自動運転車の最新情報

自動運転車 に関するニュース検索結果   564件

オンライン旅行予約サイトKayakのスティーブ・ハフナーCEOの仕事術

オンライン旅行予約サイトKayakのスティーブ・ハフナーCEOの仕事術

敏腕クリエイターやビジネスパーソンに学ぶ仕事術「HOW I WORK」シリーズ。 今回は、国内外の航空券・ホテル・レンタカーに関する旅行検索・料金比較を扱うウェブサイトKayakのCEOを務めるSteve Hafner(スティーブ・ハフナー)さんの仕.. 続きを読む

都市部での無人・自動運転を目指し、ヴェロダイン社がメルセデス・ベンツと契約

都市部での無人・自動運転を目指し、ヴェロダイン社がメルセデス・ベンツと契約

2017年9月14日、アメリカのカリフォルニア州・サンノゼに所在するヴェロダイン・ライダー社は、メルセデス・ベンツの完全自動運転の無人自動車を開発するために、「VLP-32Cウルトラパック・センサー」の供給契約を結んだと発表した。ヴェ.. 続きを読む

「朝8時のミーティングのための車が到着しましたよ」ジャガーの最新コンセプトカーはもはや車ではなくハンドルのみ

「朝8時のミーティングのための車が到着しましたよ」ジャガーの最新コンセプトカーはもはや車ではなくハンドルのみ

Image: Jaguar 嫌いじゃない。この方向性、嫌いじゃない。ジャガー・ランドローバーが先日発表したコンセプトカー「Sayer(セイヤー)」が攻めています。新しい車のデザイン…ではなく「車という物.. 続きを読む

実用車から趣味のクルマへ。時代を超えて愛されるカブトムシ【意外と知らないクルマメーカーの歴史・フォルクスワーゲン編】

実用車から趣味のクルマへ。時代を超えて愛されるカブトムシ【意外と知らないクルマメーカーの歴史・フォルクスワーゲン編】

ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」は「大衆車」と和訳されるように、「ポロ」や「ゴルフ」などのコンパクトカーを中心に、もうひと回り小さな「up!」やセダンの「パサート」、さらにSUVの「ティグアン」「トゥアレグ」やミニ.. 続きを読む

高齢ドライバー事故防ぐには?免許返納では生活成り立たないとの声も

高齢ドライバー事故防ぐには?免許返納では生活成り立たないとの声も

(kazoka30/iStock/Thinkstock)ブレーキの踏み間違いなど、高齢ドライバーが起こす交通事故がニュースになることは多く、しらべぇでもよく取り上げている。実際に、高齢者の運転に怖い思いをした経験がある人は、どれくらいいるのだろ.. 続きを読む

ジャガーが2040年以降の自動運転を示す「FUTURE-TYPE」を発表

ジャガーが2040年以降の自動運転を示す「FUTURE-TYPE」を発表

ジャガー・ランドローバーが初めて開催した「Tech Fest 2017」において、次世代の高級コンパクトカーであるオンデマンド・ビークル・コンセプト「FUTURE-TYPE」を発表しました。「FUTURE-TYPE」は、フル充電された状態の車両をオンデマン.. 続きを読む

2040年以降を見据えたジャガーのコンセプトカー

2040年以降を見据えたジャガーのコンセプトカー

2017年9月7日、ジャガーは次世代のニーズに応えるモビリティをデザインし、プレミアム・コンパクト・モデルのオンデマンド・ビークル・コンセプト「FUTURE-TYPE」を発表した。「FUTURE-TYPE」は、ユーザーがフル充電された状態のクルマを.. 続きを読む

パイオニア MEMSミラーを採用した「車載用3D-LiDAR」のサンプル出荷を開始

パイオニア MEMSミラーを採用した「車載用3D-LiDAR」のサンプル出荷を開始

2017年9月7日、パイオニアは国内外の自動車メーカーやICT 関連企業などへ新開発のMEMSミラーを使用した独自の走行空間センサー「3D-LiDAR」のサンプル供給を開始すると発表した。パイオニアは以前から、レベル3の自動運転には不可欠とさ.. 続きを読む

ドミノピザがまた開発! 今度は“◯◯◯”で配達されるぞ!

ドミノピザがまた開発! 今度は“◯◯◯”で配達されるぞ!

ドミノピザはこれまでに、絵文字を使った注文やドローンを使用して配達するなどの実験を行ってきた。 今回、アメリカの自動車大手『フォード・モーター』と共同で、無人の自動運転車で配達をする実証実験をすると発表した。     画像出.. 続きを読む

独・コンチネンタルが示す自動運転の近未来「クルージングショーファー」とは?

独・コンチネンタルが示す自動運転の近未来「クルージングショーファー」とは?

