ 破綻した在宅死推進政策

「死に場所がない」問題が深刻化?看取り難民大量発生の恐れ 破綻した在宅死推進政策

団塊世代を中心に湧き起こった終活ブームは、2025年以降はいよいよ「死の本番」へと移っていく。2025年に団塊世代が75歳を超え、後期高齢者人口は約2000万人にも及ぶ見通しで、30年から40年にかけては「多死時代」に突入する。そこで最も.. 続きを読む

女好きの夫が死亡。ビキニ姿のストリッパーが棺を囲みダンス。(台湾)

女好きの夫が死亡。ビキニ姿のストリッパーが棺を囲みダンス。(台湾)

無類の女好きだった夫に理解を示してきた優しい妻。彼女は夫の死に際し、その最期の願いを叶えてあげた。露出度も高めのストリッパーらが棺を囲んで踊るという、非常に珍しい葬儀の話題が台湾から飛び出した。大好きだった夫の人柄を尊重.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。