落合博満の最新情報

落合博満 に関するニュース検索結果   127件

『サンモニ』張本勲、「女子カーリングに美人多い」発言 ネット民「セクハラ発言だぞ」

『サンモニ』張本勲、「女子カーリングに美人多い」発言 ネット民「セクハラ発言だぞ」

©sirabee.com17日に放送された、TBS系情報番組『サンデーモーニング』のコーナー「週刊御意見」で、女子カーリングチーム『LS北見』に対して、張本勲氏が「カーリングと全く関係のない発言」をして注目を集めている。■美人な選手が多い?.. 続きを読む

【暗黒】千葉ロッテマリーンズの次期監督は誰がいいのか真剣に考える

【暗黒】千葉ロッテマリーンズの次期監督は誰がいいのか真剣に考える

千葉ロッテファン歴20数年……こんなにつまらないシーズンは記憶にない。2017年8月21日現在、借金は驚異の38……チーム打率最下位! チーム防御率最下位!! 勝率に至っては4割を切って3割2分1厘! ハッキリ言って暗黒期の幕開けである……。.. 続きを読む

清原、松井、松中…プロ野球「最強の4番打者」は誰だ!?

清原、松井、松中…プロ野球「最強の4番打者」は誰だ!?

メジャーで一大ムーブメントとなっている「2番打者最強説」や「3番打者最強説」。そうした流れを汲みつつも、日本のプロ野球界では、やはりチーム一の主砲は4番に座る。その中で誰が“史上最高”なのか。今回は1980年代以降に絞って意見を.. 続きを読む

中日・岩瀬も大復活! プロ野球「オヤジ選手」の逆襲

中日・岩瀬も大復活! プロ野球「オヤジ選手」の逆襲

マウンドで、バッターボックスで煌くのは若き新星だけじゃない。年を重ね深みを増したいぶし銀が時に太陽よりも輝く瞬間を見よ!いよいよシーズンも折り返したプロ野球。各チームの明暗、ペナントの行方など話題は多々あれど、ひときわ目.. 続きを読む

【プロ野球】柳田悠岐(ソフトバンク)三冠王なるか!? 歴代トリプルクラウン達成者と逃し続けたレジェンドは?

【プロ野球】柳田悠岐(ソフトバンク)三冠王なるか!? 歴代トリプルクラウン達成者と逃し続けたレジェンドは?

春の不調もなんのその、楽天と壮絶な首位争いを繰り広げるソフトバンク。チームを牽引するのはなんといっても柳田悠岐だ。昨季はケガや四球攻めに苦しんだが今季は絶好調。打率.326、23本塁打、75打点を記録し、打撃主要スタッツでいずれ.. 続きを読む

【プロ野球】広島は大丈夫だと思うけど……。前半戦首位も後半戦に大失速、「まさかのV逸」の歴史をおさらいしてみる

【プロ野球】広島は大丈夫だと思うけど……。前半戦首位も後半戦に大失速、「まさかのV逸」の歴史をおさらいしてみる

7月17日からプロ野球の後半戦がスタート。セ・リーグでは広島が首位を独走し、リーグ連覇に向けて順調に勝利を積み重ねている。過去のペナントレースを見ると、独走のまま他球団を寄せつけず優勝した例がある一方、前半戦を首位で終えた.. 続きを読む

大田泰示もロペスも「出てよかった」!? 次に、巨人を辞めて活躍するのは誰だ

大田泰示もロペスも「出てよかった」!? 次に、巨人を辞めて活躍するのは誰だ

シーズン前に超大型補強を行いながら、6月には13連敗を記録し、下位に低迷するプロ野球・読売ジャイアンツ(以下、巨人)。一方では、チームを出た選手が成績を伸ばす例が相次いでいる。今シーズン、巨人を出て素質が開花したのが、北海.. 続きを読む

“投手イチロー騒動”から“史上最強の球宴男”まで プロ野球90年代オールスター事件簿

“投手イチロー騒動”から“史上最強の球宴男”まで プロ野球90年代オールスター事件簿

突然だけど、あなたは2年前のオールスター第1戦はセとパ、どちらが勝ったか覚えているだろうか?ゴメン、俺は当時わざわざ東京ドームまで観戦に行ったのにまったく記憶がない。NPB公式サイトで調べてみたら8対6でセ・リーグが勝利し、MVP.. 続きを読む

プロ野球、番記者オフレコ「前半戦ウラ総括」

プロ野球、番記者オフレコ「前半戦ウラ総括」

夏到来――“夢の球宴”まであと2週間を切った。その前に、番記者たちの“オフレコ話”で今後の見どころをザザッと総ざらいだ!交流戦が終了し、いよいよシーズンも中盤戦に突入した2017年のプロ野球。「毎年、番狂わせが起こりがちな“魔の交流.. 続きを読む

息子が独り立ちして安心した落合博満氏の今後の仕事

息子が独り立ちして安心した落合博満氏の今後の仕事

Tzido / PIXTA(ピクスタ)プロ野球の中日ドラゴンズ元ゼネラルマネジャー(GM)の落合博満氏の長男である福嗣は現在、アニメの声優や情報番組のナレーターなどで活躍している。「アニメの声優を務めたときには驚きました。あの落合2世に、.. 続きを読む

