筒井康隆の最新情報

筒井康隆 に関するニュース検索結果   103件

上白石萌歌主演で『続・時をかける少女』が初舞台化 脚本・演出はヨーロッパ企画・上田誠

上白石萌歌主演で『続・時をかける少女』が初舞台化 脚本・演出はヨーロッパ企画・上田誠

『続・時をかける少女』が、主演に上白石萌歌、脚本・演出にヨーロッパ企画・上田誠を迎えて、2018年2月に初舞台化することが決定した。筒井康隆著『時をかける少女』の続編として、脚本家・石山透により創作された本作は、実に45年の時.. 続きを読む

『続・時をかける少女』初舞台化! 主演:上白石萌歌/脚本・演出:上田誠

『続・時をかける少女』初舞台化! 主演:上白石萌歌/脚本・演出:上田誠

世代を超えて愛され続けている青春小説の名作『時をかける少女』(筒井康隆 著)の続編『続・時をかける少女』。今回、主演に上白石萌歌(17)、SF コメディの旗手ヨーロッパ企画 上田誠による脚本・演出にて初の舞台化が決定した。1972.. 続きを読む

NHK
「時をかける少女」続編を初舞台化 上白石萌歌が主演務める<本人コメント>

「時をかける少女」続編を初舞台化 上白石萌歌が主演務める<本人コメント>

【上白石萌歌・時をかける少女/モデルプレス=10月20日】世代を超えて愛され続けている青春小説の名作「時をかける少女」(著 筒井康隆)の続編「続・時をかける少女」が、主演・上白石萌歌、脚本&演出・上田誠氏にて、初めて舞台化が.. 続きを読む

『時をかける少女』続編が初舞台化! 主演・上白石萌歌「駆け抜けたい」

『時をかける少女』続編が初舞台化! 主演・上白石萌歌「駆け抜けたい」

青春小説の名作『時をかける少女』(筒井康隆著)の続編『続・時をかける少女』の初の舞台化が決定した。主演は女優の上白石萌歌(17)、脚本・演出はSFコメディの旗手であるヨーロッパ企画の上田誠氏が手掛ける。1972年に『時をかける少女』.. 続きを読む

NHK
都民ファ「自宅禁煙」条例が波紋…過剰なタバコ・バッシングに喫煙擁護派が反論

都民ファ「自宅禁煙」条例が波紋…過剰なタバコ・バッシングに喫煙擁護派が反論

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、全国的に禁煙ムードが高まっている。そんななかで、都民ファーストの会から「東京都子どもを受動喫煙から守る条例案」が9月の都議会定例会に提出され、10月5日に賛成多数で可決された。.. 続きを読む

            【Scheherazade】“もう一度”があれば、そこには希望が生じる

【Scheherazade】“もう一度”があれば、そこには希望が生じる

Jプログレ界黎明期を支えた伝説のバンド、シェラザードが結成40周年を迎え、全編新曲によるアルバム『once more』を発表した。体調を崩していた時期もあったが、それを乗り越えて楽曲を完成させたというコンポーザーの平山照継(Gu)にメ.. 続きを読む

大島丈の“イケボ”朗読会「表参道文學『大島丈の巻 其のニ』」特別インタビュー&イベントレポ

大島丈の“イケボ”朗読会「表参道文學『大島丈の巻 其のニ』」特別インタビュー&イベントレポ

セクシー男優・大島丈による朗読会「表参道文學『大島丈の巻 其のニ』」が9月16日、東京・表参道のNOSE art garageで行われた。■ セクシーな“イケボ”に女性ファンはメロメロ!アダルト界きっての芝居のうまさと色気あふれる低音ボイスで.. 続きを読む

朝ドラ『ひよっこ』の富さん役で話題の白石加代子が朗読劇『笑った分だけ、怖くなるvol.2』で本領発揮!

朝ドラ『ひよっこ』の富さん役で話題の白石加代子が朗読劇『笑った分だけ、怖くなるvol.2』で本領発揮!

女優・白石加代子が絶好調だ。芸歴50周年にして“初の朝ドラ”となった連続テレビ小説『ひよっこ』が大好評。ヒロイン・みね子(有村架純)らが暮らす「あかね荘」の大家・立花富役をコミカルに演じ、お茶の間で話題を呼んでいる。特に、9.. 続きを読む

 「家紋大図鑑」で俯瞰力が身に付き、アイディア出しに活かせられている------アノヒトの読書遍歴:石黒謙吾さん(後編)

「家紋大図鑑」で俯瞰力が身に付き、アイディア出しに活かせられている------アノヒトの読書遍歴:石黒謙吾さん(後編)

「著述家」、「分類王」として活動し、プロデュース業などさまざまな分野で活躍を続ける石黒謙吾さん。遠藤周作さんの『ぐうたら人間学 狐狸庵閑話』から人生観を学び、筒井康隆さんの『乱調文学大辞典』から発想を身に付けたそう。そん.. 続きを読む

 遠藤周作から生き方を学び、筒井康隆から発想を学んだ------アノヒトの読書遍歴:石黒謙吾さん(前編)

遠藤周作から生き方を学び、筒井康隆から発想を学んだ------アノヒトの読書遍歴:石黒謙吾さん(前編)

