湖北省の最新情報

湖北省 に関するニュース検索結果   137件

借金の焦げ付き4億円超 59歳の女、踏み倒そうと美容整形(中国)

借金の焦げ付き4億円超 59歳の女、踏み倒そうと美容整形(中国)

多額の借金や犯罪の捜査から逃れようとする人間なら、誰もが一度は考えそうなこと―それは美容整形で人相を変えてしまうことではないだろうか。しかし世の中はそう甘くはない。中国から興味深いニュースが伝えられた。『新華社通信』など.. 続きを読む

下からのぞき放題! 中国の観光地で続々オープンの「ガラスの橋」が盗撮の名所に

下からのぞき放題! 中国の観光地で続々オープンの「ガラスの橋」が盗撮の名所に

このところ、中国の山岳地帯にある観光地でガラス製の橋が次々と建設され、多くの観光客を呼び込んでいる。あまりの人気ぶりでオープンから10日あまりで営業が一時見合わせとなったり、開通2週間で下のガラス部分に亀裂が入って観光客を.. 続きを読む

女性客のお尻にイチモツを擦りつけ、堂々オナニー? 中国の地下鉄が無法地帯に

女性客のお尻にイチモツを擦りつけ、堂々オナニー? 中国の地下鉄が無法地帯に

経済発展に伴い、全国的に地下鉄網が拡大している中国。しかし、その車内での人民の傍若無人ぶりが問題となっている。中でも最近、多発しているのが痴漢や盗撮、公然わいせつ行為だ。「網易新聞」(7月12日付)など中国メディアの報道に.. 続きを読む

染谷将太主演、日中合作映画『空海‐KU-KAI‐』第1弾ポスタービジュアル解禁

染谷将太主演、日中合作映画『空海‐KU-KAI‐』第1弾ポスタービジュアル解禁

総製作費150億円の日中共同製作映画『空海‐KU-KAI‐』の第1弾ポスタービジュアルが解禁となった。ビジュアルでは雄大な長安の都をバックに遣唐使・空海を演じる染谷将太の姿が中央に鎮座。王朝、そして歴史をも揺るがす巨大な謎に迫る、若.. 続きを読む

母親に厳しく躾けられた脳性麻痺の男性、ハーバード大学院に入学(中国)

母親に厳しく躾けられた脳性麻痺の男性、ハーバード大学院に入学(中国)

出産時に困難を極めたことで、窒息死寸前になった男児は脳性麻痺という重い障がいを背負ってしまった。医師らに「生き続けてもこの子の将来は絶望的だから諦めた方がいい」と言われたが、母は我が子の命を諦めることなど到底できなかった.. 続きを読む

第2子解禁の中国で大繁盛! 村の女性の99%が従事「代理出産村」とは?

第2子解禁の中国で大繁盛! 村の女性の99%が従事「代理出産村」とは?

中国で36年間続いた一人っ子政策が廃止され、昨年1月1日から2人目までの子どもが解禁となった。それから約1年半、各地でプチ出産ブームが巻き起こっている。そんな中、あるサービス業が興隆しているという。それが「代理母出産業」である.. 続きを読む

12歳女児の卵巣から6キロの異物が……中国で“リアルピノコ”巨大奇形腫の出現が相次ぐ

12歳女児の卵巣から6キロの異物が……中国で“リアルピノコ”巨大奇形腫の出現が相次ぐ

手塚治虫の『ブラック・ジャック』に出てくる“ピノコ”を彷彿とさせる症例が中国で相次いでいる。湖北省大悟県に住む12歳の女児、娟娟ちゃんは、両親が武漢に出稼ぎに行っているため、祖父母と暮らしている。今年3月初旬、シャワーを浴び.. 続きを読む

タマヒュン必至! 思春期の青少年に続々襲いかかる「睾丸捻転症」の恐怖

タマヒュン必至! 思春期の青少年に続々襲いかかる「睾丸捻転症」の恐怖

最近中国で、ある奇病がまん延している。思春期の男子を中心に、睾丸がよじれる「睾丸捻転症」が続発しているのだ。一説によると、その痛みは尿管結石を超え、男性が経験する痛みの中で最大であるともいわれている。「上海晩報」によると.. 続きを読む

ほつれた縫合糸が皮下から大量に……! 整形手術後1カ月で鼻が崩壊した女性

ほつれた縫合糸が皮下から大量に……! 整形手術後1カ月で鼻が崩壊した女性

中国の美容整形市場は日本円で8兆5,000億円に迫り、いまやアメリカやブラジルに次ぐ世界3位の美容整形大国となっている。しかし、心配なのがその質だ。実際、整形手術にまつわる医療過誤は、日常的に報じられている。そんな中、鼻を高く.. 続きを読む

凶悪すぎる… 中国では“火炎放射器”装備のドローンが使用されていた

凶悪すぎる… 中国では“火炎放射器”装備のドローンが使用されていた

その利便性や汎用性により、ますます活躍の場を広げている“ドローン”。 しかし、ある道具を組み込むことで想像を絶する危険な使い方もできるようだ。 ウォール・ストリート・ジャーナルが報じるところによれば、中国では、なんと火炎放射.. 続きを読む

小競り合いの末、ナイフで心臓を一突きに……複数の高校教師が男子生徒を惨殺!

