皮膚がんの最新情報

皮膚がん に関するニュース検索結果   115件

かさぶたをはがしたくなる理由と、それを避ける方法

かさぶたをはがしたくなる理由と、それを避ける方法

かさぶたってついついはがしてしまうんですよね(いけないとわかっていても)。それを避けるためには、そもそもかさぶたを作らないのが真のプロというもの。始めからかさぶたが存在しなければ、はがしたい衝動を我慢するために、わざわざ.. 続きを読む

ファムケ・ヤンセン、典型的なボトックス過剰顔に?

ファムケ・ヤンセン、典型的なボトックス過剰顔に?

『X-MEN』シリーズのジーン・グレイ役で知られるオランダ人女優のファムケ・ヤンセン(52)も、典型的なボトックス過剰顔になってしまったようだ。皮膚がんのチャリティイベントに、ワンショルダーの超ミニスカートで出席したファムケは、.. 続きを読む

メラニー・グリフィス、鼻のてっぺんの傷はがん再発の恐れ?

メラニー・グリフィス、鼻のてっぺんの傷はがん再発の恐れ?

2009年に皮膚がんの治療を明らかにしていたメラニー・グリフィス(60)に、がん再発の恐れがあると噂されている。当時52歳だったメラニーは、右目の下に黒いアザを作った顔で目撃されたため様々な憶測が流れたが、広報を通じて「あざは、が.. 続きを読む

ピルの効果・副作用……気になるメリット・デメリット

ピルの効果・副作用……気になるメリット・デメリット

ピルは、大きく分けて2つの目的で服用されています。避妊目的と避妊以外の効果である副効用目的です。そしてピルは全世界で何と1億人以上が服用している、ひとつの薬の種類の中では最も多くの人に飲まれている薬なのです。ここではピルを.. 続きを読む

【血管をツンツン…♡】初々しさを感じさせる「ボディタッチ術」6選

【血管をツンツン…♡】初々しさを感じさせる「ボディタッチ術」6選

男の気持ちを引き寄せるのに、有効な手段とされるのがボディタッチ。女子のなかにはすんなり男性のカラダに触れる人もいますが、やっぱり苦手な人が多い。「キモい……」って思われたらどうしようと不安になるし、あざとすぎてもダメ。今回.. 続きを読む

がん免疫療法を正しく知ろう

がん免疫療法を正しく知ろう

■がん免疫療法とは?我々の体には外敵の侵入から自己を守るために、生後間もない頃から免疫機能が備わっています。その免疫の働きによって、ヒトは自らの正常細胞と、様々な病原体やそれに感染した異常細胞を区別して、後者のみを攻撃し.. 続きを読む

このアイテムはオーストラリア人が抱える「ジレンマ」から生まれていた。

このアイテムはオーストラリア人が抱える「ジレンマ」から生まれていた。

今年の夏、多くのメディアに取り上げられて注目を集めた顔だけ焼かないビーチアイテム「Shader」。見たことがある人もいると思います。Shaderが生まれたのは、日本とは逆にこれから夏が始まるオーストラリアですが、まずは使い勝手のおさ.. 続きを読む

俺…チ●ポがん!? 自分のペニスが「ほくろのような皮膚がん」こと『メラノーマ(悪性黒色腫)』に侵されたとパニクって、病院に駆け込み検査した結果

俺…チ●ポがん!? 自分のペニスが「ほくろのような皮膚がん」こと『メラノーマ(悪性黒色腫)』に侵されたとパニクって、病院に駆け込み検査した結果

どんなに元気で健康な人であろうとも、決して他人事ではない病気が「癌(がん)」である。自分によく似た祖父もがんで亡くなったし、いつかは自分もがんになる……と、私は常日頃から思っている。だが、その「いつか」は意外と早くやってき.. 続きを読む

ほくろが増える原因は? ほくろの多い人と少ない人では何が違うか

ほくろが増える原因は? ほくろの多い人と少ない人では何が違うか

ふとした時に気になってしまうのがほくろです。思いもよらぬ場所にできていたり、以前にはなかった場所にできていたりと、不思議です。ほくろはなぜできるのでしょうか? そして、なぜほくろの多い人と少ない人がいるのでしょうか。■30.. 続きを読む

キャサリン妃妹、胸元が大きくあいたドレスがシミとホクロだらけで大不評!

キャサリン妃妹、胸元が大きくあいたドレスがシミとホクロだらけで大不評!

