涌井秀章の最新情報

涌井秀章 に関するニュース検索結果   101件

押切もえが夫・涌井秀章のMLB移籍に付けた「条件」

押切もえが夫・涌井秀章のMLB移籍に付けた「条件」

(C)まいじつプロ野球の千葉ロッテマリーンズに所属する涌井秀章投手が海外フリーエージェント権を行使する意思を固めた。2013年オフに国内FA権を行使し、埼玉西武ライオンズから移籍し、今年9月4日に出場選手登録日数が通算4年に達し、.. 続きを読む

【プロ野球】最下位ロッテに差すふたつの光。佐々木千隼と酒居知史の奮闘で来季こそ浮上を!

【プロ野球】最下位ロッテに差すふたつの光。佐々木千隼と酒居知史の奮闘で来季こそ浮上を!

ロッテが球団ワーストの敗戦数を記録して最下位でシーズンを終えた。これまでの最多敗戦数は85敗。1963年の「毎日大映オリオンズ」時代のことだ。あの頃は年間150試合でペナントレースが行われていたため、143試合で87敗の今季のほうが、.. 続きを読む

今年のプロ野球、「WBCの影響」はただの言い訳なのか? 2017年シーズンを元代表選手が総括

今年のプロ野球、「WBCの影響」はただの言い訳なのか? 2017年シーズンを元代表選手が総括

レギュラーシーズンの全日程を終えた今年のプロ野球。春先にはWBCが開催され、その影響からか侍ジャパンに選出された選手の不調も目についた今シーズンだったが、勝負を分けたのは何だったのか? WBC日本代表で世界一を経験、現在は解説.. 続きを読む

【プロ野球】強くなった西武、4年ぶりのCS出場が決定! ここで西武・過去5回のCSをプレイバック!!

【プロ野球】強くなった西武、4年ぶりのCS出場が決定! ここで西武・過去5回のCSをプレイバック!!

2017年のペナントレースも最終盤に入り、2位・西武の残り試合は1試合となった。残り3試合で迎えた3位・楽天との2連戦は1勝1敗。CSファーストステージの「本拠地開催」が大きく引き寄せた。今回は4年ぶりのCS出場を決めた西武が過去に戦っ.. 続きを読む

押切もえ妊娠で涌井秀章のMLB移籍に暗雲

押切もえ妊娠で涌井秀章のMLB移籍に暗雲

(C)まいじつモデルの押切もえがブログとインスタグラムで妊娠したことを発表した。いつも応援してくださる皆様へ。 この度、新しい命を授かりました。 夫婦揃って新しい家族に会えることを楽しみにしている日々です。 日頃からあたたか.. 続きを読む

蛯原友里、第1子妊娠発表の押切もえを祝福 「マタニティーライフ楽しんで」

蛯原友里、第1子妊娠発表の押切もえを祝福 「マタニティーライフ楽しんで」

「AOKIレディース事業戦略発表会」が4日、東京都内で行われ、新CMキャラクターの蛯原友里、大政絢が出席した。2人が10種のコーディネートを披露する新CMでは、秋冬シーズンのレディースアイテム「はたラク服」シリーズの機能性と着回し力.. 続きを読む

【プロ野球】ソフトバンクはほぼ不動。今だからこそ思い出したい今季の開幕オーダー(パ・リーグ編)

【プロ野球】ソフトバンクはほぼ不動。今だからこそ思い出したい今季の開幕オーダー(パ・リーグ編)

ソフトバンクが逆転の独走優勝を遂げたパ・リーグ。各球団のファンにとっては喜びアリ、悲しみアリ、怒りアリのシーズンだったが、春先の時点ではそれぞれ希望を抱いていたはずだ。シーズンの大勢が決した今だからこそ、今季の開幕オーダ.. 続きを読む

押切もえ、第一子妊娠報告に祝福続々 「良いお母さんになるだろうな」の声も

押切もえ、第一子妊娠報告に祝福続々 「良いお母さんになるだろうな」の声も

モデルの押切もえ(37)が2日、自身のブログとインスタグラムを更新し、第一子妊娠を報告した。夫でプロ野球「千葉ロッテマリーンズ」の涌井秀章投手(31)とは2016年2月に交際が明らかになり、同年11月1日に入籍、翌月にはハワイで挙式.. 続きを読む

押切もえが第1子妊娠を発表

押切もえが第1子妊娠を発表

モデルの押切もえ(37歳)が10月2日、第1子の妊娠を公式ブログで発表した。2日付けのエントリー「いつも応援してくださる皆様へ」では、まず、「私事ではありますが、この度、新たな命を授かりました」と報告。そして「現在、安定期に入.. 続きを読む

【プロ野球】昨季の最優秀防御率投手・石川歩(ロッテ)が借金王に…。先発投手借金ランキング《パ・リーグ編》

【プロ野球】昨季の最優秀防御率投手・石川歩(ロッテ)が借金王に…。先発投手借金ランキング《パ・リーグ編》

両リーグともに優勝チームが決まった今、来季の奮起を期待して先発投手の借金ランキングを出してみた。先週のセ・リーグ編に続いて、パ・リーグ編を見てみよう。※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週刊野球太郎』.. 続きを読む

FA獲得の千葉ロッテ・涌井秀章 妻・押切もえの事情で「選択肢は1つ」しかない!?

