石原隆の最新情報

石原隆 に関するニュース検索結果   14件

香取慎吾を草なぎ剛と共演させ臨むフジ「視聴率奪取作戦」の捨て身度!

香取慎吾を草なぎ剛と共演させ臨むフジ「視聴率奪取作戦」の捨て身度!

フジテレビが9月29日、定例会見を行った。10月以降の延命が決まった「おじゃMAP!!」で、ジャニーズ事務所を退所した元SMAPの香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎の起用の予定を聞かれた編成統括局長の石原隆取締役は、「企画にふさわしいと思.. 続きを読む

香取慎吾『スマステ』終了についてコメントが波紋?ジャニーズに対する皮肉か

香取慎吾『スマステ』終了についてコメントが波紋?ジャニーズに対する皮肉か

9月29日にフジテレビの定例社長会見が開かれ、編成担当の石原隆編成統括局長(56)が元SMAPの香取慎吾(40)がMCを務める番組『おじゃMAP!!』(同局)の放送の継続を明言し、話題を集めている。石原氏は「これからも我々の立てる番組企画.. 続きを読む

【テレビの開拓者たち / 岩井俊二】アニメ映画化で話題の名作ドラマ「打ち上げ花火―」制作秘話

【テレビの開拓者たち / 岩井俊二】アニメ映画化で話題の名作ドラマ「打ち上げ花火―」制作秘話

叙情的にして斬新な映像美を湛えた作品を次々と発表し、多くの映画ファンを魅了し続けている岩井俊二監督。1991年の処女作「見知らぬ我が子」(関西テレビ)以来、多数の深夜ドラマを手掛けていた彼が、本格的に映画界へ進出するきっかけと.. 続きを読む

新垣結衣と瑛太主演の映画『ミックス。』主題歌&劇中歌をSHISHAMOが書き下ろし

新垣結衣と瑛太主演の映画『ミックス。』主題歌&劇中歌をSHISHAMOが書き下ろし

SHISHAMOの新曲が2曲が、女優・新垣結衣と俳優・瑛太のダブル主演の映画『ミックス。』(10月21日(土)公開)の主題歌と挿入歌に起用される事が発表された。SHISHAMOが映画に主題歌&挿入歌を書き下ろすのは初となる。主題歌の「ほら、.. 続きを読む

「フジテレビ新社長初会見」で言及されたおじゃMAPの運命

「フジテレビ新社長初会見」で言及されたおじゃMAPの運命

(C)まいじつフジテレビの宮内正喜新社長が7月7日、東京都内で初の定例会見を開き「キーワードは“変わる”。新しい風を吹かせたい。全日帯が好調なので、ゴールデン、プライム帯にも反映させたい」と話した。「これはフジテレビの番組編.. 続きを読む

香取慎吾がジャニーズの圧力と『おじゃMAP!!』『スマステ』終了の動きに最後の抵抗! 放送で「末永く番組が続きますように」と祈りを

香取慎吾がジャニーズの圧力と『おじゃMAP!!』『スマステ』終了の動きに最後の抵抗! 放送で「末永く番組が続きますように」と祈りを

ジャニーズ事務所からに退所・独立が発表されて以降、テレビのレギュラー番組の行方が注目を集めているSMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾。芸能マスコミは、ジャニーズ事務所が3人を今後も支援し、本人たちが希望すれば番組継続を認め.. 続きを読む

第21回「刑事ドラマの歴史」

第21回「刑事ドラマの歴史」

まずは、今クールの連ドラの6話までの平均視聴率ベスト5を見てほしい。1位『緊急取調室』(テレ朝)14.1% 2位『小さな巨人』(TBS)13.2% 3位『警視庁・捜査一課長』(テレ朝)12.0% 4位『警視庁捜査一課9係』(テレ朝)11.2% 5.. 続きを読む

【テレビの開拓者たち(6) 小山薫堂】人々の“共感”をどう作っていくかがテレビの課題

【テレビの開拓者たち(6) 小山薫堂】人々の“共感”をどう作っていくかがテレビの課題

80年代半ば、大学在学中に「11PM」(’65~’90年日本テレビ系)で放送作家としてデビューし、90年代以降は、フジテレビの深夜番組の“マーケティング三部作”といわれた「マーケティング天国」(’88~’90年)「カノッサの屈辱」(’90~’91年.. 続きを読む

第14回「21世紀の連ドラ史」

第14回「21世紀の連ドラ史」

さて、今回は21世紀の連ドラの話である。21世紀に入って、もう16年が経つ。気がつけば――90年代の連ドラはちょっと遠くになりつつある。『ロンバケ』や『踊る大捜査線』の話をしても、今の10代にとっては生まれる前の話なのだ。今回、なぜ.. 続きを読む

第11回「フジテレビ物語(後編)」

第11回「フジテレビ物語(後編)」

不思議なもので、組織内に一人スターがいると、そのパワーが他の仲間たちにも伝播し、組織全体の能力の底上げを生むことがある。2016年のプロ野球パシフィック・リーグにおける北海道日本ハムファイターズもそうだった。大谷翔平という1.. 続きを読む

第8回「視聴率の正体、テレビエイジ」

第8回「視聴率の正体、テレビエイジ」

突然だけど――ビデオリサーチ社が発表している視聴率データから、先の7/11~7/17の関東地区のベスト視聴率10を抜き出してみたいと思う。――いかがです?NHKが7つに日テレが2つ、TBSが1つ。NHKが圧倒的だ。僕らは高視聴率番組というと、つい.. 続きを読む

第5回「さらばNHK」

第5回「さらばNHK」

「だがな、一つだけ言っとくことがある。(カメラの方を指さす)「あんた!――テレビの仕事をしていたくせに本気でテレビを愛さなかったあんた!(別を指さす)あんた!―― テレビを金儲けとしか考えなかったあんた!(指さす)よくするこ.. 続きを読む

ドラマ『HERO』はなぜ伝説となったのか? 平均視聴率34.3%を生んだ“ヒットの理由”

ドラマ『HERO』はなぜ伝説となったのか? 平均視聴率34.3%を生んだ“ヒットの理由”

7月18日(土)に公開される映画『HERO』。今さら説明するまでもないが、この作品は2001年1~3月期の連ドラに始まり、2006年7月のスペシャル、2007年9月公開の映画、2014年7~9月期の連ドラシーズン2と続き、今回の劇場版第2弾に至ってい.. 続きを読む

「世にも奇妙な物語」が25周年 最新作では阿部寛とルフィが“共演”

「世にも奇妙な物語」が25周年 最新作では阿部寛とルフィが“共演”

フジテレビ系で1990年から放送されているドラマ「世にも奇妙な物語」。11日の「世にも奇妙な物語 25周年スペシャル・春~人気マンガ家競演編~(仮)」の放送に合わせ、新旧の担当ディレクターらが、実験的なドラマ作りの歴史を語った。.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。