石丸幹二の最新情報

石丸幹二 に関するニュース検索結果   232件

女子高生「これ、やばくね?」 将来彼女たちはどんな言葉を使うのか

女子高生「これ、やばくね?」 将来彼女たちはどんな言葉を使うのか

※写真はイメージ吉元由美の『ひと・もの・こと』作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さん。先生の日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材な.. 続きを読む

「大丈夫?」そのひと言で女は嬉しい 男と女がすれ違うポイント

「大丈夫?」そのひと言で女は嬉しい 男と女がすれ違うポイント

吉元由美の『ひと・もの・こと』作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さん。先生の日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会っ.. 続きを読む

ミュージカル『ジキル&ハイド』、ミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール』の特典付きセット券が登場

ミュージカル『ジキル&ハイド』、ミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール』の特典付きセット券が登場

2018年3月に開催されるミュージカル『ジキル&ハイド』とミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール』の両公演を 観劇する方に向けて、ホリプロよりお得な特典付きセット券「ミュージカル三昧観劇チケット」の販売が決定した。特典は、そ.. 続きを読む

胎内記憶を持つ子どもたち 科学はどのように説明する?

胎内記憶を持つ子どもたち 科学はどのように説明する?

吉元由美の『ひと・もの・こと』作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さん。先生の日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会っ.. 続きを読む

今夜放送! 波瑠主演『BORDER』初スピンオフ 助手時代の“ミカ”の正義が明らかに

今夜放送! 波瑠主演『BORDER』初スピンオフ 助手時代の“ミカ”の正義が明らかに

2014年に放送された直木賞作家・金城一紀原案・脚本、小栗旬主演のドラマ『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』のシリーズ初となるスピンオフ作品『BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~』(テレビ朝日)の前篇が、今夜放送される。本作.. 続きを読む

【試写室】「BORDER 衝動」3年ぶりの“新しい世界”で『至福』のとき

【試写室】「BORDER 衝動」3年ぶりの“新しい世界”で『至福』のとき

「発現」「救出」「連鎖」「爆破」「追憶」「苦悩」「敗北」「決断」「越境」「衝動」「贖罪」あ、別にお経を唱えているわけではなく…。勘のいい人ならすぐにピンとくると思うが、これらは「BORDER」の連続ドラマ、スピンオフ、そして続.. 続きを読む

『スカーレット・ピンパーネル』稽古場レポート!石丸幹二が新キャストたちに期待「強い個性が溢れ出ている」

『スカーレット・ピンパーネル』稽古場レポート!石丸幹二が新キャストたちに期待「強い個性が溢れ出ている」

2017年11月に大阪と東京にて、世界的作曲家フランク・ワイルドホーンが手掛けたミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』が再演される。主演に石丸幹二、ヒロイン役に安蘭けいを迎えて初演されたのが2016年秋。これが大きな話題となり.. 続きを読む

『スカーレット・ピンパーネル』ビジュアル撮影レポート vol.3(全3回) 久保貫太郎、久保田秀敏、多和田秀弥、東 啓介、藤田 玲、則松亜海

『スカーレット・ピンパーネル』ビジュアル撮影レポート vol.3(全3回) 久保貫太郎、久保田秀敏、多和田秀弥、東 啓介、藤田 玲、則松亜海

1997年フランク・ワイルドホーンが作曲を手掛け、NYブロードウェイで初演されたミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』が、再び上演される。昨年秋、世界で活躍する演出家・ガブリエル・バリーがこの公演の為に来日して潤色・演出を.. 続きを読む

『スカーレット・ピンパーネル』ビジュアル撮影レポート vol.2(全3回) 上原理生、泉見洋平、松下洸平

『スカーレット・ピンパーネル』ビジュアル撮影レポート vol.2(全3回) 上原理生、泉見洋平、松下洸平

1997年フランク・ワイルドホーンが作曲を手掛け、NYブロードウェイで初演されたミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』が、再び上演される。昨年秋、世界で活躍する演出家・ガブリエル・バリーがこの公演の為に来日して潤色・演出を.. 続きを読む

大学の『ふわふわな広告』学生たちはどう感じてる?

大学の『ふわふわな広告』学生たちはどう感じてる?

