菊池雄星の最新情報

菊池雄星 に関するニュース検索結果   95件

【プロ野球】愛斗(西武)と三ツ間卓也(中日)。8月度ファームMVPの2人が見せる無限の可能性

【プロ野球】愛斗(西武)と三ツ間卓也(中日)。8月度ファームMVPの2人が見せる無限の可能性

9月11日、NPBが8月度の「スカパー! ファーム月間MVP賞」を発表した。見事、受賞したのは愛斗(西武)と三ツ間卓也(中日)の2人。あらためて2人の活躍を振り返り、今後の展望を考えてみたい。※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太.. 続きを読む

【プロ野球】大松尚逸(ヤクルト)、田中浩康(DeNA)ら「戦力外通告→他球団テスト→移籍」組はどうなった?

【プロ野球】大松尚逸(ヤクルト)、田中浩康(DeNA)ら「戦力外通告→他球団テスト→移籍」組はどうなった?

ドラフト入団や来日する助っ人選手など、オフには毎年100名前後が新戦力として加わる日本プロ野球界。それと同時に、枠からはじき出される選手も新戦力に近い数だけ存在する。そのなかには、いったんは「戦力外」を通告されながら、トラ.. 続きを読む

【プロ野球】菊池雄星(西武)と東浜巨(ソフトバンク)が挑む投手三冠王。かつてはこんな選手が達成していた!

【プロ野球】菊池雄星(西武)と東浜巨(ソフトバンク)が挑む投手三冠王。かつてはこんな選手が達成していた!

最優秀防御率、最多勝利、最高勝率のタイトルに向けて、デッドヒートを繰り広げている東浜巨(ソフトバンク)と菊池雄星(西武)。それぞれの勲章を分け合うのか、それともどちらかがすべてをさらっていくのか。パ・リーグの投手主要タイ.. 続きを読む

侍ジャパンが恐れる「山口事件処分」の着地点

侍ジャパンが恐れる「山口事件処分」の着地点

skylark / PIXTA(ピクスタ)9月4日にプロ野球実行委員会が開かれた。埼玉西武ライオンズの菊池雄星投手が審判団から繰り返し警告を受けた“2段モーション”に関する確認、東京五輪の予選を兼ねた第2回『プレミア12』の準決勝、決勝の準備。.. 続きを読む

【プロ野球】どうなる巨人? CS圏内を射程に入れた今、高橋由伸監督の「2年目の手腕」を徹底検証!《前編》

【プロ野球】どうなる巨人? CS圏内を射程に入れた今、高橋由伸監督の「2年目の手腕」を徹底検証!《前編》

5月から6月にかけて13連敗を喫し、GMが交代するなどドタバタ続きだった巨人。しかし、気がつけば借金を返済し、3位のDeNAとは0.5ゲーム差。CSが視野に入る位置につけている。一時は「史上2度目の最下位か!?」とアンチ巨人界隈をにわかに.. 続きを読む

【プロ野球】パ・リーグのMVPを予想してみた……のだが、当確はもちろんあの男しかいない!?

【プロ野球】パ・リーグのMVPを予想してみた……のだが、当確はもちろんあの男しかいない!?

シーズンも残すところあと1カ月。パ・リーグでは白熱の首位攻防戦からソフトバンクが頭ふたつ抜け出した。セ・リーグ編に引き続き、今回はパ・リーグのMVPを徹底予想したい。※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週.. 続きを読む

【プロ野球】左腕を打てない楽天打線……。プレーオフの行方を左右しかねない致命的すぎる課題

【プロ野球】左腕を打てない楽天打線……。プレーオフの行方を左右しかねない致命的すぎる課題

楽天が非常事態に陥っている。先週末、日本ハムに3タテをくらい、8月15日以降の戦績は12試合1勝11敗。トホホなことに球団創設初年度の8月2日から14日にかけて記録した12戦の成績とまったく同じになってしまった。すべては終戦記念日の西.. 続きを読む

【プロ野球】二段モーション禁止で投手生命の危機を迎えた三浦大輔はいかにして克服したのか

【プロ野球】二段モーション禁止で投手生命の危機を迎えた三浦大輔はいかにして克服したのか

菊池雄星(西武)への判定以降、侃侃諤諤の議論が交わされている「二段モーション」。ヤクルトの真中満監督も「セットでの投球もあいまい。ウチの小川も怪しいとか言われるしね。審判団で話し合って、キャンプ中に注意してくれないと」「.. 続きを読む

【プロ野球】2003年にはW受賞も。菅野智之(巨人)vs.菊池雄星(西武)、沢村賞に輝くのはどっちだ!?

【プロ野球】2003年にはW受賞も。菅野智之(巨人)vs.菊池雄星(西武)、沢村賞に輝くのはどっちだ!?

プロ野球も最終盤。今年、エースたる活躍を見せている投手といえば、菅野智之(巨人)と菊池雄星(西武)だろう。両者ともに防御率1位をキープし、最終的にいくつのタイトルを手にするのか楽しみだ。甲乙つけがたい2人だが、こうなるとシ.. 続きを読む

フジ・三上真奈、「ライアン小川と交際」で燕ファンから“厳しすぎる意見”

フジ・三上真奈、「ライアン小川と交際」で燕ファンから“厳しすぎる意見”

8月13日、真剣交際が報じられたフジテレビの三上真奈アナウンサーとヤクルトスワローズ・小川泰弘投手。両者の交際は昨年4月にスタートしたといい、現在、交際期間は1年4カ月だという。左足を大きく上げる特徴的な投げ方で、伝説的なメジ.. 続きを読む

【プロ野球】二塁打王は秋山翔吾(西武)では、最多登板は? ノンタイトルスタッツランキング(パ・リーグ編)

【プロ野球】二塁打王は秋山翔吾(西武)では、最多登板は? ノンタイトルスタッツランキング(パ・リーグ編)

プロ野球もいよいよ終盤戦に突入。主要タイトル争いが盛り上がってくる頃だが、今回注目したいのはノンタイトルスタッツ。二塁打、三塁打などのトップ争いを人知れず楽しむのもシーズン終盤のマニアックな楽しみ方だ。セ・リーグ編に続き.. 続きを読む

【甲子園優勝校予想&実現してほしい対決(1)】大阪桐蔭を止めるのはジンクスを破った盛岡大付か?