スポーツ選手・漫画家・実業家 …あの天才が敵わないと認める天才達

スポーツ選手・漫画家・実業家 …あの天才が敵わないと認める天才達

イチロー、松本人志、尾田栄一郎…いわゆる天才。多くの人が憧れその才能を絶賛する稀有な人たち。そんな彼らでも、われわれと同じように敵わないと敬意を表し憧れ、天才と認める人がいます。今回はそんな「天才が認める天才」を紹介しま.. 続きを読む

プロ野球「好かれる選手or嫌われる選手」番記者たちの座談会

プロ野球「好かれる選手or嫌われる選手」番記者たちの座談会

プロ野球が開幕して2か月あまり。いいスタートを切った選手がいれば、つまずく選手もいる。成績によって他人への対応も変わるもの。そこで、本誌は選手たちの対応について暴露してしまおう。■座談会参加者A=球界に精通したベテラン記者B.. 続きを読む

フクシくんのナレーションに岡村隆史も「ええ声してんなぁ!」と大絶賛!

フクシくんのナレーションに岡村隆史も「ええ声してんなぁ!」と大絶賛!

6月4日(日)夜6時57分から放送される「めざせ!100%地球ギャラリー コレクターズ99」(テレビ朝日系)で、落合福嗣がナレーションを担当することが分かった。元プロ野球・中日ドラゴンズ監督(GM)の落合博満氏の長男であり、“フクシくん”の.. 続きを読む

球史に残る!「名監督たちの神采配」伝説プレイバック

球史に残る!「名監督たちの神采配」伝説プレイバック

野村克也氏が「野球は頭が8割」と言ったように、野球は、戦術や選手起用によって結果が大きく変わるスポーツである。それゆえ、監督たちの“一手”は時に、ものすごい奇跡を生み出す――。第4回WBC閉幕から1か月以上が過ぎた。敗退したアメリ.. 続きを読む

【プロ野球】桑田真澄の息子・Mattがブレイク寸前!? 芸能&スポーツ界で活躍するプロ野球選手の二世たち

【プロ野球】桑田真澄の息子・Mattがブレイク寸前!? 芸能&スポーツ界で活躍するプロ野球選手の二世たち

三冠王の息子は美声の持ち主でした。3月26日、フジテレビ系で放送された『プロ野球選手の子供に生まれて~親の選択 子の決断~』。タイトル通り、プロ野球選手の二世にスポットを当てた番組だったが、内容以上にナレーションが話題を集め.. 続きを読む

4番打者「勝敗を背負う」帝王学【二宮清純コラム】

4番打者「勝敗を背負う」帝王学【二宮清純コラム】

長嶋茂雄は名コピーライターでもあった。引退試合で飛び出した「我が巨人軍は永久に不滅です」はプロ野球ファンのみならず、多くの国民の記憶に深く刻み込まれている。2度目の監督時代の1996年には「メークドラマ」なる造語で選手たちを.. 続きを読む

【プロ野球】阪神が打撃性優先で敷く「複数ポジション制」の是非を問う! WBC準決勝から学ぶべきこと

【プロ野球】阪神が打撃性優先で敷く「複数ポジション制」の是非を問う! WBC準決勝から学ぶべきこと

結果的に2つの守りのミスが致命傷となってしまった……。2017WBC準決勝、日本対米国は緊迫した投手戦が繰り広げられ、1点を争う好ゲームとなった。二塁手・菊池涼介(広島)は2次ラウンドまで神がかった超美技でチームを救ってきた。しかし.. 続きを読む

侍ジャパン・小久保監督が退任の意向表明…ファンからは続投を望む声も

侍ジャパン・小久保監督が退任の意向表明…ファンからは続投を望む声も

(画像はWBCオフィシャルサイトのスクリーンショット)ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝トーナメント準決勝で敗退した侍ジャパン・小久保裕紀監督が、退任の意向を表明した。■王貞治氏から説得を受け就任小久保氏は2013年.. 続きを読む

【プロ野球】トレンドはたれ目!? 球界の愛されキャラ「たれ目の選手&指導者」を選手名鑑で探してみよう!

【プロ野球】トレンドはたれ目!? 球界の愛されキャラ「たれ目の選手&指導者」を選手名鑑で探してみよう!

現在、書店のスポーツコーナーを彩っているのが、各出版社が一斉に発売するプロ野球選手名鑑。お気に入りの名鑑をさっそく手にし、その中身をむさぼるように楽しんでいる野球好きも多いはずだ。それにしても、選手名鑑に並ぶ顔を眺めると.. 続きを読む

プロ野球史上最高のスターは長嶋茂雄!現役で2位に輝いたのは…

プロ野球史上最高のスターは長嶋茂雄!現役で2位に輝いたのは…

(33ft/iStock/Thinkstock)2月20日は巨人軍終身名誉監督・長嶋茂雄氏の誕生日。2017年で81歳を迎えた。2004年に脳梗塞で倒れてからは表舞台に出ることは少なくなったものの、体調のほうは良好のよう。11日には巨人・宮崎キャンプを視.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。