自動運転の最新情報

自動運転 に関するニュース検索結果   1732件

ルネサス、日産・新型「リーフ」の自動駐車機能「プロパイロット パーキング」を提供

ルネサス、日産・新型「リーフ」の自動駐車機能「プロパイロット パーキング」を提供

日産の新型「リーフ」に搭載されて話題になっている自動駐車機能「プロパイロット パーキング」のサプライヤーが、半導体大手のルネサス エレクトロニクス(ルネサス)であることが明らかになりました。これは、日産の新型「リーフ」に搭.. 続きを読む

ルノー・日産・三菱自の「アライアンス2022」に秘められた真の狙いとは?

ルノー・日産・三菱自の「アライアンス2022」に秘められた真の狙いとは?

2022年までの6カ年中期経営計画「アライアンス2022」を先頃発表したルノー・日産・三菱連合。ルノー・日産両社は1999年の資本業務提携以来、プラットフォームの共通化などで経営効率を高めて来ており、昨秋には三菱自をアライアンスに加.. 続きを読む

車のシートコスプレで無人自動運転風にする男、フォード社と大学の研究プロジェクトだった

車のシートコスプレで無人自動運転風にする男、フォード社と大学の研究プロジェクトだった

Image: Ford/Gizmodo US 無人風。車のカーシートそっくりなコスプレで運転席に座り、ハンドルを握ることで、人間が運転しているにも関わらず、自動運転に見せかける男が出現。シートコスプレのあま.. 続きを読む

アウディ レベル3の自動運転システムを新型A8に搭載

アウディ レベル3の自動運転システムを新型A8に搭載

アウディが開発した一定条件下での運転の自動化を実現する、SAE基準でレベル3の自動運転システム、Audi AIトラフィックジャムパイロット。このシステムは新型アウディA8に搭載される予定となっていて、このシステムは高速道路や中央分離.. 続きを読む

【フランクフルトショー】加速するZFのソリューション群 vol.1 高精度3Dマップと自動決済

【フランクフルトショー】加速するZFのソリューション群 vol.1 高精度3Dマップと自動決済

2017年9月、ドイツ・フランクフルトで開催されている国際モーターショーで、世界的システムサプライヤーのZFが新たなソリューションや自動運転に向けての新技術などを公表し、次世代に向けた魅力的な製品群を発表した。ZFがTier1として世.. 続きを読む

【キャーッ興奮!】ミスター東大と “浴衣でリムジン&スパ” ツアーに行った!

【キャーッ興奮!】ミスター東大と “浴衣でリムジン&スパ” ツアーに行った!

夏も終わり、秋の訪れを感じる今日この頃。まだまだ夏は終わらないよ!と思っている方にも、忙しくてあまり夏を満喫できなかった!という方にもオススメなのが、9月30日までやっている「浴衣でリムジンに乗って庵SPAで極上の時間を過ごそ.. 続きを読む

【東京モーターショー2017】日本は電気で出遅れてるか? 自動運転とEVについてのディスカッション開催

【東京モーターショー2017】日本は電気で出遅れてるか? 自動運転とEVについてのディスカッション開催

このところの報道では、日本メーカーが電気自動車(EV)や純内燃機関からの脱却で出遅れている、といった風潮が目に付きます。しかし、台数で世界一EVを販売しているのは日産であり、内燃機関だけじゃなく電気でも走らせるハイブリッドを.. 続きを読む

パイオニア デジタルマップのHEREテクノロジーズと業務・資本提携

パイオニア デジタルマップのHEREテクノロジーズと業務・資本提携

2017年9月19日、パイオニアはとオランダのデジタル地図、位置情報サービスのグローバルプロバイダーであるHERE(ヒヤ) Technologies(本社:オランダ・アムステルダム)は、同日に、業務提携および資本提携に関し合意したと発表した。パ.. 続きを読む

日産が新型「リーフ」の生産をスタート、発表後10日間で4,000台超を受注!

日産が新型「リーフ」の生産をスタート、発表後10日間で4,000台超を受注!

日産自動車がフルモデルチェンジした新型EV「リーフ」の生産を9月19日に開始しました.。同社は1933年の創業以来、84年の歳月をかけて世界累計生産台数が1.5億台に到達。今回、新型「リーフ」の生産開始に合わせ、神奈川県横須賀市の追浜.. 続きを読む

オンライン旅行予約サイトKayakのスティーブ・ハフナーCEOの仕事術

オンライン旅行予約サイトKayakのスティーブ・ハフナーCEOの仕事術

敏腕クリエイターやビジネスパーソンに学ぶ仕事術「HOW I WORK」シリーズ。 今回は、国内外の航空券・ホテル・レンタカーに関する旅行検索・料金比較を扱うウェブサイトKayakのCEOを務めるSteve Hafner(スティーブ・ハフナー)さんの仕.. 続きを読む

AI、クローン研究…倫理なき中国ハイテク技術の暴走――中国だけが悪いわけではない!?

AI、クローン研究…倫理なき中国ハイテク技術の暴走――中国だけが悪いわけではない!?