【甲子園優勝校予想&実現してほしい対決(1)】大阪桐蔭を止めるのはジンクスを破った盛岡大付か?

本日、8月8日に幕を開ける夏の甲子園(7日の開幕が雨で順延)。週刊野球太郎では特別企画『2017年・夏の甲子園。優勝校をズバリ大予想!』で、週刊野球太郎ライター陣が「優勝校」と「対抗」を大胆予想。あわせて「実現してほしい対戦」.. 続きを読む

イチロー「ヌルヌルしてんじゃん」読唇術で読み取られた言葉の意味とは?

イチロー「ヌルヌルしてんじゃん」読唇術で読み取られた言葉の意味とは?

今夜8月5日の18時56分から2時間SPで放送される『ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV』(テレビ朝日系列)。スポーツシーンのメインではない部分を“キリとって”見ることで、今まで知らなかった発見や感動が浮かび上がるバラエティーの第15弾.. 続きを読む

【プロ野球】打たれまくっているのは誰だ? セ・パ両リーグの「被安打率ワースト」投手たち

【プロ野球】打たれまくっているのは誰だ? セ・パ両リーグの「被安打率ワースト」投手たち

打者がどれだけヒットを打ったかを示す数字は打率だが、それを投手目線から「どれだけ打たれたのか」を集計したのが「被打率」となる。今季、ここまでヒットを打たれまくっている投手は誰なのか? セ・パ両リーグの被打率ワースト5を見.. 続きを読む

【高校野球】新潟の名将が今夏限りで退任。日本文理・大井道夫監督の夏の甲子園での戦いを振り返る

【高校野球】新潟の名将が今夏限りで退任。日本文理・大井道夫監督の夏の甲子園での戦いを振り返る

8月1日に仙台育英が宮城大会を制し、これで夏の甲子園に出場する49校が出揃った。7日に開幕を迎えるが、そのなかで今夏をもって監督を退く指導者がいる。新潟・日本文理の大井道夫監督だ。これまで春5回、夏8回に甲子園へ出場し、2009年.. 続きを読む

【高校野球】小諸商、悲願ならず。渡辺静の夭逝で再確認する「No Baseball, No Life.」の尊さ

【高校野球】小諸商、悲願ならず。渡辺静の夭逝で再確認する「No Baseball, No Life.」の尊さ

99回目を数える全国高等学校野球選手権大会。49地区の代表校が出そろい、8月4日の組み合わせ抽選会を経て、いよいよ7日に開幕。「夏の甲子園」が甲子園に、そして、お茶の間に帰ってくる。※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Po.. 続きを読む

【プロ野球】夏の甲子園で和田毅が石川雅規に押し出しサヨナラ負け!? オレたち、甲子園で戦ってました!

【プロ野球】夏の甲子園で和田毅が石川雅規に押し出しサヨナラ負け!? オレたち、甲子園で戦ってました!

プロ野球選手は、甲子園を目指す高校球児だった。高校時代から宿命のライバルとしてしのぎを削ってきた選手もいる。夏の甲子園の開催に合わせて、「週刊野球太郎」では3回に渡って甲子園で繰り広げられた「あの選手」と「あの選手」の対.. 続きを読む

【プロ野球】元4番に新4番。中田翔、筒香嘉智、中村剛也、鈴木誠也、ウィーラーの打順変更は吉? それとも凶?

【プロ野球】元4番に新4番。中田翔、筒香嘉智、中村剛也、鈴木誠也、ウィーラーの打順変更は吉? それとも凶?

7月8日の日本ハム対ソフトバンク戦(札幌ドーム)である事件が起こった。日本ハムの主砲・中田翔がプロ入り初めて1番打者として出場したのだ。栗山英樹監督の奇策だったが、今季は他チームでも長らく4番を務めてきた打者が4番を外される.. 続きを読む

【高校野球】《地方大会・宿命のライバル校》大阪桐蔭vs履正社、花巻東vs盛岡大付ほか絶対に負けたくない戦い

【高校野球】《地方大会・宿命のライバル校》大阪桐蔭vs履正社、花巻東vs盛岡大付ほか絶対に負けたくない戦い

全国各地で幕を開ける夏の高校野球地方大会。高校野球ファンの焦点はやはりライバル校対決だろう。週刊野球太郎では連載『絶対に負けたくない。高校野球・宿命のライバル対決はコレだ』で、熾烈に覇権を争う16組のライバル校を紹介してい.. 続きを読む

【プロ野球】お祭りか、真剣勝負か。今こそ振り返りたい「オールスターの一番長い日」

【プロ野球】お祭りか、真剣勝負か。今こそ振り返りたい「オールスターの一番長い日」

今年もまた、「お祭り派」と「真剣勝負派」での喧喧諤諤の議論が交わされる一週間がやってきた。今週は、日本のプロ野球もアメリカ・メジャーリーグも「オールスター・ウイーク」だ。MLBオールスターは現地時間7月11日(日本時間12日)、.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。