日本では「何事も法整備が先で、社会を巻き込んだイノベーションが起こしにくい」という指摘があります。確かに、自動運転に関しても法整備やインフラ待ちという空気がありますが、世界は待ってくれません。先日、ドイツのメガサプライヤ.. 続きを読む

Appleは「自動運転システム」も諦めた?エンジニア17名が転職していたことが判明

Appleは「自動運転システム」も諦めた?エンジニア17名が転職していたことが判明

ハローワールド、Hikaru Sanoです。以前より度々話題に上がるApple製自動運転車、リーク情報や行動でのテスト走行などが見られましたが、それももう無くなるかも知れません。Appleの自動車開発計画「Project Titan」でも特に重要なポジシ.. 続きを読む

車の自動運転機能も、あるチープなトラップで動けなくなってしまう。

車の自動運転機能も、あるチープなトラップで動けなくなってしまう。

どんどん開発が進んでいく自動車の自動運転機能。 安全性と実用性がこのまま発展していけば、便利な未来になっていくことは間違いない。 しかしそんな自動運転機能も、こんな仕掛けを作っただけで身動きが取れなくなってしまうのだ。   .. 続きを読む

ロボットが自殺!? AI(人工知能)の進化がもたらす怖い話

ロボットが自殺!? AI(人工知能)の進化がもたらす怖い話

エバンジェリスト・西脇資哲と乃木坂46の若月佑美がパーソナリティを務め、最新ITトレンドやビジネススキルをテーマにIT業界の“今”を伝えるTOKYO FMの番組「エバンジェリストスクール!」。8月26日(土)の放送では、ロボットやAI(人工.. 続きを読む

20年後、本当に頭脳労働は消滅し、肉体労働は残るかもしれない…AIと原子爆弾

20年後、本当に頭脳労働は消滅し、肉体労働は残るかもしれない…AIと原子爆弾

人類の仕事は2045年に向けて段階的に消滅していくと予測されている。この分野の議論は盛んで、「人類の仕事の47%は20年以内に人工知能(AI)とロボットに置き換わる可能性がある」という英オックスフォード大学の予測を中心に、仕事の大.. 続きを読む

人工知能とリアルの恋人が混在!? 平野啓一郎が考える未来像

人工知能とリアルの恋人が混在!? 平野啓一郎が考える未来像

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。8月30日(水)の放送は、作家の平野啓一郎さんが登場。未来の働きかたや恋愛について伺いました。今年発売した新書「自由のこれから」(ベ.. 続きを読む

Beatsから新カラーが加わったヘッドフォン、イヤフォン、スピーカーのコレクション「Neighborhood Collection」登場!

Beatsから新カラーが加わったヘッドフォン、イヤフォン、スピーカーのコレクション「Neighborhood Collection」登場!

Image: (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.新カラーで秋もBeats気分!Beatsはオンイヤーヘッドフォン「Beats Solo3 Wireless」、イヤフォン「Powerbeats3 Wireless」、ポータブルスピーカー「Beats Pill+」に新カラーを加えたコ.. 続きを読む

Apple、自動運転車はギブアップの方針。自律システム開発に注力するため

Apple、自動運転車はギブアップの方針。自律システム開発に注力するため

Image: Gizmodo US「自律システムはAIの母である」そう語ったのはApple(アップル)のティム・クックCEO。先日行われた四半期決算報告にて、CEO自らがすでに進行中の自律システム巨大プロジェクトについて触れ、オートノミーの重要性をア.. 続きを読む

自動運転のためのレーダーロードシグネチャー&ハッキング篇 【ボッシュ・モビリティエクスペリエンス2017レポート vol.5】

自動運転のためのレーダーロードシグネチャー&ハッキング篇 【ボッシュ・モビリティエクスペリエンス2017レポート vol.5】

■Bosch mobility experience 2017 report @Boxberg vol.5前回は、自動運転を実現するために、すでにあるドライビングアシスタンスと、これから必要とされてくるソリューションのワークショップレポートをした。今回はさらに、その先必要.. 続きを読む

ソフトバンク、報じられない巨額損失…「投資会社化」の危険なリスク露呈

ソフトバンク、報じられない巨額損失…「投資会社化」の危険なリスク露呈

ソフトバンクグループ(G)は事業会社なのか、それとも投資会社なのか――。業績の解読がますます難しくなった。ソフトバンクGは8月7日、2018年3月期の第1四半期(4~6月期)決算(国際会計基準)を発表した。売上高は前年同期比3%増の2兆.. 続きを読む

Appleの「プロジェクトTitan」は結局、自動運転シャトルバスに落ちつくかも

Appleの「プロジェクトTitan」は結局、自動運転シャトルバスに落ちつくかも

Image: alphaspirit/Shutterstock.comイメージ画像二転三転。なにやら最近ツチノコのようにその存在が発見された、Apple(アップル)による自動運転技術。その運用は、思わぬ形で始まるのかもしれません。New York Timesは、Appleが自動.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。