FA獲得の千葉ロッテ・涌井秀章 妻・押切もえの事情で「選択肢は1つ」しかない!?

千葉ロッテマリーンズの涌井秀章投手が9月4日、海外移籍も可能なFA権を取得。今オフの移籍が取り沙汰されている。モデルの押切もえを妻に持つ右腕は、どのチームに移籍するのか?涌井は横浜高校からドラフト1位で西武に入団し、2007年に.. 続きを読む

押切もえが3年連続「二科展」入選

押切もえが3年連続「二科展」入選

モデルの押切もえ(37歳)が、3年連続(3回目)で「二科展」に入選した。押切は9月8日、自身のInstagramを更新し、100号サイズの大きなキャンパスに描かれた花をモチーフにした絵の写真と共に、「『第102回二科展』絵画部門に入選しまし.. 続きを読む

話題の「最年少でヒルズ族」TOMOROの謎の半生…起業から2年で年商5億円超え

話題の「最年少でヒルズ族」TOMOROの謎の半生…起業から2年で年商5億円超え

六本木で「KING」と呼ばれる男がいる。六本木界隈で知らない人はいないといっても過言ではないKING・TOMORO氏の正体は、実業家でありアーティストである。23歳で六本木ヒルズに事務所を構え、“最年少ヒルズ族”といわれ、制作会社や広告代.. 続きを読む

【プロ野球】伊東勤監督の辞任もやむなし!? 球団史上最低勝率もありうるロッテの現状……

【プロ野球】伊東勤監督の辞任もやむなし!? 球団史上最低勝率もありうるロッテの現状……

2013年から伊東勤監督のもとで、3位、4位、3位、3位としぶとさを見せていたロッテ。この4年間のトータル成績は574試合で285勝281敗8分と勝ち越しているように、伊東監督はどうにか格好をつけてきた。しかも、就任前の2年間が6位、5位とい.. 続きを読む

【甲子園・勝手に観光協会】観戦だけではもったいない。夏の甲子園をさらに楽しめる野球ツアー!

【甲子園・勝手に観光協会】観戦だけではもったいない。夏の甲子園をさらに楽しめる野球ツアー!

今年の夏もまた、高校野球選手権大会が行われる。全国各地から、出場校関係者や高校野球ファンが甲子園に集結する。遠路はるばるやって来る方も多いことだろう。せっかく甲子園に来たなら、試合を観るだけではもったいない。ならば、スタ.. 続きを読む

【高校野球】増田珠(横浜)、岩本久重(大阪桐蔭)ら、2014年・侍ジャパンU-15メンバーが迎えた最後の夏

【高校野球】増田珠(横浜)、岩本久重(大阪桐蔭)ら、2014年・侍ジャパンU-15メンバーが迎えた最後の夏

沖縄大会を制した興南を皮切りに、各地で甲子園出場校が決まっている。そんななか、3年前にメキシコで行われた第2回IBAF 15Uワールドカップを侍ジャパンU-15のメンバーとして戦った当時中学3年の選手たちは、高校球児としての最後の夏を.. 続きを読む

【高校野球】優勝かと思ったら振り逃げ成立。長崎大会決勝で大事件未遂……! 意外と難しい「振り逃げ」のルール

【高校野球】優勝かと思ったら振り逃げ成立。長崎大会決勝で大事件未遂……! 意外と難しい「振り逃げ」のルール

7月23日、甲子園を目指す長崎大会の決勝。波佐見が清峰を4対2で下し、16年ぶり3度目の夏の甲子園行きを決めた。2対2で迎えた延長10回表、6番・川口侑宏が劇的な勝ち越し2ランを放ち、試合を決めたが、その裏にはあわやのシーンもあった。.. 続きを読む

【高校野球・宿命のライバル】再戦希望! 敬遠騒動の早稲田実対秀岳館ほか甲子園で見たい4つの対決

【高校野球・宿命のライバル】再戦希望! 敬遠騒動の早稲田実対秀岳館ほか甲子園で見たい4つの対決

全国各地で幕を開ける夏の高校野球地方大会。高校野球ファンの焦点はやはりライバル校対決だろう。今年はどんなドラマが待っているのか。週刊野球太郎では連載『絶対に負けたくない。高校野球・宿命のライバル対決はコレだ』で、熾烈に覇.. 続きを読む

押切もえの「激ヤセ説」、いつから? 不幸オーラは本当に放たれているのか

押切もえの「激ヤセ説」、いつから? 不幸オーラは本当に放たれているのか

「Yahoo!」や「Google」で「押切もえ」と検索すると、関連ワードに「激やせ」と出てくる。実際、押切もえ(37)が「激やせしている!」「不幸オーラがすごい」等と伝えているまとめサイトやメディアは複数あるのだが、本当に押切は激や.. 続きを読む

【プロ野球】4番抜擢に燃えた高橋信二(日本ハム)、「待機中」返上の城所龍磨ら、交流戦の意外な4割打者たち

【プロ野球】4番抜擢に燃えた高橋信二(日本ハム)、「待機中」返上の城所龍磨ら、交流戦の意外な4割打者たち

夢のシーズン打率4割に挑戦中の近藤健介(日本ハム)。長いプロ野球の歴史で誰1人として成し遂げたことがない大記録だが、交流戦に限定すれば2015年には秋山翔吾(西武)、柳田悠岐(ソフトバンク)、角中勝也(ロッテ)、ロペス(DeNA).. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。