緊急避妊薬の最新情報

緊急避妊薬 に関するニュース検索結果   10件

「男性がコンドーム、女性がピルで対等」避妊を男性任せにしている日本のセックス

「男性がコンドーム、女性がピルで対等」避妊を男性任せにしている日本のセックス

先日、市販(スイッチOTC)化が見送られた緊急避妊薬レボノルゲストレル(商品名ノルレボ錠)。他の先進国ではすでにドラッグストアで販売されており、手に入れやすい状況にある。海外と比べて性に関する健康情報が乏しい日本だが、その.. 続きを読む

レイプ被害に遭ったら必要なのに、「緊急避妊薬」の市販化が見送られた理由

レイプ被害に遭ったら必要なのに、「緊急避妊薬」の市販化が見送られた理由

7月26日、厚生労働省のある会議で、ドラッグストアでカウンター越しに売られる薬(スイッチOTC薬)の候補に挙がっていた、ある薬の市販化が「時期尚早」として見送られ、ネットでは産婦人科医を中心に話題となった。それは、緊急避妊薬レ.. 続きを読む

鍵はカルシウム断ち。卵子に入れない精子にする「分子コンドーム」

鍵はカルシウム断ち。卵子に入れない精子にする「分子コンドーム」

精子は身長の24,000倍の距離(*)を泳ぎ、卵子に到達すると狂ったように回ってドリルのように侵入します。このラストスパートを駆動するのがカルシウム。ならば…燃料のカルシウムを断ってしまえば永久に卵子にタッチダウンできないんじゃ?.. 続きを読む

米大学が自販機でコンドームや緊急避妊薬(アフターピル)などの販売を開始 / 学生の声「いざという時に役立つ」など

米大学が自販機でコンドームや緊急避妊薬(アフターピル)などの販売を開始 / 学生の声「いざという時に役立つ」など

若くして、望まぬ妊娠をしてしまうと最悪の選択を迫られる場合もあるし、在学中だと出産&子育てに備えるために退学を余儀なくされることもある。そんな事態を避けるために、あるアメリカの大学が、自販機で緊急避妊薬(アフターピル)や.. 続きを読む

いつまでに飲めば良い?『モーニングアフターピル』の使い方と体験談

いつまでに飲めば良い?『モーニングアフターピル』の使い方と体験談

コンドームが途中で破れてしまったなど、“望まない妊娠”の可能性があるときに緊急手段として使われる『モーニングアフターピル』。万が一の事態に備えて、その使用法と効果を知っておきませんか?72時間以内に服用することで妊娠リスクを.. 続きを読む

ピルでがんリスクが3割減 避妊だけじゃないピルの健康効果【最新研究】

ピルでがんリスクが3割減 避妊だけじゃないピルの健康効果【最新研究】

2017年3月22日(水)避妊などのために服用されるピルが、がんリスクを減少させる可能性があることが、イギリスのアバディーン大学で行われた研究によって明らかになりました。(参考)副作用などが懸念されているピルですが、今回の研究.. 続きを読む

《アフターピル》緊急避妊薬における正しい使い方とリスクについて

《アフターピル》緊急避妊薬における正しい使い方とリスクについて

アフターピルって皆さんご存知ですか? アフターピルはモーニングアフターピルとも呼ばれる緊急避妊薬です。欧米では一般的ですが、日本では他の避妊法に比べてあまり知られていないのが現状です。ここではアフターピルについて、その使.. 続きを読む

【7割が】つけてほしいのに言えない、避妊に関する女子の本音。

【7割が】つけてほしいのに言えない、避妊に関する女子の本音。

文・椎名恵麻【総研ラブレポート】vol. 58■ 避妊をしていますか?心から楽しむためにも、ね?愛し合うカップルにとって、セックスは大切なコミュニケーション。なかには、セフレやその場限りの相手と楽しむ人もいますよね。でも妊娠を望ま.. 続きを読む

私、妊娠してるかも…妊娠してる確率は何%?気になる避妊のお悩みに医師が回答!

私、妊娠してるかも…妊娠してる確率は何%?気になる避妊のお悩みに医師が回答!

しっかり避妊をしたつもりでも後から不安になったり、雰囲気にのまれて避妊をせずに性行為をしてしまったり…”避妊”に関するお悩みは、「Doctors Me」に寄せられる医師への相談の中でも非常に多く、また深く悩んでおられる方も多くいらっ.. 続きを読む

このタイミングで2人目はムリ…! そんなときに頼りたい『アフターピル』体験談

このタイミングで2人目はムリ…! そんなときに頼りたい『アフターピル』体験談

まだ二人目は考えられない。復職直前のこのタイミングで妊娠はちょっと…など、第二子、第三子を授かりたいタイミングは人ぞれぞれ。それなのに、避妊に失敗してしまった…!!そんな誰にでも起こりうる“もしも”のときのために知っておきたい.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。