珍遊記の最新情報

珍遊記 に関するニュース検索結果   77件

【神のイタズラ】Googleで「漫画太郎」と検索してはいけないたった1つの理由

【神のイタズラ】Googleで「漫画太郎」と検索してはいけないたった1つの理由

1980年代から90年代にかけてのいわゆる「少年ジャンプ黄金期」に、一際異彩を放っていた漫画家がいる。そう、漫☆画太郎(まん がたろう)先生である。ギャグ漫画『珍遊記』が爆発的な人気を集め、第1巻は近所の本屋で売り切れ続出。幻の.. 続きを読む

雨宮尊龍(斎藤工)のシーンを追加撮影!『HiGH&LOW THE RED RAIN』が特別版となってテレビ初放送へ

雨宮尊龍(斎藤工)のシーンを追加撮影!『HiGH&LOW THE RED RAIN』が特別版となってテレビ初放送へ

8月11日(金)夜9時から、『HiGH&LOW THE MOVIE 特別版 from THE RED RAIN』が『金曜ロードSHOW!』(日本テレビ系)にて放送されることが決定した。『HiGH&LOW THE MOVIE 特別版 from THE RED RAIN』は、2016年10月に公開された映画『HiG.. 続きを読む

広瀬アリスに「趣味がおじさん」ケンコバが指摘

広瀬アリスに「趣味がおじさん」ケンコバが指摘

6月29日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に、女優の広瀬アリス(22)が出演。好きな漫画について語り、お笑いタレントの“ケンコバ”ことケンドーコバヤシ(45)らを驚かせる場面があった。この日の企画は“本屋でマンガ大好き芸人.. 続きを読む

桐山漣の意外な素顔「寂しがり屋だけどひとりが好き」

桐山漣の意外な素顔「寂しがり屋だけどひとりが好き」

■主演・桐山漣×原案・広井王子のオリジナルドラマテレビ東京ほかにて2017年4月7日(金)より放送が開始されるドラマ『コードネームミラージュ』。2クール25話を使って繰り広げられる原案を『サクラ大戦』『魔神英雄伝ワタル』シリーズな.. 続きを読む

松山ケンイチ、よく喋る大泉洋にクレーム!? 「何の参考にもならない!」

松山ケンイチ、よく喋る大泉洋にクレーム!? 「何の参考にもならない!」

松山ケンイチが8日、第59回ブルーリボン賞授賞式に登壇。漫☆画太郎が描いた『聖の青春』の主人公「村山聖」のオリジナルイラストで会場を沸かせるも、受賞の喜びを語る際には、終始会場の笑いを取ったお喋り司会者・大泉洋に「本っ当にペ.. 続きを読む

松山ケンイチ、“増量のみ”注目されるのは不本意? 「役者の皆さんは間違いなくやっています」

松山ケンイチ、“増量のみ”注目されるのは不本意? 「役者の皆さんは間違いなくやっています」

東京映画記者会(報知新聞社など在京7紙)が主催する「第59回 ブルーリボン賞授賞式」が8日、東京都内で行われ、映画『聖の青春』に主演した松山ケンイチが主演男優賞を受賞した。この作品は、29歳にして亡くなった天才棋士・村山聖さん.. 続きを読む

冬ドラマの出演俳優で誰が好き?人気ランキングを発表

冬ドラマの出演俳優で誰が好き?人気ランキングを発表

1月期のテレビドラマが放送をスタート!そこで、今期出演するおもな男性俳優をしらべぇ編集部がピックアップし、全国の20~60代男女1,378名に「もっとも好きな俳優」ひとりを選んでもらった。なお、女優の人気度ランキングでもっとも票数.. 続きを読む

【HUNTER×HUNTER】漫画家・冨樫義博作品の知られざる極秘情報12選【幽☆遊☆白書】

【HUNTER×HUNTER】漫画家・冨樫義博作品の知られざる極秘情報12選【幽☆遊☆白書】

冨樫義博さんといえば、「HUNTER×HUNTER」(ハンターハンター)や「幽☆遊☆白書」などの代表作で知られる人気漫画家です。細かく作り込まれたストーリーや設定は他の漫画家の作品とは一線を画していて、幅広い世代から人気を集めている漫画.. 続きを読む

売れっ子なのに、なぜその役を引き受けた!?罰ゲーム俳優TOP5

売れっ子なのに、なぜその役を引き受けた!?罰ゲーム俳優TOP5

世の中には売れっ子でありながら、「喜々として、ヘンな役を引き受ける」「過酷な撮影に身を投じる」「爆死必至な作品に出演する」などして、映画やドラマ好きの一部から「あれは○○の罰ゲームだ」と言われる俳優がいる。そんなコメントを.. 続きを読む

【インタビュー『HiGH&LOW THE RED RAIN』】斎藤工 「二人はキン肉マン消しゴムみたいな体でした」 TAKAHIRO&登坂広臣の肉体美を語る

【インタビュー『HiGH&LOW THE RED RAIN』】斎藤工 「二人はキン肉マン消しゴムみたいな体でした」 TAKAHIRO&登坂広臣の肉体美を語る

ドラマや映画、ライブなどさまざまなメディアを連動させて展開しているエンターテインメント・プロジェクト「HiGH&LOW」の、劇場版第2弾となる『HiGH&LOW THE RED RAIN』が10月8日から公開される。本作は、シリーズを通してTAKAHIRO.. 続きを読む

第1回 『テラフォーマーズ』は5点じゃなかった!?

