葬儀屋の最新情報

葬儀屋 に関するニュース検索結果   78件

吉田羊、30代は事務所に借金生活…苦労人生を救った中井貴一の観察眼!

吉田羊、30代は事務所に借金生活…苦労人生を救った中井貴一の観察眼!

10月10日放送の『ごごナマ』(NHK)に吉田羊(年齢非公表)が出演し、ブレイクしたきっかけを語っていた。大学3年時に小劇場の女優募集広告に応募して舞台デビューを果たした吉田だが、役作りの原点はおままごとにあるそうだ。一般的に、.. 続きを読む

『スクリーム・クイーンズ』ジェイミー・リー・カーティス、葬儀屋が舞台のシットコムに出演!

『スクリーム・クイーンズ』ジェイミー・リー・カーティス、葬儀屋が舞台のシットコムに出演!

青春コメディホラードラマ『スクリーム・クイーンズ』でキャシー役を演じたジェイミー・リー・カーティスが、米CBSの葬儀屋を舞台にしたシットコムに出演することが明らかとなった。米TV Lineが報じている。マルチカメラで撮影されるコメ.. 続きを読む

40代以上は他人事じゃない!? 秋の夜長、増加する中年の「孤独死」について考えてみた!

40代以上は他人事じゃない!? 秋の夜長、増加する中年の「孤独死」について考えてみた!

先日、2017年8月25日まで開催されていたという、葬儀業界の商品展示会「エンディング産業展」のネット記事を読みまして、小島美羽さんが作った「孤独死の現場」のミニチュアに衝撃を受けました。小島さんは孤独死の遺品整理をする会社「.. 続きを読む

“現役葬儀会社社員”に聞く!突然身内が亡くなった時にすぐやるべき3つのこととは?

“現役葬儀会社社員”に聞く!突然身内が亡くなった時にすぐやるべき3つのこととは?

akihiro / PIXTA闘病生活や介護などで前もって予期していたにしても、家族の死に直面すれば、その瞬間は誰でも大きなショックを伴うものです。しかし、悲しみに暮れている時間はありません!何から手をつけていいかわからず不安になって.. 続きを読む

“現役葬儀会社社員”に聞く!遺族が本当に困った「遺言」3つのケースとは?

“現役葬儀会社社員”に聞く!遺族が本当に困った「遺言」3つのケースとは?

Fuchsia / PIXTA「エンディングノート」って知っていますか?エンディングノートとは、病で自分の意思が持てなくなったり死に直面した時のために、残された人への伝達事項を書き留めておくもの。いわば、“最後の覚書”です。内容は自由で.. 続きを読む

宮型霊柩車が減少した二つの理由

宮型霊柩車が減少した二つの理由

「親指を隠しなさい」と言われながら、最後に霊柩車を見かけたのはいつのことだろうか。特に黒塗りの車体の上に金色の煌びやかな屋根が取り付けられた宮型霊柩車は、その非日常的な外観と相まって筆者の記憶にも色濃く残っている。しかし.. 続きを読む

棺の値段や種類について専門家に聞いてみた

棺の値段や種類について専門家に聞いてみた

昔から棺は時の権力者や富裕層は豪華なものを使用し、庶民は質素なものを使用していた。しかし、時代が変わった現在ではどうなっているのだろう。2003年と少々引用が古いが、「教えて!goo」では「棺桶の値段って?」と題して質問が寄せ.. 続きを読む

葬儀屋さんは見た!お葬式のときの「揉めごと」「相続トラブル」

葬儀屋さんは見た!お葬式のときの「揉めごと」「相続トラブル」

現役の葬儀屋社員で、ブログ「考える葬儀屋さん」管理人の赤城啓昭です。連載第17回目の今回は、週刊誌の見出しで見かける「遺産を巡る遺族の骨肉の争い」だとか、ドラマや映画などで見かけるお葬式の最中に取っ組み合って、ののしり合う.. 続きを読む

南果歩、「定年女子」の離婚妻役に“残酷すぎる”の声

南果歩、「定年女子」の離婚妻役に“残酷すぎる”の声

ドラマ「定年女子」(NHK BSプレミアム)で主演を務める南果歩に心配の声が寄せられている。というのも南が演じる深山麻子は夫の不貞により離婚。大手商社の部長にまで昇進したものの、53歳で突然役職定年に。これまでとはまったく違う部.. 続きを読む

ミュージカル「黒執事」豪華客船編に植原卓也、佐々木喜英、和泉宗兵!味方良介、原嶋元久ら新キャストも

ミュージカル「黒執事」豪華客船編に植原卓也、佐々木喜英、和泉宗兵!味方良介、原嶋元久ら新キャストも

2017年12月から2018年2月にかけて上演が決定していた『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』。セバスチャン・ミカエリス役の古川雄大、シエル・ファントムハイヴ役の内川蓮生の続投、演出には新たに児玉明子を迎えることが発.. 続きを読む