現在開催中のウィンブルドン選手権で、試合を観戦したキャサリン妃の妹、ピッパのドレスがまたもや不評を買っている。格式ある試合の場で、史上最高のスケスケなドレスを着ていたことで炎上騒ぎになったピッパは、今度は胸元が大きく開い.. 続きを読む

UVカーディガンのメカニズムって?効果が長続きしやすいものは?

UVカーディガンのメカニズムって?効果が長続きしやすいものは?

紫外線が気になる季節がやってきた。日焼けだけでなく、シミやシワ、皮膚がんなど、人体に与える紫外線のさまざまな影響が気になるところ。日焼け止めクリームや日傘などでの対策はもちろん、UVカット加工されているカーディガンを活用し.. 続きを読む

日焼けはどんな悪影響を肌に及ぼす? 日焼けの対処法をチェックしよう

日焼けはどんな悪影響を肌に及ぼす? 日焼けの対処法をチェックしよう

昔は、外で日に焼けて肌が黒くなることが健康の証であったり、健康に良いというようなことが言われていました。ですが、現代では、日光に直接当たらない方が良いと言われるようになりました。日焼けをすることで悪影響があるので、色々と.. 続きを読む

一般の人たちは「AIによる未来社会」をそれほど心配していない:調査結果

一般の人たちは「AIによる未来社会」をそれほど心配していない:調査結果

人工知能(AI)が多くの人の仕事を奪う可能性について、技術分野の専門家やメディアは、うんざりするほど議論を交わしています。では、一般的な労働者や消費者も、同じような不安を抱えているのでしょうか?この疑問に答えるべく、新しい.. 続きを読む

毎日摂りたい!医学博士に聞いた「光老化を防ぐ食べる美白対策」

毎日摂りたい!医学博士に聞いた「光老化を防ぐ食べる美白対策」

老化は誰にでも起こる現象ですが、実年齢と肌年齢は必ずしも比例しないですよね。年を重ねても、シミひとつない若々しいお肌の女性ってたくさんいます。その違いはどこから来るのでしょうか?そこで今回は、OVE南青山で開催された「夏の.. 続きを読む

一度「ヒゲ男子」と付き合ったら、もう後戻りはできない…!

一度「ヒゲ男子」と付き合ったら、もう後戻りはできない…!

ヒゲを生やした男性をどう思いますか?米・ニューヨーク在住の女性ライターGigi Engleさん曰く、彼らは男性としての魅力を兼ね備えていて、パートナーとして選ぶのにピッタリなんだそう。「Elite Daily」の彼女の記事には、納得の理由が2.. 続きを読む

唇のできものにどうやって対処すればいい? 症状を見分けるポイント徹底解説

唇のできものにどうやって対処すればいい? 症状を見分けるポイント徹底解説

唇にできものができたけど、赤色だったり黒色だったり、ただれていたり、ぷっくり膨らんでいたりと、症状は人それぞれです。ただのできものと思って放置していると命に関係してくることも。ここでは唇の症状別にどんな病気が隠されている.. 続きを読む

目元シワの原因は紫外線!UV対策は何月から何月まで?

目元シワの原因は紫外線!UV対策は何月から何月まで?

アラフォーになってくると、真剣に考え始めていくのは「肌の若さの貯金は可能になのかどうか」ということではないでしょうか。現実としてこの「肌の若さ」貯金は難しいといえますが、ある程度は可能でもあります。そのキモになるのはUV対.. 続きを読む

紫外線がシワやシミの原因に!肌を守るために有効な対策は?

紫外線がシワやシミの原因に!肌を守るために有効な対策は?

紫外線は、肌に悪い影響を与えるので、紫外線の対策をすることは重要といわれています。紫外線は、肌にどのような影響を及ぼすのかみていきましょう。紫外線には種類がある紫外線には、種類があると考えられています。太陽光には、目に見.. 続きを読む

紫外線は肌の老化を促進させる!?紫外線の働きと肌への影響

紫外線は肌の老化を促進させる!?紫外線の働きと肌への影響

紫外線は女性の敵とみなされがちですが、体内でビタミンDの生成を助けてくれる働きもあります。しかし、長時間の紫外線を浴びるのは、やはり肌に悪い影響を及ぼすようです。紫外線の働きって?紫外線を含む太陽光は、人を含む多くの生物.. 続きを読む

胸のしこりには良性と悪性がある!見分け方と簡単セルフチェック方法

胸のしこりには良性と悪性がある!見分け方と簡単セルフチェック方法

「胸のしこり」と聞くと、すぐに乳がんを考えてしまいがちですが、中には良性のしこりも何種類かあります。もし、しこりを見つけた場合は、慌てず焦らず適切な対応がとれるよう、予め詳しく知っておくと安心ですね。今回は乳がんだけでは.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。