「著述家」「分類王」として活動し、多くの書籍の執筆に加え、プロデュースや編集も手掛ける石黒謙吾さん。著書ではノンフィクション作品の『盲導犬クイールの一生』は映画化され大きな話題となりました。分類王としても『図解でユカイ』.. 続きを読む

灼熱の「映画&ドラマの艶ヒロイン」を総直撃!<直撃4>中島はるみ・文学賞殺人事件

灼熱の「映画&ドラマの艶ヒロイン」を総直撃!<直撃4>中島はるみ・文学賞殺人事件

70年代から80年代にかけ、トップモデルとして、また女優として輝きを放った中島はるみ(57)。唯一の一糸まとわぬ姿を見せた映画には、思いがけないドラマがあった。──実は週刊アサヒ芸能で、89年公開の「文学賞殺人事件 大いなる助走」.. 続きを読む

サマーウォーズは2位! 細田アニメ、一番好きなのは?

サマーウォーズは2位! 細田アニメ、一番好きなのは?

宮崎駿監督(76)の後継者ともささやかれ、今や日本を代表するアニメ映画監督と言ってもけっして過言ではない、細田守監督(49)。8月18日の『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)では、同番組4回目となる細田作品『サマーウォーズ』がオ.. 続きを読む

バイオハザードに幻の「2」が!? “発売中止”のプレステゲームとは

バイオハザードに幻の「2」が!? “発売中止”のプレステゲームとは

総数にして3290本もリリースされた初代プレイステーションのゲームだが、その陰には、開発に入ったものの様々な理由で発売中止となった作品がある。現在発売中のガイドブック『懐かしのプレイステーションコンプリートブック 語ろう! .. 続きを読む

CIAにスパイ容疑をかけられ…太平洋戦争の映画を撮った米国出身監督の数奇な半生

CIAにスパイ容疑をかけられ…太平洋戦争の映画を撮った米国出身監督の数奇な半生

僕らの知らない戦争のリアリティー8月に入ると広島、長崎の原爆の日、そして終戦記念日と、戦争について考えさせられる日が続く。戦争なんて遠い世界のことだと思う人もいれば、緊迫した世界情勢を受けて対岸の火事とは思えないという人.. 続きを読む

鈴木おさむ、テレビ向けではないけど大絶賛!街裏ぴんくにブレイクのヒント

鈴木おさむ、テレビ向けではないけど大絶賛!街裏ぴんくにブレイクのヒント

次世代を担う若手芸人が、鈴木おさむとネタについてブレストし、スターを目指すお笑い番組『冗談手帖』(BSフジ、毎週水曜23:00~)。7月12日の放送では、芸歴10年の漫談師・街裏ぴんくがゲスト出演。鈴木が「この番組で面白い人とたくさ.. 続きを読む

今敏監督の映画「パプリカ」の絵コンテ集が、新規インタビューなども加えて初の書籍化決定!

今敏監督の映画「パプリカ」の絵コンテ集が、新規インタビューなども加えて初の書籍化決定!

惜しくも2010年に亡くなられたアニメ―ション監督今敏監督の傑作映画「パプリカ」が、初めて絵コンテ集として書籍化することが明らかになった。同作の絵コンテは、2007年5月に発売されたDVD特典にストーリーボードブックとして同梱されて.. 続きを読む

「谷崎純一郎や筒井康隆の方がよほど……」 大阪府門真市立中学校図書館のライトノベル問題視にネットユーザーから異論噴出

「谷崎純一郎や筒井康隆の方がよほど……」 大阪府門真市立中学校図書館のライトノベル問題視にネットユーザーから異論噴出

大阪府門真市の市立中学校が生徒のリクエストを受けて『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』『エロマンガ先生』『恋愛負け組の僕に、Hなメイドが届きました。』といったライトノベルを購入していたことが、市議会で「わいせつ扇情的.. 続きを読む

中学校図書室に「エロ扇情的」と言われたラノベを入れることは問題なのか、考えてみた

中学校図書室に「エロ扇情的」と言われたラノベを入れることは問題なのか、考えてみた

大阪府の市立中学校が、図書室の蔵書として入れたライトノベルが、「わいせつで扇情的な描写がある」と市議会で批判されたそうだ。公立中学校の図書館に“わいせつ扇情的”ライトノベル 生徒の要望で公費購入、大阪・門真市 産経WEST担当.. 続きを読む

 【今週はこれを読め! SF編】未知との遭遇、10のスタイル

【今週はこれを読め! SF編】未知との遭遇、10のスタイル

副題が示すとおりのテーマ・アンソロジーだ。「ファーストコンタクト」とは、地球外生命体との接近遭遇である。ファースト、すなわち最初の接触なので、お互いのことがわからず、手探りになるし誤解や疑心暗鬼を生じる。その過程で、人類.. 続きを読む

「少女像をザーメンまみれに……」『時かけ』筒井康隆氏の冒涜発言に韓国人から非難殺到!

「少女像をザーメンまみれに……」『時かけ』筒井康隆氏の冒涜発言に韓国人から非難殺到!

釜山(プサン)の日本総領事館前に慰安婦像が設置されたことを受け、一時帰国していた長嶺安政駐韓大使が4月4日、およそ3カ月ぶりに帰任した。これに対し、作家・筒井康隆がTwitterに書き込んだ文章が物議を醸している。筒井氏は「…長嶺.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。