経済産業省の最新情報

経済産業省 に関するニュース検索結果   545件

日本のキャッシュレス化遅れは“成功体験”? モーリー氏「現金への信頼度が高すぎる」

日本のキャッシュレス化遅れは“成功体験”? モーリー氏「現金への信頼度が高すぎる」

外食産業の悩みの1つ“人手不足”。その解消や新たな働き方改革の1つとして、ある変わった取り組みを行う新店舗がオープンした。  11月6日、ロイヤルホールディングスが東京・馬喰町にオープンさせたのは「GATHERING TABLE PANTRY」。.. 続きを読む

「自動車の主役はEVへ」に懐疑広まる…そもそも本当にエコカーか?

「自動車の主役はEVへ」に懐疑広まる…そもそも本当にエコカーか?

脱ガソリン車の流れが加速している。イギリスとフランスが2040年までにガソリン車の販売を禁止する方針を打ち出した。その背景には、両国が二酸化炭素(CO2)の排出削減などの環境問題をリードしようとする意味合いが強い。CO2削減は世界.. 続きを読む

11月22日は「いい夫婦の日」 「いい夫婦 川柳コンテスト」発表

11月22日は「いい夫婦の日」 「いい夫婦 川柳コンテスト」発表

普段は子育てや仕事に忙しい2人も、この日は「夫婦」について改めて考えてみては?「『いい夫婦の日』をすすめる会」(後援・経済産業省ほか)は、夫婦をテーマにした「いい夫婦 川柳コンテスト」12回目の入選作品を発表した。7,156句の.. 続きを読む

人命救助に役立てる緊急情報共有アプリ「Coaido119」ってどんなもの!? - 実証実験に参加

人命救助に役立てる緊急情報共有アプリ「Coaido119」ってどんなもの!? - 実証実験に参加

●目の前で、誰かが心停止で倒れたら?119番通報しながら周囲にSOSを発信できるという、iPhone用の緊急情報共有アプリ「Coaido119(コエイドイチイチキュー)」の、実証実験に関する体験ワークショップが豊島区役所で開催されました。区役所.. 続きを読む

マツダ「デミオ」の先進安全技術を拡充

マツダ「デミオ」の先進安全技術を拡充

マツダは、小型乗用車『デミオ』の先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」の採用を拡充するとともに、赤基調の内装を採用した特別仕様車「Noble Crimson(ノーブルクリムゾン)」を新たに設定。全国のマツダ販売店を通.. 続きを読む

空撮だけじゃない!ドローンで出来るこんなこと、あんなこと

空撮だけじゃない!ドローンで出来るこんなこと、あんなこと

この5年ほどで、ドローンの存在はかなり身近になりました。ドローンによって便利になることが増えていますが、一方でニアミスや墜落などの恐れもあることから、「安全で安定した飛行」が最優先で求められています。安全なドローン飛行の.. 続きを読む

【新車】マツダ・デミオが4度目となる商品改良。安全装備を充実させ「サポカーS・ワイド」に該当

【新車】マツダ・デミオが4度目となる商品改良。安全装備を充実させ「サポカーS・ワイド」に該当

11月9日、マツダ・デミオが商品改良を受けました。現行デミオが登場以来、4度目となる今回の主なメニューは、マツダが注力している「サポカーS・ワイド」への対応が主な狙いで、12月7日から発売されます。なお、「サポカーS・ワイド」と.. 続きを読む

稲垣吾郎の“結婚式”出席のIMALU&JOY、式での3人の様子明かす

稲垣吾郎の“結婚式”出席のIMALU&JOY、式での3人の様子明かす

【JOY・IMALU/モデルプレス=11月8日】タレントのIMALUとJOYが8日、都内で行われた「第10回 日本シューズベストドレッサー賞」記者発表会に出席した。◆稲垣吾郎の“結婚式“どんな様子だった?2人は、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎.. 続きを読む

政府系金融機関・商工中金、組織ぐるみの不正で民業圧迫が発覚…民営化阻止のための脱法行為

政府系金融機関・商工中金、組織ぐるみの不正で民業圧迫が発覚…民営化阻止のための脱法行為

政府系金融機関の商工組合中央金庫(商工中金)は、国の低利融資制度の「危機対応業務」をめぐる不正融資問題で、経済産業省出身の安達健祐社長、財務省出身の稲垣光隆副社長、商工中金プロパーの菊地慶幸副社長の代表取締役3人全員が引.. 続きを読む

日本で「キャッシュレス」が進まないのは「加盟店の利用手数料が高い」ため!? 「小売店にメリットがない」「確実に赤字になる」

日本で「キャッシュレス」が進まないのは「加盟店の利用手数料が高い」ため!? 「小売店にメリットがない」「確実に赤字になる」

海外での普及が著しいカード決済。『Economist』の記事によると、現金での支払いはイギリスで22%、アメリカで34%、韓国で10%、中国で50%となっている一方で、日本においては経済産業省の調べによると、クレジットカードを1年間に1回.. 続きを読む

トヨタ、プリウスのサポカー特別仕様車と誕生20周年記念特別仕様車を発売!