世界に先駆けてキャッシュレス社会を実現させた中国だが、人工知能や先端医学の分野でも中国は今、アメリカを抜く勢いで発展しようとしている。しかし、その裏に大きな懸念材料があった。日本も無関係ではないのだ!◆中国ハイテク技術の.. 続きを読む

ルノー・日産アライアンスが新6か年計画「アライアンス2022」を発表。2020年に初の完全自動運転を目指す

ルノー・日産アライアンスが新6か年計画「アライアンス2022」を発表。2020年に初の完全自動運転を目指す

2017年上半期で販売台数を世界一を記録したルノー・日産(三菱)アライアンス。2017年9月15日、ルノー、日産、三菱自動車は、新6か年計画「アライアンス2022」を発表しました。この計画により、各社は共通プラットフォームの採用を増やし.. 続きを読む

高精度な自動運転技術を搭載か!? アストンマーティン ヴァンテージ次期型、ディテール見えた

高精度な自動運転技術を搭載か!? アストンマーティン ヴァンテージ次期型、ディテール見えた

アストンマーティンの2ドアクーペ『ヴァンテージ』次期型プロトタイプを捉えました。これまでのミュールボディから一転、「DB11」譲りの大型クラムシェルフード、ワイドなエアインテーク、薄型ヘッドライト&テールライト、「ヴァンキッ.. 続きを読む

スバル アイサイト・ツーリングアシストを体験レポート 運転支援技術で楽になる状況は確実に増えた

スバル アイサイト・ツーリングアシストを体験レポート 運転支援技術で楽になる状況は確実に増えた

2017年6月にスバル・レヴォーグ、WRX S4の年次改良に伴い、アイサイトVer3が進化し、車線中央維持と先行車追従操舵の作動領域拡大という性能がアップした。その機能を「ツーリングアシスト」と名付け標準機能となったことはお伝えした。.. 続きを読む

都市部での無人・自動運転を目指し、ヴェロダイン社がメルセデス・ベンツと契約

都市部での無人・自動運転を目指し、ヴェロダイン社がメルセデス・ベンツと契約

2017年9月14日、アメリカのカリフォルニア州・サンノゼに所在するヴェロダイン・ライダー社は、メルセデス・ベンツの完全自動運転の無人自動車を開発するために、「VLP-32Cウルトラパック・センサー」の供給契約を結んだと発表した。ヴェ.. 続きを読む

【フランクフルトモーターショー2017】ミラーレスのデジタルミラーが拡張するコンチネンタルのコクピット

【フランクフルトモーターショー2017】ミラーレスのデジタルミラーが拡張するコンチネンタルのコクピット

フランクフルトモーターショーにおいて、ドイツのコンチネンタルが「コックピットビジョン2025」を発表しました。クルマのコクピットに革命をもたらすという同コクピットビジョンは、シームレスに形状を変更できるインターフェースフェー.. 続きを読む

ルノー・日産・三菱が2022年に年間1400万台の販売を狙う「アライアンス2022」を発表

ルノー・日産・三菱が2022年に年間1400万台の販売を狙う「アライアンス2022」を発表

ルノー、日産自動車、三菱自動車は、2017年9月15日、年間のシナジーを100億ユーロへと倍増させる新6か年計画「アライアンス2022」を発表した。本計画において各社は、共通プラットフォームの使用を増やし、4つのプラットフォームで900万.. 続きを読む

「朝8時のミーティングのための車が到着しましたよ」ジャガーの最新コンセプトカーはもはや車ではなくハンドルのみ

「朝8時のミーティングのための車が到着しましたよ」ジャガーの最新コンセプトカーはもはや車ではなくハンドルのみ

Image: Jaguar 嫌いじゃない。この方向性、嫌いじゃない。ジャガー・ランドローバーが先日発表したコンセプトカー「Sayer(セイヤー)」が攻めています。新しい車のデザイン…ではなく「車という物.. 続きを読む

【フランクフルトショー】コンチネンタルが描く2025年の拡張現実コクピットをプレゼンテーション

【フランクフルトショー】コンチネンタルが描く2025年の拡張現実コクピットをプレゼンテーション

2017年9月14日、世界的サプライヤーのコンチネンタル・オートモーティブはフランクフルト国際モーターショーで、未来のコクピット「コックピットビジョン2025」をプレゼンテーションした。現在の車内はデジタルモビリティ化、情報量の急.. 続きを読む

実用車から趣味のクルマへ。時代を超えて愛されるカブトムシ【意外と知らないクルマメーカーの歴史・フォルクスワーゲン編】

実用車から趣味のクルマへ。時代を超えて愛されるカブトムシ【意外と知らないクルマメーカーの歴史・フォルクスワーゲン編】

ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」は「大衆車」と和訳されるように、「ポロ」や「ゴルフ」などのコンパクトカーを中心に、もうひと回り小さな「up!」やセダンの「パサート」、さらにSUVの「ティグアン」「トゥアレグ」やミニ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。