小競り合いの末、ナイフで心臓を一突きに……複数の高校教師が男子生徒を惨殺!

日本でもかつて校内暴力が社会問題となったり、教師による過激な体罰がニュースになることも少なくなかったが、お隣・中国では、生徒と教師による小競り合いから、なんと殺人事件に発展してしまったというのだ。「中国青年網」(3月13日.. 続きを読む

中国起業ブームの厳しい現実……若手エリート起業家が転落→一家でテント生活に

中国起業ブームの厳しい現実……若手エリート起業家が転落→一家でテント生活に

IT起業ブームが巻き起こっている中国。独自のネットサービスやアプリを開発し、一夜にして大金を手にする者も少なくない。しかし、現実は厳しい。一時はいい暮らしをしていた高学歴の子連れ夫婦が、事業に失敗したことから財産を失い、公.. 続きを読む

「目が変だな…」1週間前から箸が刺さっていた

「目が変だな…」1週間前から箸が刺さっていた

背中にナイフが刺ささったまま熟睡した男性、うなじを包丁で刺されたまま帰宅した女性など、「痛みはどこ行った」と、にわかには信じ難い話題が届けられることがあるが、中国では、箸が目の脇に刺さったまま一週間気づかずに生活していた.. 続きを読む

大丈夫? 空中で火を噴くドローン、中国で高圧送電線の周囲に飛来運用中

大丈夫? 空中で火を噴くドローン、中国で高圧送電線の周囲に飛来運用中

そのうち治安維持に用いられたり?一昔前であれば、ドローンという言葉さえ知らない人も多かったのに、すっかり世界各地で普及してきました。しかし、単なる趣味の領域を超え、やや心配になってしまう用い方も広まっているみたいです…。.. 続きを読む

電線に付いたゴミを焼却する中国の火炎放射ドローンが怖い

電線に付いたゴミを焼却する中国の火炎放射ドローンが怖い

(画像はv.qq.comのスクリーンショット)中国で撮影された、高所に架けられた電線に付着したゴミを取り除くため、火炎放射器を搭載したドローンでゴミを焼き払うダイナミックな映像。人々の生活を便利にしてくれる可能性がある反面、兵器と.. 続きを読む

生水と一緒に体内に!? あの吸血生物が喉の中で4倍サイズに成長「窒息死に至る危険性も……」

生水と一緒に体内に!? あの吸血生物が喉の中で4倍サイズに成長「窒息死に至る危険性も……」

日本では、水道水をそのまま飲むことができるが、そんな国は世界的に見てもまれである。では、中国で生水を飲むとどうなるか? その答えとなる事件が発生した。「長江日報」(2月9日付)によると、湖北省に住む61歳の男性は、数カ月間、.. 続きを読む

彼氏の“激しいキス”で鼓膜破れる

彼氏の“激しいキス”で鼓膜破れる

中耳炎や耳かきなど、鼓膜が破れる原因はいろいろあるが、中国のあるカップルはキスが原因で鼓膜が破れたという。中国メディア・重慶晨報などによると、2月3日午前10時、湖北省武漢市内の病院に1組のカップルが訪れた。27歳の女性Aさんが.. 続きを読む

まさに壮観! ビル19棟が一斉に爆破解体される映像が大迫力すぎる

まさに壮観! ビル19棟が一斉に爆破解体される映像が大迫力すぎる

始まりから終わりまで、その所要時間はたったの10秒! 計5トンの爆薬から発せられた“パワー”によって、ビル19棟がアッという間に崩れ去る! 作るは大変、壊すは一瞬。そんな世の中の諸行無常感が伝わってくる、中国・湖北省のビル街で行.. 続きを読む

原因は政府主導の強制不妊手術か? 20年間、体外にむき出しの腸を抱えて生活する老婆

原因は政府主導の強制不妊手術か? 20年間、体外にむき出しの腸を抱えて生活する老婆

国民の医療アクセスに大きな格差が横たわり、社会保険制度も未整備のまま。中国ではけがや疾患を抱えていても治療を受けられず、放置せざるを得ないという患者は数多い。そんな中、20年間にわたり腸が体外にむき出しとなったままの老婆が.. 続きを読む

ブレインハッカーがビートたけしの脳をハッキング!?

ブレインハッカーがビートたけしの脳をハッキング!?

12月24日(土)夜6時56分から、年末恒例の「ビートたけしの超常現象(秘)Xファイル保存版! 未確認生物UMA大図鑑SP~UMA捕獲プロジェクト始動!」(テレビ朝日系)が放送される。'97年の第1弾以来「ビートたけしの超常現象(秘)ファイル.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。