吉元由美の『ひと・もの・こと』作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さん。先生の日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会っ.. 続きを読む

『スカーレット・ピンパーネル』ビジュアル撮影レポート vol.1(全3回)石丸幹二、安蘭けい、石井一孝

『スカーレット・ピンパーネル』ビジュアル撮影レポート vol.1(全3回)石丸幹二、安蘭けい、石井一孝

1997年フランク・ワイルドホーンが作曲を手掛け、NYブロードウェイで初演されたミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』が、再び上演される。昨年秋、世界で活躍する演出家・ガブリエル・バリーがこの公演の為に来日して潤色・演出を.. 続きを読む

平岡祐太、速水もこみちからバトン受け「4代目浅見光彦」に決定

平岡祐太、速水もこみちからバトン受け「4代目浅見光彦」に決定

TBSの人気2時間ドラマ『新・浅見光彦シリーズ』がスタートするに伴い、4代目・浅見光彦役が俳優の平岡祐太に決定したことが発表された。第1弾となる月曜名作劇場『内田康夫サスペンス 新・浅見光彦シリーズ漂泊の楽人越後~沼津・哀しき.. 続きを読む

抱きしめると分泌するホルモン『丁寧な言葉』からも生まれる

抱きしめると分泌するホルモン『丁寧な言葉』からも生まれる

吉元由美の『ひと・もの・こと』作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さん。先生の日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会っ.. 続きを読む

石丸幹二、安蘭けいが贈るミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』ビジュアル撮影の様子が一部解禁

石丸幹二、安蘭けいが贈るミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』ビジュアル撮影の様子が一部解禁

1997年に世界のヒットメーカー、フランク・ワイルドホーン作曲にてNYブロードウェイで初演されたミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』。日本では小池修一郎氏による演出で、 宝塚歌劇団星組が2008年に安蘭けい主演にて初演を迎え.. 続きを読む

フック船長役ジョン・デイビッドソンにインタビュー 「『ファインディング・ネバーランド』は自分自身を探す冒険を意味している」

フック船長役ジョン・デイビッドソンにインタビュー 「『ファインディング・ネバーランド』は自分自身を探す冒険を意味している」

『ファインディング・ネバーランド』は世界中で知られるファンタジーの名作「ピーターパン」の劇作家ジェームズ・マシュー・バリがピーターパンの物語を完成させるまでを描いた作品だ。ジョニー・デップ主演で2004年に公開され、アカデミ.. 続きを読む

荒木奏美、小林沙羅、反田恭平が熱演・熱唱! テレ朝系『題名のない音楽会』で『出光音楽賞 受賞者ガラコンサート』を放送

荒木奏美、小林沙羅、反田恭平が熱演・熱唱! テレ朝系『題名のない音楽会』で『出光音楽賞 受賞者ガラコンサート』を放送

テレビ朝日系『題名のない音楽会』(日曜午前9時~9時30分)が、17日に『第27回出光音楽賞 受賞者ガラコンサート』の模様を、ダイジェスト放送する。「出光音楽賞」は、将来有望な若手、新進音楽家を顕彰するもので、番組の25周年を記念.. 続きを読む

『道ならぬ恋』と『不倫』 表現によって印象が変わる

『道ならぬ恋』と『不倫』 表現によって印象が変わる

吉元由美の『ひと・もの・こと』作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さん。先生の日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会っ.. 続きを読む

波瑠主演の「BORDER」スピンオフドラマ決定! “びっくりぽん”なキャスト集結

波瑠主演の「BORDER」スピンオフドラマ決定! “びっくりぽん”なキャスト集結

小栗旬が、“死者と対話する”特殊能力を持つ刑事・石川安吾を演じるドラマ「BORDER」(テレビ朝日系)。3年ぶりの続編となる、ドラマスペシャル「BORDER 贖罪」が、2017年に放送されることは既報通りだが、このたび放送日が10月22日(日)に.. 続きを読む

住宅街を震撼…波瑠が『BORDER』初のスピンオフで連続殺人事件に立ち向かう

住宅街を震撼…波瑠が『BORDER』初のスピンオフで連続殺人事件に立ち向かう

女優の波瑠が、小栗旬主演のドラマ『BORDER』(原案・脚本/金城一紀)初のスピンオフ作品で主演することが決定。10月6日(金)、13日(金)の23時15分から前編・後編と2週続けて放送され、日本を震撼させる連続殺人事件に立ち向かってい.. 続きを読む

ハワイで挙式を行った際の、サプライズ 母の隣に立っていた人物に「泣けて泣けて」

ハワイで挙式を行った際の、サプライズ 母の隣に立っていた人物に「泣けて泣けて」

吉元由美の『ひと・もの・こと』作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さん。先生の日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会っ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。