第1回 『テラフォーマーズ』は5点じゃなかった!?

■ほんとに5点なのか見に行ってみた『テラフォーマーズ』。『週刊ヤングジャンプ』で連載されている人気マンガである。西暦2599年、火星のテラフォーミング計画の一環として送り込んでいた“ゴキブリ”を駆除するため、訓練を受けたバクズ2.. 続きを読む

【FM802×TSUTAYA ACCESS!キャンペーン ACCESS!LIVE!】くるり、RIP SLYMEらが春を締めくくるキャンペーンイベントをレポート!

【FM802×TSUTAYA ACCESS!キャンペーン ACCESS!LIVE!】くるり、RIP SLYMEらが春を締めくくるキャンペーンイベントをレポート!

5月24日(火)、なんばHatchにて、【「FM802×TSUTAYA」キャンペーン ACCESS!LIVE!】に750組1500名が無料招待され、開催された。 このイベントは、リスナーの新生活を音楽で応援する春のキャンペーンで、現在までで全9曲、FM802にゆかり.. 続きを読む

これが私?「漫☆画太郎風」の似顔絵ができるサイトが話題

これが私?「漫☆画太郎風」の似顔絵ができるサイトが話題

実写映画化もされた『珍遊記 太郎とゆかいな仲間たち』など数々の名作を世に送り出してきた人気漫画家・漫☆画太郎先生。その独特の画風は多くのファンを虜にしてやまず、「画太郎先生に似顔絵を描いてもらいたい」と熱望する人も少なく.. 続きを読む

【今すぐ試せ】無料で「漫☆画太郎」風にアイコンが作れるぞォォオオオ! やってみたら生き写しでビビった(笑)

【今すぐ試せ】無料で「漫☆画太郎」風にアイコンが作れるぞォォオオオ! やってみたら生き写しでビビった(笑)

2016年、まさかの実写版映画が公開された漫画・珍遊記。もちろん作者は「漫☆画太郎」先生で、その独特なタッチは一度見たら忘れられない強烈な個性を放っている。そんな「漫☆画太郎」先生風のアイコンが作れるサービスが開始されたのでお.. 続きを読む

『週刊少年ジャンプ』歴代最強キャラBEST10!ファン予想外の結果に

『週刊少年ジャンプ』歴代最強キャラBEST10!ファン予想外の結果に

1968年の創刊から現在まで、さまざまな大ヒットマンガを生み出してきた『週刊少年ジャンプ』。なかでもバトル系や、誰からも憧れる強いキャラクターが多数登場する漫画は好んで読んでいたという読者は多いだろう。だが、そんな最強キャラ.. 続きを読む

“岩井俊二と篠田昇”を須賀貴匡&津田寛治が語る

“岩井俊二と篠田昇”を須賀貴匡&津田寛治が語る

■龍騎の2人がゆうばりで映画を語る……!2002年『仮面ライダー龍騎』での共演が出逢いだったという俳優・須賀貴匡と津田寛治。2人の対談の場所となったのは、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭の会場。2016年の映画祭では、須賀貴匡さ.. 続きを読む

RIP SLYME・DJ FUMIYA 誕生日を“ふなっしー”ケーキでお祝い

RIP SLYME・DJ FUMIYA 誕生日を“ふなっしー”ケーキでお祝い

ヒップホップグループ・RIP SLYMEのトラックメーカー・DJ FUMIYAが3月14日、37歳の誕生日を迎えた。グループ公式のInstagramには多くのお祝いメッセージが届いている。今月にメジャーデビュー15周年を迎える、RIP SLYME。2月24日にはJ1サ.. 続きを読む

【ネタバレなし】90分で18発の屁! 実写版『珍遊記』がただの “神” 映画な件

【ネタバレなし】90分で18発の屁! 実写版『珍遊記』がただの “神” 映画な件

90年代「週刊少年ジャンプ」黄金期に連載を開始し、ジャンプと思えないようなエクストリームな絵と内容で子供たちの心に傷をつけたギャグ漫画・珍遊記。この漫画が松山ケンイチ主演で実写映画化されるのは以前お伝えした通り。そして、20.. 続きを読む

バカリズムだけじゃない「脚本家に抜擢」された芸人たち

バカリズムだけじゃない「脚本家に抜擢」された芸人たち

3月7日からフジテレビ系で4夜連続で放送されるドラマ『桜坂近辺物語』。山本耕史、勝地涼、川口春奈、中村蒼といったそうそうたるメンバーが出演するこのスペシャルドラマ、脚本を務めているのはなんとお笑い芸人のバカリズムさんです。.. 続きを読む

【激怒】映画「珍遊記」観客がブチギレ激怒で途中退場! 「進撃の巨人」以上のクソ映画で酷評の嵐

【激怒】映画「珍遊記」観客がブチギレ激怒で途中退場! 「進撃の巨人」以上のクソ映画で酷評の嵐

週刊少年ジャンプで連載されていた人気クソ漫画「珍遊記」が、主人公役に松山ケンイチを迎えて実写映画化。上映数か月前から「どんな映画になるんだ!!」「クソ漫画だけどクソ映画にはなるまい」と大きな期待が集まっていたが、実はとんで.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。