古川雄大、植原卓也、佐々木喜英インタビュー 『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』

古川雄大、植原卓也、佐々木喜英インタビュー 『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』

枢やなの漫画を原作に“生執事”の愛称で親しまれる、ミュージカル「黒執事」。最新作の『ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-』が、2017年12月31日よりTBS赤坂ACTシアターで上演される。執事のセバスチャン・ミカエリス役は古.. 続きを読む

格安の悪質葬儀屋 車庫に10遺体放置で近隣に死臭漂う(米)

格安の悪質葬儀屋 車庫に10遺体放置で近隣に死臭漂う(米)

えも言われぬ臭いを放つヒトの亡骸。それに近隣住民が「たまったものではない。あの葬儀場は遺体の管理をちゃんとしているのか」と行政に苦情を訴えた。米ミシガン州の悪質な葬儀業者が、度重なる指導の末に“やっと”廃業となったことを『.. 続きを読む

ナニーが長続きしないのは心霊現象のせい!? 家族が破格の求人(スコットランド)

ナニーが長続きしないのは心霊現象のせい!? 家族が破格の求人(スコットランド)

英政府のサイト『GOV.UK』によると、現在の最低賃金は25歳以上であれば1時間あたり7.5ポンド(約1,060円)とある。だが職種により異なるもので、たとえばナニーの場合は要資格者の中でもさほど高給取りとはいえない。ところがこのほど、.. 続きを読む

【今週公開のコワイ映画】2017/6/10号:社会病質者VS連続殺人鬼『アイム・ノット・シリアルキラー』

【今週公開のコワイ映画】2017/6/10号:社会病質者VS連続殺人鬼『アイム・ノット・シリアルキラー』

今週公開の怖い映画をご紹介します。今週は、『ジェーン・ドウの解剖』に続く“遺体安置所ネクロテラー”第二弾『アイム・ノット・シリアルキラー』が公開となります。死体や殺人に異常な関心を示す16歳の主人公を演じるのは『かいじゅうた.. 続きを読む

主人公はソシオパス?それとも厨二病!? 『アイム・ノット・シリアルキラー』 #野水映画“俺たちスーパーウォッチメン”第二十八回

主人公はソシオパス?それとも厨二病!? 『アイム・ノット・シリアルキラー』 #野水映画“俺たちスーパーウォッチメン”第二十八回

TVアニメ『デート・ア・ライブ DATE A LIVE』シリーズや、『艦隊これくしょん -艦これ-』への出演で知られる声優・野水伊織。女優・歌手としても活躍中の才人だが、彼女の映画フリークとしての顔をご存じだろうか?『ロンドンゾンビ紀行.. 続きを読む

鈴井貴之「芝居だからこそ表現できる事。タブー視せず、着目してほしい」Takayuki Suzui Project OOPARTS 第4弾『天国への階段』

鈴井貴之「芝居だからこそ表現できる事。タブー視せず、着目してほしい」Takayuki Suzui Project OOPARTS 第4弾『天国への階段』

今や年間3万人以上、その数は交通事故死や自殺者をも超える死因=「孤独死」。そんな孤独死の現場を清掃し遺品を探すことを生業とする「特殊清掃員」にスポットを当てた舞台、Takayuki Suzui Project OOPARTSの第4弾『天国への階段』が、.. 続きを読む

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のあの人が、やばい殺人鬼になってしまった

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のあの人が、やばい殺人鬼になってしまった

ハリウッド屈指のバイプレイヤーとして日本の映画ファンにもおなじみの俳優クリストファー・ロイド。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズでは主人公マーティの親友で、タイムマシンを開発する変わり者の科学者ドクを演じた彼が、.. 続きを読む

社会病質者VSサイコパス クリストファー・ロイドが殺人鬼を演じる『アイム・ノット・シリアルキラー』[ホラー通信]

社会病質者VSサイコパス クリストファー・ロイドが殺人鬼を演じる『アイム・ノット・シリアルキラー』[ホラー通信]

『ジェーン・ドウの解剖』に続き、遺体安置所を舞台に繰り広げられるホラー第二弾『アイム・ノット・シリアルキラー』が日本公開決定。主人公は、家業で遺体の防腐処理を手伝っている青年ジョン。遺体や殺人に異常な関心を示し、ソシオパ.. 続きを読む

ヒドい!「葬儀で会社を欠勤した時」に職場でうけた最低言動3選

ヒドい!「葬儀で会社を欠勤した時」に職場でうけた最低言動3選

(botamochi/iStock/Thinkstock)身内が亡くなった時には、会社に休みをもらうこともあるだろう。きちんとお悔やみの言葉をかけて快くく休ませてくれる会社もあれば、中にはヒドい言葉をかけてくる会社もあるようだ。しらべぇ取材班は.. 続きを読む

「低費用=安っぽい」という無茶苦茶な論理で語られる家族葬の誤解

「低費用=安っぽい」という無茶苦茶な論理で語られる家族葬の誤解

時代とともに変化してきた葬儀だが、「家族葬」という葬儀の形式が現代においてはその知名度を上げ、徐々に定着し始めている。しかしこの「家族葬」にはよくないイメージも付きまとっているという。「教えて!goo」では家族葬についてど.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。