湖北省の最新情報

湖北省 に関するニュース検索結果   121件

アフリカ人を動物と並べて展示 中国の博物館で「人種差別」と物議<動画あり>

アフリカ人を動物と並べて展示 中国の博物館で「人種差別」と物議<動画あり>

中国の博物館で展示された写真が「人種差別では」とネット上で物議を醸した。アフリカ人の子供の顔とチンパンジーの威嚇した顔が同じフレームに並べられているが、このことを知った多くのアフリカ人が怒りを露わにした。『Shanghaiist』.. 続きを読む

ついに大学が「性教育」に乗り出した 中国・湖北省で若年層エイズ急増を受けて

ついに大学が「性教育」に乗り出した 中国・湖北省で若年層エイズ急増を受けて

中国の若年層でエイズ患者が増加していることをご存じであろうか。すべては正しい性の知識、教育が不足しているからである。やや遅いと言わざるを得ないものがあるが、このほど中国・湖北省のある大学が性教育に真剣に取り組み始めたもよ.. 続きを読む

悪性腫瘍と闘う2歳の我が子を捨てた母親、治療費を持ち逃げ(中国)

悪性腫瘍と闘う2歳の我が子を捨てた母親、治療費を持ち逃げ(中国)

幼い我が子が病に侵されているとあっては、どんなことをしても救ってやりたいと思うのが親ではないだろうか。しかし中国湖北省宜城市のある母親は我が子の治療費となるべき金を持ち逃げし、病と闘う息子を捨てた。あまりにも非情なこの母.. 続きを読む

ナスDもビックリ! タトゥーの染料が体内に浸透し、肝臓が青色に変色しちゃった!?

ナスDもビックリ! タトゥーの染料が体内に浸透し、肝臓が青色に変色しちゃった!?

人気深夜番組『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』(テレビ朝日系)の名物ディレクター“ナスD”こと友寄隆英氏といえば、タトゥーに使う染料を顔や体に塗ってしまい、全身がナスのように真っ黒になってしまったが、最近の研究では.. 続きを読む

中国で“火炎放射器付き”のドローンが登場! その用途はゴミ除去用

中国で“火炎放射器付き”のドローンが登場! その用途はゴミ除去用

これでもう、高所での危険な作業は必要なし! 高圧電線等に引っかかったゴミなどを排除するするため、“火炎放射器”を装備する。 そんな驚きのドローンが今年、中国で登場した。     この映像は、中国・湖北省で撮影されたものである。.. 続きを読む

子どもたちを襲う「下半身クライシス」 漏電で陰茎丸焦げ&膣内に髪留め3年間放置

子どもたちを襲う「下半身クライシス」 漏電で陰茎丸焦げ&膣内に髪留め3年間放置

児童を狙った誘拐の多発に環境汚染、食の安全の問題と、中国での子育てはさまざまなリスクが存在しているが、ここ最近、“性器”にまつわる事件や事故が相次いでいる。「北青網」(9月11日付)などによると、黒竜江省ハルビン市で、男児(2.. 続きを読む

脂っこいお肉が大好きな高齢女性 胆石800個を摘出(中国)

脂っこいお肉が大好きな高齢女性 胆石800個を摘出(中国)

昨年春、現代人の食生活について米コーネル大学で人間生態学・栄養学の研究を続けているトム・ブレンナ、クマール・コタパリ両博士が「先祖は野菜・穀物中心、自分は肉食」という人がガン・心臓病になりやすいとの論文を『Molecular Biol.. 続きを読む

ルノー・日産アライアンスが中国・東風汽車集団と電気自動車も共同開発を行う合弁会社を設立

ルノー・日産アライアンスが中国・東風汽車集団と電気自動車も共同開発を行う合弁会社を設立

ルノー・日産アライアンスと東風汽車集団股份有限公司は2017年8月29日、中国で電気自動車の共同開発を行う新たな合弁会社を設立することで合意した。新しい合弁会社eGT New Energy Automotive Co., Ltd.(eGT)は、ルノー・日産アライア.. 続きを読む

借金の焦げ付き4億円超 59歳の女、踏み倒そうと美容整形(中国)

借金の焦げ付き4億円超 59歳の女、踏み倒そうと美容整形(中国)

多額の借金や犯罪の捜査から逃れようとする人間なら、誰もが一度は考えそうなこと―それは美容整形で人相を変えてしまうことではないだろうか。しかし世の中はそう甘くはない。中国から興味深いニュースが伝えられた。『新華社通信』など.. 続きを読む

下からのぞき放題! 中国の観光地で続々オープンの「ガラスの橋」が盗撮の名所に

下からのぞき放題! 中国の観光地で続々オープンの「ガラスの橋」が盗撮の名所に

このところ、中国の山岳地帯にある観光地でガラス製の橋が次々と建設され、多くの観光客を呼び込んでいる。あまりの人気ぶりでオープンから10日あまりで営業が一時見合わせとなったり、開通2週間で下のガラス部分に亀裂が入って観光客を.. 続きを読む