トヨタ、プリウスのサポカー特別仕様車と誕生20周年記念特別仕様車を発売!

トヨタはプリウスを一部改良するとともに、2つの特別仕様車を設定し、全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店を通じて、11月1日に発売した。なお、特別仕様車Aプレミアム“ツーリングセレクション・20th Anniversary L.. 続きを読む

「クールジャパン担当の役人は素人ばかりで戦略もない」岩井俊二監督が政府の稚拙なクールジャパン戦略に苦言

「クールジャパン担当の役人は素人ばかりで戦略もない」岩井俊二監督が政府の稚拙なクールジャパン戦略に苦言

「クールジャパン」なる標語がかまびすしく喧伝されるようになって久しいが、その成果は一部のアニメ作品に関するもの以外ほとんど聞こえてこないのが現状だ。そんな状況に対し、岩井俊二監督が疑問の声をあげている。それは、「SPA!」.. 続きを読む

今マツダに何が起きているのか? スカイアクティブX誕生の背景とは?

今マツダに何が起きているのか? スカイアクティブX誕生の背景とは?

■マツダ次世代技術徹底考察2017 vol.1/52017年10月上旬、マツダは注目のスカイアクティブXを中心とした次世代技術の説明会を行なった。技術説明の前段として、マツダの考える地球環境、社会問題への対応、そしてクルマを通じて豊かな人生.. 続きを読む

三菱財閥、謎のベールに包まれた「最強組織」の秘密と内実

三菱財閥、謎のベールに包まれた「最強組織」の秘密と内実

1893年(明治26年)に設立された三菱合資会社にそのルーツを持ち、実に120年以上の歴史を誇る三菱財閥。金融、電機、自動車、化学など幅広い業界にわたる企業群を有し、日本に存在する財閥のなかでも、日本経済における存在感や強い結束.. 続きを読む

マツダCX-5 2017年度前期JNCAP予防安全性能評価で最高ランク「ASV++」を獲得

マツダCX-5 2017年度前期JNCAP予防安全性能評価で最高ランク「ASV++」を獲得

マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を搭載した「マツダ CX-5」が、2017年度前期自動車アセスメント(JNCAP)予防安全性能評価において、最高ランク「ASV++(エーエスブイ ダブルプラス)」を獲得した。自動.. 続きを読む

【東京モーターショー2017】第45回東京モーターショー2017開催! 本日より11月5日(日)まで

【東京モーターショー2017】第45回東京モーターショー2017開催! 本日より11月5日(日)まで

1954年日比谷公園で始まった第1回全日本自動車ショウから数えて第45回目となる東京モーターショー2017が、本日のプレスデーを皮切りにスタートしました。会場はビッグサイト。会期は、25,26日がプレスデー、27日のオフィシャルデー/プレ.. 続きを読む

【東京モーターショー2017】トヨタ、「おもてなしの心」を反映した、様々な人に優しい次世代タクシー、JPN TAXIを発売

【東京モーターショー2017】トヨタ、「おもてなしの心」を反映した、様々な人に優しい次世代タクシー、JPN TAXIを発売

トヨタは、新型車JPN TAXI(ジャパンタクシー)を開発し、全国のトヨタ店、トヨペット店を通じて10月23日に発売した。JPN TAXIは、日本の“おもてなしの心”を反映し、お子様、高齢者、車いす使用者、外国からの観光客など、様々な人に優し.. 続きを読む

東芝メモリ買収に「失敗」した鴻海、実は圧倒的に有利な立場だった

東芝メモリ買収に「失敗」した鴻海、実は圧倒的に有利な立場だった

●やっと東芝メモリの売却先が決定した東芝は9月28日、米ファンドのベインキャピタルを中心とする「日米韓連合」と、東芝メモリを売却することで正式に契約した。しかし今後も問題は山積している。買収に失敗した米ウエスタンデジタル(WD.. 続きを読む

大不評「プレフラ」の背後で、ミスドやジョナサンがこんなにお得に!

大不評「プレフラ」の背後で、ミスドやジョナサンがこんなにお得に!

経済産業省や経団連が連携して始まった、月末金曜日に早めの退社を促す「プレミアムフライデー」。15時に仕事を終わらせて、その後の時間を買い物や余暇に充てる消費喚起のキャンペーンですが、今年の2月に導入して以来、イマイチ盛り上.. 続きを読む

第23回日本EVフェスティバルを2017年11月3日、筑波サーキット・コース1000で開催

第23回日本EVフェスティバルを2017年11月3日、筑波サーキット・コース1000で開催

一般社団法人 日本EVクラブでは、今年で23回目を迎えるEVの祭典「日本EVフェスティバル」を2017年11月3日、筑波サーキット・コース1000で開催する。おもなプログラムは、恒例のコンバートEV1時間ディスタンスチャレンジ、ERK(エレクトリ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。