女性客のお尻にイチモツを擦りつけ、堂々オナニー? 中国の地下鉄が無法地帯に

女性客のお尻にイチモツを擦りつけ、堂々オナニー? 中国の地下鉄が無法地帯に

経済発展に伴い、全国的に地下鉄網が拡大している中国。しかし、その車内での人民の傍若無人ぶりが問題となっている。中でも最近、多発しているのが痴漢や盗撮、公然わいせつ行為だ。「網易新聞」(7月12日付)など中国メディアの報道に.. 続きを読む

染谷将太主演、日中合作映画『空海‐KU-KAI‐』第1弾ポスタービジュアル解禁

染谷将太主演、日中合作映画『空海‐KU-KAI‐』第1弾ポスタービジュアル解禁

総製作費150億円の日中共同製作映画『空海‐KU-KAI‐』の第1弾ポスタービジュアルが解禁となった。ビジュアルでは雄大な長安の都をバックに遣唐使・空海を演じる染谷将太の姿が中央に鎮座。王朝、そして歴史をも揺るがす巨大な謎に迫る、若.. 続きを読む

母親に厳しく躾けられた脳性麻痺の男性、ハーバード大学院に入学(中国)

母親に厳しく躾けられた脳性麻痺の男性、ハーバード大学院に入学(中国)

出産時に困難を極めたことで、窒息死寸前になった男児は脳性麻痺という重い障がいを背負ってしまった。医師らに「生き続けてもこの子の将来は絶望的だから諦めた方がいい」と言われたが、母は我が子の命を諦めることなど到底できなかった.. 続きを読む

第2子解禁の中国で大繁盛! 村の女性の99%が従事「代理出産村」とは?

第2子解禁の中国で大繁盛! 村の女性の99%が従事「代理出産村」とは?

中国で36年間続いた一人っ子政策が廃止され、昨年1月1日から2人目までの子どもが解禁となった。それから約1年半、各地でプチ出産ブームが巻き起こっている。そんな中、あるサービス業が興隆しているという。それが「代理母出産業」である.. 続きを読む

12歳女児の卵巣から6キロの異物が……中国で“リアルピノコ”巨大奇形腫の出現が相次ぐ

12歳女児の卵巣から6キロの異物が……中国で“リアルピノコ”巨大奇形腫の出現が相次ぐ

手塚治虫の『ブラック・ジャック』に出てくる“ピノコ”を彷彿とさせる症例が中国で相次いでいる。湖北省大悟県に住む12歳の女児、娟娟ちゃんは、両親が武漢に出稼ぎに行っているため、祖父母と暮らしている。今年3月初旬、シャワーを浴び.. 続きを読む

タマヒュン必至! 思春期の青少年に続々襲いかかる「睾丸捻転症」の恐怖

タマヒュン必至! 思春期の青少年に続々襲いかかる「睾丸捻転症」の恐怖

最近中国で、ある奇病がまん延している。思春期の男子を中心に、睾丸がよじれる「睾丸捻転症」が続発しているのだ。一説によると、その痛みは尿管結石を超え、男性が経験する痛みの中で最大であるともいわれている。「上海晩報」によると.. 続きを読む

ほつれた縫合糸が皮下から大量に……! 整形手術後1カ月で鼻が崩壊した女性

ほつれた縫合糸が皮下から大量に……! 整形手術後1カ月で鼻が崩壊した女性

中国の美容整形市場は日本円で8兆5,000億円に迫り、いまやアメリカやブラジルに次ぐ世界3位の美容整形大国となっている。しかし、心配なのがその質だ。実際、整形手術にまつわる医療過誤は、日常的に報じられている。そんな中、鼻を高く.. 続きを読む

凶悪すぎる… 中国では“火炎放射器”装備のドローンが使用されていた

凶悪すぎる… 中国では“火炎放射器”装備のドローンが使用されていた

その利便性や汎用性により、ますます活躍の場を広げている“ドローン”。 しかし、ある道具を組み込むことで想像を絶する危険な使い方もできるようだ。 ウォール・ストリート・ジャーナルが報じるところによれば、中国では、なんと火炎放射.. 続きを読む

小競り合いの末、ナイフで心臓を一突きに……複数の高校教師が男子生徒を惨殺!

小競り合いの末、ナイフで心臓を一突きに……複数の高校教師が男子生徒を惨殺!

日本でもかつて校内暴力が社会問題となったり、教師による過激な体罰がニュースになることも少なくなかったが、お隣・中国では、生徒と教師による小競り合いから、なんと殺人事件に発展してしまったというのだ。「中国青年網」(3月13日.. 続きを読む

中国起業ブームの厳しい現実……若手エリート起業家が転落→一家でテント生活に

中国起業ブームの厳しい現実……若手エリート起業家が転落→一家でテント生活に

IT起業ブームが巻き起こっている中国。独自のネットサービスやアプリを開発し、一夜にして大金を手にする者も少なくない。しかし、現実は厳しい。一時はいい暮らしをしていた高学歴の子連れ夫婦が、事業に失敗したことから財産を失い、公.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。